テレワークの課題を解決する方法は?テレワークの課題解決が必要な理由

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
テレワークの課題を解決する方法は?テレワークの課題解決が必要な理由

目次

テレワークの課題解決を目指す取り組みは、効果的なテレワークを実施するために必要なことです。

会社と自宅で作業環境の違いを埋めるために、テレワークをおこなうには、どのような工夫や準備が必要なのか、まずは課題を把握するところから始めましょう。

テレワークの課題解決が必要な理由とテレワークの課題解決の方法を解説します。

テレワークで解決が必要な課題とは?

会社の作業環境と自宅は違うため、差をなくすような工夫をテレワークをおこなうのであれば取り入れる必要があります。

テレワークで解決が必要な課題を見ていきましょう。

仕事の評価・勤怠管理の方法が難しい

出社の働き方とは違い従業員の出勤や退勤、労働時間の状況が掴みづらいところがテレワークの課題です。

また、仕事の評価方法にどのような基準で取り組むのか、導入時は不慣れに感じる機会が多いかもしれません。

従業員の評価や勤怠管理の方法について整備が求められる点は、テレワークで解決が必要な課題にあげられます。

セキュリティ面の対策が求められる

自宅で仕事に取り組むときは、会社の情報が外部に漏れないように情報漏えいの対策が求められます。

会社の信用を守るだけでなく、取引先や顧客が安心してサービスを利用するためには、PC機器の設定や情報の取り扱い方に気をつける配慮が必要です。

テレワーク導入の課題にはセキュリティ対策があり、会社側から従業員に意識を高める働きかけや準備を進めて課題を解決する必要があります。

FAXや郵便物で出社の必要性がある

社内のデジタル化が進んでいないと、テレワーク導入時に出社の必要性が出てしまう懸念があります。

事務職の場合は、FAXの書類確認や郵便物を社内で受け取る機会が発生するなど、完全なテレワーク化が難しい課題につながるのです。

出社の必要性が出てくる業務をどのように減らすのかは、テレワークで解決が必要な課題にあげられます。

コミュニケーション手段が必要になる

テレワークの作業効率化を図るためには、従業員同士の業務連絡をスムーズに進めるツールの導入が必要です。

たとえば、オンライン会議や面談に使えるツールがあれば、自宅にいながら仕事の状況を共有できて報連相の活性化が期待できます。

テレワークはコミュニケーション手段の方法を検討する課題があげられるため、職場の仕事内容に合わせた適切なツールを選ぶと解決策につながるでしょう。

テレワークの課題解決が必要な理由

効果的なテレワークをおこなうためには、課題を放置せずに対策を取り入れることが重要です。

テレワークの課題解決が必要な理由を見ていきましょう。

自由な働き方を推奨するため

テレワークは働き方改革の推進になり、従業員が自由に働きやすい職場づくりにつながります。

たとえば、通勤時間の削減で定時に仕事を終わらせたり、育児と仕事の両立が進めやすくなったりするなど、職場全体によい影響を与えられるでしょう。

テレワークの課題解決が必要な理由には、従業員のワークライフバランスが整えられる職場環境を目指すためにも重要です。

コストカットを図るため

長期的に経営を続ける場合、テレワークの導入は社内全体の経費削減になります。

  • オフィス機器の数を減らせる
  • オフィス自体の規模を縮小できる
  • 交通費や消耗品費などのコストカットが図れる

社内の無駄を省いて事業活動を続けられる工夫につながるでしょう。

テレワークの課題解決に向き合う理由には、将来を見据えて経営状況を安定させるために重要です。

安全に仕事に取り組むため

会社と従業員の両方にメリットが大きいテレワークについて、安全に運用を進めるためにはセキュリティ面で対策を整えることが重要です。

情報漏えいを防ぐためのパスワードの設定方法、自宅以外で作業に取り組むときの注意点など、事前に社内でルールを共有しておくと安全に作業が進められます。

働く場所が変わっても安全に仕事に取り組める準備を進めることが、テレワークの課題解決が求められる理由にあげられます。

自宅の作業を効率化するため

職場のように自宅の作業環境が整っていないと、作業効率化ができずテレワーク導入のメリットが感じられなくなります。

出社の必要性がある業務についてどのような対策を立てるのかなど、事前に対策を取っておくと導入後の流れがスムーズに進むでしょう。

テレワークの課題を解決する理由には、従業員が本来の能力を発揮できる自宅の作業環境を整える意図があります。

テレワークの課題を解決する方法

自宅での仕事をスムーズに進めるためにも、事前の準備や社内共有が必要です。

テレワークの課題を解決する方法を見ていきましょう。

テレワークのルール・評価方法を社内共有する

テレワーク導入後のトラブルを少なくするためにも、社内全体に向けて仕事のルールや評価の仕方を共有しておきましょう。

就業規則に関する情報や労働時間の変更点、セキュリティに対する取り扱い方など、従業員に知ってもらいたい内容を伝えます。

たとえば、仕事の評価方法について上司に目標を共有しておき、それぞれの達成度や過程を見ながら評価するなど、進め方に疑問が残らないように知らせておくことが重要です。

各会社の方針に合わせた情報開示を進めておくと、テレワークの課題を解決する方法につながります。

オンラインの勤怠管理システムを使う

テレワークの勤怠管理は、有給休暇の申請や勤怠状況をオンラインから自己申告で申請してもらい管理しましょう。

業務可視化ツールと併用して取り入れると、仕事内容と労働時間が目で見て把握しやすく時間外労働の予防につながります。

テレワークの課題を解決する方法として、オンラインの勤怠管理システムを頼ると効率よく従業員の労働状況を把握する手段にできるでしょう。

インターネットFAXや代行サービスを使う

出社してFAXや郵便物の受け取りをなくすには、インターネットFAXと代行サービスの導入がおすすめです。

インターネットFAXはオンラインから送受信ができて機材を導入する必要がありません。

郵便物を代わりに受け取って転送してもらえるサービスなどもあり、予算や方法を検討しながら有効活用すると、テレワークの課題を解決する方法につながります。

ビジネスチャットを使う

テレワークにおける業務連絡の手段には、ビジネスチャットの導入がおすすめです。

チャット式で業務の進捗状況を共有できたり、データの送受信が気軽にできたりするなど、テレワークの仕事を効率化できる方法につながります。

ビデオ通話の機能を使えば、オンラインの会議や面談、朝礼に利用できるため、テレワークのコミュニケーション課題を解決する方法として導入をご検討ください。

テレワークの課題を解決する方法にChatwork

テレワークの課題解決が求められる理由には、テレワークの作業環境を整えて作業面で安全性を守りながら効率化を図ることがあげられます。

また、事業のコストカットや従業員の自由な働き方を推奨するなど、テレワークの課題解決に取り組むことは、会社が事業活動を続ける上で向き合うべき課題と共通する面も多いでしょう。

テレワークの課題解決の方法には、導入のルールや評価方法を社内共有すること、オンラインの勤怠管理システムを使う方法などがあるでしょう。

また、従業員の作業効率化には、インターネットFAXや代行サービスを使う方法、ビジネスチャット「Chatwork」を使う方法がおすすめです。

自宅で取引先や部署の従業員と、Chatworkを使いながら円滑にコミュニケーションが進められます。

オンライン会議や面談、朝礼に活用できるため、テレワークのコミュニケーション課題を解決する方法にChatworkの導入をご検討ください。

テレワークをこれから導入したい方へ
テレワーク導入で見直すべき日常業務とは

今までオフィス出社が前提であった組織がテレワークを導入しようとすると、 おこなってきた業務がうまくいかないトラブルに直面することがあります。

テレワークを導入する前に、日常業務のあり方をテレワークに対応できるよう見直すことが必要です。 今すぐ見直せる日常業務と、改善の具体例を紹介します。

【主な内容】

  • テレワーク導入時のよくあるトラブル事例
  • テレワーク導入の見直し対策

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事