職場の雰囲気の改善方法と職場の雰囲気が悪い原因とは?

働き方改革
AWAY

目次

職場の雰囲気が悪いと、仕事の作業効率化が図れず業務全体に影響が出てしまう懸念があり職場の雰囲気を改善する必要があります。

職場の雰囲気が悪くなると社員が長く働きづらくなってしまうので、社員と会社の両方にとってマイナスになるでしょう。

事業を継続させるためにも、どのように職場の雰囲気を改善する必要があるのでしょうか。

職場の雰囲気の改善方法と職場の雰囲気が悪い原因を解説します。

職場の悪い雰囲気を改善する必要性とは?

会社の経営を安定させるためにも、社員が働きやすい職場づくりを目指すことが大切です。

職場の悪い雰囲気を改善する必要性を見ていきましょう。

社員の休職や離職者を増やさないため

職場の雰囲気が悪いまま放置すると人間関係のトラブルが起きやすくなり、社員が長く働きづらい環境ができてしまいます。

社員が心を病んでしまい休職や退職に追い込まれる原因になるため、社員と会社の両方にとって悪影響が出てしまうのです。

職場の悪い雰囲気は、会社側から問題になる前に介入して体制を整える必要性があります。

仕事のミスやトラブルを起こさないため

職場の雰囲気がよくないとコミュニケーション不足につながり、仕事のミスやトラブルが増えがちになります。

職場の雰囲気が原因で確認不足や言葉足らずによる誤解が起きてしまい、取引先や顧客からの信用を失うリスクを抱えるでしょう。

社内のコミュニケーションを活性化させて、仕事のミスやトラブルを回避することも、職場の悪い雰囲気を改善する必要性にあげられます。

仕事の生産性や売り上げを安定化させるため

職場の雰囲気が改善されると、コミュニケーションが円滑になって仕事の生産性があがりやすくなります。

製品やサービスの品質を向上させるために、アイデアや改善策を話し合う機会ができて、顧客の問い合わせに対応するスピードが早まる効果が期待できるでしょう。

事業の売り上げを安定化させるには、顧客満足度を高める対応が重要になります。

職場の悪い雰囲気を改善してコミュニケーションを活性化させることは、仕事の生産性をアップするためにも必要です。

職場の雰囲気が悪い原因

職場の雰囲気は管理職や上司が意識して働きかけないと、気づかないうちに緊張感の強い場所になってしまうリスクがあります。

職場の雰囲気が悪い原因には、どのような内容があるのか見ていきましょう。

職場でネガティブな言動が多い

日ごろからマイナスの発言や態度が当たり前の職場では、社内の雰囲気が悪くなります。

仕事や人間関係の愚痴、高圧的な態度が多いと、聞いた本人や周りの集中力をそいでしまい、仕事のパフォーマンスが下がる懸念もあるでしょう。

とくに、管理職や上司にあたる立場の方にネガティブな言動が多いと、職場全体の雰囲気が悪くなる原因につながります。

人間関係よりも競争が最優先される

会社の社風や部署によっては、利益追求や数字が最重視されてしまい、職場の人間関係が不安定になります。

会社の事業に貢献できるよい面がある一方で、競争が過激になると社員同士のトラブルや心理的負担が大きくなり、社員が長く働きづらい環境ができてしまうリスクもあるでしょう。

職場の雰囲気が悪い原因には、お互いが働きやすい関係よりも競争が最優先される環境があげられます。

仕事量や残業時間が多い

終わりの見えない仕事量に加えて働く時間が長くなると、心のゆとりがなくなって周りの人間に当たりやすくなります。

また、仕事量の多さから会話の機会が減ってしまうと、コミュニケーション不足で作業が効率化できず、職場の雰囲気が改善されないまま放置されやすくなるでしょう。

仕事量や残業時間が多いと職場の空気が重くなってしまい、雰囲気が悪くなる原因が生まれます。

教育体制が整っておらず仲介役がいない

職場の人数不足でほとんど教育のない体制が当たり前になっていると、現場のゆとりがなくなり人間関係の雰囲気が悪くなりがちです。

新人を教育する仲介の担当者がいない場合も多く、新人が育たないまま職場の仕事が回らない悪循環が起きやすくなるでしょう。

職場の雰囲気が悪い原因には、教育体制が整っていない状況や教育の仲介役がいないことで、成長できない職場環境の事例があげられます。

雑談や会話が少なく派閥がある

気軽にコミュニケーションが取りづらく、雑談や会話の機会が少ない職場では、緊張感から雰囲気がかたいものになりがちです。

また、上司や同僚の間で派閥があるときは、人間関係に揉まれてしまい、仕事に支障が出てトラブルにつながりやすいでしょう。

管理職や上司にあたる方が職場の人間関係を調整する能力不足の場合、職場の派閥やコミュニケーション不足が発生してしまい、雰囲気が悪い原因が発生しやすくなります。

職場の雰囲気を改善する方法

従来のコミュニケーション方法や仕事環境を見直して、職場で意見交換がしやすい雰囲気づくりができる工夫を取り入れましょう。

職場の雰囲気を改善する方法を解説します。

建設的でポジティブな言動を心がける

職場の雰囲気は、日ごろの言動によって変化していくため、管理職や上司にあたる立場の方を中心に適切な対応を心がけましょう。

たとえば、部下と接するときに高圧的な態度を取らないようにして、指示が必要なときも相手の人格を否定する言動は投げかけないように建設的な言葉で伝えます。

職場の雰囲気を改善する方法には、仕事で関わる社員同士が建設的でポジティブな言動を意識する心がけが大切です。

上司から部下に会話の機会を増やす

職場の上司が部下に対して雑談や会話の機会を取り入れることで、部署全体で気軽にコミュニケーションが取りやすい雰囲気が生まれます。

仕事の進め方で悩むときに部下がひとりで抱え込まず、ミスやトラブルが起こる前に対処できる機会が増えるでしょう。

仕事の合間や休憩時間に上司から部下に話しかける機会をつくることで、職場の雰囲気が柔らかくなって改善方法につながります。

教育係や仲介の人材をつくる

人材の雇用や成長できる土台を長い目でみて作っていくと、仕事の負担から職場の雰囲気が悪化しないための改善策につなげられます。

管理職の仲介役になって新人教育する担当者が仕事を進めやすいように、管理職から働きかけてマニュアル作成の準備などを進めましょう。

社内の人材確保ができない悪循環から起きる職場の雰囲気が悪くなる状態を改善するためには、管理職の代わりに仲介で指導する教育係をつけてみてください。

業務体制を見直して仕事量を調整する

仕事量や残業時間を増やさないためにも、管理職が介入して業務体制の課題や問題点にメスを入れましょう。

仕事の工程で時間がかかっている部分はなにか、仕事量に対して人材が不足していないかなど、改善部分や効率化ができるポイントを探ります。

職場の雰囲気を改善する方法として、根本的に業務体制を調整して仕事量が減らせる仕組みづくりを整えましょう。

社内イベントや交流できる機会を設ける

職場で交流の機会が少ないときは、部署全体で飲み会を実施したり、社内で交流パーティーの機会を設けたりする方法がおすすめです。

仕事で話す時間や機会がなかった人と会話するチャンスが生まれるため、交流をきっかけに新しい人間関係が構築できるかもしれません。

職場の雰囲気を改善するには、まずは社内でコミュニケーション活性化が期待できるイベントや交流の機会を設けてみてください。

ビジネスチャットで会話を増やす

業務連絡の効率化やコミュニケーション活性化には、ビジネスチャットを使う連絡方法が取り入れるといいかもしれません。

ビジネスチャットを使うことで、レスポンスが早くなって残業時間の削減につながったり、報連相が進めやすくなってコミュニケーションが活性化するなど、職場で会話の機会をスムーズに増やせるメリットがあります。

職場の雰囲気を改善するには、意見交換を活性化する方法にビジネスチャットをご活用ください。

職場の雰囲気改善にはコミュニケーション活性化が重要

コミュニケーションの機会が少ないことやネガティブな言動が多いなど、緊張感のある職場環境が放置されると職場の雰囲気が悪い原因につながります。

職場の雰囲気を改善するには、上司が中心になって雑談や会話の機会を増やすなど、ポジティブな言動を意識して部下の教育や業務体制の見直しましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」では、チャットの連絡で会話や報連相を活性化できる機能が充実しています。

レスポンスが早くなると残業時間やコミュニケーションコストの削減につながるので、職場の雰囲気改善でコミュニケーション活性化につなげるためにもChatworkの導入をご検討ください。

職場環境を改善したい方におすすめの資料

風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事