フリーランスは大変なのか?フリーランスの大変なことと対策方法

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
フリーランスは大変なのか?フリーランスの大変なことと対策方法

目次

フリーランスの大変さには、収入の不安定さや仕事が安定的に確保しづらいと感じられる面があげられます。

フリーランスで働くには自力で自己管理を進める必要があり、仕事やお金、精神面からコントロールして努力を続けることが重要です。

実際にフリーランスで働いていると、どのような大変さを感じる機会が多いのでしょうか。

フリーランスの大変なことと対策方法を解説します。

フリーランスは大変なのか

安定的な仕事や収入が確保できる保証がない点で、フリーランスの仕事は大変だといえます。

しかし、働く場所や時間を自由に決めやすいため、フリーランスの働き方が合っている人にとってはメリットが感じられやすいでしょう。

スキルや努力の継続を続ければ収入の振り幅が変わるため、フリーランスは自分次第で自由な働き方につなげやすい魅力があります。

フリーランスの仕事はすべて自己管理が求められる面では大変ですが、本人が工夫や改善を続ける意志があればメリットが感じられる働き方です。

フリーランスで大変なこと:仕事とお金

仕事の取引先やスキルが安定するまでは、仕事に関わる作業やお金の面で苦労をともないやすいところがフリーランスの特徴です。

実際に働くときにフリーランスが感じる仕事とお金の面で大変なことの詳細を見ていきましょう。

継続的に営業をかける必要がある

仕事が安定的に受注できるのかわからない面で、フリーランスは定期的に仕事の取引先を探す努力が必要です。

毎月の収入を安定させるためにも、いくつかの仕事を並行して取り組みながら、頃合いを見て新しい営業をかけていきます。

実力が伴っていないと感じられるうちは、自力で営業をかけて仕事を探し続ける必要がある点でフリーランスの大変さがあるでしょう。

経費がかかる

フリーランスは仕事の取引で必要なものを経費にする必要があるため、収入がそのまま手元に残るわけではありません。

収入が多いと感じられても手元に残るお金を考えながら働かないと、思いのほか稼げない事態につながる場合もあるでしょう。

仕事に取り組むときに必要な経費をなるべく抑える工夫が必要な面で、フリーランスはお金の管理や処理が大変だと感じられます。

確定申告や帳簿の準備が必要になる

仕事の収入にかかる税金について、一定の条件を満たす人は確定申告する必要があります。

いつどのような取引をしたのか、金額はどのくらいなのかなど、仕事に関する取引内容や金額の詳細は、帳簿づけでまとめて残す義務があるため手間がかかるでしょう。

本業の仕事以外に関する事務的な作業は、自力で処理を進めるか専門家に頼む必要があり、お金や時間がかかる面でフリーランスが大変だと感じやすいポイントになります。

収入や仕事が不安定

会社員のように安定した給料が望めないところは、フリーランスが大変だと感じやすいポイントです。

収入の振り幅が大きいメリットはあるものの、引き受けている仕事がなくなるリスクがあるため、収入がストップしてしまう懸念があげられます。

フリーランスはスキルを高める努力を怠ると、安定的に仕事が確保できなくなり収入が不安定になりやすい面で苦労があるでしょう。

フリーランスで大変なこと:仕事と精神面

ひとりで仕事を続けるには、日々の自己管理や精神面でコントロールするスキルを高める工夫が重要です。

フリーランスが大変だと感じやすいことで、仕事と精神面からどのようなポイントがあるのか見ていきましょう。

孤独を感じやすい

フリーランスは基本的にひとりで仕事を進める機会が多いため、周りに仲間がおらず孤独を感じる瞬間が増える傾向にあります。

会社で働くよりも緊張感がないメリットはあるものの、人によっては一日中、誰とも話さない状況も少なくありません。

孤独感があると精神的に辛さを感じるきっかけになるため、フリーランスが自己管理して精神面で楽になるには、横のつながりをつくる工夫や働きかけが重要です。

アドバイスをくれる先輩がいない

仕事の進め方で指示をくれる先輩がいないため、課題や問題を自力で乗り越える必要があります。

失敗したときに何が原因なのか分析し、試行錯誤を繰り返して成功に導くまでの過程には努力が重要です。

仕事が順調でないときも自己責任が伴うフリーランスは、身近に仕事仲間おらずアドバイスがもらえない点で、仕事の方向性を掴むまでに時間がかかりやすい苦労があります。

仕事とプライベートの時間の切り替えが難しい

ひとりで仕事に取り組んでいると、どこまでの時間を作業にあてるのか線引きや切り替えが難しくなります。

空き時間があれば休みの日でも、取引先に連絡を返信してしまうなど、仕事から離れられずに休憩がままならないこともあるかもしれません。

仕事とプライベートの時間を区別できていない状況が起きやすい点で、フリーランスは仕事にとらわれて精神的に負担がかかりやすくなります。

自己管理のスキルが求められる

仕事をどのくらい引き受けるのか、一日にどのくらいの作業に取り組むのか、フリーランスは自力でスケジュール管理に取り組む必要があります。

自由に仕事量を調整できるメリットはありますが、計画どおりに進められないと仕事が終わらない状態や収入が安定しない原因につながるでしょう。

日々の作業量を調整して仕事を継続できるメンタルや自己管理のスキルを高める努力は、フリーランスが大変だと感じやすいポイントです。

フリーランスの大変さをカバーする対策

フリーランスの活動を安定化させる土台をつくるためにも、日ごろから工夫を取り入れて行動し、自己管理する姿勢が重要です。

仕事やお金、精神面におけるフリーランスの大変さをカバーする対策を見ていきましょう。

経費は領収書で節税対策につなげる

お金の悩みを少しでも減らす工夫には、節税対策の意識が大切になります。

仕事に使う消耗品や通信費、手数料など、証拠になる領収書があると確定申告時に経費として申請することが可能です。

フリーランスにかかる税金を抑えると、将来の貯金や投資にお金をまわすゆとりが生まれるため、経費で落とせるものは領収書やレシートを残して節税対策を心がけましょう。

カフェ・コワーキングスペースを活用する

自宅で仕事に取りかかる孤独感をなくすには、同じフリーランスが仕事場に使うカフェやコワーキングスペースに訪れる方法がおすすめです。

とくにコワーキングスペースは、作業時間に集中できるサイレントスペース、オンライン会議や話し合いに使えるスペースなど、使用用途がわけられている場所もあり便利に使えます。

外出先で仕事に取り組むと、仕事とプライベートの切り替えが上手にできて、フリーランスが仕事や精神面で感じる辛さをカバーする工夫につながるでしょう。

SNSで仲間をつくる

フリーランスの孤独を解消するには、横のつながりをつくるためにSNSを使って発信する方法があります。

同じ業界や職種で働く仲間を見つけられて、コメントでのやりとりや仕事の悩みを共有できてモチベーションアップにつなげられるでしょう。

SNSでフリーランスの大変さに共感し合える仲間を見つけられると、ひとりで作業に取りかかるプレッシャーや不安をカバーする対策にできます。

確定申告ソフトを活用する

確定申告に求められる帳簿づけの事務作業は、確定申告ソフトで管理すると処理が楽になります。

オンラインで管理するクラウド型、ソフトをダウンロードできるインストール型があり、仕事内容に合わせて使いやすい方法を選びましょう。

フリーランスの仕事時間を奪わない工夫につなげるためにも、余計な事務処理の手間を省く対策に確定申告ソフトの導入をご検討ください。

営業先を複数確保する

フリーランスの収入を安定させるには、案件確保のルートを絞らずに営業をかけてみましょう。

たとえば、SNSで横のつながりから仕事がもらえる可能性もあるため、自分から声をかけていくと人脈づくりや仕事の確保につながります。

ほかにも、クラウドソーシングや求人検索サイトなど、仕事の案件が掲載されているサービスを使いながら、気になる会社があれば直接営業をかける方法もおすすめです。

フリーランスの大変さをカバーする対策として、さまざまな媒体から複数の仕事を定期的に引き受けられるように働きかけましょう。

フリーランスの大変さにはお金と精神的な負担

仕事やお金、精神面の負担について自力で調整する必要があるところは、フリーランスの大変なことにあげられます。

安定的に収入を得るには、複数の営業先から仕事を確保することが大切です。

また、仕事に取り組む過程で孤独を感じるときは、カフェやコワーキングスペースの活用とSNSで仲間をつくる対策があげられます。

事務作業の面では、領収書を残して経費の削減につなげること、確定申告ソフトの活用を取りあげました。

フリーランスの仕事や連絡などの面で作業効率化を進めたいときは、ビジネスチャット「Chatwork」の導入がおすすめです。

仕事の負担を少しでも減らすためにも、取引先との連絡手段にChatworkをご活用ください。

テレワーク下でのコミュニケーションを最適化するには
テレワークがデキる人の 「非同期コミュニケーション」

テレワークやリモートワークなどの環境下では、ツールをつかったコミュニケーションが業務の中心になります。

この資料では、電話やWeb会議などの「同期型コミュニケーション」とメールやビジネスチャットなどの「非同期型コミュニケーション」 を区別し使い分けることで、新しい働き方でコミュニケーションを活性化・効率化する方法を解説します。

【主な内容】

  • テレワークの環境とコミュニケーション
  • コミュニケーションをツールで進化させる
  • 社内コミュニケーションから取り組む

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事