内定者フォローをオンラインでする効果とオンラインでの内定者フォローの進め方

テレワーク
AWAY

目次

オンラインの内定者フォローの実施は、会社の社員や内定者にとっても予定調整や準備が進めやすい魅力があります。

内定者の辞退を避けるためにも、オンラインの強みを活かして動画配信や面談で意見交換の機会につなげるなど、さまざまな方法を取り入れて人材の確保につなげましょう。

実際に内定者フォローをオンラインで取り組むときは、どのような内容を取り入れるとよいのでしょうか。

内定者フォローをオンラインでする効果と進め方を解説します。

オンラインでの内定者フォローとは?

時代の流れやコストカットができる背景もあり、オンラインのツールを通して内定者フォローに取り組む機会が増えています。

本来は内定者と会社の社員が面談や研修、懇親会などの取り組みを対面で実施することが中心ですが、オンラインの場合はWeb会議システムやビジネスチャットなどを使い、実践していく流れです。

直接開催するときの場所や準備の手間が削減できるため、内定者と会社の両方にとってもメリットがあるやり方といえます。

オンラインの内定者フォローが必要な理由

内定者フォローにつながる取り組みを効率的に実践できて、参加者を獲得できる意味でもオンラインの実施は重要です。

オンラインの内定者フォローが必要な理由を見ていきましょう。

新入社員に魅力のある会社だと感じてもらうため

時代の背景もあり、対面で内定者フォローに取り組む機会が難しいケースがあるため、会社の概要や魅力が伝わりにくい可能性が考えられます。

また、対面でサポートを実施する場合も、内定者の都合やスケジュールによっては参加が難しくなる場合もあるでしょう。

オンラインでの実施だと、内定者フォローに参加するハードルや日時調整が進めやすくなり、内定者フォローのイベントに参加しやすくなるのです。

オンラインの内定者フォローが必要な理由には、参加者を確保して会社の魅力を伝える機会を増やす目的があげられます。

入社後に働く姿をイメージしてもらうため

オンラインの内定者フォローでは、SNSを活用して動画配信に取り組むなど、求職者が会社の内情を気軽に知る機会につなげやすいメリットがあります。

たとえば、社内の各部署を撮影して社員インタビューに取り組んだり、実際の仕事現場での一日の流れを追ったりするなど、内定者が知りたい情報をイメージしやすい形で発信できるのです。

オンラインの内定者フォローが必要な理由には、入社してからどのように働けるのかがイメージできる情報発信が進めやすく、時代の流れに合った方法としてお互いの時間を奪わずに進められる意味でも必要といえます。

社風や仕事内容のイメージに合うか検討してもらうため

時代の背景から対面で面接や見学の機会が失われてしまうと、会社のイメージを掴めないまま迷いを抱えて内定するケースがあげられます。

お互いのミスマッチを減らすためにも、オンラインでツールを使って面談やコミュニケーションの機会をつくると、入社するまでに感じている仕事の不安の解消や社内の雰囲気を感じ取れる機会にできるでしょう。

先輩社員や社風に価値観が合いそうか再検討しやすく、不安な部分を解消する意図がオンラインの内定者フォローが必要な理由にあげられます。

内定者フォローをオンラインですることの効果

対面で取り組むときとは違う点もあるため、オンラインで実施する強みやメリットを活かしながら実施してみましょう。

内定者フォローをオンラインですることの効果を見ていきます。

内定者のスキルアップにつながる

社内で仕事を取り組んでいく過程では、オンラインのツールを使って会議や面談などの仕事に取り組む機会があるかもしれません。

とくにデスクワークに関わる仕事に就く場合は、入社までにPCの操作やツールの操作に慣れておくと、実務のときにもスムーズに理解が進んで知識が役立つでしょう。

また、実際の仕事内容を現場で研修できないときも、事前にオンラインのツールを通して資料を配布するなど、内定者のスキルアップができる研修や取り組みが実践しやすくなる点でも、内定者フォローをオンラインでする効果に期待できます。

コミュニケーション活性化につながる

内定後は入社までに横のつながりやコミュニケーションを取る機会がない場合も多いため、オンラインのツールを使うと社員や内定者同士で交流の機会がつくれます。

たとえば、事業に関わる課題を設定して社員が見守りながら、参加者同士で議論する方法があげられるでしょう。

内定者フォローをオンラインでする効果には、遠方の内定者や会社の社員と気軽に交流ができて、入社前からコミュニケーションを活性化できる意味でも大切です。

仕事の質問や疑問を解消する機会ができる

面接では聞きづらかった質問があるときも、内定後にオンラインでのフォローに取り組めば、先輩社員に向けて質問できる機会が生まれます。

ひとりで質問しづらい課題を解消するためにも、グループ面談の形で先輩社員に質問する時間を設けると、ほかの内定者が疑問に感じている不安に応える機会にもつながるでしょう。

対面で話すよりも緊張感が減りやすいメリットがあり、仕事の質問や疑問を入社前になくす機会にできるところが内定者フォローをオンラインでする効果にあげられます。

オンラインの内定者フォローの進め方

内定者が興味をもちやすい取り組みを工夫しながら、できるところから実践して内定者の獲得を目指しましょう。

オンラインの内定者フォローの進め方を見ていきます。

内定者の予定や意思を尊重して実施する

オンラインで実施するときも対面と同様に、内定者に参加の強制をしない雰囲気づくりを大切に実施しましょう。

できる限り幅広い内定者に参加してもらうためにも、日程や時間を複数の候補で伝えておくと親切です。

オンラインの内定者フォローの進めるときは、会社の都合を押しつけずに相手の予定や意思に配慮しながら取り組むようにしてください。

SNSで内定者の懇親会をする

オンラインのツールを使って内定者が誰でも参加ができるように設定し、内定者同士や社員と交流できる機会をつくりましょう。

配属される予定の部署が決まっている場合は、部署の先輩社員を集めてひとりずつ自己紹介を進めながら、お互いのコミュニケーション活性化につなげて意見交換の機会につなげます。

対面で実施する懇親会よりも気軽に準備を進めながら参加しやすいメリットがあるため、オンラインの内定者フォローの進めるときは、SNSでの懇親会の実施をご検討ください。

オンライン研修や面談を実施する

入社までに共有しておきたい情報があるときは、オンラインのツールを使って資料を配布しながら研修や面談に取り組む方法があります。

内定者が参加した意味があったと感じられる機会につなげるためにも、受け身でなく全員が参加できるように社員側から声をかけて話題を広げる工夫や配慮が必要です。

オンラインの内定者フォローを進めるときは、入社後の仕事内容の理解が進むような研修や面談の機会を取り入れてみてください。

先輩社員と話し合いの機会をつくる

対面では話しづらい話題や質問する機会を失ってしまったケースに考慮するためにも、オンラインのツールを通して話し合う機会を設けましょう。

内定者それぞれの性格に合わせて話し合うためにも、グループでの話し合いだけでなく、一対一で話し合う機会を設けるとよいかもしれません。

オンラインの内定者フォローの進めるときは、内定者の年齢に近い先輩社員をなるべく配置するように心がけて、話し合いの機会をつくってコミュニケーションの輪を広げましょう。

動画で社内の仕事現場を配信する

直接現場を見せる機会が難しいときは、会社内でインタビューや撮影の機会を設けて仕事現場の情報を内定者に届けましょう。

たとえば、非公開のオンラインで配信すると、気が向いたタイミングで動画を視聴して仕事や入社後のイメージを進められます。

オンラインの内定者フォローでは、動画で社内の風景や仕事現場の様子を伝える方法を取り入れてみましょう。

社内広報を送る

紙媒体での配布にはコストがかかってしまうため、会社の情報を知ってもらう機会にオンラインから社内広報のデータを配信する方法があります。

社内で公開ブログを配信しているときは社内広報のURLを送信したり、データで送付したりする方法で内定者に情報を共有しましょう。

オンラインの内定者フォローを進めるときは、社内の社員や仕事内容の活動を知る機会につながる社内広報を配信する方法をご検討ください。

内定者フォローをオンラインでするならChatwork

内定者のスキルアップ、仕事の質問や疑問解消の機会、社員と内定者のコミュニケーション活性化につながる点は、オンラインの内定者フォローの効果にあげられます。

オンラインの内定者フォローの進め方ではオンラインで内定者の懇親会、研修や面談、社内広報や動画配信で仕事現場を伝えるなど、内定者の予定や意思を尊重しながら先輩社員と話し合いの機会をつくるようにしましょう。

内定者フォローをオンラインでする場合は、コミュニケーションツールが必要です。

ビジネスチャット「Chatwork」を使って内定者と交流する方法を検討してみてはいかがでしょうか。

Chatworkであれば、ビデオ通話で話し合いながら資料の共有やチャットで意見交換が気軽に進められるので、オンラインの内定者フォローやコミュニケーション活性化にChatworkをご活用ください。

ビジネスチャットとは?効果が簡単にわかる!
マンガでわかる!「ビジネスチャット」

ビジネスチャットは、メールや電話に代わる新しいコミュニケーションツールのひとつです。ビジネスチャットがどのようにコミュニケーションの課題を解決するか、会社を例とした漫画でビジネスチャット「Chatwork」の効果を確認していきましょう。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事