中小企業の人材不足を解消する対策と中小企業の人材不足が起きる原因

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
中小企業の人材不足を解消する対策と中小企業の人材不足が起きる原因

目次

中小企業の人材不足は、経営を続ける上で解決が必要な課題になります。

中小企業で人材不足の課題を抱えてしまうと業務の効率化が図れないと、経営難や従業員の過労問題につながりかねません。

外部のサービスやツールを上手に取り入れて、従業員の負担を減らしながら、人材の採用が進められるように企業の魅力度を高める労働改善に取り組むことが大切です。

中小企業の人材不足を解消する対策を解説します。

中小企業の人材不足が起きる原因

社会の時代背景に加えて、企業の課題が残ると人材不足に直面しやすくなります。

中小企業の人材不足が起きる原因を見ていきましょう。

少子高齢化の影響がある

社会の少子高齢化の影響にともない、企業は経営の軸になれる人材の確保が課題になります。

労働人口が減少している傾向もあり、今後の人材採用にも影響が出ることが予想されるからです。

社内体制や仕事内容の魅力を高められないと、少子高齢化の影響により働き手の減少の影響を強く受けてしまうので、人材不足が悪化して事業活動が回らないリスクにつながるでしょう。

多様な人材採用の方法が検討できていない

人材不足の解消には、直接雇用と外部に委託する方法の両方を再検討する必要があります。

直接雇用の人材採用には、経営や管理のポジションである正規社員の雇用と、前者から指示を受けて業務を担当する非正規社員の雇用が一般的です。

直接雇用に加えて派遣社員や業務委託など、さまざまな方向性から採用を検討できていないと、人材不足の原因を補えない状況につながります。

企業の待遇面が不安定である

応募側の人材にとっては、企業の求人を閲覧したときに不安を感じる要素が多いと、別の求人を探す動機につながります。

求職者の視点に立って安心感のある待遇に配慮するためにも、社内の業務体制や賃金体制を再検討して調整することが大切です。

残業時間の多さが目立ったり、給料面の待遇が悪いと感じられたりすると、人材の獲得を逃しやすくなる原因になります。

他社に人材が流れてしまう

実力を重視する企業体制に魅力を感じる優秀な人材は、外資系の成果主義で評価を図る企業に流れてしまう傾向があります。

給料の高さやスキルアップにつながる魅力など、仕事の待遇面でも差が大きくなると、一般的な中小企業に人材が集まりにくい原因になるのです。

企業の魅力度をあげて人材確保に向けて動くには、福利厚生や制度など、競合他社と差別化して求人内容の充実度を高める工夫が求められます。

中小企業の人材不足を解消できないリスク

現場で活躍できる人材を確保できないと、企業全体の経営に悪循環を招いてしまいます。

中小企業の人材不足を解消できないリスクを見ていきましょう。

倒産の可能性がある

現場の従業員が最低人数では、仕事の処理や作業の進行に限界が出てしまいます。

企業の成長につながる新しい事業の立ち上げが難しくなり、事業規模を縮小しなければいけない課題が残るでしょう。

売り上げが見込めなくなると最悪の場合は倒産につながるリスクがあります。

長時間労働につながる

事業活動を続ける土台ができていても、業務の担当者が不足すると、現場の仕事が増えて負担が大きくなります。

利益をあげるために仕事量を多くこなす必要が出てしまい、過労につながる懸念もあるでしょう。

中小企業の人材不足を解消できないと、長時間労働につながる悪循環が生まれるリスクを抱えます。

作業の非効率化につながる

現場の負担が増える環境が当たり前になると、従業員のモチベーションが下がって能率が悪くなります。

仕事のノルマをルーティンでこなすだけになってしまい、現場の改善や工夫が取り入れられず、現状維持になりやすい傾向があるでしょう。

過労から作業のミスが起きやすくなりトラブルが起きるなど、作業効率化ができないリスクにつながります。

中小企業の人材不足を解消する対策

仕事の負担を減らすには、ツールや外部のサービスを有効活用する方法をご検討ください。

中小企業の人材不足を解消する対策を見ていきましょう。

福利厚生を充実させる

福利厚生とは、給料以外の保険や制度が設けられているもので、充実度があがると求職者が企業を選ぶ決め手につながります。

たとえば、社宅や家賃補助の制度、育児や休暇制度の導入など、従業員の金銭的な負担を軽減する取り組みがあるでしょう。

ほかにも、社内にカフェやサークルを設けるなど、仕事以外の時間を充実させる工夫を取り入れる方法があります。

福利厚生が手厚いと、仕事とプライベートの両立が進めやすいイメージができるため、人材確保を目指せる働きやすい企業イメージをつくる対策にできるでしょう。

人材派遣サービスを使う

人材派遣のサービスを活用すると、人件費を抑えながら雇用を確保できる手段につながります。

スキルを身につけている人材を探しやすいメリットもあり、人材派遣会社の営業担当が仲介して効率よく採用が進められるでしょう。

人材派遣サービスは、中小企業が求人をかけても人材が集まりづらい悩みを解消する方法になります。

BPOサービスを活用する

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)とは、社内の業務をプロセスごと外部の専門家に任せる方法を指します。

BPOには、経理や総務などのバックオフィス業務を代わりに進めるサービス内容などが豊富です。

従業員の休職や退職、スキル不足に左右されることがなく企業の人材不足を解消できる対策になるでしょう。

テレワークを導入する

企業の魅力を高める働き方には、仕事とプライベートが両立しやすくなるテレワークの推進があります。

企業の交通費やオフィスにかかるコストを抑える取り組みにつながり、長い目で見たときに経営の無駄やコストが削減できるメリットもあるでしょう。

テレワークを導入すると遠方で採用が難しかった人材を雇用できるなど、中小企業の人材不足を解消する方法につながります。

ビジネスチャットを使う

人手不足の解消には、業務の効率化が重要になるため、連絡手段にビジネスチャットを使う方法がおすすめです。

通知機能で返信までのスピードがあがったり、対面せずにオンライン通話で会話ができたり、作業の時短につながるメリットがあるでしょう。

グループチャットを使えば、取りこぼしがなく情報共有のやりとりが簡潔に進められます。

ビジネスチャットは、テレワークを取り入れるときの連絡手段としても便利です。

人材不足で仕事の負担がかかるときは、作業効率化の方法につながるビジネスチャットの導入をご検討ください。

中小企業の人材不足を解消する対策にChatwork

中小企業の人材不足の課題は重要であり、経営を継続するには人材確保の工夫が欠かせません。

企業の待遇面が不安定だったり、人材採用の方法が不足したりすると、中小企業の人材不足が起きる原因になります。

安定的に人材の獲得ができないときは、人材派遣サービスやBPOサービスを使う方法をご検討ください。

求職者が魅力を感じられる企業づくりを実現するには、福利厚生の充実やテレワークの導入など働きやすい環境を整えることが重要です。

また、ビジネスチャット「Chatwork」は、人材不足を解消する業務効率化に役立ちます。

グループチャットやオンライン通話の機能を使って仕事の無駄を省きながら、テレワークの推進や業務の負担を減らす工夫にChatworkの導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

働き方改革の「そもそも」を知りたい方へ
マンガでわかる!「働き方改革」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事