テレワークに不公平を感じる理由とは?テレワークの不公平をなくす方法

テレワーク
AWAY

目次

テレワークと会社勤務の両方の働き方を採用している場合は、会社勤務の社員がテレワークに不公平な感情を抱く場合があります。

働き方の違いから起きる摩擦をなくすためにも、会社側が体制を見直して不満が起きない工夫を取り入れる必要があるでしょう。

具体的にどのような立場の人がテレワークを不公平だと感じてしまうのでしょうか。

テレワークに不公平さを感じる理由とテレワークの不公平をなくす方法を解説します。

テレワークに不公平さを感じやすいのはどんな人?

会社全体でテレワーク導入が難しいときは、会社勤務とテレワークの社員に働き方の違いが生まれます。

とくに、会社勤務の社員は不満を感じやすいため、会社側が体制を見直して不公平感をなくす工夫を取り入れる必要があるでしょう。

実際にテレワークに不公平を感じやすい人の具体例を見ていきましょう。

一部の部署でテレワークを導入している

テレワークの導入は手間がかかるため、デジタル化が進めやすい部署を中心にまずは一部から導入されるケースが多いです。

導入が難しい部署が多い場合、自由な働き方ができるイメージがあるテレワークがうらやましいと感じてしまい、会社勤務の社員が心理的な不満を抱えやすくなるでしょう。

テレワークに不公平を感じやすい人には、会社勤務からテレワークに移行できていない部署に勤務する社員があげられます。

出社の必要がある部署に勤務している

会社の経営や問い合わせに対応する総務や経理などの部署は、会社勤務になりやすい部署の一例です。

会社と変わらずに自宅で仕事が進められる部署に対して、完全なテレワークが難しい部署の仕事内容を比べてしまい、会社勤務の社員は不満を感じやすくなるでしょう。

会社のなかで出社の必要性がある部署で働く社員は、テレワークに不公平を感じやすい人にあげられます。

クレームや来客対応で仕事量が多い

会社勤務の社員は来客や電話対応を始め、社内のクレーム対応に追われてしまい、仕事量が多い状況が考えられます。

また、残業時間が増えて帰宅の時間が遅くなってしまうと、心身に負担がかかりやすいでしょう。

テレワークに不公平を感じやすい人は、会社の問い合わせに関する仕事量が多く、テレワークよりも仕事の負担がかかると感じる部署の社員があげられます。

業務連絡のツールが導入されていない

テレワークと会社勤務の社員が両方いる場合、仕事に関わる連絡はコミュニケーションツールの導入が望ましいといえます。

電話やメールに代わる連絡手段がないと、自宅で働く社員に確認事項があるときにスムーズに連絡ができず、会社勤務の社員が仕事に不便さを感じてストレスを抱えやすくなるのです。

社員同士のコミュニケーション不足を解消できるツールの導入不足で、テレワークに不満を感じる人が出てしまいやすくなります。

テレワークに不公平さを感じる理由

テレワークは会社勤務よりも時間のゆとりができやすい点や仕事が楽だと勘違いされやすい点で不満が生まれやすくなります。

どのような内容がテレワークに不公平を感じる理由になるのか見ていきましょう。

通勤時間がかからない

テレワークは自宅で仕事に取りかかれる分、出勤や退勤時の移動時間がかからないメリットがあります。

通勤時間が短縮できるとプライベートに使える時間が増えるため、出社する側から見るとずるいと感じやすい状況が生まれるのです。

仕事に取り組む上で通勤時間がかからず、仕事からプライベートの時間に切り替えがしやすい点は、テレワークに不公平を感じる理由につながります。

身支度にかかる時間が短縮できる

会社に出勤するときは、服を着替えて身だしなみを整えるなど、準備の時間が必要です。

テレワークではオンライン上で話す機会がある日を除き、自宅を出る前に確認しておきたい荷物の準備も不要になるメリットがあります。

テレワークに不公平を感じる理由には、仕事前の身支度にかかる準備の手間や時間が短縮できる点があげられるのです。

仕事の休憩時間に用事に取りかかれる

自宅で仕事を進めていると、自由なタイミングで小休憩を挟みやすいメリットがあります。

また、昼休憩の時間はプライベートの用事で外出がしやすいなど、出社とは違って有給を取る必要がなく、仕事の合間に私用を挟める点で差を感じやすくなるのです。

仕事とプライベートが両立できて自由に動きやすい点で、テレワークに不公平を感じる理由につながります。

サボれるという誤ったイメージがある

上司や同僚の目が届かないテレワークは、会社勤務と違って「仕事が楽だ」という誤解を抱かれる可能性があります。

会社全体がテレワークに移行できていないときは、テレワークの経験がない部署で偏見や誤解が起きてしまい、働き方の差に不満を感じやすくなるのです。

テレワークに不公平を感じる理由には、自宅のほうが会社よりもサボれるイメージの誤解があげられます。

テレワークの不公平なイメージをなくす方法

テレワークと会社勤務が感じる差をなくすためにも、社内制度やツールの導入が求められます。

テレワークの不公平をなくす方法を見ていきましょう。

テレワークのルールや成果を社内共有する

テレワークと会社勤務の間に壁をつくらないためにも、事前に自宅で働くときのルールを決めておくと不満が減らせます。

たとえば、給料の支払いは会社勤務とテレワークでどのように変わるのか、どのように評価方法を決めて判断するのかなど、条件や情報を共有しましょう。

また、テレワーク導入における各部署の成果を可視化するなど、会社に貢献している成果をデータや数字で公表する方法もあります。

テレワークの不公平をなくす方法には、社内でテレワークに対するルールや成果を情報共有する取り組みを実施してテレワークの誤解を解きましょう。

社内のデジタル化を進める

会社勤務の仕事にかかる手間や負担を減らすためにも、紙媒体の書類やアナログの機材をデジタル化に移行する方法があげられます。

書類の代わりにデータで送受信して保存したり、インターネットFAXを使ってFAXの必要性をなくすなど、ペーパーレス化やITツールの導入を進めましょう。

社内のデジタル化を進めることで社員が担当する仕事量を減らせるため、テレワークの不公平をなくす方法に活用できます。

代行サービスを活用する

出社の必要性がある部署の仕事について、完全にテレワークの導入が進むように代行サービスの利用を検討しましょう。

電話対応や書類関係の発送、郵便代行など、社員の出社をなくせるサービスを活用する方法がおすすめです。

テレワークの不公平をなくす方法にできるだけでなく、仕事量全体を調整して残業を減らす取り組みにもつながります。

時短勤務などの制度を導入する

会社勤務で自由な働き方を実現するには、社員が働きやすい制度や環境を整える必要があります。

時短勤務や育児休暇、介護休暇の制度など、社員が仕事とプライベートを両立できるように工夫すると、テレワークと会社勤務で感じる差をなくす対策にできるでしょう。

会社の働き方改革を進めるためにも、社員のプライベートが充実しやすい制度を導入することも、テレワークの不公平をなくす方法にあげられます。

ビジネスチャットを使って情報共有をする

テレワークと会社勤務の社員同士が連絡を取りやすい環境をつくるためにも、ビジネスチャットを導入する方法がおすすめです。

電話やメールの代わりになる連絡手段として、オンライン会議やチャットのやりとりができます。

コミュニケーション不足を解消する対策にもつながり、テレワークにおける仕事のデータや情報共有のやりとりに便利です。

テレワークと会社勤務の社員同士のコミュニケーションが取りにくいことから感じる不満を解消できるツールとしてビジネスチャットが役立ちます。

テレワークの不公平さを解消して運用しよう

テレワークに不公平さを感じる理由には、通勤や身支度の時間がかからないこと、プライベートの時間にゆとりが生まれやすい点など、自由な時間が増えることが不公平に感じる理由にあげられます。

テレワークに対して不公平な感情をなくす方法として、社内でテレワークのルールの情報共有やデジタル化を進めること、代行サービスや制度の導入などの取り組みをおこなうといいかもしれません。

テレワークと会社勤務の社員同士が業務連絡の手段に感じる不満をなくすためには、ビジネスチャットツールを使いましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」では、電話やメールの代わりに業務連絡や情報共有などのコミュニケーションができる機能が充実しています。

Chatworkのチャットやビデオ通話の機能を使って、テレワーク運用ルールの共有やオンライン会議に利用するなど、会社勤務とテレワークの社員がコミュニケーションを円滑に進めるための手段としてご活用ください。

テレワークをもっと活用したい方へ

明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事