7つの経営資源とは?7つの経営資源を事業活動に活かす方法と効果

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

7つの経営資源は、会社の事業活動を長期的に続ける上で役立ちます。

自社の経営資源を掘り下げて把握できると、事業活動の改善策に取り組むために必要な視点を養えるでしょう。

7つの経営資源には、どのような内容があるのでしょうか。

7つの経営資源を事業活動に活かす方法と効果を解説します。

7つの経営資源とは?

経営資源とは、会社の経営を続けるときに事業活動で必要になる要素をあらわす言葉です。

7つの経営資源はそれぞれが影響し合って働くもので、方向性を転換しやすいハード、調整が難しいと考えられるソフトに分類されます。

自社の強みや特徴を理解するときに役立てるためにも、7つの経営資源とは何かを見ていきましょう。

システム

経営資源の「システム」とは、会社における管理の仕組みや制度をあらわす内容です。

たとえば、勤怠管理や人事評価、給料や休暇に関する制度など、従業員を雇用するときに必要な内容があげられます。

システムは経営資源のハードに当てはまり、従業員が事業活動に集中するための重要な土台です。

組織

会社全体がどのように構成されているのかは、経営資源で「組織」の部分に当てはまります。

会社の部署構成や指示系統、経営陣から従業員の肩書きや関係性など、事業活動を続けるためはそれぞれの役割を区分して機能させることが重要です。

組織は経営資源のハードに当てはまり、事業活動を最適化して利益を回収するための重要な部分になります。

戦略

経営資源の「戦略」とは、会社が事業活動で生き残るために必要な方針や計画を検討する部分になります。

競合他社や市場の傾向を調査しながら、目標設定を設けて有効的な経営方法を模索する流れが必要です。

戦略は会社で意思決定や取捨選択をするときの基準になり、経営資源のハードに当てはまります。

人材

従業員の採用や育成方法に関する内容は、経営資源で「人材」の部分に当てはまります。

それぞれの能力を十分に引き出せる教育ができているか、働くモチベーションが維持できているかなど、会社から従業員に向けた対応が実施されているのか検討する流れが必要です。

人材は経営資源のソフトに当てはまり、人材の特徴を理解することで適切な部署や職種の配置ができます。

スタイル

経営資源の「スタイル」とは、会社の社風や経営方針の特徴をあらわします。

独自の社内ルールや意思決定のスピード感など、それぞれの経営スタイルに合わせた会社らしさが決まる部分になるでしょう。

スタイルは従業員の行動や意思決定に影響を与える重要なポイントになり、経営資源のソフトに当てはまります。

スキル

会社の経営で培ったノウハウ、従業員の能力は、経営資源で「スキル」の部分に当てはまります。

事業活動を安定させるために必要なマーケティングや技術、営業など、市場で利益をあげるためには必要不可欠です。

スキルは年月や努力を通して積み重ねていくものとして、経営資源のソフトに当てはまります。

価値

経営資源の「価値」とは、会社の事業目標を共有するために必要なビジョンを指しています。

事業を通して達成したい内容の理解が社内全体に広まっていると、連携がスムーズになり協力体制が整うでしょう。

会社では同じ志や目標に向かって進んでいく姿勢が求められます。

価値は経営資源のソフトに当てはまり、経営陣から従業員が足並みを揃えて行動するために必要な考え方です。

7つの経営資源を事業活動に活かす効果

事業を成長させるには、経営資源を見直して自社の強みや特徴を検討する工夫が必要です。

7つの経営資源を事業活動に活かす効果を見ていきましょう。

事業活動を続ける対策が打てる

会社の事業活動は競合他社を含めたライバルを意識して、長期的に生き残るための経営戦略が求められます。

自社で培ってきた経験やスキルを活かしながら、他社の製品やサービスと差別化を図りながら事業内容をアップデートしていく姿勢が重要です。

7つの経営資源にどのような内容があるのか振り返ると、目先の利益追求だけではない未来に向けた事業活動の方針に活かせる効果が期待できます。

質の高いサービスを提供できる

事業活動を最大限に効率化して連携を取り合うには、組織間の指示系統を適切にする必要があります。

また、経営陣から従業員の間であらためてビジョンを共有すると、事業活動で達成したい目標をクリアする機会につなげられるでしょう。

7つの経営資源を検討しながら事業活動に活かす効果には、社内の従業員で団結して質の高いサービスを提供できる工夫につながります。

社内の課題を改善するアイデアが生まれる

自社の強みと弱みを知ることで、現状で抱えている課題を解消する独自の発想が生まれやすくなります。

たとえば、会社のシステムに不満を感じている社員が多いときは、新しい仕組みや制度を導入して運用すると、プライベートと仕事の両立を進められて成果が出しやすい工夫につながるでしょう。

あらためて会社における7つの経営資源を検討しながら、社内の課題に照らし合わせると解決能力をあげるアイデアが生まれやすい効果が期待できます。

7つの経営資源を事業活動に活かす方法

従業員が働きやすい職場づくりを目指すと、社内の課題を解消して事業活動を続ける土台が整います。

7つの経営資源を事業活動に活かす方法を見ていきましょう。

健康経営の意識を高める

会社のシステムを運用するときは、従業員の心と体の健康意識を高める取り組みを実践しましょう。

健康診断やストレスチェック制度の導入を始め、定期的に面談を実施して仕事の調整を進めます。

人材のスキルを最大限発揮できる環境づくりを推進するためにも、経営資源を見直してシステムを調整する方法を取り入れましょう。

作業効率化が図れる仕組みをつくる

組織のコミュニケーション不足や指示系統の連携が取れていないときは、経営資源を掘り下げて不足している部分を補いましょう。

また、業務の進め方を見直す過程で作業の無駄を省けると、事業の利益を効率よくあげる仕組みづくりにつながります。

7つの経営資源の内容を振り返ると、組織全体の状況を見直して改善に取り組めるため、職場の作業効率化が図れる仕組みができて事業活動に活かす方法につながります。

自由な働き方が推奨できる制度を整える

従業員が満足できるシステムを見直すには、仕事の評価や社内体制の見直しを始め、自由な働き方を目指せる制度を導入する方法があります。

会社の未来を考えたコストカットの戦略にペーパーレス化からテレワークの制度を取り入れるなど、事業活動の内容に合わせた内容を実践しましょう。

経営資源のシステムを見直すと社員が自由な働き方ができる選択肢が広がり、事業活動に集中して取り組める方法につながります。

組織のコミュニケーション活性化を図る

部署間や社内全体で連携を取り合えるように、全体の流れを見直して負担の偏りを減らす工夫が求められます。

一部の部署で人材が足りないときは、他部署の仕事に影響を与えないために適切な人材を確保して教育しましょう。

組織全体のコミュニケーション活性化が図れると、7つの経営資源を事業活動に活かしながら生産性をあげて仕事に取り組む方法につながります。

従業員が挑戦できる仕組みを取り入れる

自社の価値観や社風に合わせたイベントやシステムを導入しながら、従業員のスキルを伸ばせる活動を取り入れましょう。

たとえば、月に一度の勉強会を開いて知識を深めたり、資格の勉強に対する補助金を準備したりするなど、能力を伸ばしてモチベーションアップにつながる方法を検討します。

経営資源を振り返って事業活動に活かすには、知識や技術で足りない部分を補える方法を取り入れて、従業員が挑戦し続けられる土台づくりを実践しましょう。

7つの経営資源を活かす方法にChatworkを活用

7つの経営資源の内容は、システム・組織・戦略・人材・スタイル・スキル・価値があり、それぞれ影響し合って事業活動の軸につながっています。

経営資源を事業活動に活かす効果には、事業活動を続ける対策が打てること、顧客に質の高いサービスを提供できること、社内の課題を改善するアイデアが生まれる内容を取りあげました。

7つの経営資源を事業活動に活かすときは、健康経営の意識を高めながら、自由な働き方が推奨できる制度を取り入れる方法を採用してみてください。

ビジネスチャット「Chatwork」は、作業効率化の仕組みづくりや組織のコミュニケーション活性化に便利です。

7つの経営資源を事業活動に活かす方法を検討しながら、社内で経営資源に関わる情報共有を進めるときはChatworkの導入をご検討ください。

企業の労務担当者におすすめの資料
企業資産を守る「労務管理」のIT活用

労務管理の効率化に着手できていない企業の経営者・労務管理責任者の方のために労務管理に関する課題解決に役立つITツールの活用方法を紹介します。

【主な内容】

  • 改めて「労務管理」とは?
  • 労務管理のさまざまな課題

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事