オンライン採用の課題とメリットを理解して採用活動の効率化につなげよう!

テレワーク
AWAY

目次

リモートワークの拡大やIT化の推進により、採用活動もインターネットを活用したオンライン採用がおこなわれるようになりました。

採用活動をオンラインでおこなうことで、効率的に選考を進めることができ、地方在住の方など場所にとらわれずに面接などがしやすいメリットがあります。

しかし、オンライン採用は従来の選考とは異なる部分があり、適切におこなわなければメリットを得ることはできません。

オンライン採用の課題やメリットを把握し採用活動の効率化につなげられるようにしましょう。

オンライン採用の課題とは?

オンライン採用とは、インターネットの通話やWeb会議といった機能を活用し、面接などの採用活動をおこなうことです。

選考過程や内容には企業による違いがありますが、オンラインのみで完結する採用活動や転職活動も出てきています。

採用活動の効率化としてオンライン採用は有効な手段ではありますが、まだ導入されたばかりの手法であり課題も抱えています。

オンライン採用での課題点を把握し、適切に対処し利用することで効果的に扱えるようにしておく必要性があります。

相手の雰囲気をつかみにくい

オンライン採用は、基本的にWeb会議機能を利用して画面を見ながらおこないます。

画面を通じて顔や表情の確認はできますが、直接対面した時と同じように雰囲気をつかめるわけではありません。

相手の表情の変化などを重視したいのであれば、オンライン採用の場合は注意する必要があるでしょう。

また、求職者側も同じ感覚になりやすいので、面接する側も表情に気を配ったり、会話の内容や話し方を工夫し雰囲気づくりをする意識を持つといいかもしれません。

通信不良の恐れがある

オンライン採用はインターネットを利用して、面接などのやり取りをおこないますので、通信不良の場合はやり取りに支障が出ます。

応募者は多くの場合、自宅からアクセスをするでしょうから、ネット環境や通信状況によっては接続しにくかったり、遅延などが起こる可能性があります。

また、企業側だからといって通信状況は確実に問題がないわけではないので、面接をする側によるトラブルもあるでしょう。

通信不良で会話が成立しない、思うように進まないなどで適切な選考ができないようでは意味がありません。

通信不良になった場合は、電話で会話をする、チャットで連絡し別日にする、別の方法を提示するなどの対応が必要でしょう。

オンラインのみで伝える工夫が必要

オンライン採用では、直接会社に来るというケースがなくなることもあり、数回程度のオンラインでの面接やコミュニケーションで会社の魅力や文化を伝えなければいけません。

採用する側として選考する立場ではありますが、求職者も企業を選びをおこなっています。

入社したいと思わせられるかどうかもオンライン採用でのコミュニケーションが重要になるでしょう。

また、入社後のギャップを生まないためにもオンライン採用でしっかりと説明をすることも求められますし、求職者の見極めの力量も問われる部分です。

オンライン採用のメリット

オンライン採用は従来の採用活動にはないメリットをもっています。

メリットを得るためには課題の解決や対策は必要不可欠になりますが、まずはオンライン採用ならではのメリットをしっかりと把握し導入を進めてみましょう。

地方の求職者と接触しやすくなる

都市部や首都圏に企業は集中していますが、地方や遠方に住む方々にとっては、面接や説明会に参加するだけで移動費や時間が必要になり大変です。

しかし、オンライン採用であれば、地方や遠方の方も参加のハードルが下がり、接触しやすくなります。

企業側もこれまで出会えなかった人材と接触する機会や可能性が大きくなるので、人材確保に有効でしょう。

場所の用意の手間や費用が削減できる

面接や説明会をおこなうには、会場を用意し設営をするなどの手間や費用が必要でしたが、オンライン採用であれば大幅に削減できます。

オンラインで面接をするにしても、会議室など静かな場所が用意できれば十分ですし、オンライン説明会も同様にPCが扱える場所さえあればおこなうことは可能です。

準備にかかるコストや運用の手間の削減にオンライン採用はつながるので、採用活動の効率化に有効な方法です。

スケジュール調整がしやすく短縮化できる

オンラインを活用することでスケジュール調整がしやすくなります。

例えば、面接をするにしても30分から1時間の時間が双方で確保できればおこなえるので調整もしやすく、選考もスムーズにおこなえます。

準備する負担が少ないので当日に別日への変更の依頼や相談を受けたとしても対応しやすいでしょう。

また、トラブルが起きた際も改めて日程調整しやすい部分もあります。

企業側も求職者側も、柔軟な対応がとりやすいという面はオンライン採用のこれまでになかったメリットといえるかもしれません。

オンライン採用のメリットを得るには?

オンライン採用のメリットを得るためには課題への対策はもちろん必要ですが、その他にも考えられることがあります。

たとえば、オンライン面接で利用するツールを、わかりやすさを重視して選定したり、メール以外にチャットなどでやり取りをおこない、面接後のフォローや情報共有をしやすくすることも有効でしょう。

オンライン採用で地方の人材を獲得することを強化したいのであれば、採用だけでなく働き方としても地方在住を選択できるようにリモートワークの導入も検討するといいでしょう。

リモートワークも可能であれば、より地方の人材は魅力を感じるはずです。

また、採用活動の効率化としてオンライン採用を取り入れたのであれば、今後は会社全体の効率化や多様な働き方の実現として業務のIT化を推進するといいかもしれません。

会社全体でIT化やペーパーレス化が進むことはオンライン採用を運用していくうえでも効果的ですし、メリットを得やすくなるでしょう。

オンライン採用で採用活動を広げよう

オンライン採用を導入することで、採用活動の効率化や人材獲得の可能性が広がります。

優れた人材からのアプローチに対して即座に反応し、アクシデントへの対応も容易になるオンライン採用の導入は、企業にとってプラスといえるでしょう。

オンライン採用を効率的に利用していくには、コミュニケーションがとりやすいツールの導入がまず必要です。

ビジネスチャットである「Chatwork」を導入してオンライン採用や採用活動の効率化に利用してみてはいかがでしょうか。

Chatworkであれば、チャットでの連絡や情報共有、資料やファイルのやり取りもおこなえるので、スケジュール調整はもちろん、課題や必要書類の提出にも利用でき、ペーパーレス化にもつながります。

また、Web会議機能を利用すれば、オンライン面接もおこなえますし、会話によるコミュニメーションやフォローもおこなえます。

選考過程でも採用後の入社フォローにも利用できるChatworkの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロードはこちら

はじめてのWeb会議

このお役立ち資料ではこれからWeb会議を利用しようとされる方向けに、操作手順をゼロから解説しています。

これを読むと、今まで一度もWeb会議をしたことがない方も、迷わずに利用できるようになります。

  • Web会議を利用するための準備
  • 登録方法と初期設定
  • チャットの基本操作
  • Chatwork Live の使い方
  • ChatworkとZoomの連携方法
  • Web会議のマナー&エチケット

などを解説します。貴社のテレワーク推進の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事