テレワークの苦手を克服する方法とテレワークが苦手になりやすい理由

テレワーク
AWAY

目次

テレワークは、会社と自宅で作業環境の違いを埋められないと、苦手意識をもつ原因につながります。

テレワークの導入時はコミュニケーション不足や作業環境の違い、仕事の進め方に関する課題を解消できるように働きかけることが大切です。

どのような理由があると従業員がテレワークに苦手意識を感じやすくなるのでしょうか。

テレワークの苦手を克服する工夫を解説します。

テレワークが苦手になりやすい理由

会社と自宅の作業環境の違いから、切り替えに慣れないうちは苦手意識を感じやすくなります。

テレワークが苦手になりやすい理由を見ていきましょう。

体調の調整に慣れない

自宅の働き方に慣れないうちは、運動不足で体調を調整できずに不調を感じやすくなります。

PCの前で同じ姿勢で動く機会が減ると、肩こりや腰痛に悩まされる原因になるでしょう。

また、作業環境の違いから夜更かしで睡眠不足になるかもしれません。

テレワークが苦手になりやすい理由には、仕事のサイクルが作れずに体の不調につながることがあげられます。

積極的に報連相ができない

テレワークは基本的にひとりで作業を進めるため、気軽に取り組める一方でコミュニケーションは自分から取る必要が出てきます。

スケジュールどおりに作業が進んでいるのか、仕事の進め方で気になる点があるときは共有するなど、こまめに報連相を取ることが重要です。

コミュニケーションツールを活用して積極的に交流ができないと、受け身の姿勢でテレワークが苦手になりやすい理由につながります。

自宅の作業環境が整っていない

会社と自宅の作業環境の差を埋められないと、仕事がスムーズに進まずに負担を感じる原因になります。

  • 仕事に適したインターネット環境か
  • 作業用のデスクや椅子は負荷がかからないものか
  • 自宅で作業に集中できる環境が整っているのか

上記のように、仕事に取り組むときの環境が万全でないと、テレワークよりも出社するほうが効率化になると感じて苦手意識をもつ理由につながります。

コミュニケーションの機会が少ない

自宅で作業に取り組んでいると、職場の仲間同士で雑談する機会が減ってしまい、孤独を感じやすくなります。

コミュニケーションを取りながら仕事を進めるほうが好きな方には、自宅の作業に辛さを感じる原因になるかもしれません。

テレワークが苦手になりやすい理由には、対面で話すコミュニケーションの機会が少ないことがあげられます。

仕事と休憩の切り替えが難しい

自宅で作業を続けていると、休憩時間や営業時間外もメールを返信してしまうなど、プライベートの時間との切り替えが難しくなります。

昼休憩の間も作業を続けてしまったり、休憩時間から仕事モードに切り替えるまでに時間がかかったりするなど、メリハリがつけられない状態も少なくありません。

テレワークよりも出社するほうが作業効率化が図れると感じてしまうため、仕事と休憩の切り替えが難しい点はテレワークが苦手に感じる理由になります。

テレワークが苦手になりやすいポイント

仕事の取り組み方や環境の違いに加えて、コミュニケーション不足が目立つと会社で働くほうが作業効率化になると感じる原因につながります。

テレワークが苦手になりやすいポイントを見ていきましょう。

仕事の取り組み方に関する悩み

会社で働くときは、質問や気になるポイントを上司に報告できますが、テレワークの場合は目の前に上司がいないため都度連絡する必要があります。

報告する手間を感じてしまったり、仕事の評価が正しく実施されているのか心配になったりするなど、慣れないうちは仕事に関する悩みを抱えやすくなるのです。

テレワークが苦手になりやすいポイントには、仕事の全体像が把握しづらくなり、仕事の取り組み方に不安を感じるところがあげられます。

働く環境の違いに関する悩み

会社のオフィスは仕事に取り組める環境が整っているため、自宅の整備が不十分だと作業の負担を感じやすくなります。

環境面の課題には、ひとりで作業に取り組むと集中できないなど、周りに誰もいない環境では能力を発揮しきれない方もおられるかもしれません。

働く環境が会社と自宅で変わってしまうため、調整して適応するまでに時間がかかってしまうことがテレワークが苦手になりやすいポイントです。

コミュニケーションに関する悩み

対面で話す方法とは違い、ツールを使ってオンライン上で会話する方法に慣れないうちはコミュニケーションに負担を感じやすくなります。

会話不足で仕事に取り組んでいる様子が上司に伝わっているのか不安になったり、仕事を相談する機会が取りづらいと感じたりするなど、雑談や意見交換の機会が減ると仕事が進めづらいと感じる原因になるのです。

テレワークが苦手になりやすいポイントには、従業員同士のコミュニケーション不足の悩みがあげられます。

テレワークの苦手を克服する工夫

自宅の働き方に従業員が適応できるように、苦手意識を克服できる工夫を共有することが大切です。

テレワークの苦手を克服する工夫を見ていきましょう。

営業時間外は連絡を切る

仕事とプライベートの時間を切り替えるには、営業時間外はPCや連絡ツールの通知を切っておきましょう。

会社から従業員に向けて営業時間外の連絡を強制しないように注意喚起したり、通知の切り方の方法を社内共有したりしておくと、営業時間外の労働対策につながります。

テレワークの苦手意識を克服するには、仕事の時間にメリハリがつけられる工夫を取り入れることが重要です。

散歩や軽い体操を取り入れる

テレワークで体調を調整しながら仕事に取り組むには、適度に体を動かすように意識しましょう。

たとえば、こまめに立ち上がる動作を入れながら、30分ごとに軽いストレッチに取り組むと、腰痛予防や全身の流れを止めない対策につながります。

集中力が切れたときは昼休憩のタイミングで散歩に出かけてみましょう。

自宅での作業に集中して取り組むために軽い運動を取り入れる方法は、テレワークの苦手を克服する工夫におすすめです。

自宅の作業環境を整える

会社の作業環境と差をなくすために、自宅で作業に取り組むときの環境を整備しましょう。

作業に集中できるように冷暖房機器で温度の調整に取り組んだり、PCの周辺機器を使いやすい位置に配置したりするなど、作業に取り組みやすいように工夫します。

テレワークの苦手を克服するためにも、テレワークの導入において会社から費用を負担する制度を整えるなど、自宅の作業環境を整える工夫が重要です。

適度なタイミングで休憩を入れる

自宅で仕事に取り組んでいると集中力が切れてしまいやすいため、こまめに休憩を取り入れるとモチベーションが持続しやすくなります。

お茶を飲みに行ったりトイレに行ったりする動作を取り入れると、立ち上がる機会が増えて体にかかる負担を軽減する対策になるでしょう。

仕事時間を上手に切り替えて体調管理を進めながら作業に取り組むためにも、テレワークの苦手を克服する工夫に適度な休憩が大切です。

外出先で仕事に取り組む

自宅で作業に取り組むことが難しい場合は、カフェやコワーキングスペースを利用する方法がおすすめです。

セキュリティ面の対策を強化する工夫を取り入れながら、PCのパスワード管理を設定して情報漏えい対策を取ります。

外出先の費用を負担してもらえるのか、外出先の仕事に許可が下りるのかなど、事前に会社と相談しておくとテレワーク導入後のトラブルを防げるでしょう。

外出先で仕事に取り組むと、テレワークで仕事に取り組む方法が苦手な方が克服できる工夫につながります。

ビジネスチャットで会話の機会を増やす

職場のコミュニケーションを活性化させるツールとして、テレワークにビジネスチャットを導入する方法がおすすめです。

グループチャットで気軽に報連相が進められて、個人的な相談があるときはオンラインのビデオや音声通話を使って話し合いが進められます。

絵文字の機能や資料が共有しやすいなど、テレワークのコミュニケーション課題を克服できる便利なツールです。

テレワークにビジネスチャットを導入して、会話の機会を増やす工夫につなげてみてください。

テレワークの苦手の克服にChatwork

会社と自宅の環境に違いがあると、テレワークが苦手になりやすい理由につながります。

体調管理や作業環境の整備、コミュニケーション不足の悩みを解消するためにも、テレワークの苦手を克服する工夫を取り入れる対策が重要です。

営業時間外の連絡を切って仕事にメリハリをつけながら、軽い運動や休憩を取り入れて集中力が持続するように工夫しましょう。

作業環境に不満を感じるときは、外出先で仕事に取り組んだり、従業員に向けて作業環境の補助金を出したりするなど、会社から苦手意識をなくす働きかけが必要です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、テレワーク中に会話の機会を増やすコミュニケーションツールとして活用できます。

テレワークの苦手意識を克服するためのコミュニケーション活性化にChatworkの導入をご検討ください。

テレワーク下でのコミュニケーションを最適化するには
テレワークがデキる人の 「非同期コミュニケーション」

テレワークやリモートワークなどの環境下では、ツールをつかったコミュニケーションが業務の中心になります。

この資料では、電話やWeb会議などの「同期型コミュニケーション」とメールやビジネスチャットなどの「非同期型コミュニケーション」 を区別し使い分けることで、新しい働き方でコミュニケーションを活性化・効率化する方法を解説します。

【主な内容】

  • テレワークの環境とコミュニケーション
  • コミュニケーションをツールで進化させる
  • 社内コミュニケーションから取り組む

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事