地方で働くを実現するには?地方で働くメリットと地方で働く方法

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
地方で働くを実現するには?地方で働くメリットと地方で働く方法

目次

多様な働き方の実現、テレワークの普及などにより、地方で働くことを選びやすくなってきています。

地方で働くことを選ぶ労働者は、都会とは異なる働き方ができる、通勤の負担を減らせることなどを求めていることもあるでしょう。

また、地方で働きたい労働者を企業が雇うメリットには、人手不足解消や有能な人材の確保などがあげられます。

労働者・企業側の双方にとって理想の雇用を実現するために、それぞれが地方で働くということに求めているメリットを理解し、地方で働くの実現について考えてみましょう。

地方で働く方法とは?

地方で働くには、大きく分けて3つの方法があります。

それぞれどのような方法で地方で働くことに繋がるのかを見ていきましょう。

地方の企業に転職

移住先の地方の企業に転職し通勤する、一般的な働き方です。

地方で育った人が地元に戻るUターン、都会で育った人が地方に移住するIターン、地方出身者が地元ではない地方で働くJターンなど、さまざまな形での転職があります。

東京圏からの移住者の採用活動を支援する中途採用等支援助成金(UIJターンコース)の拡充などもあり、都心部からの労働力の呼び込みに力を入れる地方企業が増えているようです。[※1]

自分で開業する

地方で自分のお店を持つ、漁師や農家などの一次産業を始めることも、地方で働くひとつの方法でしょう。

夢をもって移住を考える人が多いですがリスクもあるため、事前に情報を集めたり人脈を作るなど、十分な備えが必要です。

漁業研修や開業時の給付金、リース料の補助など、一次産業を支援する制度を設けている地域もあります。

在宅で仕事をしながら地方で暮らす

近年増えている働き方に、都心に本社を持つ会社に雇用されながら、地方に住みテレワークで働くというものがあります。

また、フリーランスになって業務委託で時間や場所にとらわれず仕事をするというのもひとつの方法です。

どちらも主にインターネットを介して仕事をすることが特徴で、相手と直接会わなくても綿密なコミュニケーションがとれる能力と環境が必要でしょう。

地方で働くを実現するメリット:労働者側

労働者にとって地方で働くことには、都会にない魅力とさまざまなメリットがあります。

地方で働くメリットとして考えられるものを見ていきましょう。

経験や能力で判断してもらえる

人材が多い都心部では、採用時に同じような経験・能力の候補者が複数揃ったときに若い人材を優先する傾向が強く、一定の年齢をこえた転職者にとっては不利になりがちです。

地方は人材が少ないため、年齢で切り捨てられることが少なく、経験や能力で判断してもらえることが多いようです。

通勤の負担を減らせる

都心で働いていると、毎日時間をかけて満員電車で通勤することを負担に感じる場合もあるでしょう。

地方では車通勤が可能な企業が多く、道路や電車の混雑も都心と比べると格段に少ないため、通勤時間の短縮や負担の軽減ができるでしょう。

都会とは異なる働き方ができる

地方ならではの事業をおこなう企業で働く、通勤をなくしてテレワークで働く、地方での副業や趣味を楽しむために2拠点で生活するなど、地方では都会とは異なる働き方ができます。

自分にあった事業で能力を生かしたい人や、働くことを生活の中心にすえるのではなく趣味や自己実現を優先したい人にはぴったりでしょう。

落ち着いた場所で暮らせる

地方に移住する人のなかには、地方ならではの自然の多さや落ち着いた環境を求めているひとが多いでしょう。

子育て支援の充実している地域、新築やリフォームの費用を助成している知識もあるため、子育て環境や住環境を優先して移住先を選ぶことができるのもメリットです。

家賃などの生活費が安い

地方では家賃や住宅購入費を都市部より低くおさえることができます。

また、農業の盛んな地域では新鮮な食材が安く手に入ることもあり、生活費をおさえながら豊かな食生活や住環境を実現できることが魅力です。

新しい人間関係や環境を楽しめる

それまでの環境を一新し、移住先の地方で新たな人間関係を築いていけるのも、地方で働くことのメリットのひとつでしょう。

地方ならではの人のつながりが濃い環境で、人のあたたかさに触れながら暮らすことで、新たな価値観が生まれるかもしれません。

地方で働くを実現するメリット:企業側

UターンやIターンの転職者を地方企業が雇う、地方に住む人材を都心部の企業がテレワークで雇うなど、地方での雇用の方法はいくつかあります。

企業にとってはどちらも人材不足の解消や人材確保などのメリットがあるでしょう。

人手不足への対策になる

地方では少子高齢化や東京一極集中により人手不足が深刻化していますが、UターンやIターンでの就職を希望している人材を受け入れることで、新たな労働力を確保することができます。

また、テレワークで働きたい人材を地方で雇用することは多様な働き方の実現にもなるため、柔軟な働き方ができ離職率の低下につながるでしょう。

有能な人材を確保できる

育児や介護などの家庭の都合、都会を離れて自然豊かな環境で暮らしたいという希望により、有能な人材が地方へ移住することはままあります。

そういった人材を確保できるのが、地方での雇用のメリットです。

地方企業での仕事に魅力を感じてもらえるよう待遇や与える裁量を考えたり、都市部の企業はテレワークとあわせてフレックスタイム制を導入するなど、さまざまな工夫をして人材確保に努める必要があるでしょう。

交通費やオフィスの経費を削減できる

テレワークで地方の人材を雇用する場合、インターネットを使用した自宅での勤務が主になるでしょう。

機器やインターネット環境を整えるための補助は必要ですが、賃貸料や事務用品購入などのオフィスコストと交通費が抑えられるため、経費の削減になります。

生産性の向上

テレワークなどの多様な働き方を実現すると、労働者にとって働きやすい環境を提供することにもなり、生産性の向上につながります。

また、地方企業でUターンやIターンの転職者を受け入れると、新たなアイディアや知識を取り込んで業務効率化を図ることができるでしょう。

都会で就業経験がある労働者は、地方とは仕事の速さが違うこともあるかもしれません。

BCP対策になる

テレワークに備えてインターネット環境を整備したり、クラウド上に資料を保存するなどオフィスの有無に関わらず仕事ができる環境を整えることは、災害発生時の事業継続計画としても有効です。

会社の拠点と違う場所に社員が複数いると、全員が災害に巻き込まれる可能性が減ります。

災害時にどの地域でどのような対応をとるか定期的にシミュレートしておくと、BCP対策になるでしょう。

地方で働くを実現するために求められること

地方で働く人材を活用するためには、企業側には柔軟な考え方が求められます。

特に有能な人材は、従来の働き方や業務の進め方、人間関係にとらわれず、新たなアイデアを取り入れ実行することができる会社であるかを見極めようとしています。

地方ならではのやり方と都心部での見識、両方を取り入れて会社の発展につなげるには、会社側のフレキシブルな対応が必要です。

地方企業に就職し活躍したいと考えている人材には、能力を活かせる環境を用意し、先輩社員との相互理解の場を設けたり慣れない場所での生活のフォローや補助をすることも大切でしょう。

テレワークで地方にいる人材を雇用する場合は、離れていてもタイムリーにやりとりができる環境やツールを整備し、通勤という勤務体制とは異なる働き方を想定したさまざまな準備をする必要があります。

地方で働くの実現にChatworkを活用

地方への移住を希望している人材を確保するには、仕事内容や移住の手続き、新しい環境の情報を共有するなど、事前の綿密な連絡やフォローが大切でしょう。

また、地方に住む人材をテレワークで雇用する場合は、面接や契約のやりとりから就業中の連絡まで、すべてがインターネットを介してのやりとりとなることも少なくありません。

労働者と企業のこまめな連絡には、ビジネスチャットの「Chatwork」が最適です。

チャット形式でタイムリーなやりとりが気軽にできるほか、ファイル管理機能で移住や業務に関する資料を共有したり、ビデオ通話昨日で面接や打ち合わせをすることもできます。

地方で働く人材の確保に役立つ手段として、Chatworkの導入をご検討ください。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]出展:厚生労働省 中途採用等支援助成金(UIJターンコース)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082805_00002.html


テレワーク導入をご検討の企業さまにおすすめの資料
はじめてのテレワーク

このお役立ち資料ではテレワーク導入のために企業がするべき準備をまとめました。

感染症の予防の観点から、テレワークを推奨する動きが広がっている一方で、「まだ何も準備ができていない」、「どうやってはじめれば良いかわからない」などという声も聞かれます。

  • なぜ今テレワークが必要なのか
  • テレワーク導入のために企業がするべき準備は何なのか
  • Chatworkがテレワーク企業に選ばれる理由

などを解説します。貴社のテレワーク導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事