シャッフルランチとは?シャッフルランチを導入する目的と効果

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
シャッフルランチとは?シャッフルランチを導入する目的と効果

目次

シャッフルランチとは、社内で関わりのなかった社員や経営陣とランチの時間を通して交流する機会につなげる方法です。

新しい知り合いができて仕事の相談につながるなど、シャッフルランチは社内全体のコミュニケーション活性化に期待ができるでしょう。

効果的にシャッフルランチを導入するためには、どのような方法を意識するとよいのでしょうか。

職場でシャッフルランチを導入する目的と効果を解説します。

シャッフルランチとは

会社内で関わりのなかった社員同士でランチの機会をつくって交流する方法は、シャッフルランチと呼ばれます。

シャッフルランチをおこなうことで、他部署の社員や経営陣が参加する機会を設けることができるので、社内のコミュニケーション活性化や仕事の刺激につながるところが利点です。

会話を広げやすいように数人程度の参加者で実施し、社内や社外でランチの時間を通して仕事に関する話題を広げていきます。

心理学ではランチョンテクニックと呼ばれる働きに関わっており、美味しい食事をしながら会話ができると相手に好印象をもちやすくなると言われているのです。

シャッフルランチは、仕事の時間に話すよりも柔らかい雰囲気で意見を発信しやすい魅力があるでしょう。

シャッフルランチを導入する目的

ランチを通した交流を取り入れると、仕事のコミュニケーション活性化や刺激をもらう機会につながります。

職場でシャッフルランチを導入する意図や目的を見ていきましょう。

コミュニケーション活性化を図るため

仕事に追われてしまうと、社内の部署以外の社員と交流する機会が失われがちになります。

意識して話す機会を設けないと交流の輪が広がりにくいため、会社側からシャッフルランチの機会を提案すると、新しい人間関係を広げる場所にできるでしょう。

シャッフルランチの導入には、社内全体や部署間のコミュニケーション活性化を図る目的があります。

仲間の価値観や考え方を知るため

仕事以外の時間に話す機会がないと、自分以外の社員がどのような価値観で仕事に取り組んでいるのかを知る機会が少なくなります。

ランチの時間に話し合うと、お互いの違いや価値観を認める機会につながり、仕事を進める上での工夫や改善を取り入れる機会にも期待ができるでしょう。

他部署の社員と交流できると、担当している仕事がどのような工程に関わっているのか把握できて勉強になるため、お互いの価値観や考え方を知る目的でもシャッフルランチが導入されます。

仕事のマンネリ化を予防して刺激をもらうため

他部署の社員と話す機会ができれば、仕事の進め方にもよい影響が期待できます。

同じ会社で長年働いていると、どうしても仕事に対するマンネリ化の影響が避けられず、新しい挑戦や行動の機会が失われがちになるからです。

シャッフルランチを導入する目的には、職場の交流を通して仕事に刺激が生まれるため、仕事のモチベーションアップやマンネリ化の予防につながる効果が期待されています。

シャッフルランチを導入する効果

新しい気づきや発想が生まれて、人間関係の輪を広げられるところがシャッフルランチの魅力です。

職場でシャッフルランチを導入する効果を見ていきましょう。

職場のチームワークが高まる

シャッフルランチでは、他部署や同じ部署で話す機会がなかった人と交流が生まれるメリットがあります。

職場内で知り合いが増えれば、仕事の時間に話す機会をつくりやすくなり、お互いに仕事の依頼や意見交換を進めやすくなるでしょう。

シャッフルランチを導入する効果には、ランチの時間を通して交流できると親近感が生まれやすく、仕事で関わるときの連携がスムーズになる効果が期待できます。

アイデアが生まれやすくなる

部署内だけでは見えてこなかった企画やアイデアは、他部署の社員と意見交換を進めることで、新しい発想が生まれるきっかけにできます。

会議の場で緊張して思うような意見がでないときも、食事の時間を通して穏やかな雰囲気で話せれば、自由な意見交換が進めやすいところも利点です。

仕事の改善や新しい企画に対するアイデアなど、発想力を柔軟にできてアイデアが生まれやすくなる点がシャッフルランチを導入する効果に期待できます。

新しく知り合いをつくれる

同じ部署以外の社員と交流を増やしたいときは、シャッフルランチを取り入れると効果的に知人を増やせます。

職場の人間関係にマンネリを感じているときの対策にもつながり、仕事以外の人間関係を構築して個人的に仲良くなれる可能性もあるでしょう。

シャッフルランチの導入には、他部署との交流で新しい知り合いをつくれる効果が期待できます。

先輩社員に仕事の相談ができる

他部署の先輩社員と交流の機会がつくれると、仕事に感じている悩みや今後のキャリアを相談するチャンスが生まれます。

同じような悩みを経験している場合が多く、実際にどのように対応してきたのかアドバイスがもらえると、悩みの解消につながるかもしれません。

同じ会社で働く仲間とシャッフルランチの会話を通して気づきが生まれると、今後の改善や対応を取り入れるときの参考になる効果が期待できるでしょう。

経営陣と話す機会につながる

シャッフルランチの参加者は社員だけに限らず、会社の社長や経営陣を含める内容を検討する方法もあります。

規模の大きい会社では、事業活動に追われて経営陣と直接話し合う機会が設けられない場合も少なくありません。

シャッフルランチの機会を通して会話ができると、経営陣と社員がお互いに意見交換ができるため、事業活動を継続する上で大切な現場の声が聞ける効果や機会につながります。

シャッフルランチの効果的な導入方法

基本的な枠組みやルールを決めて共有しておくと、社員がシャッフルランチを好意的に受け取る機会につなげられます。

職場でシャッフルランチに取り組むときの効果的な導入方法を見ていきましょう。

話し合いのテーマを決めておく

シャッフルランチの会話は自由に実施して構いませんが、初めて会う相手と話題に困ると感じられるときは、事前にテーマを決めておくと親切です。

ランチの時間内に話し合えるような話題を選ぶことが大切で、参加者全員が話題に加われる内容を意識しましょう。

シャッフルランチの時間を効果的に進めるためにも、軸になる話のテーマを先に決めておく方法がおすすめです。

数人程度で実施する

集まった参加者全員が意見交換できるように、人数は5人程度を基本に少人数の実施がおすすめです。

人数が多すぎると全員で話題を共有するまでにランチの終了時間になってしまうため、少人数だと話題を深掘りしやすくなります。

参加人数に決まりはありませんが、ある程度話しやすい数人程度で開催すると、シャッフルランチの効果的な導入方法につながります。

シャッフルランチの目的を社内共有する

会社側から社員に向けていきなりシャッフルランチを取り入れてしまうと、社員が混乱してしまう可能性が高いため、導入の目的を共有しておきましょう。

社内にメールで報告しておき、詳細は部署の上司から補足説明するなど、コミュニケーション活性化につなげたい目的を伝えておくことが大切です。

どうしてシャッフルランチを実施するのか、社内全体に向けて情報を共有しておくと誤解が減らせて効果的な導入方法につながります。

参加メンバーは毎回変える

ランダムで参加者を決めてしまうと毎回同じ顔ぶれになる可能性があるため、参加者を都度調整して入れ替えるように意識しましょう。

シャッフルランチのマンネリ化を防げるだけでなく、多くの参加者からさまざまな意見を聞き取る機会につなげられます。

シャッフルランチの効果的な導入方法として、前回当たった参加者は加えない工夫を取り入れるなど、参加者は毎回変更して実施してみましょう。

費用は会社が負担する

社内のカフェやレストランなどでシャッフルランチを導入したいときは、会社側が費用を負担して実施しましょう。

事前に会社から「ひとり辺り何円まで支給する」と決めておき、予算の範囲内でシャッフルランチを取り入れてもらいます。

社員にとっても費用がかかる負担を避けられるため、シャッフルランチの効果的な導入方法として費用の負担は会社が準備するように工夫しましょう。

シャッフルランチで連絡のやりとりはChatworkが便利

シャッフルランチを導入する目的には、社内のコミュニケーション活性化を図りながら、参加者に仕事の発見や気づきにつなげてもらうことがあげられます。

また、職場のチームワークの活性化や先輩社員に相談できること、新しい知人やアイデアが生まれるだけでなく、経営陣と交流する機会ができる効果が期待できるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、社内の連絡とやりとりをスムーズに進められる魅力があります。

シャッフルランチの社内共有や参加者をセッティングするときは、ぜひChatworkを使って連絡するなど円滑な社内コミュニケーション手段としてご活用ください。

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事