楽しく働くためには?楽しく働くために必要な工夫

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
楽しく働くためには?楽しく働くために必要な工夫

目次

楽しく働くためには、職場のコミュニケーション活性化を図って仕事の自由度をあげる工夫が求められます。

しかし、人間関係や仕事の問題点が多いときは、働いていてもモチベーションがあがらず、ストレスを感じる原因につながるでしょう。

日々の仕事を楽しくし、楽しく働くためには、どのような行動を取り入れるとよいのでしょうか。

楽しく働くために取り入れたい工夫を解説します。

楽しく働くためには?

職場の人間関係を活性化させながら、仕事とプライベートの時間をわけつつ自由に働ける環境をつくることが大切です。

楽しく働くために意識したいコツを解説します。

人間関係を大切にする

仕事の充実感は人間関係の良好さで決まる面が大きいといえます。

上司や同僚とのコミュニケーションがスムーズだと、仕事にかかるストレスを減らせるメリットがあるでしょう。

人間関係の重要さを理解している人は、楽しく働くために意思疎通が図れる声かけやコミュニケーションを重視しています。

仕事の裁量権がある

自由に進められる仕事の範囲が広い職場では、コントロールできる感覚があってやりがいを感じられます。

仕事の改善や工夫を取り入れやすく、締めつけられる機会が少なくなるため、仕事量の調整や段取りを個人で決められる自由さがあるでしょう。

楽しく働くためには、職場である程度の裁量権があるかどうかが重要になります。

仕事とプライベートを切り替えられる

仕事の時間は職場で完結するようにして、自宅ではプライベートの時間や余暇を過ごせるような区分けが必要です。

たとえば、仕事モードの切り替えができないと、プライベートの出来事を引きずってしまい、仕事の集中力が失われてミスやトラブルが起きやすくなるでしょう。

仕事の課題や心のストレスと向き合ってケアを取り入れる習慣をつくるなど、仕事と余暇の時間をわけて考える工夫を取り入れることが楽しく働くためのコツです。

気分をリフレッシュさせる活動に取り組む

仕事ばかりに偏ってしまうと、過労で心と体が疲れきってしまうため、休日は余暇を楽しむ時間が必要です。

デスクワークの方は運動を取り入れて、体を動かす仕事の方は自宅でゆっくり過ごす時間を取り入れましょう。

楽しく働くためには、気分を変えられる有意義な活動に取り組みながら、しっかりと休息を取り入れる習慣が重要です。

積極的に行動できる

受け身でなく積極的に仕事に関わる方は、やりがいや面白さを感じて働く時間が楽しくなります。

業務で改善できる面を発見したときは、上司に提案する形でアイデアを取り入れるなど、創意工夫ができると職場のためになるでしょう。

自らの行動が仕事の楽しさを決めると理解している方は、楽しく働くために職場全体の効率化を図れる行動に取り組めます。

楽しく働くことができない原因

職場の人間関係や仕事の状況にゆとりがないと、仕事に辛さを感じやすくなります。

楽しく働くことができない原因を見ていきましょう。

仕事のスキル不足を感じる

職場で担当する仕事のスキルレベルが高いと、内容の理解や処理が追いつかなくなります。

周りの社員と比べて落ち込んでしまったり、仕事のストレスからミスやトラブルを起こしやすくなったりするなど、仕事に負担を感じやすくなるのです。

楽しく働くことができない原因には、仕事のスキル不足で周りから取り残されていると感じるときがあげられます。

コミュニケーション不足である

社内の人間関係が構築できていない職場では、気軽に雑談や意見交換が進まず仕事のコミュニケーション不足が起こります。

上司に仕事の進め方で相談したいときも、質問ができない状況になったり、意思疎通ができなかったりする弊害が生まれるでしょう。

社員同士のコミュニケーションが活性化されないと、お互いの信頼関係が育まれずに楽しく働くことができない原因につながります。

仕事内容に自由が感じられない

仕事の工夫を取り入れる余地がないと感じられると、作業をこなすだけの日々になりがちです。

また、仕事量のコントロールが難しい状況や作業内容がマルチタスクになる職場では、自由が感じられずに社員がストレスを感じやすくなるでしょう。

会社独自のルールが多いときや仕事に余白がないと、仕事の進め方に息苦しさを感じて楽しく働けない原因になります。

職場の雰囲気が緊迫している

上司や同僚との関係性が悪い職場では、会話不足で緊張感が強くミスが許されない空気につながります。

仕事を見張られているような状況につながり、足の引っ張り合いになる場面も出てくるため、できる限り穏やかな雰囲気づくりを心がけていくことが必要です。

楽しく働くことができない原因には、職場の人間関係に緊迫感があって心のゆとりがもてない状況があげられます。

心身のストレスや負担がある

仕事やプライベートの問題が多いときは、心と体に負担がかかって仕事のモチベーションが下がりやすくなります。

残業時間が多すぎる課題や取引先との関係性がうまくいっていないなど、理由になりそうな内容を模索しながら解決を図ることが重要です。

心身にストレスがかかる状態を放置すると仕事自体が嫌になってしまい、楽しく働けない原因につながります。

楽しく働くために取り入れたい工夫

仕事のモチベーションをあげるためには、職場のコミュニケーション活性化や工夫を取り入れることが重要です。

楽しく働くために取り入れたい工夫を見ていきましょう。

仕事の成功体験を振り返る

仕事で挑戦して成果を出した経験があれば、どんなに小さなことでも振り返って成功体験を味わうようにしましょう。

上司に褒められたことを思い出す方法もあれば、毎日取り組んでいる仕事内容のスピードアップを図れた成果を思い出すなど、どのような内容でも構いません。

楽しく働くためには、仕事のコントロールができている感覚を取り戻すためにも、仕事の成功体験を振り返る工夫を取り入れてみてください。

目標を立てて日々改善を取り入れる

毎日継続する仕事について、どんなに小さなことでも構わないので日々目標を立てて微調整を繰り返しましょう。

たとえば、ルーティン作業の進め方を少しだけアレンジしたり、社内で同僚に褒め言葉を投げかけたりするなど、できる範囲から取り組みます。

楽しく働くために取り入れたい工夫には、仕事の目標や計画を立てながら改善策を取り入れて成果を出せるような工夫につなげてみてください。

仕事に裁量権をもたせる

仕事の進め方で問題を感じている部分があれば、職場の上司と相談しながら調整や改善を働きかけましょう。

自由度の少ない仕事内容だと感じられる場合、できる限り仕事量が偏らない工夫を取り入れたり、人材を増やしたりする工夫を取り入れます。

上司から部下が働きやすい雰囲気をつくるためにも、ある程度仕事が自由に進められる裁量権は楽しく働くための工夫に必要です。

社内イベントを実施する

職場の人間関係における緊張感をなくすには、日ごろからコミュニケーション活性化を図る働きかけが重要です。

仕事以外の時間で社内イベントを実施して会話の機会をつくると、少しずつ人間関係を穏やかなものにする工夫につながります。

交流を通して信頼関係をつくるために社内イベントを利用すると、職場の居心地が変化して楽しく働くための工夫にできるでしょう。

ノー残業デーを設ける

社員の心と体を守るには、仕事量を調整して残業をなくす習慣づくりが求められます。

業務で時間がかかる原因を検討しながら、人員確保や教育と並行して社内で経営側からノー残業デーを実施しましょう。

楽しく働く工夫には、仕事とプライベートの時間をわける必要が出てきます。

仕事に比重が偏り過ぎないような社内改善に取り組む意味でも、ノー残業デーの実施をご検討ください。

楽しく働くために取り入れたい工夫にChatwork

職場の人間関係や仕事の裁量権は、仕事のコントロール感覚を掴みながらモチベーションをあげるために欠かせない要素になります。

楽しく働くために取り入れたい工夫として、仕事の成功体験を振り返りながら、日々目標を立てて改善する方法を取りあげました。

また、社内イベントの実施やノー残業デーの実施を社員に効果的に広めたいときは、ビジネスチャット「Chatwork」を使う方法がおすすめです。

社内のコミュニケーション活性化につながる対策にできるため、楽しく働くための工夫にChatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事