Chatwork(チャットワーク)のセキュリティ内容とセキュリティを高める方法

公開日: 更新日:
Chatworkの使い方
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
Chatwork(チャットワーク)のセキュリティ内容とセキュリティを高める方法

目次

無料でChatwork(チャットワーク)を試してみる

Chatwork(チャットワーク)は、日々の業務におけるコミュニケーション手段として使っていただけるビジネスチャットツールです。

Chatworkで重要な内容をやりとりする可能性があるからこそ、利用者さまに安心して使っていただくために、Chatworkはセキュリティを強化しています。

ビジネスを円滑に進めるために欠かせない、Chatworkのセキュリティについて解説します。

Chatworkのセキュリティ内容

Chatworkは、中小企業はもちろん、厳しいセキュリティ要件を持つ大企業さまにも導入実績があります。

Chatworkのセキュリティ内容には以下があります。

信頼性のあるデータセンターへのデータ保存

Chatworkは、数多くの実績を持つAmazon Web Service社が提供する3つのデータセンターにデータを分散して保存しています。

さらに、データセンターの運用は、Amazon Web Service社の豊富な運用経験を元にした、厳格な基準のもとでおこなっています。

もちろん、データを保存するサーバー装置の廃棄や再利用についても、同社の基準に従っています。

暗号化された安全な通信

Chatworkでやりとりをされるチャットの内容は、安全に通信をするためのプロトコルであるSSL/TLSを用いて暗号化しています。

そのため、チャットの内容を第三者が盗み見ることはできません。

さらに、Chatwork上に保存されているファイルは、最高レベルの暗号化方式であるAES256を用いて暗号化しており、盗み見や紛失を防いでいます。

データのバックアップ

Chatwork上のデータは常にバックアップされています。

たとえば、メッセージは7日分のバックアップがおこなわれています。

バックアップによって、万一の障害発生時にも大切なデータの紛失を防ぐことができます。

24時間体制のサーバー監視

Chatworkのシステムに異常が発生した場合、24時間体制でサーバーを監視しているシステムから担当者に通知されます。

また、異常の通知を受けたシステム担当者はすぐに復旧作業に当たれる体制を整えています。

データアクセスの限定

お客様からお預かりしたデータは、Chatwork社のスタッフの中でも、システム保守を担う限られたスタッフのみにしかアクセスできません。

また、法令により要求された場合などを除き、データを第三者に開示することはありません。

国際規格の認証取得

Chatworkは、大手セキュリティ会社等も登録している国際規格ISO27001(ISMS) 認証・クラウドサービスの提供や利用に対して適用される国際規格ISO27017認証・プライバシー情報に関する国際規格ISO27701を取得し、厳格なセキュリティ基準に則って運用をおこなっております。

ISO27001(ISMS)は、組織が保有する情報にかかわるさまざまなリスクを適切に管理し、組織の価値向上をもたらすための国際規格です。

ISO27017は、さまざまなクラウド上のリスクへの備えを示したガイドラインであり、これからの時代に必要不可欠な「クラウドセキュリティ」を実現する実践的な国際規格です。

ISO27701は、個人情報の処理によって影響を受ける可能性のあるプライバシーを保護するための要求事項とガイドラインが規定されている国際規格です。

いずれも、第三者機関が、Chatworkのプログラム構造等にセキュリティ上の問題がないかを監査しています。

>Chatworkのセキュリティについてはこちら

Chatworkのセキュリティをユーザー自身が高める方法

Chatworkは、高度なセキュリティシステムを持つだけではなく、ユーザー自身がセキュリティを高めることができる機能もあります。

ユーザー自らがChatworkのセキュリティを高める方法を紹介します。

複雑なログインパスワードを設定する

Chatworkのアカウントを取得するためには、ログインメールアドレスとログインパスワードの設定が必要です。

ログインパスワードは、半角英字、半角数字どちらも使用した上で、8文字以上の文字列のみが設定できますが、一部の半角記号も使っていただけます。

Chatworkへの不正ログインを防ぐためには、設定するログインパスワードに半角記号を含めた上で、短すぎない複雑な文字列を設定することをおすすめします。

>Chatworkのアカウント登録の方法に関する記事はこちら

ログインパスワードを使い回さない

Chatworkのログインパスワードには、他のサービスのログインパスワードと異なる文字列を設定することをおすすめします。

独自のログインパスワードを使用することで、万一他のサービスで不正アクセスによるパスワード漏洩が発生した場合も被害の拡大をおさえることができます。

有料プランを利用する

Chatworkの有料プランでは、さらにセキュリティを高める機能を利用いただくことができます。

たとえば、IPアドレス制限を設けることで、社外のパソコンなどからのアクセスを防ぐことができます。

有料プランについて詳細は、サービスサイトの有料プランの紹介ページをご覧ください。

Chatwork(チャットワーク)はセキュリティも安心

Chatworkには、官公庁にも導入できるセキュリティ水準があります。

そのため、中小企業はもちろんのこと、厳しいセキュリティ要件をもつ大企業にも選ばれており、多くの導入実績があります。

通信の安全性はもちろん、厳格なデータ管理や国際的なセキュリティ基準に則った運用体制が整っているため、安心してビジネス上のコミュニケーションをとることが可能です。

ビジネスチャットを選ぶときは、高いセキュリティ基準をもつChatworkの導入をぜひご検討ください。

>Chatworkのセキュリティ内容の詳細はこちら

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

知らなかった!Chatworkの便利な活用ヒント集
Chatworkを10倍使いこなす!使い方のヒント

Chatwork(チャットワーク)使っているけど、チャット機能だけしか使っていない…なんてことはありませんか?

Chatworkで業務を進めているみなさまへ、Chatworkをより便利に使うためのヒントをお伝えします。

この資料一冊で、業務をより効率的に進めるためのChatworkの機能や活用方法がまるわかりです。

明日から使える具体的なヒントが満載ですので、ユーザーのみなさまはぜひ参考にしてください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事