働きやすい職場とは?働きやすい環境の特徴と環境づくりの方法

働き方改革
AWAY

目次

従業員が「働きやすい」と感じる職場環境づくりは、経営者や労務担当者から働きかけが求められる重要な課題のひとつです。

従業員に働きやすいと思ってもらえる職場環境づくりを実現するには、どうすればよいのでしょうか。

働きやすい職場環境の特徴や、働きやすい職場環境をつくる方法を解説します。

働きやすい職場とは、従業員が就業時間中に感じるストレスが少ない職場であるといえるでしょう。

従業員は、上司や部下、同僚との関係や業務そのものなど、さまざまな要因でストレスを感じます。

必要以上にストレスを感じる職場は、「働きにくい職場」として離職する従業員が増えるかもしれません。

従業員がストレスなく働ける「働きやすい職場」を実現するために、働きやすい職場の特徴や働きやすい職場環境づくりの方法を解説します。

働きやすい職場の特徴:人間関係が円滑

上司と部下の関係性、もしくは同僚との関係性が良好で、円滑な人間関係が築けている職場では、それぞれの従業員が感じるストレスが少ないでしょう。

立場に関係なく意見交換を進めやすい雰囲気があり、信頼関係を築きながら仕事に取り組めます。

働きやすい職場の特徴:情報共有がスムーズ

情報共有は、業務を進める上で必ず必要な仕事のひとつです。

情報共有がスムーズにいくと、それだけ業務負荷が少ない職場であるといえるでしょう。

また、従業員個々のノウハウを共有する仕組みがあると、組織として仕事のスキルが底上げされて、少ない負荷でより良い成果を出せる可能性があります。

働きやすい職場の特徴:業務体制に無駄がない

業務体制が適切に構築されており、状況に応じて見直しや改善と調整を図れる職場は、従業員の負担をより軽減することができます。

現場の仕事量が多いときは、作業を分担して調整をかけたり、新しい人材確保や業務委託ができるように上層部に依頼したりするなど、司令塔として職場をコントロールする働きかけができるのです。

上司が部下のマネジメントや現場管理を適切に取り組める職場は、業務の無駄や仕事量を調整できて働きやすい職場につながります。

働きやすい職場の特徴:教育体制が整っている

従業員の不安を取り除ける職場も、働きやすい職場の特徴のひとつです。

業務を進めていくと、分からないことに直面する場面も多くあるでしょう。とくに新入社員にとってはなおさらです。

そんなときに研修に時間をかけて取り組める職場は、そうした不安を取り除き、長く働きたいと感じられる職場だといえるでしょう。

また、研修を通じて継続的に従業員の成長に向けた取り組みが実践されれば、従業員の仕事に対するモチベーションを向上させることができます。

働きやすい職場環境を整えるメリット

従業員が働きやすい職場づくりが実現できると、経営者にとっても企業の生産性をあげられる効果が期待できます。

働きやすい職場環境を整えるメリットにどのような内容があるのか見ていきましょう。

離職者や休職者を減らせる

企業の事業活動は従業員に支えられているため、人材の定着は非常に重要な課題の一つです。

働きやすい職場では、従業員の離職者や休職者の数を減らすことができるでしょう。

人材の採用には大きなコストがかかるため、離職者や休職者を減らせることは費用削減の面でもメリットがあるといえます。

作業効率化・生産性があがる

従業員にとって働きやすい職場は、仕事のモチベーション維持につながり、全体の作業効率化や生産性をあげる効果が期待できます。

現場の業務体制を見直して業務の課題を解消できると、企業の事業活動で利益を安定化できるでしょう。

企業ブランドを向上できる

企業に愛着をもって働ける職場では、経営者と従業員がブランドイメージを高める意識を共有できてサービスの質を高められます。

組織の一員として「顧客に何を提供できるのか」主体的に行動して考える能力が高められるメリットもあるでしょう。

職場を働くだけの場所にせず、仕事内容にやりがいを感じられて満足度の高い職場づくりを実現できます。

働きやすい職場環境づくりの方法

従業員がストレスを感じないためには、社内のコミュニケーション活性化、業務体制と制度を整える働きかけが必要です。

働きやすい職場環境づくりの方法を見ていきましょう。

社内イベントを実施する

社内の人間関係を円滑にするには、お互いの価値観を知るために交流の機会を増やす方法が効果的です。

話し合う機会ができると仕事の信頼関係を築きやすくなり、報連相やコミュニケーション活性化につながります。

社内イベントの一例に立食パーティーや飲み会など、従業員が楽しめる企画を企業側から設けてみてください。

マニュアル作成や勉強会を取り入れる

新入社員が成長できる土台をつくるには、社内の教育にOJTやメンター制度を取り入れて体制を整える工夫が重要です。

現場の教育を効率化するには、ルーティン業務のマニュアルを作成しておくと、ミスを減らす工夫や指導時間の時短にできるでしょう。

社内で定期的に勉強会を実施するなど、継続的に学びを深める取り組みがあると、仕事に感じるプレッシャーを減らして働きやすい職場を目指す工夫につながります。

評価制度を整える

仕事の評価制度は、従業員の仕事ぶりや能力、業務の成果など、幅広い視点から判断できる材料や仕組みを整えることが大切です。

自身で目標設定を掲げてもらい達成度を図ったり、周りの仕事仲間や他部署の方が仕事ぶりを判断したりする方法など、社風や事業活動の内容に合わせて調整します。

仕事の数字などの結果だけでなくプロセスを評価しながら、フィードバックをつけて理由の根拠を説明できるようにするなど、従業員が納得できる方法で運用しましょう。

休暇や制度を充実させる

従業員の仕事とプライベートを両立させる工夫には、有給休暇や長期休暇の消化率をあげられるように企業側から働きかけましょう。

社内制度以外には、テレワークを導入する方法もおすすめで、通勤時間や準備時間の削減ができて、仕事に集中して取り組める時間を増やせます。

仕事に比重が傾きすぎないように、従業員の満足度や仕事のモチベーションが維持できる休暇や制度を充実させましょう。

コミュニケーションツールを工夫する

円滑な人間関係づくりをおこなうためには、効率の良いコミュニケーションの方法を検討することも必要です。

ビジネスチャットはチャット形式でやりとりができ、素早い情報共有だけではなく、カジュアルな雑談ができるツールとしても優れています。

働きやすい職場環境づくりの工夫にChatwork

従業員が職場に感じるストレスを減らし、働きやすい職場環境をつくることは、従業員個人にとどまらず、企業全体にとって利点があります。

働きやすい職場環境づくりの方法の一つが、社内全体のコミュニケーション活性化です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、社内のスムーズな情報共有に役立うツールで、コミュニケーション活性化に貢献します。

Chatworkは無料で使っていただけます。またモバイルアプリを使うことでスマートフォンから利用することも可能です。ぜひお試しください。

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事