オンラインが疲れる原因とは?オンライン会議が疲れる原因と解決策

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
オンラインが疲れる原因とは?オンライン会議が疲れる原因と解決策

目次

テレワークが普及したことによって、Web会議ツールやコミュニケーションツールを利用した「オンライン会議」「オンライン研修」「オンライン懇親会」などをおこなう機会が増えました。

場所を移動しなくとも仕事を進めたり、コミュニケーションを深めることができるため利便性は向上しましたが、あらゆることがオンライン化したことで疲労感を覚えるという声も聞かれます。

仕事をする上では、オンライン会議は当たり前となっていますが、なぜオンライン会議が疲れるのでしょうか。

オンラインが疲れる原因と、オンライン疲れを解決する方法を紹介します。

オンラインが疲れる原因とは

オンライン会議をはじめとするオンライン形式での研修や懇親会は数年前までは一般的ではないものでした。

オンライン形式での会やイベントが急速に増えたことで、オンライン疲れを感じ始めたものの、なぜ疲れるのか原因までは分からない方も多くいるでしょう。

オンライン疲れの解消の糸口を見つけるために、オンラインが疲れる原因を見ていきましょう。

集中しなければならない時間が長い

オンライン会議では、対面の会議のように、聞き逃しが発生した場合に隣の人に確認したり、参加者の雰囲気でなんとなく内容を理解したりすることができません。

そのため、聞き逃しが絶対にないようにするため、高い集中力を求められます。オフラインでの会議以上に継続的に集中しなければならないため、精神的な疲労を感じてしまいます。

同じ姿勢をつづけなければならない

対面の会議をおこなうためには、椅子から立ったり会議室を移動する必要があります。

しかし、オンライン会議ではPCの前にずっと座っていなければならず、長時間同じ姿勢を続けることになります。

姿勢を崩したり変えたりできないことが、身体的な疲労につながっている可能性があります。

リフレッシュしづらい

オフライン会議の合間には、会議室を移動し場所を変えることでリフレッシュすることができます。ところが、オンラインでは環境の変化がなく、溜まった疲れをリフレッシュすることが難しいといえます。

さらに、オンライン会議の場合は、会議と会議の間に休憩時間がなく、そのまま次の会議に入らなければならないこともあります。この場合は、身体的疲れに加え、頭を切り替えることができないことが精神的疲れの原因にもなってしまします。

非言語情報を得られにくい

オンライン会議では、通話音声以外では小さな画面映る情報が主になります。非言語情報を受け取りにくいため、話し手は聞き手の反応が分からず、ミスコミュニケーションが起きやすくなってしまいます。

また、ミスコミュニケーションを生まないように気を遣うことも疲れる原因になるでしょう。

多数の人に見つめられる

オンライン会議に多数の人が参加していると、画面の中から多くの人から自分が見つめらることになり、強いプレッシャーの原因になります。

さらに、自分が相手から目線を逸らすことができないこともストレスの原因になるでしょう。

映像や音声の乱れでストレスを感じる

オンライン会議では、機材やソフトウェア、ネットワークの不調などさまざまな要因によって映像や音声の乱れが発生してしまうことがあります。しかし、映像や音声の乱れは、対面では生じないトラブルのため、強いストレスの原因になってしまいます。

一方、オンライン会議の主催者や話し手であれば、トラブルが発生しないように注意を払わなければなりません。対面の会議では必要のなかった準備や気遣いもオンライン疲れの原因です。

オンライン疲れを緩和する方法

オンライン会議は疲れるというものの、もはやオンライン会議なしで仕事をすることは難しいでしょう。オンライン疲れを少しでも緩和する方法を考えていきましょう。

会議の前後に余裕を持たせる

オンライン会議の疲れをリフレッシュするために、会議の前後には意識的に余裕を持たせましょう。

たとえば、9時から10時までの時間を一杯使って会議をするのではなく、9時55分までにするなど、次の予定までの間に気分転換や準備ができる時間をもつことが望ましいです。

適度な運動を取り入れる

会議の合間には、できるかぎり適度な運動を取り入れるように心がけましょう。今すぐにでもできることとして、肩や首を回すこと、1時間に1回は必ず立ちあがることなどがあります。

また、昼休みの時間を使って少し散歩に行くこともできます。勤務外時間にジョギングやランニングをすることで、身体的な疲れや緊張をほぐすことができます。

PCに向かってばかりいると凝りや痛みが生じやすいため、適度な運動をおこなうことで、解消や改善を図れます。

チャットやリアクション機能を活用する

オンライン会議ではお互いの反応が見えにくいことがストレスの原因です。画面で伝えられないリアクションは、チャット機能やスタンプを大いに活用しましょう。

少しでも反応があると、話し手の「きちんと伝わっているだろうか」という不安を払拭することができます。

顔を出さないことを許容する

必ずしも必要がない場合は、顔を出さないことを認めることもひとつの方法です。

顔を見ながら話ができることがオンライン会議のよいところですが、全員が顔を出すことで視線が気になってしまうところが欠点です。

特に人数が多い会議では、状況に応じて顔を出さない会議にすることで、ストレスを軽減できるでしょう。

適切な機材を使う

オンライン会議に適した機材を使うことも疲れを緩和します。

たとえば聞き取りやすいマイク、映りのよいカメラ、安定したネットワーク環境などを用意し、映像や音声の乱れに気を取られることのないようにしましょう。

オンライン会議の時間を減らす

オンライン会議の時間や、オンライン会議そのものを減らすことも検討しましょう。事前に情報共有をした状態で会議に参加してもらえば、すぐに本題に入ることができます。

そもそも会議で話し合う必要がなければ、チャット上の情報共有などだけで済むこともあるでしょう。

オンライン疲れの解消はテキストコミュニケーションが鍵

オンライン会議では、性質上非言語情報が得られにくいことなどから、これまで感じてこなかった疲れを感じてしまうかもしれません。

こうしたオンライン疲れを解消するには、会議外、会議中のテキストコミュニケーションを充実させることが重要です。

日常的にコミュニケーションをとり、情報共有が十分にできていれば、オンライン会議をする時間を短くすることができます。

また、会議中もチャットを活用することで、話し手が感じるストレスを軽減させることができるかもしれません。

テキストコミュニケーションを充実させるツールとしては、ビジネスチャットであるChatworkが適しています。

チャット形式で会話に近いやりとりを実現し、情報共有だけではなく日常的なコミュニケーションを活性化することができます。

さらにWeb会議機能により、オンライン会議の立ち上げもスムーズなので、オンライン疲れをさらに軽減することができるでしょう。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事