時差出勤は意味がない?意味がない時差出勤の状態と対策方法

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
時差出勤は意味がない?意味がない時差出勤の状態と対策方法

目次

通勤ラッシュの時間帯を避ける方法として導入されている時差出勤は、従業員のストレスを緩和できる方法として期待されています。

しかし、時差出勤は効果的に取り入れられないと、従業員への負担をかえって増やす原因につながるかもしれません。

負担が増えてしまうようであれば、時差出勤は意味がないと感じられてしまうでしょうし、取り組み自体も無駄になってしまいます。

意味がない時差出勤の状態を避けるための対策方法を考えていきましょう。

時差出勤は意味がないと考えられる状態

時差出勤とは、始業時間を1~2時間程度ずらして通勤時間の混雑を避けるために実施します。

従業員にとっては、通勤時間のラッシュを避けられるので、ストレスや通勤での疲労を減らすことの効果が期待できるでしょう。

しかし、時差出勤は効果的に活用できていないと、導入する意味がない状態につながる懸念があります。

時差出勤は意味がないと考えられる状態の詳細を見ていきましょう。

出社・退社時間ラッシュを避ける効果が期待できない

企業の始業時間や交通の混雑状況によっては、時差出勤を導入してもよい影響が感じられない可能性があります。

時差出勤をするほうがかえって電車の椅子に座れないことや、交通機関の混雑状況に変化がない場合もあるのです。

時差出勤は通勤時の人混みを避ける目的で実施されるので、効果が期待できないと時差出勤は意味がないと考えられる状態につながります。

時差出勤で取引先との営業時間がずれる

就業時間が変わることで、仕事に関わる取引先との営業時間がずれてしまい、仕事に影響が出てしまう懸念もあります。

たとえば、事務の仕事で郵便物や銀行に訪れる業務を担当している方は、時差出勤を導入したあとのほうが業務にかかる負担が増える可能性もあるかもしれません。

時差出勤は意味がないと考えられる状態を避けるためにも、事業内容や営業時間に合わせた時差出勤を部署ごとに導入することが大切です。

生活のリズムが崩れてしまう

時差出勤は、通勤ラッシュを避けて出勤や退勤ができるメリットがあるものの、人によっては生活習慣が変わってしまい、体調を崩す可能性があげられます。

午前中の早い時間帯から働くほうが集中力をもって業務に取り組めるなど、人によって仕事に取り組みやすい時間も変わってくるでしょう。

従業員のライフスタイルに合わせた導入方法を検討しないと、生活のリズムが崩れてしまい仕事に影響が出るなど、時差出勤は意味がないと考えられる状態につながるのです。

時差出勤の意味がない状態になる原因

会社が決めたルールに従うのは従業員になるので、時差出勤に効果が感じられない状態が続くと、業務にストレスや会社に不満を感じやすくなります。

導入した時差出勤の意味がない状態になってしまう原因を見ていきましょう。

会社視点で従業員の意見が反映されていない

会社視点で時差出勤を取り入れてしまうと、従業員が働きやすい形に反映されていない状態になる場合があります。

たとえば、子育てに取り組む女性社員が多い場合、時差出勤で終業時間がずれることで、生活スタイルを維持できない懸念などが考えられます。

上記のような場合は、短時間勤務やテレワークの導入を並行して検討するなど、時差出勤以外の制度を導入する必要性があるでしょう。

時差出勤の意味がなくなると考えられる原因の背景には、会社視点で取り入れてしまい、従業員が望む働き方に合っていないことがあげられます。

時差出勤の制度を利用しづらい環境である

企業側が導入する時差出勤は、社内全体でなく一部の従業員が申請する形で導入している場合など、制度が形だけで実際には使用しづらい場合もあります。

たとえば、ほかの従業員よりも遅く出社する場合、時差出勤の制度が馴染んでいないと「自分だけが遅く出社して気まずい」と、抵抗を感じる人も少なくありません。

時差出勤の制度を利用しづらい環境だと周囲の目を気にしてしまい、ほかの従業員との間に摩擦が生まれてしまう可能性もあるのです。

時差出勤の意味がなくなるような原因には、制度の導入でかえって従業員が働きづらい環境につながる状態があげられます。

意味がない時差出勤にしないための対策方法

時差出勤は、従業員が働きやすい環境を整えることが目的でもあるため、企業側の意図と従業員の感じ方ができる限り合わさるように工夫することが大切です。

意味がない時差出勤にしないための対策方法を見ていきましょう。

従業員の意見を取り入れて調整しながら運用する

時差出勤を取り入れるときは、従業員にアンケートや面談を実施しながら意見を聞いて調整しましょう。

  • 交通機関の出勤、退勤時の混み具合はどのくらいなのか
  • 時差出勤の導入前と導入後でよかった点、悪かった点はあるか
  • 従業員にとって効果的だと感じる就業時間帯や働き方はあるか

上記のように、実際に通勤する従業員の意見に耳を傾けることで、運用の状態が成功しているのか把握できて、時差出勤が意味のない状態を防ぐ対策方法につながります。

雇用条件を見直して社員に情報共有

企業側から社員に向けて時差出勤を導入する前に、雇用条件の見直しや書類の共有など、雇用面での変更点を情報共有しておくとトラブルが防げます。

従業員にとっては、本来の営業時間のほうが働きやすい場合もあるかもしれません。

意味がない時差出勤にしない対策方法には、企業側から従業員に向けて、時差出勤の時間帯や給料の支払い条件など、事前に説明を済ませて情報共有することが重要です。

時差出勤以外の制度と併用して活用する

労働時間を変えずに働き方を変える方法には、フレックスタイム制があげられます。

時差出勤との違いはフレックスタイム制の場合、従業員が仕事の始業と終業時間を好きな時間に決められることです。

時差出勤の場合は、企業側からいくつか時間の枠を設けて実施することが多いため、従業員のライフスタイルに合わない場合が考えられます。

時差出勤はほかの制度と並行して導入することで、多様な働き方が認められる企業づくりが目指せて、意味がない時差出勤にしないための対策方法につながるのです。

試験運用や段階的な導入をする

時差出勤を導入するときは、いきなり全体で一斉に取り組むのではなく、一定の期間を設けて微調整していきましょう。

また、時差出勤の時間帯にバリエーションをもたせるためにも、企業側からいくつか時間帯を提示して決めておきます。

部署ごとに時間帯を調整する形にするなど、時差出勤に意味がない状況を避けるための注意点には、社内で少しずつ調整しながら進めるようにしましょう。

時差出勤と並行したテレワークの導入にはChatworkを活用

出社と退社時間のラッシュを避ける効果が期待できないことや、時差出勤で取引先との営業時間がずれることなど、仕事の負荷を緩和できる要素がないと、意味がない時差出勤の状態につながりかねません。

対策方法としては、企業側の意図だけでなく従業員の意見を反映し、社員に情報共有しながら進める必要があります。

従業員に働きやすい環境を整えるには、時差出勤と並行してテレワークなどの導入を検討するといいでしょう。

時差出勤の場合、出勤時間をずらす形で労働時間は変わりませんが、テレワークの場合は通勤にかかる時間を大幅に短縮できるメリットもあるのです。

時差出勤以外の働き方にテレワーク導入を検討することで、退社時間が遅くなることもなく、従業員が人混みを避けられる効果を維持できる対策方法につながります。

ビジネスチャット「Chatwork」では、テレワークのコミュニケーション活性化にも有効活用できるサービスを提供しているので、業務の作業効率化を図るためにも導入をご検討ください。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワーク導入をご検討の企業さまにおすすめの資料
はじめてのテレワーク

このお役立ち資料ではテレワーク導入のために企業がするべき準備をまとめました。

感染症の予防の観点から、テレワークを推奨する動きが広がっている一方で、「まだ何も準備ができていない」、「どうやってはじめれば良いかわからない」などという声も聞かれます。

  • なぜ今テレワークが必要なのか
  • テレワーク導入のために企業がするべき準備は何なのか
  • Chatworkがテレワーク企業に選ばれる理由

などを解説します。貴社のテレワーク導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事