会社におけるチューターとは?会社でチューターを導入する理由と進め方

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

会社で新入社員の教育担当で仕事を中心に教える役割は、チューターと呼ばれます。

仕事の手順やノウハウを共有しやすくなって、社内のコミュニケーション活性化や早く職場に馴染みやすくなるメリットがあるでしょう。

会社でチューターを導入する理由と進め方を解説します。

会社におけるチューターとは?

新入社員や若手社員に対して、仕事内容を中心に指導する役割はチューターと呼ばれます。

チューターがいると、社員が入社後に仕事内容に馴染めるまでの期間が早まり、会社の戦力として現場で活躍できる知識が身につけられるでしょう。

チューターは社員のプライベートや心のケアまでは介入しない特徴がありますが、先輩社員が指導役になることで質問やコミュニケーションが取りやすくなるメリットがあります。

会社と社員の両方にとって事業を継続しやすい教育の基盤が整う点がチューターの存在意義といえます。

会社でチューターを導入する理由

新入社員の教育体制を整えることは、社内全体の事業課題を考える機会にもつながります。

会社でチューターを導入する理由を見ていきましょう。

新入社員が働きやすい職場をつくるため

教育担当者が明確でない職場では、教育体制が整っていない状況や成長の機会を失いやすい状態につながるため、チューターの存在がいると適切に指導が受けやすくなります。

気軽にコミュニケーションが取りやすくなると、報告や連絡、相談がしやすくなって仕事のトラブルやミスが起きる前に対処しやすくなるのです。

会社でチューターを導入する理由には、新入社員が働きやすい職場づくりに取り組むことがあげられます。

組織の課題を解消しながら事業を進めるため

会社の社員には入社後、スキルアップや経営管理ができる立場を目指してできる限り長く働ける環境にするためにも、事業に関する課題や問題を解消していく必要があります。

たとえば、社員が戦力になるまでの時間がかかる課題が残るときは、事業の利益アップの施策を考えながら人員確保の採用や社内体制の改善に取り組むことが求められるでしょう。

チューターを導入する意図や理由には、組織内にある課題を見つめ直す機会にしながら、事業を継続するためにも重要です。

社員を定着化させて離職者を減らすため

教育の土台が整っていない職場では、人間関係のコミュニケーション不足や教育不足の課題など、さまざまな事業の問題が浮上して社員が長く働けない環境につながります。

新入社員が次々に辞める環境が放置されたままだと、残された社員に仕事の負担がかかってしまい、次世代の人材を担えないまま事業や経営危機につながる状況が考えられるでしょう。

会社で長く社員に働いてもらえる環境を整えて離職者を減らすことは、チューターを導入する理由にあげられます。

会社でチューターを導入すると期待できる効果

新入社員だけでなく、組織全体にとっても指導役を取り入れるメリットがあげられます。

会社でチューターを導入すると期待できる効果を見ていきましょう。

新入社員の教育体制が整えられる

チューターの存在がいることで、新入社員が仕事の進め方で困ったときに誰に相談すればよいのかが明確になり、時間を無駄にせずに仕事の理解が進みます。

新入社員が入社後、いきなり現場に出て放置される心配もないため、安心しながら仕事を進められるところも利点です。

先輩社員や上司にとっても、チューターがいることで教育不足が避けられる安心感が生まれて本来の仕事に集中して取り組めるところが、会社でチューターを導入すると期待できる効果にあげられます。

管理職の育成につながる

先輩社員がチューターになって新入社員の教育に取り組むことで、仕事の取り組み方や価値観に影響を与えられて、経営側や管理職の視点で現場を見るスキルが強化されます。

長く働く社員には、現場を指揮できる管理職を目指して仕事に取り組んでほしいと経営陣は考えているので、社員の意識を高める取り組みに使えるところも利点です。

会社でチューターを導入すると期待できる効果には、職場の管理職を育成する機会につながる点があげられます。

報連相やコミュニケーション活性化ができる

新入社員には報連相を意識してコミュニケーションを取ってもらうことが大事になるため、早く職場に馴染みやすい工夫を取り入れるためにも、チューターの存在が生きてきます。

チューターとのやりとりを通して仕事内容を覚えながら、チューターが仲介役になることで社内のさまざまな人たちと交流する機会がつくりやすくなるでしょう。

報連相やコミュニケーション活性化につなげられることも、会社でチューターを導入すると期待できる効果にあげられます。

会社でチューターを導入するときの進め方

適切な指導を進めるためにも、周りの社員や会社側が協力体制を組んで指導を実施する必要があります。

会社でチューターを導入するときの進め方を見ていきましょう。

新入社員の成長に合わせた指導を実施する

チューターが新入社員の指導に取り組むときは、あくまでも新入社員の理解度に合わせたやり方で進めましょう。

それぞれの能力によって得意な分野や慣れるまでにかかる時間は変わるため、焦らずにじっくり指導する姿勢が求められます。

会社でチューターを導入するときの進め方として、新入社員の成長を見守りながら各自のペースに合わせた指導を実施しましょう。

チューターの教育や研修に取り組む

チューターには適切な伝え方や指導力が求められるため、現場で新入社員のスキルを高めるサポートができるように教育や研修に取り組む必要があります。

職場でのコミュニケーションを円滑に進める伝え方など、事前に基本的な指導に関する知識を頭に入れておくためにも、会社側からチューターになりたい人材を募って取り組みましょう。

会社でチューターを導入するときの進め方として、まずはチューターの教育と研修を実践することが大切です。

仲介で見守る立場の人材を設ける

会社側はチューターと新入社員の存在を放置せず、ともに見守りながらサポートする仲介役の人材が求められます。

たとえば、職場の上司とチューター、新入社員が定期的に面談や意見交換の機会を設けることで、指導者のミスマッチやトラブルを回避する対策につながるでしょう。

会社でチューターを導入するときは、仲介で見守る立場の人材を設けることで、職場全体で連携し合って教育を進める土台ができます。

チューターと新入社員の相性を見極める

会社の仕事を進める上ではお互いの相性が重要になるため、チューターと新入社員の様子を周りが観察しながら適切に配置しましょう。

現場の指導でお互いのコミュニケーションがうまく進まないと感じるときは、人間関係を調整するか別の教育係についてもらい、指導するように工夫することが大切です。

会社でチューターを導入するときの進め方として、事前に管理職や職場の上司が適切な組み合わせかどうか検討して決めるようにしましょう。

会社のチューター導入にChatworkが役に立つ

新入社員が働きやすい職場づくりを実践しながら離職者を減らすこと、組織の課題を解消しながら事業を進めることが会社でチューターを導入する理由にあげられます。

実際に進めるときは、新入社員の成長に合わせた指導を実施してお互いの相性を見極めながら、チューターの教育や研修、仲介で見守る立場の人材を設けることも重要です。

会社のチューターは、新入社員の成長を促す存在として重要な役割を担う存在ですので、効果的にチューターの役割を進めるには円滑なコミュニケーションが必要です。

ビジネスチャット「Chatwork」を利用することで、社内コミュニケーションの活性化や情報共有の円滑化を進めることができます。

Chatworkを活用し効果的なチューターの導入や円滑なコミュニケーションを実現してください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事