課題発見力とは?課題発見力が役立つ場面と課題発見力を鍛える方法

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
課題発見力とは?課題発見力が役立つ場面と課題発見力を鍛える方法

目次

課題発見力は、会社の事業を大きくする、部下をマネジメントする、優れた商品やサービスを開発するなど、社会人があらゆる場面で求められる能力です。

会社や個人が目指す姿と現状の間にある課題をみつけ、成長の足がかりとするために、課題発見力について理解し、課題発見力を身に着けられるようにしましょう。

課題発見力とは

課題発見力とは、経済産業省が2006年に提唱した社会人基礎力のひとつで、「現状を分析し目的や課題を明らかにする力」と定義されています。[注]

個人が企業・組織・社会と関わる時間が長くなるなかで、ライフステージの各段階で活躍し続けるためには、「自ら課題を提起し、解決のためのシナリオを描く自律的な思考力」が必要です。

課題発見力と類似するものに問題解決力がありますが、すでに誰かの手により発見されている問題を解決する問題解決力に対して、課題発見力は問題がないとされる状況でも未来を見据えて自ら新たな課題を発見する力とされています。

課題発見力を磨くことで、個人のスキルアップにつながるだけでなく、社内における業務効率化やサービス品質の向上、ミスやトラブルの抑制効果など、さまざまな場面で求められる能力といえるでしょう。

課題発見力は社会人に必須のスキル

課題発見力を持った人材がいない環境では、誰もが指示待ちの状態になってしまい、会社の競争力を高めたり問題の発生を未然に防ぐことはできないでしょう。

すでに明確になっている問題を解決していく力を持った人材も会社には必要ですが、一歩先のレベルで未来を見据え、さらなる成長に取り組んでいく課題発見能力は、特にマネジメントをする立場の人材には必須の能力といえます。

また、AIが発展していくこれからの時代、単純作業や情報収集など人間がおこなっているさまざまな業務がAIにとってかわられると予想されていますが、AIが不得意なことのひとつが「課題発見」だといわれています。

代替のきかない存在であり続けるために、課題発見力を磨き続いていくことが社会人にとって重要な時代になっています。

課題発見力が役立つ場面

課題発見力は経営陣や管理職に限らず、さまざまな職種・業種で働く社会人の、日々の業務やキャリアアップで役に立つ力です。

どのような場面で課題発見力が役立つか見ていきましょう。

マネジメントが必要な場面

会社やチームの目標を設定したり、部下の動機づけや指導をおこなうマネジメント職において、現状を分析し目的や課題を明らかにする課題発見力は不可欠な能力です。

現時点での目標が達成されているときでもさらなる発展に向けて課題をみつける、部下の成長のためには何が必要で何が妨げになっているのかを考えコーチングをおこなうなど、マネジメント能力が求められる場面では課題発見力が大きく役立ちます。

商品開発が求められる場面

優れた商品やサービスを開発するためには、既存の商品では何が足りないのか、もっと顧客満足度を上げるにはどうすればよいのかなど、考えるべき課題がたくさんあります。

モノやサービスに新たな考え方や技術を取り入れて今までになかった価値を生み出すイノベーションにおいても、革新的な技術の実現を可能にするために課題発見力が役立つでしょう。

業務効率化に取り組む場面

業務効率化を進めるには、今まで当たり前だったことを疑い、よりよい方法を常に探求し続ける必要があります。

課題発見力があれば現状のやり方を精査し、問いを持ち続けながら新たな視点で問題点をみつけ、従来にないやり方で業務効率化を実現することができるかもしれません。

現状を分析しどこに課題や改善の余地があるかを見極められる課題発見力を活かすことで業務効率化の糸口を見つけることにつなげられるでしょう。

職場環境改善の場面

会社が従業員にとって働きやすい環境かどうかは、生産性や定着率に影響します。長年働いている社員にとっては慣れていても、新しいメンバーから見れば馴染みにくい環境ということもあるかもしれません。

全体を見通す視点を持ち、誰にとっても働きやすい環境をかなえるためには何が必要なのかを公平に考えるには、課題発見力が必要でしょう。

これまで当たり前であったことも、状況や環境の変化では不適切になる場合は多々ありますので、周囲の意見を踏まえたうえで柔軟な発想を持って課題発見に取り組むことが重要です。

キャリアアップを目指す場面

個人のキャリアアップを実現するためにも、冷静に自分の現状を振り返り、理想とする姿に近づくために足りないものを考える課題発見力は必須です。

また、課題発見力がある人材はマネジメントに限らずどんな職種においても求められているため、スキルを磨いておいて損はありません。

自身の課題も部署やチームごとの課題、業務に関する課題など客観的な視点で課題発見をできる能力が活かせる場面は多いので、課題発見力が高まることでキャリアアップを目指すことができるでしょう。

課題発見力を鍛える方法

課題発見力を高めることでさまざまな場面でより力を発揮できるようになります。

課題発見力を鍛える具体的な方法を紹介します。

コミュニケーションスキルを身につける

課題発見力の第一段階「現状を分析する」という行為において、コミュニケーションスキルは非常に重要になります。

現状分析のためのヒントを集めるには、自分ひとりの力ではなく、現場の従業員や数字をみている管理職など複数のひとの意見や感じていることを聞き出す必要があるでしょう。

5W1H(いつ、どこで、誰が、なにを、なぜ、どのように)を整理しながら話を進める、仮説を立て相手に気づきを与える質問をする、話すスピードと声の大きさをあわせるペーシングをおこなうなど、コミュニケーションスキルやヒアリングスキルを高める方法にはいろいろなものがあります。

ひとつひとつ試しながら、会話のなかで情報を引き出す力を身につけていくとよいでしょう。

構造化スキルを身につける

ヒアリングした内容を理解・把握し、「こういうところが課題なのでは」「こういう方法を用いれば解決できるのでは」と提案するには、自分の考えを相手に伝わりやすく整理し組み立てる必要があります。

理解力・論理展開力のどちらにも共通するのが、事象を図式化して理解したり考えるのに「構造化スキル」が必要です。

まずは簡単に図式を書いてみる、説明したい物事の分類をして整理するなど、図式化して考え方のトレーニングをしてみるとよいでしょう。

簡単なトレーニングとして取り入れられるのは、新聞や雑誌の記事を読み、構造図を書いてみること。文字数の少ない記事から始め、少しずつ長いものにもチャレンジしてみましょう。

整理されていない会話や文章を頭の中で図式化するクセがつき、要点のはっきりしない内容でも「つまりAの問題にはBとCが影響しているということ」とすっきり言い換えることができるようになれば、構造化スキルが身についてきたといえるでしょう。

ゼロベース思考を身につける

自分の経験に基づく前提や思い込みをゼロにして考えることは、課題発見力を発揮する上で大切なポイントです。

前提を疑い、目的を忘れず、物事を全体的に俯瞰して見る「ゼロベース思考」を身につければ、物事を柔軟に考えることができます。

ゼロベース思考のトレーニングには、メモを活用するという方法があります。

「新しいサービスの開発」など何かひとつテーマを決めたら、紙に重要だと思う点や妨げになりそうな点をメモします。次に、前提をなくして考える際に邪魔になりそうな既存の知識や過去の経験も書き出してみましょう。

ここまで書いたら先入観をすべて捨て、知識のないアマチュアになったつもりで極力単純にテーマについて考え直してみます。

重要だと思う点、どうあるのが理想か、もし難しいと感じるなら何がその要因だと思うかなどを、思考停止しないよう初歩的な視点で自由に書き出します。

最後にすべてのメモを見ながら、テーマを実現するために何が大事なのか、考えをまとめてみましょう。既成概念を捨てて物事を考える訓練で、ゼロベース思考を少しずつ鍛えることができます。

課題発見力を適切に発揮するための注意点

課題発見力を発揮するうえで忘れてはいけないのが、課題の発見だけで満足せず、解決方法もあわせて考えるということです。

コミュニケーションスキルで現状を分析し、ゼロベース思考で課題をみつけ、構造化スキルで相手にうまく伝えられるようになっても、現状に対して批判的なだけではただの評論家とみなされてしまいます。

また、大した問題ではないのに大きな課題があるように伝えたり、課題とはいえないのに無理矢理に課題があるかのようにするのは混乱を生むだけです。

本当に課題発見力があると認められるためには、解決方法まであわせて提案し、最後まで実行に責任を持つ必要があります。

一方的に課題を指摘するだけで終わるのは無責任といえ、周囲も話を聞く気にはならないでしょう。

物事を分析し課題を見つける際には、「必ず解決方法はある」という前提に立ち、柔軟に考えて、改善に向けた責任やアイデアを持たなければいけません。

ただ単に、課題を指摘して批判的な立ち位置になるだけで終わらないように注意して、適切に課題発見や改善に取り組めるようにしましょう。

課題をみつける第一歩にChatworkを活用

マネジメントや商品開発などさまざまな場面で役立つ課題発見力は、社会人に必須のスキルといえます。

構造化スキルやゼロベース思考のトレーニングをしながら課題発見力を鍛えることで、日々の業務に活かせる場面は多くあるでしょう。

課題発見のために現状をしっかり把握するには、上司や同僚、現場をよく知る従業員とのコミュニケーションも重要になります。

お互いに業務で忙しく、ヒアリングに時間をかけられない場合は、スピーディーにやりとりができ記録が残るビジネスチャットを使うのもひとつの方法でしょう。

ビジネスチャットのChatworkを活用すれば、業務効率化や職場環境改善などテーマ別に意見交換や情報共有の場所を作り、思いついたときに考えを記録することができます。

課題発見の場や円滑な情報共有、コミュニケーションの活性化を目指しているのであれば、Chatworkの導入を検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[注]出典:社会人基礎力|経済産業省
https://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/index.html


よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事