ビッグデータの身近な例とは?ビッグデータの身近な例の活用方法とメリット

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ビッグデータの身近な例とは?ビッグデータの身近な例の活用方法とメリット

目次

企業経営やマーケティングで耳にする機会が多いビッグデータは、事業活動のさまざまな場面に活用されています。

ビッグデータの身近な例や活用事例を知ることでビッグデータをより身近に感じることができるかもしれません。

社会のどのような内容にビッグデータが活用されているのか把握できると、今後の自社の事業活動に反映できるチャンスにつながるでしょう。

ビッグデータとは?

ビッグデータとは、大きな情報やデータの集まりなど、さまざまな種類や形式の情報、データ保存先の施設や組織を表す言葉です。

ビッグデータは、3つの「V」という概念があります。

Volume データ量が大量にある
Variety データの種類、情報源が豊富である
Velocity データ生成や更新頻度、処理のスピードが早い

ビッグデータの種類には、構造化データと呼ばれる表形式の列・行に当てはまるデータがあり、例としてCSVデータなどがあります。

ほかにも、非構造化データと呼ばれる表形式の列・行に当てはまらないデータがあり、例としてメールなどのテキストや音声、動画や画像、SNSやWebページのデータなどがあるでしょう。

企業の事業活動では、日々得られるビッグデータを上手に使うことで、今後の経営で有利になる戦略を立てる方法につなげられます。

ビッグデータの身近な例

企業のビジネスを始め、私たちの身近で利用しているサービスには、さまざまなビッグデータが活用されています。

ビッグデータの身近な例を見ていきましょう。

位置情報

位置情報の機能があるアプリやサービスは、利用しているデバイスの情報から、どのような行動傾向があるのか分析し、情報を集める方法として利用されています。

道路の交通状況がどのくらいかを把握したり、どのような地域や観光施設に立ち寄る傾向があるのか把握したり、位置情報のデータはさまざまな場面で活用されている内容です。

顧客のプライバシーに配慮して取り組みながら、情報を効果的に集めて分析できるビッグデータの身近な例になります。

広告

世間の人々がどのようなニーズを求めているのか、ビッグデータを使って効果的に分析できると広告を出すときに役立ちます。

ターゲット層に向けて狙いどおりに広告を伝えやすくなり、広告にかかるコストを削減しながら、企業のブランドイメージを確立させる手段にできるでしょう。

ビッグデータの身近な例としてインターネット広告などに活用されている内容です。

購入履歴

商品やサービスを利用する顧客の購入履歴は、ビッグデータが活用されている身近な例のひとつです。

情報収集や分析に使われるシステムを活用し、購入に至った人の性別や年齢、価値観やライフスタイルなどの傾向を掴めるでしょう。

今後の商品やサービスを開発、販売するときにも購入履歴の情報が役立つため、事業活動に使える身近な例になります。

医療情報システム

医療業界では、患者の情報を管理して治療に活用するシステムが欠かせないものになっています。

たとえば、電子カルテ、会計に使われるシステム、コンピューターなど、医療従事者が利用する電子機器やツール全般を含める内容です。

医療現場を発展させるためにも、日々さまざまな開発や研究が進められており、今後もビッグデータの身近な例として医療の貢献に活用されるでしょう。

気象データ

気温や気圧、大気などに関する情報が集められる気象データは、多くのデータから分析を進めます。

データは日々の天気予報や防災などに活用されており、私たちの生活に密着した内容です。

ビッグデータの身近な例として、気象データから得られるデータを活用して事業販売の予測を立てる目的にも使われています。

ビッグデータの身近な例を活用するメリット

企業の事業活動において、ビッグデータを活用できるとさまざまな恩恵があります。

ビッグデータの身近な例を活用するメリットを見ていきましょう。

質の高いサービスを提供できる

企業の事業活動で得られた顧客の購入履歴など、大量のデータから信頼度の高いデータとして検証できるところがビッグデータの利点です。

ビッグデータがあると、社内システムの体制を整えて業務を効率化させる手段につながるでしょう。

ビッグデータには、企業の体制改革など、さまざまな視点から質の高いサービスを提供する取り組みにつながるメリットがあります。

マーケティングに活用できる

リアルタイムでデータ活用や分析ができるビッグデータは、ビジネスの売り上げに関わるマーケティングと相性がよい利点があります。

ビジネスの収益をあげる過程には、経営戦略を立てるためにデータを見える化しながら、効率よく事業をまわすための土台づくりに情報やデータが必要です。

ビッグデータはマーケティングに活用できるメリットがあり、社内の課題を乗り越えるための判断材料に利用できます。

商品・サービスの開発に役立つ

事業活動から得られた多くのビッグデータを活用できると、顧客のニーズを掴んだ新規事業につなげられます。

新商品やサービスのテスト販売から、実践販売で検証した結果をスムーズに把握できるところがメリットです。

今後の経営を安定させるための商品やサービスの開発に役立つメリットがあるため、ビッグデータの身近な例を活用する方法につなげてみてください。

ビッグデータの身近な例を活用する流れ

ビッグデータはそのままでは活用が難しいため、データ収集や加工、分析の手順を踏んで利用しやすい形にまとめる必要があります。

ビッグデータの身近な例を活用する流れを見ていきましょう。

データを収集・加工する

企業の事業活動を通して得られたビッグデータを使い、商品やサービスの開発、今後の事業改善に役立つ情報を集めて整理しましょう。

データがそのまま使えるかわからないため、エラーやノイズなどを処理するデータクレンジングを実施します。

個人情報やプライバシーを守るためにも、データを加工して使いやすい形にまとめる工程が必要です。

各部署や作業工程でデータが集められるように、日ごろから事業活動に関わるデータを蓄積できる仕組みをつくりましょう。

データを分析する

適切に処理したビッグデータは、分析できる形式に変換しながら統合して活用します。

データ分析の方法には、それぞれ下記のような手法を使って掘り下げましょう。

  • クロス集計:顧客情報から年齢、性別、住まいなどの属性にわけて分析する。
  • 決定木分析:仮説を何度も繰り返しながら分析する。
  • クラスター分析:顧客の類似性から分類して分析する。

上記の分析には、アンケートや購入履歴などを利用してデータ分析します。

ビッグデータの情報収集や分析にシステムやツールを活用し、コスト削減や事業改善のアイデアにつなげてみてください。

ビッグデータの身近な例の情報共有にChatwork

ビッグデータの身近な例の活用方法を解説してきました。

企業の事業活動から得られるビッグデータを活用すると、マーケティングや開発、サービスの向上に役立つメリットがあります。

ビッグデータは位置情報や広告、購入履歴や医療情報システム、気象データなど、身近なところでさまざまな場面に活用されている内容です。

どのような場面で活用されているのかが理解できると、自社の事業活動に反映できるチャンスにつながります。

ビジネスチャット「Chatwork」を使ってビッグデータの身近な例を情報共有する手段にご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

中小企業の「DX」がわかる!
マンガでわかる!「DX」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事