テレワークにペーパーレス化が欠かせない理由とペーパーレス化の進め方

テレワーク
AWAY

目次

テレワークの導入には、社内の業務が自宅で進められるようにペーパーレス化やデジタル化をする必要があります。

しかし、テレワーク導入に限らず従来の仕事の進め方を変更するには、準備や手間がかかってしまい、思うように移行が進まない可能性があげられるでしょう。

テレワーク導入に向けたペーパーレス化には、どのような課題があげられるのでしょうか。

テレワークの導入や運用にペーパーレス化が欠かせない理由とペーパーレス化の進め方を解説します。

テレワークにペーパーレス化が欠かせない理由

テレワークを快適におこなうためにも、デジタル化ができる方法やツールの導入が求められます。

テレワークにペーパーレス化が欠かせない理由を見ていきましょう。

書類の代わりにデータでやりとりを進めるため

自宅で仕事のやりとりを進めるときは、書類でなくデータを中心に情報交換する方法が一般的です。

書類でなくデータを使うと、FAXなどの機材を準備する手間が省けるメリットもあります。

また、共有や送付をする際もデータであれば、紙の書類と違い手間がかかりません。

仕事の手間や無駄を省いて効率よくテレワークを導入するためにも、書類の代わりにデータでやりとりを進めることがペーパーレス化に欠かせない理由です。

セキュリティ対策で情報漏えいを防ぐため

テレワークの導入には、自宅に会社の書類を持ち込む必要をなくすために、デジタル化を進めなければいけません。

会社の書類を自宅に持ち込むと、機密情報や個人情報が流出する危険性や紛失の可能性があるからです。

テレワークにペーパーレス化が欠かせない理由には、情報をデータ化して会社の信頼を守る役割があげられます。

出社の必要性をなくすため

社内のデジタル化を進めると、出社の必要がある郵便物の受け取りや押印の業務をなくす機会につながります。

社員の仕事を減らす取り組みにもつながり、テレワークを完全に導入する手段にできるでしょう。

紙媒体に関わる仕事をデジタル化し、テレワーク時の出社の必要性をなくすことも、ペーパーレス化が欠かせない理由にあげられます。

業務連絡ツールのデジタル化が必要なため

テレワークの業務連絡には、ビジネスチャットなどのツールを導入して、電話やメールの代わりに使う方法が便利です。

ビジネスチャットはオンライン上でやりとりができるため、紙媒体を取り扱う必要がなく、自宅で仕事の連絡やオンライン会議、面談ができるメリットもあるでしょう。

テレワークにペーパーレス化が欠かせない理由には、業務連絡ツールをデジタル化への移行や、自宅での仕事をとどこおりなく進めるためにも必要です。

仕事の無駄をなくして作業効率化を図るため

テレワークの移行には、会社と自宅の作業環境の差を埋めるためにも、作業を簡略化する対応が求められます。

たとえば、FAXでのやりとりをインターネットFAXに移行すると、デジタル化やペーパーレス化を進めながら業務の無駄を省く取り組みにつながるでしょう。

テレワークにペーパーレス化が欠かせない理由には、従来の作業環境の無駄をなくしてテレワークの導入をスムーズに進め、仕事の作業効率化を図る意味でも重要です。

テレワーク導入に向けたペーパーレスの課題

自宅で会社と変わらないように業務を進めるには、デジタル化の課題を解消する必要があります。

テレワーク導入に向けたペーパーレスの課題を見ていきましょう。

デジタル化の移行に準備や費用がかかる

社内のデジタル化を進めるには、業務をオンライン上でやりとりする形に変更するなど、従来の仕事の進め方を変える必要が出てきます。

会社や部署によっては、デジタル化の移行にITツールの準備や費用、新しい人材の確保が必要になり、テレワークの導入が難しいと感じる場合もあるでしょう。

テレワーク導入に向けたペーパーレスの課題には、デジタル化に必要な準備や費用、業務体制の変更など、導入に手間がかかる点があげられます。

デジタル化やシステムの安全性が重要

会社の個人情報や機密情報を守るためにも、仕事に使うシステムやネットワークは安全性が高く、安定的に使えるサービスを利用する必要があります。

紙媒体で情報のやりとりを進める方法からペーパーレス化に移行し、情報の取り扱いはデータ化してオンライン上でやりとりを進めるためにも、仕事にとどこおりがないネットワークを選ぶ必要があるでしょう。

紙媒体からデジタル化でペーパーレスの課題を解消し、自宅でも安全に仕事が進められるシステムをテレワークで導入するためにも、事前に準備を進めることが重要です。

事務や来客対応による出社の必要性

紙媒体に関する仕事、取引先や顧客と対面で接する機会が多い部署は、仕事の進め方を変えるためにもペーパーレス化を進める必要があります。

デジタル化を進める過程では、郵便物の受け取りや押印の業務、来客対応などの業務自体をなくすか、代行サービスを活用して出社の機会をなくす取り組みが必要です。

出社の必要性がある紙媒体に関わる業務をなくすことは、テレワーク導入に向けたペーパーレスの課題にあげられます。

テレワーク導入に向けたペーパーレス化の進め方

従来の仕事の進め方からテレワークに移行するためには、デジタル化や外部のサービスを使った準備が必要不可欠です。

テレワーク導入に向けたペーパーレス化の進め方を見ていきましょう。

押印をなくしてデジタル署名で対応する

書類の申請には押印が必要になることが多いため、出社の必要性をなくすためにデジタル署名を使う方法がおすすめです。

デジタルならオンライン上でやりとりができるため、自宅でも書類の代わりにデータの署名で申請できます。

テレワーク導入に向けたペーパーレス化の進め方では、書類の押印をなくしてデジタル署名を使って対応する方法があげられるでしょう。

代行サービスを活用する

テレワークの妨げになる電話対応や書類に関する業務など、出社の必要性をなくす代行サービスを活用しましょう。

たとえば、電話代行サービスで着信があったときは、指定先にメッセージが送られるなど、会社に出社しなくても対応できる方法としておすすめです。

代行サービスで電話対応や書類に関する業務を委託する方法は、テレワーク導入に向けたペーパーレス化の進め方として有効活用できます。

書類や郵便物を電子化する

テレワークの導入で出社の必要性をなくすためにも、書類や郵便物を電子化する方法がおすすめです。

クラウド郵便サービスの利用で電子化して郵便物の中身を確認したり、書類をスキャンしてデータ化したりするなど、自宅で仕事が進められるように工夫を取り入れます。

テレワーク導入に向けたペーパーレス化の進め方には、作業場所が代わっても対応ができる書類や郵便物の電子化をご検討ください。

国の支援制度を活用する

テレワークの導入に向けてペーパーレス化を進めるときは、ITツール導入にかかる費用が不足するときに支援金を利用する方法があります。

たとえば、IT導入補助金を使って条件や申請が通ると、テレワークに必要な作業環境を整える準備につなげられるでしょう。

ペーパーレス化の進め方として紙媒体からデータのやりとりに移行するためにも、ITツールやテレワークの導入に支援制度をご検討ください。

ビジネスチャットで業務のやりとりをする

紙媒体の取り扱いをなくしてデジタル化を後押しするには、ビジネスチャットの連絡方法を使ってやりとりを進めましょう。

自宅で作業を進めるときも、紙媒体でないデータからやりとりができるため、情報交換をスムーズに進められるメリットがあります。

テレワーク導入に向けたペーパーレス化の進め方として、ビジネスチャットを導入して業務連絡に使う方法にご活用ください。

テレワークとペーパーレス化の推進にChatwork

自宅で仕事を進めるには、セキュリティ面の問題や作業効率化を図るためにも、書類の作業をなくして、デジタル化で業務を進めるためのペーパーレスが欠かせません。

ペーパーレス化の進め方には、押印をデジタル署名にすること、紙媒体の書類や郵便物を電子化するなど、デジタル化や代行サービスの利用で業務を効率化する必要性があります。

テレワークに役立つツールを導入するときは、ビジネスチャットを導入して業務連絡の流れを活性化させましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」では、紙媒体の書類からデータに移行した仕事のやりとりやテレワークでのコミュニケーションに適したツールです。

テレワークの移行に向けたペーパーレス化の推進にChatworkの導入をご検討ください。

ペーパーレス化の成功例と手順を公開!完全ガイド

紙を使わない会社へ!3ステップではじめるペーパーレス化

「ペーパーレス化を進めたいけれど、何から手をつけてよいのかわからない」「ペーパーレス化を失敗させたくない」そんな悩みを持つ方へ、ペーパーレス化を進めるための情報を紹介します。

ペーパーレス化を成功させるためには、ペーパーレス化とは何か理解を深めることもが重要です。また推進の具体的手順と合わせて、ペーパーレス化のデメリットや失敗例も解説します。貴社でのペーパーレス化推進にお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事