人材育成とは?人材育成のポイントや注意点、進め方を解説

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
人材育成とは?人材育成のポイントや注意点、進め方を解説

目次

企業の社員が成長するには人材育成が重要になるため、社内体制を整えて実施することが大切です。

自社の事業内容に合わせた人材育成ができると、企業の未来を担える社員を育てる機会につながります。

社内の課題を解消しながら適切に人材育成を進めるためにも、人材育成のポイントになる注意点と進め方を解説します。

人材育成のポイントとは?

企業の未来を担える人材に成長してもらうためにも、人材育成に取り組める社内体制を整えることが大切です。

人材育成は、社員に仕事のノウハウや手順を伝えて終わりではないため、長期間かけて計画的に段階を踏んだ教育体制が求められます。

新入社員や管理職など、社員の立場によっても育成内容は変わるため、それぞれどのようなゴールを目指したいのか目的や目標を決めて取り組むことを意識しましょう。

事業活動の内容に合う形で取り入れながら、社内教育と外部のサービスそれぞれの手法を取り入れて人材育成を進めることがポイントです。

人材育成のポイント:人材育成の注意点

教育する側と教育される側、両方の心理的な負荷を緩和しながら人材育成が進められるように、配慮する姿勢が重要です。

人材育成の注意点についてポイントを見ていきましょう。

長期的な視点で教育の計画を立てる

人材育成は、仕事のノウハウや手順を教えて終わりではありません。

段階を踏んで教育に継続して取り組み、経営側の視点に立てる人材に成長してもらう必要があるからです。

経営者側が教育体制を取っていると思っていても、現場の社員が教育体制に問題を感じる場合もあるかもしれません。

社員に仕事で学べるものが少ないと感じさせないためにも、現場の体制を整えて長期間かつ継続して教育できるように注意することがポイントです。

教育を進めやすい社内環境を整える

職場の課題を解消しながら人材育成が進められる土台を整えましょう。

たとえば、業務量が多く教育する時間が足りないときは、まずは職場改善と調整を取り入れる工夫が必要です。

社内体制の調整は、人材育成で注意したいポイントとして職場の働きやすさを高める対策になり、社員が定着しやすい環境づくりにつながります。

建設的な言動で接する

人材育成では、高圧的な態度で接することを始め、相手が嫌な思いをする伝え方をしない配慮が大切です。

現場でコミュニケーションを取りながら、部下や後輩からの質問に対して丁寧な受け答えを心がけるように工夫しましょう。

上司が一方的に教える形でなく、部下とコミュニケーションを取って、仕事で意思疎通を図る工夫につなげることが大切です。

人材育成で注意したいポイントには、指導を受ける側が上司に対して不安を感じない態度で取り組む必要があります。

人材育成の目的を理解して取り組む

どうして人材育成に取り組むのか、得たい結果やゴールを見据えた教育が必要です。

たとえば、将来は管理職の候補として成長してもらうなど、目的を明確にしておくと段階を踏んで必要なスキルを教育できます。

部下のキャリアプランのイメージとつり合いが取れるようにコミュニケーションを取りながら、指導の目的をお互いに理解するように注意することがポイントです。

指導に関する教育が必要になる

人材育成の経験がない方は、方法論がわからないと上手に指導できない可能性があります。

指導する側が適切な教育ができるように、企業側から専門の講師を呼んでセミナーや勉強会を実施しましょう。

部下とのコミュニケーションの取り方、指導するときの進め方など、指導の経験がある方も含めて学ぶ機会につなげてみてください。

人材育成のポイント:人材育成の進め方

実際に現場で使える人材育成の方法をいくつかまとめています。

社内で取り入れるときの参考にするためにも、人材育成の進め方のポイントを見ていきましょう。

外部のサービスを活用する

育成の内容に合わせて、外部のサービスで研修を受ける方法もあります。

マネジメントや問題解決のスキルを高める内容など、新入社員から管理職までそれぞれの課題に合わせた研修内容を選びましょう。

立場によって求められる育成方法や視点は変わるため、現場でヒアリングを実施しながら取り組むことが大切です。

直接指導だけでなく、オンラインから受けられるものもあるため、社内の人材育成を進める方法としてご活用ください。

面談で意見交換を進める

上司から部下の仕事に対する今後の目標を聞き取りながら、方向性を共有できるように面談を実施しましょう。

上司ばかりが一方的に話すのではなく、相手の意見を引き出せるような形で、穏やかな雰囲気で話し合いを進めるように意識します。

仕事の振り返りや気づきを与える面談にできると、仕事の信頼関係を構築する意見交換になるでしょう。

ほかの人材育成の方法と並行しながら、定期的に面談を設けてコミュニケーションを図る機会につなげてみてください。

メンター制度を活用する

新入社員の教育には、社内で同世代の先輩社員から指導を受けるメンター制度があります。

同世代の先輩社員は、新入社員にとって仕事の質問、個人的な悩み相談を伝えやすいメリットがあるでしょう。

職場で孤立しない働きやすい仕事場を目指せて、社内のコミュニケーション活性化につながります。

運用のルールや目的を明確にしながら、新入社員の人材育成を進めるときはメンター制度をご活用ください。

ジョブローテーション制度を導入する

社内で定期的に人事異動に取り組み、人材育成を図る方法はジョブローテーションと呼ばれています。

勤務地の変更や部署異動で幅広い仕事内容を経験すると、事業活動の全体像を把握する手段にできるでしょう。

ただ、異動による環境の変化からストレスをためてしまい、休職や退職につながる場合もあります。

企業側は部下の意見や希望を聞きながら、異動後のサポートを欠かさないように取り組むことがポイントです。

ビジネスチャットで情報共有する

人材育成はコミュニケーション活性化が重要になるため、ビジネスチャットを活用して情報共有を進めましょう。

仕事のやりとりから個人的な相談まで、さまざま場面で意見交換に役立つツールです。

  • グループチャットで部署内の情報共有がスムーズになる
  • 職場の改善につながるアイデアや意見を共有できる
  • 社員の悩みを伝える手段にできる

人材育成をサポートできるツールとして、ビジネスチャットを仕事にご活用ください。

人材育成を進めるポイントにChatworkを活用

人材育成のポイントになる注意点と進め方を解説しました。

企業側は社員に情報共有を進めながら、人材育成を実施する目的を意識し、長期的かつ計画的に教育しましょう。

まずは教育体制の土台になる社内体制を改善しながら、指導側の教育を実施することが大切です。

実際に取り入れるときは、メンター制度やジョブローテーション、面談を実施してときには外部のサービスを活用しながら人材育成を進めましょう。

人材育成にはコミュニケーション活性化が欠かせないため、ビジネスチャット「Chatwork」を使って、社内の情報共有を進めてみませんか。

部下との面談を決める日時のやりとり、仕事の悩みに関する相談など、仕事のあらゆる場面でコミュニケーションが取りやすくなるため、ぜひChatworkの導入をご検討ください。

>Chatworkを活用して人材育成をした事例

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事