デジタル・ガバメントとは?DX推進の方法を解説

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

国や行政機関では、時代の変化に対応できるようにIT技術を活用し、行政の変革につなげる仕組みづくりにデジタル・ガバメントを進めています。

行政機関の手続きや処理がデジタル化できると、申請までの流れが時短できるメリットが期待できるでしょう。

企業の事業活動に反映ができるように、従来の運営方法を見直してDXを推進する取り組みが必要です。

デジタル・ガバメントに関わるDXの推進方法を解説します。

デジタル・ガバメントとは?

国や行政機関がDXを推進して業務の効率化や質を高める取り組みは、デジタル・ガバメントと呼ばれています。

行政の変革につなげる仕組みづくりとして、国や行政機関で働く人の仕事を緩和できる効果が期待されている内容です。

デジタル・ガバメントを推進すると、国民にどのような恩恵があるのか見ていきましょう。

行政機関のDXを推進する

書類作業や承認に時間がかかりやすい行政機関は、IT技術でデジタル化が進められると、作業の負担を減らす効率化に期待できます。

従来の処理はアナログを併用する方法に対して、デジタル・ガバメントは処理をオンライン化することで作業工程を削減できるでしょう。

行政機関の全体を変革できるDXに関わる取り組みとして、IT技術を利用しながら生産性をあげるために推進が期待されています。

国民のサービス提供の質を高める

申請書類の提出や確認に時間がかかる行政機関のサービスは、デジタル・ガバメントを推進できると、業務の手間にかかるコストを削減する取り組みにつながります。

また、利用する国民にとっても流れがスムーズに進むと申請が通るまでの時間を短縮できるメリットがあるでしょう。

手続きが簡略化されて便利に活用できるため、行政機関から国民に提供するサービスの質を高められる効果が期待できます。

社会問題の課題解消につなげる

国民の課題になる社会問題には、国や行政機関が介入して支援を広げる取り組みが求められます。

行政機関の手続きがスムーズに進められると、補助金や助成金の申請が早く進められて困っている人々を助ける流れが早くなるでしょう。

また、今後の少子高齢化の問題に向けて行政機関の仕事を効率化するためにも、デジタル・ガバメントを推進して社会問題を解消する姿勢が求められます。

企業がデジタル・ガバメントを理解しておきたい理由

国や行政機関のDXを推進する流れは、企業の事業活動においても影響を受ける内容につながります。

企業がデジタル・ガバメントを理解しておきたい理由を見ていきましょう。

DXに向けた事業体制を整えるため

国や行政機関の体制がDXを推進する流れがあるなか、企業の事業活動でも同じようにDXを推進する体制が求められます。

自社のDXに向けてどのような課題があるのか、早い段階から取り組みを検討すると問題解消までの時間を短縮できるでしょう。

企業はデジタル・ガバメントの流れを汲んで、社会の変化や時代の流れに取り残されないように、DXに向けた事業体制を整える仕組みづくりが重要です。

業務体制の改善が必要になるため

デジタル・ガバメントの推進に企業が対応するには、社内のデジタル化を進める業務体制を見直す機会が求められます。

たとえば、国に提出が必要な書類作業を電子化できる準備を整えるには、自社のセキュリティ面の安全性を高められるシステムの導入や教育が必要です。

企業がデジタル・ガバメントを理解したい理由には、国や行政機関のDXの流れを踏んで企業も対応できると、会社が長期的に経営を続けるための業務体制の改善につながることがあげられます。

事業活動から社会問題を解消するため

国や行政機関が介入する社会問題には、企業が事業活動を通して支える役目を担えます。

たとえば、DXを推進するためのツールが開発できると、ネットワークのつながりを利用して便利に人と人をつなげるサービスを提供できるでしょう。

企業がデジタル・ガバメントの理解を進めることで、社会問題の解消になる製品やサービスを開発する機会につなげられます。

デジタル・ガバメントに関わるDX推進の方法

国や行政機関のDX推進の流れに合わせて、企業のDXではどのような取り組みが実践できるのでしょうか。

デジタル・ガバメントに関わるDX推進の方法を見ていきましょう。

DXに強い人材を雇用する

社内の業務に関わる分野を深く理解している人材に加えて、社内のDXを推進できる新しい人材採用を進める方法があります。

ITに関わるシステムエンジニアやプロデューサー、マネジメント経験のある人材など、スキルの高い人材を雇用するとDXの推進に役立つでしょう。

デジタル・ガバメントに関わるDX推進の方法には、社内でDXを推進する部署やチームを設けて対応する取り組みが必要です。

社内のデジタル化を進める

DXで経営戦略を立てるためにも、社内の書類作業をデジタルに移行する対応が求められます。

押印の業務をなくしながら、電子化で契約や処理を進められるようにシステムやツールを導入しましょう。

デシタル化を進めると企業の人材不足を解消して業務の負担を減らせるため、DXやデジタル・ガバメントの流れをくんだ体制を整える方法になります。

補助金・助成金を活用する

DXの資金調達には、国や地方自治体、厚生労働省などが実施する補助金や助成金を活用しましょう。

たとえば、補助金には「IT導入補助金」や「中小企業デジタル化応援隊事業」などがあげられます。

時期に合わせてさまざまな支援が実施されているため、上手に活用できるとコスト削減につなげられて、デジタル・ガバメントに関わるDX推進の方法にできるでしょう。

オンライン会議を取り入れる

身近なところからDXを始めるには、Web会議システムやビジネスチャットなどを使い、オンライン会議や面談に活用しましょう。

DXを推進する土台づくりにつながり、業務に関わるやりとりを効率化する手段にできます。

社内体制のデジタル化を進められると、DX推進の心理的な負荷が軽減できて少しずつ取り組みを進める方法につながるでしょう。

ビジネスチャットを導入する

社内全体の業務をデジタル化するには、連絡手段にビジネスチャットを取り入れる方法があります。

絵文字で返信の代わりにできる機能を始め、マイチャットでメモ代わりにできる機能など、仕事に便利な機能が充実している点が特徴です。

デジタル・ガバメントに関わるDX推進の方法は、簡単に導入が進められるビジネスチャットをご検討ください。

デジタル・ガバメントに関わるDXの推進にChatwork

デジタル・ガバメントに関わるDXの推進方法を解説しました。

国や行政機関のDXに向けた取り組みを受けて、企業でもDXの流れを推進する取り組みが求められます。

企業のDXには、DXに強い人材の雇用や国の支援金などを活用しましょう。

社内のDXは手始めにデジタル化を進めるためにも、ビジネスチャット「Chatwork」を導入してオンライン会議や面談に使う方法がおすすめです。

簡単に初期設定や操作がおこなえるので、仕事の効率化や社内のデジタル化を助けるツールとして、ぜひChatworkの導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
これからデジタル化を進めたい方へ
中小企業の「デジタル化」

デジタル化にはさまざまなメリットがあります。DX(デジタルトランスフォーメーション)に先立つ取り組みとしてもデジタル化の推進は重要です。

一方、デジタル化を進める具体的な取り組みは、各企業や組織によって異なります。自社が進めるべき「デジタル化」とは何か、質問リストで確認しましょう。

【主な内容】

  • 「デジタル化」の課題と目的
  • 「デジタル化」が可能な業務を知る質問リスト
  • 「デジタル化」の習慣を身につける

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事