オンラインインタビュー・リモートインタビューをするメリット

テレワーク
AWAY

目次

これまでは、インタビューといえば対面式が一般的であったものの、リモート環境でもおこなえるオンラインインタビューの利用が広がっています。

対面式のインタビューとの違い、オンラインインタビュー・リモートインタビューのメリットや実施する方法について解説します。

オンラインインタビュー・リモートインタビューとは

オンラインインタビュー・リモートインタビューとは、Web会議ツールやテレビ電話ツールなどを利用して実施するインタビューのことです。

従来の対面式のインタビューと異なり、インタビュアーと対象者がリモート環境でインタビューを実施します。

移動や場所の確保といった手間が不要な点や、遠方や海外の方ともインタビューしやすい面から、これまでの対面式にはない要素がオンラインインタビュー・リモートインタビューにはあります。

オンラインインタビュー・リモートインタビューのメリット

オンラインインタビュー。リモートインタビューには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

従来の対面式のインタビューと比較しながら、オンラインインタビュー・リモートインタビューの特徴を踏まえて、メリットを見ていきましょう。

いつでもどこでもリモートで面談できる

オンラインインタビューは、時間や場所を選ばずに実施できるのがメリットです。

対面式でのインタビューは、インタビュアーとインタビューされる対象者が、同じ場所にいる必要がありました。

一方、オンラインインタビューは、Web会議ツールを使って実施するため、リモート環境でインタビューをおこないます。

たとえば、遠方に住んでいる場合でも、移動にかかる時間を気にする必要がなく、空いた時間を有効活用して双方がインタビューに臨むことができるでしょう。

準備の手間を省ける

オンラインインタビューは、対面式と比較して準備の手間を省けます。

基本的には、映像を映すPCやタブレットに加え、Web会議ツール、インターネット回線だけで、オンラインインタビューを実施できます。

対面式のインタビューだと、会場の手配や設備関係などが必要となり、インタビュー前から念入りに準備しなければなりません。

インタビュー実施までの手間を考慮すると、オンライン形式のインタビューは、準備することも少なく、負担の軽減につながります。

リラックスしながら面談ができる

対面式のインタビューでは、慣れていない環境や周りからの視線もあることから、インタビュー対象者に緊張を与えてしまう可能性がありました。

緊張を感じさせると、考えていたことが話しにくくなり、インタビューとしての質が低下する恐れがあります。

一方で、オンラインインタビューは、対象者が自宅や、普段過ごしている場所でインタビューを受けられるため、リラックスして進めやすいでしょう。

インタビューの質を高めるためにも、オンラインインタビューは効果的な方法です。

オンラインインタビュー・リモートインタビューで注意すること

メリットが多いオンラインインタビューですが、注意しておきたいポイントもあります。

対面式のインタビューと勝手が異なる点や、オンラインインタビュー特有の注意点に気をつけましょう。

機材トラブルが発生しないようにする

オンラインインタビューは、機材トラブルに注意が必要です。

対面式では照明やマイクといった機材にトラブルが起こりやすい一方で、オンラインインタビューでは、PCの動作や通信環境にトラブルが発生する恐れがあります。

また、インタビュアーとインタビュー相手の両者が環境を整えなければならず、どちらか一方にトラブルが発生すると、インタビュー自体にも支障が出ます。

あらかじめ、両者でテストを実施し、インタビュー中にトラブルが起きないように準備をしましょう。

インタビューに適した環境を準備する

基本的には、いつでもどこでもおこなえるオンラインインタビューですが、インタビューに適した環境作りも必要です。

たとえば、近隣で騒音が発生している場合、オンラインインタビューの音声に入り込む可能性があります。

さらに、周りの映像に関しても配慮し、インタビュー対象者以外の人物や、個人情報が映り込まないようにしなければなりません。

利便性が高い一方で、細かい点に注意しながらオンラインインタビューをおこないましょう。

インタビューの記録方法に注意する

オンラインインタビューを実施するにあたり、どのように記録するかを考えておく必要があります。

PCに写した映像をそのまま記録しておくことも可能ですが、重要となる部分をテキストベースで残したり、音声として記録するなど工夫が必要です。

とくに、インタビュー時間が長い場合、映像を区切りながら作成するのもひとつのアイデアです。

インタビュー終了後に、関係者と情報共有する際には、記録方法について検討しておくようにしましょう。

オンラインインタビュー・リモートインタビューを実施する方法

対面式のインタビューよりも負担が少ないオンラインインタビューですが、事前準備をしっかりする必要があります。

オンラインインタビューを成功するためにも、正しい実施方法を実践しましょう。

インタビューの事前打ち合わせ

オンラインインタビューを実施する前に、事前の打ち合わせをしておきましょう。

インタビューを実施する目的やインタビューで扱うテーマ、何を調査するのかを明確にします。

このとき、インタビューの対象者が、目的に沿う人物であるかを考査することも大切です。

ほかにも、オンラインインタビュー当日に向けて、相手に準備してもらうことや、話の内容で気をつける点などをまとめておきましょう。

オンラインインタビューの実施

事前準備を終えたあとは、オンラインインタビューを実施します。

オンライン形式でのインタビューが初めてという方もいることから、お互いの自己紹介や、簡単に雑談などをして相互理解や緊張を解すことがポイントです。

また、オンラインインタビューでは、ゆっくりと話すようにしましょう。

画面越しのやりとりだと、早口だと聞き取りづらくなる可能性もあることから、会話のテンポに気をつけます。

相手の発言にもリアクションを付けるようにし、その場で話しているかのような安心感を与えることも大切です。

インタビュー内容のフィードバック

オンラインインタビュー終了後は、収録した内容のフィードバックに移ります。

インタビューの様子を録画したものを振り返り、内容に問題がなかったか、目的としていたインタビューに仕上がっているのかを確認します。

同時に、次回以降のオンラインインタビューの方法について、改善点を探しておきます。

回数を重ねながら改善を繰り返し、理想とするオンラインインタビューの形にしましょう。

オンラインインタビュー・リモートインタビューにChatworkを役立てよう

オンラインインタビューは、これまでのインタビューよりも手間を削減でき、インタビュー内容の質を高めるのにも効果的です。

しかし、オンラインインタビュー特有のトラブルや、準備しておくべきこともあるため、事前準備をしっかりとおこないましょう。

オンラインインタビューに利用するツール選びに迷われている方は、ビジネスチャット「Chatwork」の利用をご検討ください。

Chatwrokには、Web会議システムを搭載しており、PCやタブレットの画面を通して、インタビューを実施できます。

また、Chatwrokのチャット機能は、相手との事前打ち合わせや、インタビューの情報共有、質問や回答のメモにも便利です。

テレワークをもっと活用したい方へ

明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事