自営業のメリット・デメリットとは?自営業のメリットとデメリットを理解し働き方を選択しよう

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

働き方が多様化している現代では、会社に属して働くこと以外に、自営業やフリーランスという働き方がより注目されるようになりました。

自営業やフリーランスは一般的なイメージにあるように、働く時間や場所、関わる人間にいたるまで自分の自由にしていくことが可能です。

その反面で、行動のすべてを自分で決めて実行し続ける必要があるため、決して楽して稼げる仕事というわけではありません。

自分の価値観やライフスタイルと働き方を重ねてみたときに、一般的にメリットだと言われることが自分にとってもメリットだと感じられる働き方をすることが大切です。

自営業と会社員のそれぞれの性質の違いを理解し将来の選択をすることで、今まで以上に豊かな働き方ができるきっかけとなりえるでしょう。

自営業についてや、それに類似する個人事業主・法人経営者・フリーランスという言葉の意味を説明するとともに、自営業のメリットとデメリットを解説します。

自営業・個人事業主・法人経営者・フリーランスのそれぞれの意味

自営業とは「独立して自ら事業を営む人」という意味です。

独立して自ら事業を営むという働き方から考えられる事業形態はふたつあります。

自営業の中でも法人を設立しないで個人で事業を営んでいるのが個人事業主、法人を設立して事業を営んでいるのが法人経営者です。

フリーランスという言葉については、法的な事業形態ではなく「働き方・働くスタイル」として生まれた言葉で、会社などに属さず、時間や場所に囚われずに働くという働き方を意味します。

独立して自ら事業を営むという広い意味では、個人事業主も、自ら事業を設立したり家業を継いだりした法人経営者でも自営業ではあります。

しかし、個人と法人とでは法的な部分を筆頭に社会的立場として信用を得られる度合いに違いが出やすく、「自営業」と「法人経営者」は違う括りで分類されていることも多いのが事実です。

独立して自ら事業を営むことの狭い意味として、自営業という言葉は個人事業主のことを指すと考えられると言っても差し支えないでしょう。

このあとに出てくる「自営業」という言葉については、「個人事業主」を意味する言葉として解説いたします。

自営業のメリット:働く時間に融通がきく

自営業は、自分で経営についてのすべてを決めることができます。

そのため、働く時間についても自身が働きたい時間に働くことができるのがメリットです。

経営の内容などにより店舗などをもつと、ある程度の働く時間についての制約はできますが、店舗などの営業時間を決められるのも自分自身となります。

自営業のメリット:働く場所を自分で選べる

自営業は働く場所を自分で選ぶことができることも、大きなメリットです。

会社など決められた場所に出社しなくてもよいことで、通勤電車に揺られるストレスから開放され、通勤にかかっていた時間を自由につかえるようになるかもしれません。

事業内容によっては旅行をしながらでも仕事ができるなど、自分の理想とするライフスタイルを築きやすいでしょう。

自営業のメリット:収入の上限がない

自営業は自分の裁量次第で仕事の規模を大きくすることができるので、収入の上限がありません。

最新の車に乗り続けたい、妥協しないマイホームがほしいなど、収入を多く得ることによって叶いやすい目標がある場合には、大きなメリットとなるでしょう。

自営業のメリット:人間関係を自分で選べる

自営業は、仕事をする相手を選ぶ自由度が高まります。

仕事でストレスの原因としてあげられやすい人間関係ですが、企業などに属している場合には、価値観などが合わない相手がいるときでも一緒に仕事をしたり、顔を合わせたりしなければならないことが多くあります。

自営業の場合には、自分と合わないと感じた相手とは一緒に仕事をしないという選択をしやすいので、人間関係のストレスを感じづらいように調整することもある程度可能でしょう。

自営業のメリット:働ける年齢に制限がない

会社員などの場合には定年があるところも多く、定年以降は年金などの決まった収入源のみでの暮らしになりやすいです。

自営業の場合には自分が働きたいと思う年齢まで思う存分働くことができ、収入を維持し続けられることで、金銭的な我慢などをしなくてよい状況を作りやすいでしょう。

自営業のメリット:家族の時間を大切にしやすい

子供の都合などで休みを取ることは、どんなに休みに寛容な会社であっても「申し訳ない」という気持ちからストレスが生まれやすいです。

子供の体調不良などで長い休みを取らざるを得ない状況になると、どうしようもないこととはわかっていても、心苦しさは増すばかりでしょう。

自営業の場合には、子供の体調不良などで急な休みや、学校の用事で休みを取る場合などでも、子供の都合に合わせて休みを取ることへのストレスが少なく済みます。

育児中や、今度のライフステージを考えたときに子供が関わってくる場合、子供に合わせて気兼ねなく休めるということは大きなメリットとなるでしょう。

自営業のデメリット:収入の安定性

反対に、自営業のデメリットを考えていきましょう。

まず、自営業は自分でなんでも決められるというメリットの反面、うまく収入につなげることができなかったときの代償は大きなものになりやすいです。

安定した収入にならない可能性があるということは、自営業のデメリットだと言えるでしょう。

自営業のデメリット:収入の保障がない

例外を除いて、自営業で入れるのは国民健康保険となります。

企業などで加入する社会保険は傷病手当金などの働けなくなったときの保障がありますが、国民健康保険にはそういったものはなく、働けなくなったときの収入の保障がありません。

さらに、家族が多いと国民健康保険料の負担が大きくなります。

働けなくなったときのために就労不能保険に入ったり、多く貯蓄をしないと生活できなくなる可能性が高い点は、デメリットとなるでしょう。

自営業のデメリット:確定申告は自分でおこなわなければならない

一定以上収入がある人は、確定申告をおこなわなければなりません。

企業などに属している場合には年末調整を会社がおこなってくれるため、会社から指示された比較的少ない手続きのみで処理が完結し、自分自身の負担になりづらいです。

一方で自営業の場合には、確定申告に必要な書類や手続きが多く、慣れないと大変に感じることもあります。

確定申告に多くの時間や労力をかけなければならない点は、デメリットになりえるでしょう。

自営業のデメリット:ローンなどの審査がとおりづらい可能性がある

企業に勤めていたり、法人化している事業を設立して働いている場合には、社会的な信用が得やすいために、ローンなどが比較的組みやすいとされています。

個人事業主で自営業をしている場合には、収入が不安定になりやすいというデメリットにあるとおり、ローンの組みづらさに繋がる場合があります。

ローンを組む必要が出てくるという局面において、デメリットとなる可能性もあるでしょう。

会社員と自営業はどちらがメリットが多いのか

会社員と自営業では、働き方やその結果としてついてくるものがまったく異なるため、一概にどちらにメリットが多いとは言えません。

安定しやすいという点にメリットを強く感じる場合には、会社員のほうが満足できる可能性が高いでしょう。

働く場所や時間などをはじめとして、自分の自由に仕事をしていきたいと強く思う人にとっては、自営業のほうが満足のいく結果になりやすいです。

どんなことに意味を感じ、なにを大切にして生きていきたいと感じるのか、一般的にメリットと言われることを自分がメリットと感じるかどうかは、人それぞれです。

自分の求めるライフスタイルなどによって、メリットが多いと感じられる働き方を選択することが大切だと言えるのではないでしょうか。 

自営業で外部とのスムーズなやりとりを実現させるためにChatwork

企業に属さずに自営業として働いていく場合でも、自分ひとりで仕事をしていくわけではありません。

収入は誰かにとって有意義になることをおこなったり、商品として売ったりした対価として支払われるものなので、他者とのやりとりが必要になりる可能性が高いです。

外部とのやりとりと聞くと、メールや電話を使うことを思い浮かべやすいかもしれませんが、やりとりの迅速さや手軽さなどからチャットツールをもちいてのやりとりが主流になっています。

ビジネスシーンでチャットツールを選ぶときには、単純にチャットでのやりとりができるだけでなく、ビジネスシーンに必要な機能が備わっているツールを選ぶと外部やりとりがスムーズです。

ファイルの共有や、タスク管理、音声通話だけでなくミーティングなどでも活躍するビデオ通話などの機能がそろっていると、仕事の効率化がはかりやすいでしょう。

ビジネスに必要な機能が備わった、ビジネスチャットの「Chatwork」を外部とのやりとりツールとして選んで、自営業での作業効率の向上に役立ててください。

Chatworkは無料でアカウント登録いただけます。スマートフォンからも利用できますので、ぜひご登録ください。

Chatworkをもっと知りたい方におすすめの資料
3分でわかる!Chatwork

ビジネスチャットChatworkは、メール、電話、会議・訪問などでおこなわれているコミュニケーションを効率化します。

Chatworkの機能、特徴、料金プランなどを紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事