組織の課題の見つけ方とは?組織課題の例から組織課題の見つけ方を考えよう

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
組織の課題の見つけ方とは?組織課題の例から組織課題の見つけ方を考えよう

目次

組織をスムーズに動かすためにも、早期に課題を発見し、改善することが求められます。

しかし、正しい組織の課題の見つけ方を把握しておかなければ、いつまで経っても組織の課題を可視化できません。

組織の本質的な課題を見つけるための適切な組織課題の見つけ方や組織の課題例を参考に資、どのような課題があるのかを見ていきましょう。

組織課題の例とは

組織の課題とは、組織全体が理想としているイメージから、どれくらい離れているかを具体化したものです。

自社の目標や、経営方針の考えに対して、浮かび上がった課題を解決することで、本来のあるべき姿に近づけるようになります。

売り上げや利益、企業の発展につなげるためにも、組織全体が抱える課題を見つけ出し、一丸となって解決する姿勢を持ち続ける必要があります。

組織課題の例:人材育成に効果が出ない

組織課題の事例として、人材育成の効果が思うように効果が出ていないことが挙げられます。

たとえば、管理職になるまでの独自の教育制度を取り入れているけれど、理想的な人材に育たないという課題です。

人材育成に効果出ないのは、教育方針や内容に間違いがある可能性があるだけでなく、人材自体が自社風土に適していないなど、さまざまな原因が考えられます。

組織課題の例:次世代のリーダーの不在

人材育成に効果が出ないことで、次世代のリーダーが見つからないという課題が浮き彫りとなります。

将来的に、管理職や経営層まで育てるプランを描いているのにも関わらず、なかなかリーダーとしての素質を持つ人材が出てきません。

次世代のリーダーを育てられないと、世代交代も難しくなり、経営的な不安を抱えてしまう可能性もあります。

とくに、小・中規模の企業では、そもそもの人材の母体数も限られることから、リーダー探しに苦労を強いられます。

組織課題の例:非効率的な業務状況

組織の課題は、人材育成だけでなく、日常的な業務にもおよびます。

社会全体で、働き方改革やペーパーレスの取り組みがおこなわれているものの、いつまでもアナログ的な業務スタイルが続き、生産性を低下させる原因となります。

自効率的な業務が続くと、競合との差が広がるだけでなく、貴重な人材の流出も免れません。

少子高齢化にともなう人材不足が起きているなかで、業務効率をいかにして向上させ、従業員一人ひとりの負担を軽減するのかが重要です。

組織課題の例:企業理念や経営方針が浸透しない

企業が抱えやすい課題に、企業理念や経営方針が従業員全体に浸透しないことが挙げられます。

経営理念・経営方針が従業員全員に浸透していなければ、企業のさらなる成長や発展を見込むことができません。

また、それぞれの従業員が異なる方向を向いてしまい、組織としての団結力に弱みが出る可能性もあります。

経営層と従業員が同じ方向を向けるようにするためにも、企業理念と経営方針を徹底的に浸透させることが求められます。

組織課題の例:コミュニケーション不足による問題

企業という組織でのコミュニケーション不足は、業務のミスや、進捗の遅れなどのトラブルに発展することがあります。

たとえば、上司に相談しにくい職場では、チーム内同士の連携が難しくなり、協力体制が構築できません。

結果として、情報共有に問題が生じたり、お互いの認識のズレが発生したりすることで、経営にも影響を及ぼします。

組織課題の見つけ方:アンケートや面談の実施

組織課題の見つけ方として、従業員へのアンケートや面談を実施する方法があります。

アンケートで課題を見つける際には、あらかじめ用意された質問だけでなく、従業員が自由にコメントできるスペースを設けることが大切です。

また、面談の内容によって従業員が不利にならないように、匿名性の確保や、人事評価に影響しないように工夫するようにします。

いずれの方法でも、従業員目線からの組織に対する課題を見つける機会となり、理想とのギャップを可視化できます。

組織課題の見つけ方:ITツールを活用した課題の発見

ITツールを活用して、組織の課題を見つける方法もあります。

たとえば、業務の効率化について調査をしたい場合、ITツールを用いることで客観的なデータの収集や分析が可能です。

ある程度の導入コストが発生するものの、課題を早期に発見しやすくなるほか、原因追求も迅速におこなえるのがメリットです。

また、アンケートや面談もITツールを利用しておこなうことで、より効率的な実施や集計につながるでしょう。

組織課題の見つけ方:ブレインストーミングによる意見交換

ブレインストーミングとは、複数人で意見を交換することです。

従業員が集まり、自社が抱えている課題の整理や、どのように改善をしていけばよいのかアイデアを出し合うことができます。

アンケートや面談と異なり、他者の意見を聞ける機会にもなるため、新しい考え方の発見にもつながります。

ブレインストーミングをおこなう際には、会議のように厳格な雰囲気ではなく、気軽に意見を出しやすいようにラフな雰囲気作りを意識するようにしましょう。

この場合もITツールを利用することで、遠方の拠点のメンバーやテレワーク中であっても、Web会議などでブレインストーミングをおこなうことができます。

組織課題の見つけ方:マインドマップを活用した課題の可視化

マインドマップを活用して、組織の課題を整理することも効果的な見つけ方のひとつです。

マインドマップとは、あるテーマに連想されるアイデアや情報を線でつなげながら、頭のなかにある思考を拡大する方法です。

たとえば、「従業員の働き方」を課題としている場合には、なぜ課題が発生しているのか、考えられる解決策などを放射状に記載していきます。

マインドマップによる組織課題の見つけ方は、テーマに対する情報を1枚の白紙にまとめられるのがポイントで、初期段階での整理に活用できます。

組織課題の見つけ方の注意点とポイント

組織の課題を素早く見つけるためにも、組織課題の見つけ方でのいくつかのポイントを把握しておきましょう。

どのような注意点やポイントに気をつけるべきか解説します。

課題が生じている原因を探る

組織の課題を見つける際には、なぜ課題が生じているかの原因を探るようにします。

もちろん、課題を解決することが最終目標ではありますが、課題に対するアプローチも重要です。

原因を十分に探らないと、課題を解決したあとに同様の問題が起きてしまう可能性があるほか、間違った方向に解決策を進めてしまうこともあり得ます。

組織の課題が表面化した場合には、まずは原因を追求する習慣を付けるようにしましょう。

チームメンバー間での共有を意識する

課題に対して、個別で対応するのではなく、チームで情報を共有することも大切です。

たとえば、業務効率がなかなか向上しない場合、該当する従業員だけで課題を抱え込んでしまうと、適切に解決できなくなることも考えられます。

課題が浮き彫りになった段階で、部署全体やチームなどで共有し、最善な解決策を取り入れるようにしましょう。

効果測定や振り返る時間を設ける

組織の課題は、解決策を講じたあとの効果測定や振り返るの時間を設けることが必要です。

十分に検証をおこなわないと、再発してしまったり、解決しきれていなかったりといった新たな課題を生み出す原因となります。

まずは、課題に対して解決策を講じたあとに、該当する従業員やチーム単位でフィードバックを実施します。

なお、効果を適切に検証する際には、数値を用いることで定量的なデータを出すようにしましょう。

効果的な組織課題の見つけ方で解決に導こう

組織である以上、規模の大小を問わず、どの企業でもさまざまな課題が生じる可能性があります。

また、経営に関する課題、人的リソースに関する課題、業務効率の課題など事例も多種多様です。

組織の課題を解決するためにも、見つけ方を工夫することがポイントとなります。

アンケートや面談といった個別に聞き出す方法から、ブレインストーミングといった方法を利用して、自社がどのような課題に直面しているのかを可視化してみましょう。

これらの方法は、ビジネスチャットツールである「Chatwork」を利用することで、より効率的に進めることができます。

簡単なアンケートであればチャットで一斉に済みますし、タスク機能を使えば期日までに回答を得やすくなるでしょう。

ブレインストーミングもChatworkにあるWeb会議機能を利用すれば、場所を問わず幅広いメンバーと意見交換ができます。

組織の課題を見つけるには社内のコミュニケーションが重要ですので、この機会にChatworkの導入を検討ください。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事