テレワークに朝礼は必要?テレワークに朝礼を取り入れるポイント

テレワーク
AWAY

目次

テレワークの朝礼は、自宅で仕事に取り組む従業員同士のコミュニケーション活性化に役立ちます。

仕事の作業内容や連絡事項など、情報共有が進められて対面で会わない分の会話を補えるところがメリットです。

また、上司が部下の健康状態や進捗状況を把握できて、朝礼の時間を仕事に有効利用できるでしょう。

テレワークに朝礼を取り入れるポイントを解説します。

テレワークの朝礼とは

仕事の報連相やコミュニケーション活性化の施策として、朝礼は多くおこなわれています。

テレワークの朝礼にどのような内容があるのか見ていきましょう。

作業内容を報告する

テレワークの朝礼では、本日取り組む予定の作業内容を報告し合います。

上司は部下がどのくらい仕事を進められているのか、進捗を把握できるところが利点です。

テレワークの朝礼で作業内容を報告すると、仕事モードに切り替えて作業に取りかかる準備が整います。

連絡事項を伝える

部署の全体に共有しておきたい連絡事項は、テレワークの朝礼を使って報告できます。

仕事に関するトラブルや問題点、優先的に進めたい作業内容など、従業員同士で共有する機会ができると報連相の活性化に役立つでしょう。

テレワークの朝礼で連絡事項を伝えると、情報共有を進めて的確に作業が進められます。

仕事の目標を共有する

テレワークで取り組む仕事を適切に評価するためには、仕事の目標を立てて朝礼で共有する方法があります。

手持ちの仕事をいつまでに終わらせるつもりか、今月に挑戦したい個人的な課題をあげるなど、日報をまとめるようなイメージで伝えましょう。

テレワークの朝礼で仕事の目標を共有すると、部署内の連携が取りやすくなって作業効率化を図れます。

テレワークでの朝礼の必要性とメリット

テレワークの朝礼は仕事の作業内容や連絡事項、目標の共有に役立つため、従業員同士のコミュニケーション活性化につながります。

ただ、朝礼以外でのオンライン会議や面談を取り入れる方法でも話す機会はつくれるため、必ずしもテレワークの朝礼にこだわる必要はありません。

どのような方法でも構わないので、従業員の仕事内容や働き方に合わせて導入すると、情報共有や意見交換を進める効果が期待できます。

テレワークに朝礼を取り入れるメリットには、どのような内容があるのか見ていきましょう。

コミュニケーション活性化が図れる

テレワークは従業員同士が会話する機会を失いやすいため、朝礼を取り入れると出社時のように会話する機会が生まれます。

朝礼前の時間で早めに集まったときは軽い雑談ができるなど、自宅にいながらコミュニケーションが取れて便利です。

社員が孤独を感じる機会を減らす取り組みにもつながるため、テレワークの朝礼はコミュニケーション不足解消に有効活用できます。

進捗状況が把握できる

テレワークの朝礼を取り入れると、従業員同士で仕事の進行が把握できる工夫につながります。

締切までに仕事が間に合いそうか、どのくらい仕事が残っているかなど、作業の担当者がスケジュールを振り返り調整する機会に役立つでしょう。

朝礼以外にも、オンラインでのタスク管理やスケジュール管理のシステムを併用する方法もおすすめです。

テレワークに朝礼を取り入れると、従業員同士が仕事の進捗状況を把握する機会にできます。

従業員の健康状態が把握できる

テレワークは自宅で仕事に取り組むため、朝礼で交流の機会を取り入れると部下の健康状態を把握する機会につながります。

朝礼の様子を見ながら元気がないと感じられるときは、機会を見て面談を取り入れると早いうちに問題に対処できる可能性が高まるでしょう。

従業員の健康状態や精神状態を確認するためにも、テレワークの朝礼を取り入れると対面で会わない分のコミュニケーションをカバーできます。

上司に相談する機会がつくれる

自宅で仕事に取り組んでいると、雑談の機会が減って上司に悩みを相談しづらくなります。

テレワークに朝礼があると、朝礼後に時間を取ってもらい個人的に相談をする機会がつくりやすくなるでしょう。

テレワークの朝礼でコミュニケーションの機会をつくると、従業員がひとりで悩みを抱えない環境づくりに役立ちます。

テレワークで朝礼を取り入れるポイント

朝礼を有効活用するためにも、要点を押さえて取り組むと効果的に実施できます。

テレワークで朝礼を取り入れるポイントを見ていきましょう。

短めの時間で終わらせる

仕事に取りかかる時間を増やすためにも、テレワークの朝礼は10~15分程度を目安に終わらせましょう。

本日中に取りかかる業務内容や連絡事項をまとめて簡潔に伝えます。

テレワークの朝礼が長すぎると無駄だと感じる原因につながりやすいため、要点を絞って短い時間で終わらせることがポイントです。

数分前には準備を整えておく

機材のトラブルや不調に対応するためにも、できる限り数分前にはPCやツールを立ち上げおくとスムーズな準備につながります。

朝礼の時間ピッタリに開始できるため、ほかのメンバーの時間を奪わずに始められるでしょう。

直前になって慌てないためにもテレワークの朝礼に参加するときは、ゆとりのある時間で準備を整えておくことがポイントです。

情報共有する内容をメモにまとめておく

テレワークの朝礼で連絡事項が多いときは、PCのメモ帳や紙に伝えたい内容を箇条書きでまとめておくと安心です。

重要な内容に関しては、口頭だけなくビジネスチャットやメールで共有しておくと振り返りに役立つでしょう。

口頭とテキストで情報共有する内容をまとめておくと、テレワークの朝礼で重要な情報を取りこぼさずに従業員同士で共有できるポイントになります。

参加者の人数を調整する

テレワークの朝礼を効果的に進めるには、参加者の人数を最小限に調整しましょう。

担当する仕事のグループや部署ごとにわけて取り組み、多くても10人程度を目安にするとスムーズに情報共有が進められます。

参加者が発言できる機会をつくりながら、テレワークの朝礼の目的であるコミュニケーション活性化につなげるためには、参加者の人数調整が重要です。

ビジネスチャットを使う

テレワークの朝礼には、ビデオ通話の機能を使いながらチャットで情報共有を進められるビジネスチャットがおすすめです。

従業員同士で共有しておきたいテキストやデータがあれば、会話を進めながら簡単に送受信できます。

業務連絡のやりとりで便利に活用できるビジネスチャットは、テレワークの朝礼に使うときにも便利です。

テレワークの朝礼にChatworkを活用

従業員同士でコミュニケーションを取る機会が減るテレワークは、朝礼を取り入れると会話の機会が生まれるメリットがあります。

テレワークに朝礼を取り入れるポイントとして、短めの時間で参加者の人数を調整しておくと、参加者全員が発言できる環境を整えられるでしょう。

参加者は数分前に準備を整えてPCやツールを立ち上げておき、情報共有する内容が多いときはメモにまとめておくとスムーズな朝礼につながります。

テレワークでは朝礼に代わり、ビジネスチャット「Chatwork」の活用もおすすめです。

ビジネスチャット「Chatwork」は、ビデオ通話やチャットの機能でコミュニケーションを取ることができます。

業務連絡のやりとりを活性化させる手段に活用できるため、テレワークを取り入れるときはChatworkの導入をご検討ください。

テレワーク下でのコミュニケーションを最適化するには
テレワークがデキる人の 「非同期コミュニケーション」

テレワークやリモートワークなどの環境下では、ツールをつかったコミュニケーションが業務の中心になります。

この資料では、電話やWeb会議などの「同期型コミュニケーション」とメールやビジネスチャットなどの「非同期型コミュニケーション」 を区別し使い分けることで、新しい働き方でコミュニケーションを活性化・効率化する方法を解説します。

【主な内容】

  • テレワークの環境とコミュニケーション
  • コミュニケーションをツールで進化させる
  • 社内コミュニケーションから取り組む

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事