健康経営の課題と健康経営の課題を解決する必要性と取り組み

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
健康経営の課題と健康経営の課題を解決する必要性と取り組み

目次

健康経営の課題は、企業が長く事業を続けるために解決が求められる内容のひとつです。

社員の健康を維持できる働きやすい職場づくりに取り組むと、安定的な利益につなげられて経営が安定しやすくなるでしょう。

ほかにも、企業や社員にとって健康経営を取り入れるメリットには、どのような内容があるのでしょうか。

健康経営の課題と解消する必要性や取り組みを解説します。

健康経営の課題とは?

健康経営とは、企業が社員の健康管理に取り組んで意識を高めることで、長期的な経営を続けやすくなる戦略の一環として取り入れられています。

どのような健康経営の課題があるのか一例を見ていきましょう。

過労に関する課題

仕事で働きすぎてしまうと、心と体に負担がかかってしまい、過労から病気につながるリスクを抱えます。

仕事量が多すぎる環境や人手不足、無理のあるノルマや社内での暗黙の了解が原因で過労が起こりやすくなるのです。

健康経営を意識するには、まずは社員の仕事量を調整できる取り組みや対策を実施するためにも、過労に関する課題を考える必要があります。

社内体制の課題

現場で働く社員にとって健康管理の意識を高めていくためにも、経営陣や管理職が社内体制を調整し直す必要があります。

仕事の負担が集中しすぎてしまうと残業が増えてしまったり、作業工程の流れやバランスが悪いと一部の部署に負担が増えてしまうなど、社内体制で改善できるポイントがあるはずです。

健康経営の課題には、上層部ができる取り組みとして社内体制の課題があげられます。

ワークライフバランスの課題

仕事とプライベートを両立させる取り組みは、心と体の健康を維持しながら働くために重要です。

ワークライフバランスが崩れてしまうと、仕事で私生活が犠牲になってストレスを抱えやすくなり、社員が働く意欲や目標を見失いやすくなります。

社員が「長く働きたい」と感じられる職場を目指すには、健康経営の課題としてワークライフバランスを意識した体制を企業が取り入れることが必要です。

健康経営の課題の解消が必要な理由

社員の健康を維持しながら働ける職場環境は、安定的な経営を続ける上でも重要です。

健康経営の課題の解消が必要な理由を見ていきましょう。

社内体制を見直して過労につなげないため

社員が長く働きやすい職場を目指すには、過労の予防につながる残業時間の削減や社内体制の見直しがあげられます。

定時に帰れない環境が当たり前になってしまうと、社員の心と体が疲れてしまい、病気になるリスクを抱えやすくなるのです。

健康経営の課題と解消が必要な理由には、社員の健康に気を配りながら長く働きやすい職場環境の改善や社内体制を整えて過労につなげないことがあげられます。

生産性や作業効率を低下させないため

社員の健康管理が行き届かないと休職や退職の可能性が高まってしまい、現場がまわらなくなるリスクを抱えます。

仕事のノルマが達成できなくなり、職場全体の流れがとどこおってしまうなど、事業活動に大きなダメージを与えてしまう可能性があるのです。

仕事の生産性や作業効率の低下を避けるためにも、事業を継続できる環境を整える姿勢は、健康経営の課題と解消が必要な理由にあげられます。

事業を継続できない状況を避けるため

社員の健康経営に悪影響を与えるような労働環境だと、社内の問題が大きなトラブルにつながってしまい、仕事全体に支障が出てしまいます。

経営の悪化や社員の人材確保が難しい状態になってしまい、事業を継続できない最悪の事態につながる可能性もあるでしょう。

健康経営の課題と解消が必要な理由には、企業の未来につなげるために事業活動ができない状態を避けることがあげられます。

健康経営の課題を解消するメリット

働きやすい職場を目指す一環として、健康経営の課題に取り組む意義があるといえます。

健康経営の課題を解消するメリットを見ていきましょう。

ワークライフバランスを整えるきっかけになる

社員の健康を維持できる職場を目指すには、労働時間の調整が重要な課題になります。

健康経営の課題を解消する取り組みには、育休や産休の制度などを実施すると、社員のプライベートが充実して私生活に使える時間を確保しやすくなるでしょう。

健康経営の課題を解消するメリットには、社員のワークライフバランスが整い、私生活と仕事の両立が図りやすくなることがあげられます。

社員が長く働ける環境ができる

健康経営の課題を解消できると、働く社員の満足度アップに期待できるため、長く働きたい企業として社員が定着しやすいメリットがあります。

新入社員の教育体制が整えられるため、企業が事業を継続する上で大切な人材確保やスキルを継承できる基盤が作れるでしょう。

社員の心理的安全性が守りやすい企業として、長く働きやすい環境づくりにつながる点は、健康経営の課題を解消するメリットにあげられます。

企業のイメージアップが図れる

健康経営に取り組む企業は、事業活動だけでなく社員の未来を考えられる企業としてイメージアップが期待できます。

国の機関に企業の取り組みがピックアップされる可能性もあるため、事業活動に関連するさまざまな取り組みを実践している企業として社会によい印象が与えられるでしょう。

健康経営の課題を解消するメリットには、企業のイメージアップにつながる意図があげられます。

健康経営の課題解消につながる取り組み

社内の労働環境や制度を見直しながら、社員が働きやすい工夫を実践してみましょう。

健康経営の課題解消につながる取り組みを解説します。

定期的に健康診断を実施する

企業で実施する簡単な健康診断に加えて、各年代でかかりやすい病気に対する検診を受けられるように工夫する取り組みがあげられます。

定期的に社内や周辺の施設で健康診断を実施することで、忙しくて健康管理が不十分な社員にとっても、病気の早期発見や自己管理の意識を高めるきっかけにできるでしょう。

健康経営の課題解消につながる取り組みには、会社の負担で健康診断を実施する内容があげられます。

業務体制を見直して残業を減らす

健康の意識を高めるには、労働時間を見直すために業務体制で改善策を実行しながら、残業時間を調整する取り組みが重要です。

仕事量が多くて時間かかりすぎるときは、非正規社員の雇用や業務委託を検討したり、仕事全体の流れのバランスが悪いときは業務体制を調整したりするなど、改善できるポイントを模索しましょう。

職場の業務体制を見直して残業時間を減らすことは、健康経営の課題解消につながる取り組みにあげられます。

社内で健康経営の知識を広める

社内で健康に対する意識を高めるためにも、健康経営に関する情報を共有して発信する方法があります。

社内広報で健康に関するコラムを発信したり、外部から講師を呼んで無料でセミナーを実施したりするなど、自己管理の能力をあげて病気を予防できる工夫を取り入れましょう。

健康経営の課題解消につながる取り組みには、社内で健康経営の基本知識を広めながら、健康に対する意識を高める活動を実践してみてください。

ストレスチェック制度を活用する

仕事にどのくらいストレスを抱えているのか、確認できる方法にストレスチェックがあります。

検査の結果が仕事の評価に影響しないと社員に共有しておき、個別に回答してもらうことで社員のストレス度合いを確認する機会にできるでしょう。

定期的な個人面談に加えてストレスチェックを活用すると、社員が精神状態を振り返って仕事が調整しやすくなり、健康経営の課題解消につながる取り組みにできます。

仕事と私生活が両立できる制度を設ける

社内で利用できる育休や産休など、多様な働き方を取り入れるためにも、働く社員に合わせた制度や取り組みを実践しましょう。

たとえば、出社する働き方以外にテレワークを導入すると、通勤や準備にかかる時間を削減できてワークライフバランスが整いやすくなります。

健康経営の課題解消につながる取り組みとして、社員が仕事に満足しながら私生活と両立が実現できる制度の導入をご検討ください。

健康経営の課題解消には社内改善が必要

社員が働きやすい環境に取り組むためにも、過労の課題や社内体制の課題、ワークライフバランスの課題が健康経営の課題にあげられます。

健康経営の課題解消につながる取り組みとして、健康診断の実施や業務体制の見直しと残業時間の削減、ストレスチェックや各制度の活用など、企業が取り組める内容から実践してみましょう。

社内で健康経営の知識を広めるときは、ビジネスチャット「Chatwork」を使うと効果的に発信できます。

コミュニケーションを活性化させながら、健康経営の課題解消や知識を共有したいときは、Chatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

働き方改革の「そもそも」を知りたい方へ
マンガでわかる!「働き方改革」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事