テレワークのストレスとは?在宅勤務でのテレワークのストレス原因と解消法

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
テレワークのストレスとは?在宅勤務でのテレワークのストレス原因と解消法

目次

テレワークであれば、オフィスワークや通勤で感じていたストレスをなくすことができますが、テレワークのストレスもあります。

オフィスワークのときよりもストレスは減ったと感じていても、テレワークならではのストレスやテレワーク環境へのストレスなども感じることでしょう。

人は環境の変化に対して、大なり小なりストレスを感じるものですが、テレワーク勤務によってストレスが生じる原因と解消法を紹介します。

>お役立ち資料:テレワーク導入のために企業がするべき準備とは

テレワーク自体がストレスの原因ではない

いくらテレワークでオフィスワークや通勤のストレスをなくすことができるといっても、快適なテレワーク環境や運用が出てきてなければ、テレワーク自体にストレスを感じてしまうものです。

しかし、テレワーク自体がストレスの原因というわけではなく、オフィスワークと比べて特別ストレスが多くなる働き方というわけではありません。

また、長い間オフィスワークに慣れてしまっているという方が多いでしょうし、テレワークの普及や導入はまだ始まったばかりで新しい働き方といってもいい状態です。

テレワークでストレスを感じる原因としては、テレワーク環境に問題があるか、テレワークの導入や運用の仕方が適切ではないことが考えられます。

快適にテレワークをおこなえる状態じゃなければストレスを感じてしまうのは当然です。

テレワークにストレスを感じているならば、ストレスの原因を把握して、適切に対処できるようにしておきましょう。

テレワークのストレス原因:不慣れなツールの使用

テレワークによる最大の変化は、「対面によって手軽にできていたことが、容易にはできなくなった」ことです。

たとえば会議では、資料を片手に企画内容を説明し、ときにはホワイトボードなどで図解を交えながら情報を共有することができました。

しかし、テレワークの場合、インターネットを通じて会議をおこなうこととなり、図解などを付け足して、資料に肉付けしながら情報を共有することが困難です。

専用のツールを導入することでPC画面の共有や資料への自由な書き込みは可能ですが、すべての従業員が即座に使い方を覚えるとは限りません。

使い方が難しい、製品ごとに異なる機能が覚えにくいなど、テレワークによって新たに使うこととなったツールに対してストレスを抱えてしまいます。

これまで慣れていたやり方から変更する際は、テレワークに限らずストレスを感じてしまうことが多いので、簡単なツールを使用する、操作方法をサポートするなどの工夫が必要でしょう。

テレワークのストレス原因:作業環境が整っていない

在宅勤務でテレワークをおこなう場合は、作業用のデスクや椅子ではなく自宅にあるもので代用する場合が多いかもしれません。

しかし、自宅の家具は、オフィスで使用していたもののように仕事用のものではないので作業がしにくく業務効率が悪くなったと感じてしまうこともあります。

作業の姿勢に合わないなどの理由から、腰や背中に負荷をかけ身体に影響がでたり、作業自体に集中できないことでストレスにつながります。

また、自宅の場合はインターネット環境が必ずしも整っているとは限らない点もあげられます。

自宅に回線がない場合もあるでしょうし、インターネット環境が悪いことでスムーズに作業がおこなえない要因になる場合もあります。

テレワークによって、オフィスで仕事を進めていたときと同じ感覚で作業が進められないことにストレスを感じる原因になります。

テレワークのストレス原因:コミュニケーション不足

在宅でテレワークをするということは、基本的にはひとりで作業をします。

同僚が近くにいないので、業務に関連する話や何気ない会話などは必然的に少なくなります。

人によっては、以下のようにコミュニケーション不足が大きなストレスを生み出している可能性があげられます。

  • 同僚との会話の減少
  • 仲間とのランチタイムがない
  • お客様と顔を合わせて商談

同僚やお客様など、見知った相手と会えないことによるさみしさや、他愛ない会話を交わせないことにストレスを感じる人もいます。

また、同僚の様子がわからないことで不安を感じたり、問題を抱え込んでしまい悩んでしまいストレスになる場合もあるかもしれません。

テレワークのストレス原因:プライベートの切り分けが困難

テレワークを自宅でする場合、プライベートから仕事モードへの切り替えが難しい点もストレスの理由です。

家族と同居している場合は、集中している最中に些細なことで呼びかけられたり、子どもやペットがトラブルを引き起こしたりと、作業を中断しなければいけないこともあるでしょう。

また、ひとり暮らしの場合も、住み慣れた自室の中ではプライベートから仕事モードへ切り替え辛さを感じやすいです。

仕事に集中することができない場合もありますし、逆に隠れ残業や休日に作業をしてしまいやすいという面もテレワークにはあります。

テレワーク運用のルールや勤怠管理が適切にされていないと、ダラダラと長時間仕事をしてしまったり、休日にも業務の連絡が来るなど気が休まらなくなりストレスを強く感じてしまうでしょう。

テレワークのストレス原因:運用や管理に問題

テレワーク運用に問題があるのであれば、ストレスの大きな原因になってしまいます。

業務がおこなえるように適切に準備がされていなかったり、テレワーク環境の整備に関しても補助もルールもないのであれば、適切な環境や作業はできません。

また、テレワーク中の業務を監視するような管理体制では、ストレスを強く感じてしまうでしょう。

快適なテレワークをおこなえるような運用や管理のルールや体制が整っていないまま、テレワークを会社が開始してしまうと、多くの問題が発生してしまいます。

問題を抱えたままテレワークをおこなうことによい影響はなくストレスの原因にしかならないといえます。

テレワークストレスの解消法:企業側の対策

テレワークによって溜まったストレスは、工夫次第で軽減できます。

テレワークの導入を進め、運用や管理をおこなう企業側がストレスへの対策を考えておく、実施や改善を続けることで、ストレスの原因を減らすことができるでしょうし、従業員も安心して業務に取り組むことができます。

企業側は、テレワークを導入したことが終わりではなく、より効率的かつ快適なテレワークを実現するために改善や工夫を続ける意識を持って運用していくことが求められます。

コミュニケーションの場を設ける

テレワーク中は、ひとりになりやすいため定期的なコミュニケーションの場を用意するといいでしょう。

また、業務中に気軽に連絡が取れるビジネスチャットなどのツールを導入することで作業効率も高まり、業務の見える化にもつながります。

部署内でのコミュニケーションはもちろん、人事や労務などにテレワーク中の相談などもおこなえるような工夫をするといいかもしれません。

ビジネスチャットのグループ機能やWeb会議ツールを使用し、互いの様子を伺いながら業務を進められる環境作りが大切です。

適度なコミュニケーションは業務効率をアップさせ、従業員のメンタルケアにもつながりストレスの軽減になります。

企業側も従業員とのコミュニケーションが深まることで、ストレス原因の把握や改善の参考になるなどテレワーク運用に効果的な情報を得られるでしょう。

マニュアルの準備や研修をおこなう

テレワーク導入にともない、新しいツールや浸透しきっていないツールを使用する場合は従業員に対するサポートが必要です。

テレワークを始める前もしくは導入した後に、従業員から報告されたツール関連のトラブル・使用問題・疑問をまとめましょう。

寄せられた不満点や疑問点を参考にマニュアルを作成し、研修をおこなってツールに対する従業員それぞれの理解度の差をなくします。

マニュアルを渡して終わりではなく、研修によってきちんとひとりひとりがツールを使いこなせるよう配慮することが大切です。

また、マニュアルの更新や研修は情報のアップデートや新たな業務や課題が生じた際に必要になるので、定期的に見直しや改善をおこなうとよいでしょう。

必要機器や環境の提供

テレワーカーが快適に作業できるよう、環境を整えるサポートをおこなうことも企業側の責任です。

業務に必要な機器は個人のものを使わせず、企業側が提供しましょう。

きちんとした機器を提供することで、セキュリティ面の不安も解消できます。

機器購入には、国による助成(働き方改革推進支援助成金など)を利用できる場合もあるため、まずは対象者や条件をチェックしてはいかがでしょうか。

また、在宅勤務環境整備の補助などもおこなうのも有効です。

作業に必要な、デスクや椅子、などの購入を補助することで環境整備がしやすくなり業務効率の向上やストレス軽減につながるでしょう。

テレワークストレスの解消法:従業員側の対策

従業員にも、個人でおこなえるストレス対策があります。

自宅で作業をするのであれば、自宅は個人で改善しやすい部分ともいえますし、作業中のストレス解消もオフィスよりしやすい部分もあります。

また、日ごろからストレスを溜めないための対策を個人的にすることがテレワークを快適にするためには必要です。

作業スペースを確保する

プライベートと仕事をうまく切り替えられない方は、パーテーションや家具で小さなスペースを作り、仕事用のエリアを作成するといいでしょう。

家族がいる方や子供が小さい方は、見ながら作業をしなければいけない場合もあるので、時間ごとに区切って切り替えるなどの方法も有効です。

作業のスペースがしっかりと確保できているだけで、作業効率も高まりますし、集中できる状態を作ることができます。

業務をおこなうことが在宅でのテレワークの第一の目的ではあるので、集中して作業ができるスペースの確保の工夫をしましょう。

体調管理を徹底する

テレワークは極端な運動不足におちいるケースも多く、ストレスも影響して体調を崩す可能性があります。

運動不足はかえって疲労を感じやすく、体調を崩しやすいため、適度な運動を意識しておこないましょう。

生活リズムの乱れにも注意が必要で、通勤時と同様の時間に起床して準備をおこなうなどの規則正しい生活を維持してください。

通勤がないテレワークはこれまでの通勤時間を有効に使うことができ、ストレス解消や意識の切り替えに利用するといいでしょう。

また、オフィスワークに比べて、業務中に軽い運動やストレッチをするなどのリフレッシュも在宅ではしやすいので、工夫次第で健康的に過ごせるでしょう。

スケジュール管理を意識する

テレワークでは、仕事をしようと思えば隠れてできますし、深夜や早朝、休日などにもやれないこともないでしょう。

しかし、メリハリなく業務をおこなうのは効率にも影響しますし、心身の状態にも影響を及ぼします。

ストレスを減らし快適にテレワークをおこなうには、業務時間と業務時間外のメリハリを意識し、スケジュール管理をしっかりすることです。

勤務時間に集中して業務をおこなうためにも、業務時間外は仕事から離れる意識を強く持つことが重要です。

テレワークのストレス対策にChatwork

テレワークでは、気軽に連絡や情報共有ができるコミュニケーションツールの導入が有効です。

コミュニケーションが円滑におこない活性化することで、テレワークでの業務もスムーズに進みますし、ストレスや悩みの軽減にもつながります。

Chatwork」の場合、タスク機能を活用すると上司からの指示や将来の重要な業務に関する情報を目立つ場所で保存でき、対応漏れ防止や業務進捗の可視化としても役立ちます。

Web会議機能もあり、同僚の顔を見ながら繊細な指示や依頼を出せるうえ、対面式のコミュニケーションも可能です。

テレワークのストレス軽減に、ビジネスチャットツール「Chatwork」をぜひお試しください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワーク導入をご検討の企業さまにおすすめの資料
はじめてのテレワーク
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事