ビッグデータの問題点とは?ビッグデータの問題点を解消するメリットと方法

公開日: 更新日:
働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ビッグデータの問題点とは?ビッグデータの問題点を解消するメリットと方法

目次

ビッグデータは、企業の事業活動で経営戦略に活用できる反面、問題点もあります。

情報を集める過程でデータの信用性や顧客の個人情報、プライバシーの取り扱いに関する問題があげられるでしょう。

また、企業でデータ活用を進めるときに情報の取捨選択や活用方法がわからないなど、現場に活用するまでには課題が残ります。

企業がビッグデータの問題点を解消できる方法を解説します。

ビッグデータの問題点とは

経営戦略に活用できるビッグデータですが、取り扱いの難しさや管理にコストがかかる懸念があります。

企業の事業活動にビッグデータを使うときの問題点を見ていきましょう。

データの質・信用性が低い可能性がある

ビッグデータの情報源によっては、正確なデータが引き出せずに応用できない場合があります。

たとえば、不完全なデータや不必要なデータのゴミ、重複データや誤字など、データとしての価値がないものも含まれているからです。

ビッグデータのすべてがそのまま使えるわけではないため、データの質や精度の高さを確かめてから使わないといけない問題点があります。

データの取捨選択が難しい

そもそも自社で集めたどのビッグデータが事業に活用できるのか、わからないまま情報収集しているケースも多くあります。

たとえば、SNSや通信システムから得られた情報があったとしても、実際の事業に活用する方法が不明な場合があげられます。

ビッグデータが大量にありすぎてしまい、逆にデータの取捨選択が難しい問題点があります。

個人情報・プライバシーの侵害に注意が必要

ビッグデータのなかには、顧客に関わる個人情報を取り扱う内容があります。

企業にとっては有益に使える情報ではあるものの、顧客の視点に立ったときに不安を感じる要素になるため配慮が必要です。

プライバシーを侵害しないようにデータ加工して使うなど、企業としての配慮や安全性を守れないと問題につながる場合があります。

管理・維持にコストがかかる

ビッグデータの管理には、大量の情報が保存できるシステムなど、管理と維持にコストがかかる懸念があります。

また、システムやツールに問題が見つかったときは、修理や調整の対応に時間や手間がかかるでしょう。

ビッグデータは有効活用ができる反面、社内や社外のサービスを使って管理や維持をする上で、継続的にコストがかかる問題点があげられます。

ビッグデータの問題点を解消するメリット

企業の事業活動にビッグデータを活用できると、さまざまな恩恵を受けられます。

ビッグデータの問題点を解消するメリットを見ていきましょう。

顧客の不満を解消できる

自社の製品やサービスに関する意見や感想について、オンラインのシステムやSNSなどを使って集めましょう。

顧客の不満は実際の意見として目で見えるものから、潜在的にある不満まで幅広いため、ビッグデータを活用すると答えを探し出しやすくなるのです。

ビッグデータの問題点を解消できると、顧客のリアルな声を集めて事業活動に反映できるため、ニーズを掴んで今後の対策を検討できるメリットがあります。

作業効率化・生産性を高められる

ビッグデータを事業に活用できると、商品やサービスの提供に無駄がなくなる工夫につなげられます。

自社の業務体制に関するデータを活用して、運営方法の見直しができると作業の時短につながるでしょう。

社内の作業効率化や生産性をあげられるところは、ビッグデータの問題点を解消できるメリットになります。

コストカットにつながる

ビッグデータは、未来の予測を立てるときにも活用できるため、上手に運用できると社内全体のコストカットが実現できます。

たとえば、リアルタイムのデータを蓄積して活用できると、社内に在庫を抱えずに済むため、費用を無駄しない工夫になるでしょう。

ビッグデータの問題点を解消できるメリットには、事業活動を継続するためのコストカットにつながる点があげられます。

ビッグデータの問題点を解消する方法

問題点を把握しながら対策や配慮ができると、ビッグデータを企業の経営戦略に活用できます。

ビッグデータの問題点を解消する方法を見ていきましょう。

AI・ITに強い人材を雇用する

ビッグデータの活用には、専門知識や技術の豊富な人材を新しく雇用する方法を検討してみましょう。

ビッグデータの収集や分析ができるシステムの導入と人材確保ができると、運用がスムーズに進められます。

AI・ITの技術に優れた人材を雇用できれば、ビッグデータの問題点を解消できる方法になるため、本格的な運用につなげてみてください。

顧客の視点でプライバシーを保護する

自社の商品やサービスを利用する顧客が安心できるように、プライバシーポリシーをわかりやすくまとめる工夫を取り入れましょう。

ほかにも、顧客が使うオンラインのサイトやアプリなど、個人情報に関わる設定変更を調整できるようにするなど、顧客の視点に立った運営を進めます。

情報収集から分析するときも、データ加工でプライバシーを保護できる工夫につなげるなど、企業として責任を果たせる仕組みを整えるようにしてみてください。

従業員にデータ管理の教育をする

ビッグデータを取り扱う従業員には、顧客の個人情報の取り扱いやデータ管理の方法など、社内体制を整えて教育しましょう。

企業の信用を失わないためにも、安全にデータ管理ができる方法やセキュリティ面の意識を高められる教育を進めます。

ビッグデータを適切な方法で活用して問題点を解消するためにも、管理体制を整えるように工夫してみてください。

ビッグデータの問題点の解消にChatwork

企業がビッグデータの問題点を解消できる方法を解説してきました。

ビッグデータの問題点には、データの質・信用性が低い可能性、データの取捨選択が難しいことがあげられます。

便利に使える反面、個人情報・プライバシーの侵害に注意が必要で、管理・維持にコストがかかる面も懸念になるでしょう。

ビッグデータの問題点が解消できると、顧客の不満を解消できるだけでなく、仕事の生産性をあげてコストカットにつながるところがメリットです。

ビッグデータを活用するときは、新しい人材の確保を進めながら、プライバシーを保護するためにも、従業員の教育と社内体制を整えましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、ビッグデータの問題点を情報共有する手段に活用できます。

社内の連絡をスムーズにしながらビッグデータの活用を進めるときは、Chatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

中小企業の「DX」がわかる!
マンガでわかる!「DX」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事