中小企業のテレワーク導入課題と課題への向き合い方とは?

テレワーク
AWAY

目次

テレワークは新しい働き方として推奨されていますが、テレワークの導入がなかなか進まない中小企業も多いのではないでしょうか。

大企業とは異なり、中小企業はさまざまな面でテレワークの導入が困難です。
中小企業が抱えるテレワーク導入の課題と正しいテレワークの進め方について解説します。

中小企業のテレワーク課題:導入する気がそもそもない

そもそもテレワークの導入をする気がない状態であればテレワークの導入が進まないのは当然です。

新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入が話題になった背景があるので、「テレワークを導入しなくても感染しないのでは」「マスクをして出社すれば大丈夫じゃないか」などの考えを経営者が持っていれば導入を考えることすらしないかもしれません。

また、テレワークの導入には自宅作業用PCの購入やネットワーク環境の整備、業務フローの改定など手間やコスト発生するので大きく環境を変えることに強い拒否感をもつ中小企業やテレワーク導入を進める余裕がないなどの理由から導入する気がない状態になってしまっている可能性もありえるでしょう。

中小企業のテレワーク課題:テレワークは無理と決めつける

これまでオフィスや現場でおこなってきた業務がテレワークでは不可能だと考えてしまう場合があります。確かになかには、テレワークでおこなうのが難しい業種や職種はありますが、できないものと決めつけてしまっていることもあるかもしれません。

一部の業務であればテレワークでも可能な場合であっても会社全体でテレワークは無理だと決めつけて考えてしまったら導入に至ることはないでしょう。

中小企業の場合は、最初からテレワークの導入は不可能であるとしてしまって導入の道を閉ざしてしまっているのかもしれません。

中小企業のテレワーク課題:社内体制の整備に手間がかかる

テレワークを導入するためには、ハードウェアやソフトウェアの調達やネットワーク環境の整備などの、テレワーク導入対応をする担当者が必要です。

テレワークを導入するにあたっては社内体制を整備する必要があり大掛かりな対応が必要な場合があります。

中小企業ではテレワークを導入する気があっても、対応や準備を任せられる人材や人員がいないということで、テレワークに必要な準備がおこなえずに導入を見送っている状況ということも考えられるでしょう。

中小企業のテレワーク課題:機器や環境整備が難しい

テレワークを導入するためには、以下のような機器や環境の整備が必要です。

  • 社員の人数分のPCとソフトウェア
  • テレビ会議用のハードウェアとソフトウェア
  • ネットワーク通信環境
  • セキュリティソフト
  • テレワークに対応した社内システム
  • 社員に対するテレワーク導入やセキュリティ教育
  • 顧客や取引先への案内

中小企業に限らず全社で機器や環境整備をおこなうには、知識も必要ですし資金も必要になります。テレワーク導入時に必要な機器や環境整備の負担が大きいと考えてしまうことが課題となっていると考えられるでしょう。

中小企業のテレワーク課題:知識がない

テレワークを導入するためには、PC・ソフトウェア・ネットワーク環境・ITツールなどの知識や情報が必要です。どのようなスペックのPCやネットワーク環境が必要か、ソフトウェアやITサービスはなにが適しているかなどを、検討しなければなりません。

またPCへのソフトウェアのインストールや、ネットワーク設定なども必要です。テレワーク対応中になにかトラブルがあれば、対応もしなければなりません。

テレワークを導入するためには、ある程度のIT知識が必要不可欠です。IT知識をもつ社員がいないと、対応は難しいといえるでしょう。

中小企業のテレワーク課題への向き合い方

中小企業がテレワークを導入する際に立ちはだかる課題にはさまざまなものが考えられますが、これらの課題を解決するためには、どうすればよいのでしょうか。

設備や資金、ITに詳しい人材の不足については、解決しようがないように思われますが、コストが安く、簡単に導入できるツールやサービスもあります。

PC類の購入は必須ですが、テレワークに必要なビジネスチャットなどのコミュニケーションツールは安くて機能性が高いものを選べばよいでしょう。もちろん、セキュリティ面に考慮したツールを選ぶ必要もあります。

また、IT導入補助金など中小企業向けのテレワーク導入推進のための助成金や補助金がある市町村もありますので調査してみましょう。

「そもそも、テレワークの導入の必要性を感じない」という中小企業も多いですが、テレワークのメリットを見直してみることをおすすめします。

テレワークを導入することで多様な人材の獲得や場所に縛られずにビジネスを進められるメリットもあります。IT化を進めることで業務効率化にもつながりますし、オフィスなどの固定費やアナログ作業に使用していた消耗品などの削減にもつながるでしょう。

テレワーク導入へ投資することでどのようなメリットや効果があるかを明確に把握することで、適切なコストや導入する目的も見えてくる部分があります。導入できない理由だけを考えるのではなく、導入したらどのような未来へとつながるかまでを考えてみましょう。

中小企業のテレワーク導入にChatwork

テレワークはただ導入すればよいというものでもなく、導入するのであれば適切な運用や環境整備までを考えて行わなければなりません。
中小企業であってもテレワークの導入は無関係なものではないので、テレワークの導入についてこれからはより考えていく必要があるでしょう。

中小企業のテレワーク導入の後押しに「Chatwork」の導入は役に立つかもしれません。
Chatworkを利用することでリアルタイムなコミュニケーションやWeb会議が可能ですし、ファイル管理機能やタスク管理機能、スケジュール管理機能などテレワークでの業務に活用できる機能があります。

どこからテレワークの導入の準備や動きを進めていいかよくわからないのであれば、まずはChatworkの導入から検討してみてはいかがでしょうか。

テレワーク導入をご検討の企業さまにおすすめの資料

はじめてのテレワーク

このお役立ち資料ではテレワーク導入のために企業がするべき準備をまとめました。

感染症の予防の観点から、テレワークを推奨する動きが広がっている一方で、「まだ何も準備ができていない」、「どうやってはじめれば良いかわからない」などという声も聞かれます。

  • なぜ今テレワークが必要なのか
  • テレワーク導入のために企業がするべき準備は何なのか
  • Chatworkがテレワーク企業に選ばれる理由

などを解説します。貴社のテレワーク導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事