経理はテレワークできない?経理のテレワークが難しい理由と解決策

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
経理はテレワークできない?経理のテレワークが難しい理由と解決策

目次

テレワークを導入する企業が多いなかで、経理部門はテレワークの導入が難しいと考えられています。

しかし、工夫や導入の仕方によって、経理でもテレワークで働くことは可能です。

従来の方法を変えることにより、経理の仕事を効率化して作業の無駄をなくすことが経理のテレワーク導入にも繋がります。

経理はテレワークができない理由は何かという課題を解消することで、適切な経理のテレワーク導入のやり方が見えてくるはずです。

経理のテレワークが難しいとされる理由

経理のテレワークが難しいとされる理由には、どのような内容があげられるのでしょうか。

これまでのオフィスワークや仕事の進め方における経理という在り方が、経理はテレワークが難しいという考え方につながっているのかもしれません。

出社が必要な業務内容が多い

経理のテレワークでは、経費の精算や請求書に関わる業務など、会社で処理を進める必要がある内容が多くあります。

そのため、完全にテレワークを進めることが難しいと考えられており、テレワーク導入後も一部の社員は出社が必要になる場合もあるでしょう。

在宅勤務ができない業務というイメージもあり、導入の手間を考えると先延ばしになるパターンが多いことも、経理のテレワークが難しいとされる理由につながります。

個人情報やセキュリティ面での対策が必要

経理の仕事では、企業のお金に関する取り扱いなど、事業の内部情報に関わる内容が多いこともテレワーク導入が遅れる原因につながります。

個人情報や取引に関わる内容の流出を避けるためには、出社して会社で保管する方法が安全だと考えられるからです。

経理のテレワークが難しいとされる理由には、セキュリティ面のリスクを考慮したときに、対策が必要である点もあげられます。

経理のテレワーク導入を阻む課題

経理のテレワークを阻む課題には、どのような内容があるのか見ていきましょう。

これらの課題を解消することで、経理はテレワークができないという考えや状態の改善にもつながります。

業務をデジタルに移行する準備

経理の仕事では、書類の作成や管理は紙媒体で取り組む流れが大半です。

自宅で会社の書類を取り扱うと、機密事項や個人情報の漏えいにつながる危険があるため、テレワークでは書類の作成や保管を電子化する必要があるのです。

ただ、業務の流れをデジタル化するには、ツールやシステムの導入で手間や準備がかかるため、経理のテレワークを阻む課題につながっています。

コミュニケーション方法を補うツール・サービスの導入

テレワークの作業環境では、業務連絡でコミュニケーションを取るためにメールや電話に代わる手段が必要になります。

ビジネスチャットや電話代行サービスなど、出社の必要性を解消してくれるツールやサービスを利用できない環境のままでは、テレワークに移行するための課題が解消されません。

経理のテレワークを阻む課題には、経理の仕事が自宅で対応できるツールやサービスの導入ができないことがあげられます。

経理はテレワークができないを解決する方法

従来の仕事をなくすことや処理の方法を変えることで、経理でのテレワーク導入が可能になります。

経理でテレワークができない状況を解決する方法を見ていきましょう。

書類をやめる

紙媒体の請求書や帳簿など、経理の業務に使う書類はできる限り電子化で処理するとテレワークに移行できます。

デジタル化は紙媒体に比べると、保管する場所や処分の手間がかからないところも利点です。

すでに保管している書類は、スキャンでデータ化して保存するなど、書類業務をデジタル化することで経理がテレワークができない状態を解決する方法につながります。

ハンコを止める

紙媒体の契約書など、押印が必要な業務は、電子署名の形に移行することで作業をなくすことができます。

テレワークで押印のために出社する機会や手間がかからなくなり、従業員が自宅で仕事に集中できて作業効率化が図れるでしょう。

経理がテレワークに移行するための押印に変わるシステムを導入することで、企業と社員の両方にメリットがあり、従来の仕事に対する手間や労力を解決する方法にもつながります。

決済方法を変える

従業員への給料の支払い方法などは、インターネットバンキングを活用する形で対応すると、出社の代わりになる手段につながります。

また、企業側から仕事用のクレジットカードを導入することで、経理業務で現金対応などが必要な業務を削減することが可能です。

経理でテレワークができない状態を解決するには、決済方法を見直す取り組みを実施しましょう。

経理でテレワークを導入するときのやり方

テレワークの導入にあたり、経理の業務で必要になる作業環境やツールを準備する必要があります。

経理でテレワークを導入するときのやり方を見ていきましょう。

PCのセキュリティ環境を整える

経理は企業の経営で重要になるお金の管理を担当する部署にあたるので、テレワークの導入で使うPCのセキュリティ対策を万全にしましょう。

社員のセキュリティに関する知識や意識を高めるためにも、企業側から事前に仕事を進めるときの注意点やルールをマニュアル作成して共有することも重要です。

企業の情報漏えいを防ぐ対策に力を入れておくことで、安心して経理がテレワークを導入する方法につながります。

デジタル化に対応できるツールの導入

経理に関わる請求書や会計などの業務は、インターネットから共有してアクセスが可能なツールやシステムを導入しましょう。

今まで紙媒体で処理を進めていた請求書や領収書を電子化して保管することで、出社することなく自宅で作業が進められます。

経理でテレワークを導入するときのやり方は、まずは業務がデジタル化に対応できるような環境を整えましょう。

テレワークのルールを社内で共有する

自宅で経理の仕事が円滑に進むように、テレワークを実施するときのルールは事前に企業側から社員に共有しましょう。

  • 業務に使うクラウド型システムの使い方や注意点
  • テレワークにおける勤怠管理、評価制度の方法
  • 雇用条件を再確認して社員に情報共有

経理でテレワークを導入するときのやり方を始め、会社出勤時との違いや注意点について社内共有することで、自宅で仕事を開始するときの段取りがスムーズに進んで作業効率化につながります。

ビジネスチャットで業務のやりとりを進める

テレワークにおける業務連絡のやりとりは、ビジネスチャットを使うと円滑なコミュニケーションが進められます。

  • 会議をビデオ通話でオンライン化する
  • 経理の業務に関わる締め切りをタスク管理できる
  • グループチャットで重要な情報共有を素早く進められる

上記のように、会社出勤で進めていた業務連絡を自宅でも問題なく情報共有ができるため、経理でテレワークを導入するときは、便利に活用できるビジネスチャットがおすすめです。

>ビジネスチャットの導入事例はこちら

経理はテレワークができないわけではない

経理は出社が必要な仕事内容が多く、個人情報やセキュリティ面での対策が必要な点もテレワークの導入が進まない理由にあげられます。

お金の流れを管理する経理の仕事は、企業の情報漏えいや仕事内容からテレワークが難しいとされていますが、工夫次第でテレワークの導入は可能です。

出社と自宅で働く作業環境にどんな違いがあるのか、テレワーク導入に向けた課題をクリアしていくことで少しずつ移行の準備が進められます。

業務をデジタルに移行する準備、コミュニケーション方法を補うツールやサービスの導入を検討しながら、課題の解消につなげましょう。

課題を解消するやり方には、テレワークのルールを共有することやセキュリティ環境を整えることなど、企業側から作業環境を整える働きかけが必要です。

経理でテレワークができないわけではないので、経費削減や新しい働き方を模索したい場合は、まずは一部のテレワーク導入から始めてみてはいかがでしょうか。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワークをこれから導入したい方へ
テレワーク導入で見直すべき日常業務とは

今までオフィス出社が前提であった組織がテレワークを導入しようとすると、 おこなってきた業務がうまくいかないトラブルに直面することがあります。

テレワークを導入する前に、日常業務のあり方をテレワークに対応できるよう見直すことが必要です。 今すぐ見直せる日常業務と、改善の具体例を紹介します。

【主な内容】

  • テレワーク導入時のよくあるトラブル事例
  • テレワーク導入の見直し対策

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事