テレワークに適した評価方法とは?テレワークによる評価が課題につながる理由も解説

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
テレワークに適した評価方法とは?テレワークによる評価が課題につながる理由も解説

目次

テレワークでは、上司が部下の仕事の様子を直接見られないため、評価方法を再検討する必要が出てきます。

社内で事前にルールを決め、共有する体制が整っていないと、テレワークが始まった際に、トラブルが生まれる可能性があります。

出社時と同じような評価方法をとってしまうと、成果を重視してプロセスを無視してしまうなどの課題が残りやすいため、テレワークに適した評価方法に変化させていくことが必要です。

テレワークに適した評価方法と、課題につながる理由を解説します。

テレワークによる評価が課題につながる理由

テレワークとは、自宅やサテライトオフィスなどのオフィス以外の場所で業務をおこなうため、従業員の業務状況の把握が難しくなります。

テレワークによる評価が、なぜ課題につながるのか理由を見ていきましょう。

成果につながるプロセスが把握しにくい

テレワークでは、従業員の業務の進捗状況や、作業の様子の確認が難しいため、プロセスよりも結果を重視した評価になる可能性が高いです。

成果物だけを見る評価方法になると、従業員も評価に不安や不満を感じやすくなります。

公平に判断するためにも、テレワークに適した評価方法を再検討することが必要です。

コミュニケーション不足になる懸念がある

テレワークでは、従業員がひとりで作業を進めることが多いため、従業員同士で直接会う機会は少なくなります。

コミュニケーション手段は、電話やメール、ビジネスチャットなどに頼る形になるため、会議や面談の機会を意識的に設けないと、部下と会話の機会が減ってしまうでしょう。

会話の機会が減ると、部下の仕事に対するモチベーションや、仕事のプロセスを知る機会が減り、評価するときの判断材料が少なくなるという課題が残ります。

勤務態度を直接見ることができない

テレワークで部下の仕事に対する態度を把握するときは、オンラインツールを使ったやりとりや、会話が中心になります。

出社時に比べると、部下がどのように仕事に取り組んでいるのかが見えづらく、上司にとっても適切な評価ができているのか不安要素が残るでしょう。

従業員の態度や勤務状況を直接確認するのが難しいテレワークは、工夫をしないと正しい評価をすることが難しくなるという課題が生じます。

人事プロセスや手続きの遅延

仕事の評価は人事担当者など、直属の上司以外の意見を取り入れて判断する場合があります。

評価に対する意見交換は、基本的にオンラインのツールを使用して進めますが、テレワークの評価体制が整っていないと、スムーズな対応が困難になるケースもあります。

テレワークで人事などに書類申請や提出が必要なときも、体制の整備ができていないと、手間や時間がかかるという課題が生じます。

テレワークに適した評価方法:評価基準を統一する

テレワークの評価方法は、上司によって判断基準が変わらないように、事前にルールを決めておくことが重要となります。

仕事のどのようなポイントを重視して評価するのか、また、成果主義とプロセス評価をどの程度取り入れるのか、企業の基準に合わせて調整しましょう。

評価基準が統一されていると、不公平性さの解消に繋がります。

テレワークに適した評価方法:目標管理制度を導入する

従業員が仕事の目標を決め、達成度合いを評価する方法を、目標管理制度と呼びます。

目標管理制度を導入する際は、企業が目指す目標と照らし合わせながら、部下が納得できる方向性で目標を検討することが大切です。

部下は、上司に目標の内容を共有し、短期間・中期間・長期間ごとに振り返りをおこないます。

テレワークの場合は、定期的にオンライン面談で目標を共有し、話し合いを進めることで、仕事の評価をします。

テレワークに適した評価方法:プロセス評価と成果主義のバランスを意識する

テレワークは仕事の結果を重視した評価になりやすいため、仕事のプロセスも評価できるように、評価方法や項目に工夫を設けることが重要です。

たとえば、仕事の納品までにどのような進め方をしているのか、仕事で課題を感じた内容をどのように乗り越えたのかなど、オンライン面談を通して部下からヒアリングします。

プロセスと成果の両方から評価ができると、テレワークで従業員の様子が見えづらく、評価が難しいという課題の解消につながるでしょう。

テレワークに適した評価方法:勤怠管理システムを導入する

タイムカードで勤怠管理をおこなっている場合は、テレワークの導入時にオンラインで管理できる勤怠管理システムを導入しましょう。

スマートフォンやPCから出勤と退勤時間の入力ができ、月あたりの労働時間などを自動的に集計できるというメリットがあります。

また、有給休暇や残業時間などの申請ができるうえ、経営陣の仕事に役立つ労務や会計に関わるシステムと連携できる機能もあります。

勤怠管理システムを取り入れると、従業員の労働時間の管理がスムーズになり、従業員の仕事ぶりを判断する材料にもでき、テレワークの評価を適切に進めることにつながります。

テレワークに適した評価方法:評価項目や基準を明確化する

評価方法での不満を回避するためにも、テレワークの評価項目や基準をあらかじめ明確にしておくことが大切です。

たとえば、仕事の納品にどれほどの時間がかかっているのか、取引先とどのようにコミュニケーションを取っているのかなど、仕事内容に合わせて評価のポイントをある程度決めておきます。

評価基準が明確であると努力の方向性がわかりやすくなり、部下がモチベーションを高く持って、仕事に取り組みやすくなるメリットも期待できるでしょう。

テレワークに適した評価方法:ビジネスチャットで情報共有する

ビジネスチャットのビデオ通話やチャットの機能を使うと、テレワークのコミュニケーション活性化につながりやすいです。

たとえば、部下の仕事の様子を確認するときは、ビジネスチャットの通話機能を使ってオンライン上で会話を進めることができます。

また、人事の手続きで書類の提出が必要なときは、電子データ化することで、手続きに時間がかかる状態を回避することができます。

ビジネスチャットを使えば、人事部門と相談して部下の評価を決めるときも、チャットやビデオ通話機能でスムーズに話し合いを進めやすくなるでしょう。

テレワークの評価方法にChatworkを活用

テレワークは出社時とは環境が変わるため、評価方法を再検討する必要があります。

評価方法は、目標管理制度や評価基準の明確化などの方法を活用し、事前に社内でルールを決めておきましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」には、テレワークのコミュニケーションを活性化させるチャットや通話の機能が充実しています。

部下の仕事の様子を確認したり、オンライン面談を実施して話し合いに活用したり、テレワークのさまざまな場面で役立つでしょう。

テレワークに適した評価方法を進めるためにも、Chatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
テレワーク導入をご検討の企業さまにおすすめの資料
はじめてのテレワーク

このお役立ち資料ではテレワーク導入のために企業がするべき準備をまとめました。

感染症の予防の観点から、テレワークを推奨する動きが広がっている一方で、「まだ何も準備ができていない」、「どうやってはじめれば良いかわからない」などという声も聞かれます。

  • なぜ今テレワークが必要なのか
  • テレワーク導入のために企業がするべき準備は何なのか
  • Chatworkがテレワーク企業に選ばれる理由

などを解説します。貴社のテレワーク導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事