在宅勤務はずるい?テレワークがずるいと感じられてしまう理由と対策

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
在宅勤務はずるい?テレワークがずるいと感じられてしまう理由と対策

目次

在宅勤務と会社勤務の社員が両方いる場合、両者の間で働き方の違いから不満が起こることがあるため、企業は事前に問題を減らすために対策を取り入れることが大切です。

そのためにも、どうして在宅勤務・テレワークがずるいという不満が起こるのか、理由や問題点が何なのか、企業側は知っておく必要があるでしょう。

企業がテレワークに切り替えるときに、在宅勤務と会社勤務の働き方の違いで起こりやすいずるいなどの不満の理由と対策を解説します。

在宅勤務・テレワークはずるいわけではない

これまではオフィスワークが一般的な働き方でしたが、在宅勤務・テレワークという働き方も推奨され、増えてきています。

多様な働き方が増える一方で、在宅勤務・テレワークがずるいという意見が出てくることもありますが、決して正しいわけではありません。

なぜなら、仕事場の環境が会社から自宅に移るだけであり、今までのオフィスワークと同じように仕事をこなして、会社の社員として業務に関わる責任が伴うからです。

自分はオフィスに行かなければいけないのに、自宅にいるのはずるい、在宅勤務はオフィスワークより楽だからずるい、というのは一方的な意見でしかありません。

もしくは、在宅勤務をしたいという気持ちがあるのにできていない状態であるがゆえに、このような感情や意見を出してしまっている場合もあるでしょう。

また、会社勤務からテレワークへの移行は、会社の方針によって決まるものでもあり、社員は会社の方針に従っていることが大半でしょう。

一部の在宅勤務はずるいという意見によって、在宅勤務を取りやめたり、導入を見送るのは大きな損失です。

これまでの環境からの変化を嫌う人間や在宅勤務ができない立場であることの根拠のないひがみから、在宅勤務を悪いもののように考える人がいる場合もあるでしょう。

全社的に在宅勤務に切り替えられる企業はあまり問題がないかもしれませんが、在宅勤務と会社勤務の社員、両方がいる企業は社員同士の人間関係のトラブルや不満に注意が必要です。

在宅勤務と会社勤務の間では、働き方や環境の差から不満や誤解が起こりやすくなるため、企業側は対処していく必要があります。

在宅勤務・テレワークの働き方がずるいわけではないため、このような意見があるのであれば、企業が積極的に働きかけて、社員同士の認識を変えていくのが大切です。

在宅勤務・テレワークがずるいと感じられる理由

会社勤務の視点から見たとき、在宅勤務の社員に関して、どんなところがずるいと感じられるのでしょうか。

在宅勤務・テレワークがずるいと感じられてしまう理由をいくつか取りあげていきます。

仕事が楽だと勘違いされる

在宅勤務・テレワークの環境は、過去に経験したことがない社員からすると働く姿がイメージしづらい点があげられます。

そのため「会社勤務よりも、仕事量や労働時間が短かったり楽だったりするのではないか」といった業務面での誤解を招く可能性があるのです。

在宅勤務の実体験がないと、仕事に関する誤解が生まれやすくなるため、会社勤務よりも楽ができてずるいと勘違いされる理由につながります。

通勤・準備の時間がかからない

会社の業務以外にかかる時間のロスに対する意識が、会社勤務の方が在宅勤務をずるいと感じてしまう理由にあげられます。

社会人の方は、本音として仕事とプライベートの時間をできる限り安定させたいと考えておられるでしょう。

会社勤務の場合、定時あがりでも通勤時間がかかってしまいますが、在宅勤務・テレワークの場合は移動時間がかかりません。

ほかにも、会社勤務の身支度にかかる時間が減ったり、就業ギリギリまで寝ていられたりするなど、在宅勤務の環境におけるメリットがうらやましい気持ちにつながります。

仕事以外の時間を節約できることは会社勤務の方にとって、在宅勤務・テレワークがずるいと感じてしまう理由につながるのです。

在宅はさぼりやすいと勘違いされる

在宅勤務・テレワークでは、会社勤務のように上司や同僚が目の前で働くわけではありません。

環境の違いがあるため、会社勤務の方にとっては現状がどうかは別にして、上司の目が行き届かなかったり、仕事量が調整しやすかったりするイメージがあり、仕事がさぼりやすいと勘違いされるのです。

会社勤務の場合は、堂々とデスクを離れたり仕事の手抜きをしたりするのが難しいと感じられるため、ひとりで仕事ができる在宅勤務がずるいという不満を感じてしまうのでしょう。

在宅勤務はざぼりやすいという勘違いが起きることで、会社勤務の自分のほうが損だという意識やずるいという感情が生まれる理由につながるのです。

自由な働き方に不公平を感じやすい

会社勤務では、人間関係に関わる仕事のストレスを感じやすい傾向がありますが、在宅勤務は人間関係のプレッシャーから開放される面もあります。

ほかにも、在宅勤務は仕事の空き時間やプライベートの時間が増えるなど、生活スタイルの変化や違いが生まれてしまい、不公平に感じるのも理由のひとつです。

仕事とプライベートの安定が図りやすくなるだけでなく、仕事における精神面でのストレスを軽減しやすくなるため、会社勤務の社員にとっては苦労しなくて済むイメージにつながります。

このように、在宅勤務は会社勤務に比べると働き方の自由度があがる点も不満の理由につながるのです。

在宅勤務やテレワークがずるいという意見は不満につながる

企業は在宅勤務と会社勤務の間で起こる不満の対策を実施する前に、両者が抱える不満の具体的な内容を知っておく必要があります。

在宅勤務・会社勤務の社員それぞれの視点から問題点を探りましょう。

在宅勤務している側の不満

会社の方針や上司の指示にしたがっているだけなのにずるいといわれてしまう、またはいわれているのではないかと思う気持ちは、在宅勤務の社員が不満を感じる問題点につながります。

テレワークが導入された場合、自分で作業環境を整えていく準備を始め、在宅勤務のルールを覚えて適応する必要もあります。

中には、会社勤務のほうがよいと考える社員がいる可能性もあるでしょう。

ほかにも「テレワークで成果主義になってしまいつらい」ことや「周りに助けを求めることが会社勤務より難しい」可能性もあげられます。

企業の方針で在宅勤務になっていることだけでなく、会社勤務の社員と比べたときに、新しい環境に適応するための労力がかかることが不満にあげられるのです。

在宅勤務していない側の不満

会社勤務の方は、テレワークの社員が会社の方針に従っているのは理解できるものの、自分の立場や待遇、働く環境を考えると、在宅勤務がうらやましいという気持ちや問題点につながることもあるのです。

  • 会社勤務の社員がトラブルやクレームに直接対応しなければいけない
  • 在宅勤務よりも業務量が増えてしまい、ワークライフバランスが取りづらい
  • 制服や化粧の準備時間や会社までの通勤時間がかかる

たとえば、上記のような不満が直接あげられる可能性もありますが、会社勤務の社員は、表立っては上司にテレワークがずるいと言いづらいと感じていることもあります。

在宅勤務でない側は、労働に関わる時間調整が難しいことを始め、仕事での負担が増えやすいのではないか、という気持ちが不満にあげられるでしょう。

在宅勤務・テレワークがずるいと思わせないための対策

企業は在宅勤務と会社勤務の社員、両方の意見を尊重しながら対策を進める姿勢が必要です。

事前に起こりそうな問題に対処するためにも、在宅勤務・テレワークに切り替える前にぜひできるところから対策を取り入れましょう。

社内での情報共有を定期的に実施する

在宅ワークに関する内容を不透明にしていると、社員同士の間で不満がたまる可能性も考えられるため、定期的に意見や情報交換を欠かさないようにしましょう。

在宅勤務と会社勤務のそれぞれに関して、具体的にどれくらいの成果が出ているのか、どのくらいの仕事が進行しているのかなど、業務に関する進捗報告を意識することで、お互いの仕事がスムーズに進めやすくなります。

情報共有は仕事を円滑に進める上で欠かせないため、企業側が在宅勤務の人たちと溝ができないように体制を整えて対策するのが大切です。

在宅勤務のルール・評価制度を明確にする

在宅勤務と会社勤務の間に隠しごとをせずに、おおまかなルールや評価制度に関する情報は共有しておくことが大切です。

たとえば、在宅勤務の評価制度に関する仕組みや労働時間、業務内容の共有など、お互いがどんなルールで仕事に取り組んでいるのか、見えるようにわかりやすい形で開示します。

ほかの部署が在宅ワークを取り入れる機会があったときの体制が整うため、移行までの期間を短くできるメリットもあるのです。

会社勤務の社員たちが損をしているわけではないことが伝わりやすくなり、会社勤務と在宅勤務の社員における不満を減らす対策が可能になるでしょう。

事前に社内アンケートを取り入れる

在宅勤務に対する意識改革の基準にするためにも、事前に社内全体でアンケートを取る方法もあります。

在宅勤務に関するイメージとともに、会社勤務で不満に感じているポイントを聞き取ったり、改善できそうなことがないか意見を出し合ったりしていきましょう。

社内アンケートは、企業側と社員がお互いの仕事環境をよくするためにも、これまで言えなかった本音を聞くチャンスにつながります。

アンケート以外にも面談を取り入れて詳細を話し合うなど、事前に不満になりそうな点に耳を傾けることで、事前の対策ができるでしょう。

コミュニケーション不足対策を補うツールを導入

在宅勤務と会社勤務の社員が連携して仕事に取り組むときは、コミュニケーション不足から仕事のミスが起きやすくなる可能性があります。

対策としては、発生する問題を回避するためにも、仕事を円滑に進められるコミュニケーションツールを導入しましょう。

メールとは違い、チャット式でやりとりができたり、仕事のタスク管理ができたりするなど、業務の進行がわかりやすく共有できるメリットがあげられます。

コミュニケーションがスムーズにできれば、在宅勤務と会社勤務の仕事に対する不満を減らす対策につながるでしょう。

情報共有で在宅勤務との不公平感をなくすことが大事

在宅勤務がずるいと会社勤務の社員が感じてしまう理由や企業ができる対策を見てきました。

ずるいという気持ちが起こる理由は、在宅勤務のほうが仕事において楽でさぼりやすそうといった誤解を始め、通勤時間がないことや働き方の自由度が感じられる点に不公平を感じてしまうからです。

企業ができる対策としては、社内での情報共有を意識して在宅勤務のルールを明確に伝えながら、社内アンケートや面談の形で社員同士の意見に耳を傾けましょう。

また、在宅勤務と会社勤務の人たちの仕事を円滑にするために、コミュニケーションツールの活用も効果的です。

在宅勤務と会社勤務の方をつなげるコミュニケーションツールのサービスを提供するChatworkの利用もご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事