オンライン商談とは?オンライン商談とはどのような商談方法なのか

テレワーク
AWAY

目次

これまで商談は主に対面しておこなわれることが多いものでしたが、デジタル化やITツールの発展により「オンライン商談」という方法も利用されるようになっています。

しかし、従来の対面でおこなう商談とは特徴が異なるオンライン商談に不安を覚える方も多いかもしれません。

オンライン商談とはどのような商談方法なのか、オンライン商談の特徴など、オンライン商談に関する情報が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

オンライン商談とは?

インターネット上のコミュニケーションツールを使い、音声やビデオ通話を通してオンラインで商談する方法をオンライン商談といいます。

テレワークなど多様な働き方が増えつつある中で、会議や商談のオンライン化が進み新しい商談の方法として広がりを見せています。

商談に使えるオンラインツールは、映像以外のテキストチャット機能も使えるため、メールや電話でやりとりするよりも、早く効率的に会話を進めることができます。

テレワークの増加という面だけでなく、移動の手間がない、お互いの時間を奪わないなどの利点があるため、オンライン商談の導入が注目されています。

オンライン商談と対面商談の違い

オンライン商談と対面商談との違いは、直接的に会うか会わないかという部分だけでなく、オンライン上で会談や資料のやりとりをできる点があげられます。

オンライン商談の場合は、オンライン上に資料を保存できるため、紙の資料が不要になるところも利点です。

オンライン商談に利用できるインターネットツール機能の中には、商談の様子が録画できる機能などもあり、商談内容を振り返ることができます。

また、録画機能を有効活用すれば、新入社員に商談のノウハウを伝える教育にも使えて便利です。

他にも、オンライン商談では相手の企業に足を運ぶ必要がないため、移動時間をかけずに自社内で商談できる点で画期的なツールといえます。

場所や時間の制約がないため、万が一商談をキャンセルしたいときや日時変更の申し出があった際も、時間をロスせずに臨機応変に動きやすいでしょう。

オンライン商談の優れた点とは?

オンライン商談の導入する際にどのような利点があるかは検討材料のひとつになるでしょう。

対面での商談にはないオンライン商談のメリットを見ていきましょう。

場所を選ばずに商談できる

オンライン商談のよいところは、会社にいながら自社の製品をアピールできる点です。

インターネットを通してのやりとりになるため、移動時間の削減、天気や時間帯などの状況に左右されません。

また、オンラインを通せば場所を選ばず自社内で商談ができるため、移動にかかる時間が減らせる分、他の業務や商談へ時間を有効活用できて生産性のアップにつながります。

コスト削減につながる

移動にかかるコストが減らせるため、会社側にかかる交通費などの経費を削減できます。

また、移動時間が減らせることは、業務全体の効率化を図る意味でも有効です。

従来のように資料を紙媒体でなく、デジタルデータでやりとりできるため、紙の削減ができるメリットもあげられます。

オンライン商談の実施は、これまで商談にかかっていたコストの見直しや改善にもつながるでしょう。

新しい顧客を見つけられる

移動時間が減らせた分、1日に商談できる取引先を増やせるメリットがあげられます。

また、今までは難しいと感じていた遠方や海外企業と商談できる機会が設けられるため、自社製品を多くの人にアピールすることが可能です。

オンライン商談は、新しい仕事を獲得できるチャンスが生まれるため、会社や社員にとって大きな利益につながります。

オンライン商談の注意点や課題とは?

画期的な取り組みであるオンライン商談にも弱点があるため、強みと弱みを知っておく必要があります。

機能面の問題、対面商談との違いを理解しながらオンライン商談を取り入れていきましょう。

また、場合によってオンライン商談ではない方が適切な場合もあるので、デメリットを理解して使い分けができるようにしておくといいかもしれません。

映像・音声が途切れることがある

オンライン商談はインターネット回線を使いながら進めていくため、通信障害によるトラブルが起こる可能性も考えられます。

商談中に映像や音声が途切れてしまうこともあるので、対面に比べると会話が遅れがちになることもあるかもしれません。

オンライン商談に慣れるまでは、会話の際にやりとりが多少スムーズにいかない場面が出てくることも想定しておきましょう。

ツールや環境を整える必要がある

IT関連の設備が不十分な企業の場合、オンライン商談ができる環境をつくるのに時間がかかることがあげられます。

経営上の問題でツール整備に投資する費用がない可能性もあるかもしれません。

セキュリティ面での情報管理、ツールの操作方法を覚えていくなど、新しい取り組みを実施する上で必要な知識を勉強していくことが大切です。

また、オンライン商談をするには相手側にも準備が必要になる点には注意や配慮が必要になるでしょう。

初対面では信頼関係が作りづらい

商談を通して自社製品の良さを伝えるには、製品面だけでなく熱意や信頼を感じてもらう必要があります。

オンライン商談では、初対面の場合に担当者の人柄が伝わづらい点や信頼関係を構築しづらい面もあるでしょう。

また、商品によっては、画面越しで製品やサービス内容などが伝わりづらい可能性も考えられます。

オンライン商談を成功させるポイント

オンライン商談では、対面商談よりも表情や合いの手を意識したコミュニケーションを意識する必要があります。

オンライン商談を成功させるためには、オンラインコミュニケーションを円滑におこなえるような工夫が求められます。

カメラの操作や位置は事前確認

オンライン商談の際にトラブルを起こさないためにも、事前に練習やテストをしておくといいでしょう。

カメラの位置やマイクを調整しながら、実際に映像がどのように映るか、音声が聞き取りやすいかなどを、確認していきます。

  • カメラと人物の距離感が近すぎないか
  • 背景に余計なものが入り込んでいないか
  • 部屋の明るさは適切か
  • 音声の送受信に不具合はないか

オンラインツールの操作に慣れるためにも、一通りの基本動作や環境整備の仕方を把握しておきましょう。

わかりやすさを意識しておこなう

オンライン商談では、できる限り簡潔に進めることを意識しましょう。

話すスピードが遅すぎないか、資料の情報量が多すぎないかなど、事前確認をしておくとスムーズに進みやすくなります。

デジタル資料を作成するときは、文字の大きさや文字量を調整して読みやすくまとめておくと先方に製品のよさを伝えやすくなるでしょう。

また、オンライン商談前後に資料などをすぐにメールやチャットでファイルやデータを送信しておけば、相手も確認しやすく印象に残りやすくなります。

オンライン商談後のフォローや対応にも、ビジネスチャットなどのコミュニケーションツールを活用することで、より円滑に進めることができるでしょう。

オンライン商談を活用して商談の幅を広げよう

オンライン商談を取り入れることで、働く側も顧客側も場所にとらわれずに商談を進めることができ、売上アップの可能性が広がります。

また、オンライン商談をうまく活用することでコスト削減や人材獲得につながるなど、会社としての課題解決や魅力を高めることにつながるでしょう。

オンライン商談はテレワークなどの多様な働き方が広がることで、より多くの機会で利用されるシーンが増えるでしょう。

オンライン商談には専用のツールやサービスがありますが、ビジネスチャットであるChatworkもオンライン商談に活用できます。

Chatworkにあるチャット機能で、データやファイルなどの資料の受け渡し、簡単な質疑応答やスケジュール調整などのやりとり、Web会議機能を使ったオンライン通話での商談などをおこなえます。

オンライン商談以外にも情報共有やコミュニケーション手段として活用ができるChatworkの導入もご検討ください。

営業・マーケテイング担当者におすすめの資料

顧客エンゲージメントを高める!ビジネスチャット活用のススメ

売上を高めるためには、顧客への細やかなフォロー、適切な情報提供をおこない顧客エンゲージメントを獲得することが重要です。ビジネスチャット活用法を紹介します。

【主な内容】

  • ビジネスの「土台」を固める方法
  • 顧客の「信頼」を醸成する方法
  • コミュニケーションの「品質」を保つ方法

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事