日本の製造業の課題とは?課題の解決方法やDX推進のメリット、企業事例を解説

働き方改革
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

日本の製造業の課題には、少子高齢化・労働人口の減少による課題などがあげられます。

ほかにも、技術継承や環境投資が進まないなど、さまざまな課題を抱えている現状があるでしょう。

社内改善を進めていくには、DX推進でツールやシステムを導入することが重要です。

日本の製造業の課題を解決する方法とDXを推進するメリットを解説します。

日本の製造業の現状について

日本の製造業は「ものづくり大国」と呼ばれていますが、高い技術力をもちながらも、さまざまな課題を抱えています。

日本の製造業における国際競争力の低下、人口の変化による人材不足など、数ある課題を解決するためにも、社内のDX化が重要です。

不確実性の高い時代に対応していくことで、長期的に事業活動を継続する改善策につながります。[※1]

感染症・自然災害による影響がある

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、海外から部品が届かないなど、安定的に製品を作るのが難しい状況が続いています。

また、自然災害によってサプライチェーンの流れが止まると、生産から販売までの流れに影響が出てしまい、生産工程が一時中断されてしまう場面があるでしょう。

情勢の影響に対して、柔軟に対応できる体制づくりが求められます。

日本の製造業の課題とは

日本の製造業において、どのような課題があるのかを見ていきましょう。

少子高齢化・労働人口が減少傾向にある

日本の少子高齢化や労働人口の減少により、製造業における人材を確保できていない課題があげられます。

また、国内の人口が減少することで、マーケットを縮小せざるを得ない状況もあるでしょう。

国内だけでなく、海外に向けて市場を獲得していくなど、多方面から顧客を獲得していく働きかけが必要です。

技術継承が進んでいない

日本の製造業では、技術力は高いものの、後継者不足で技術継承できない状況があります。

技術継承にはDX化が重要になりますが、国内では資金不足やリテラシーの低さなどの影響で、ツールやシステムの導入が進んでいない傾向があります。

また、人材の流動化により技術のノウハウを継承しようとしても、人材育成ができないまま流出してしまうといった課題もあります。

設備・環境投資が進まない

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、設備・環境投資を見送っている傾向があります。

社内の設備投資が進んでいないと、設備の老朽化が改善できずに、生産性を向上できない原因になるでしょう。

社内にITツールやシステムを導入する体制づくりを整えられないと、DX化を推進できない現状が続いてしまいます。

人材獲得・価格競争がある

日本の製造業では、慢性的な人手不足で人材獲得できない課題があります。

労働環境が改善されないままだと、長時間労働が常態化してしまうケースもあり、人手不足の悪循環を招く原因になるでしょう。

また、海外の製造業は、安い人件費や低コストで生産できるため、日本の製造業における競争力が低下している背景があります。

人材獲得や価格競争に対応するためには、社内のDX化を図り、労働環境を改善することが重要です。

日本の製造業の課題を解決する方法

日本の製造業の課題を解決する方法について見ていきましょう。

DX推進にとりくむ

DX化で最新の技術を導入することで、品質の高さを維持しながら生産のパフォーマンスを高められます。

たとえば、AIやIoTの技術をとりいれることで、人の代わりにロボットが作業に対応できるようになるでしょう。

現場の負担を減らしながら、作業工程が簡略化できるため、人材不足の課題を解決する工夫につながります。

社内体制を整える

人手不足の課題を解決するには、幅広い人材を確保して社内体制を整えることが重要です。

たとえば、派遣社員、外国人労働者などを雇用することで、現場の人手不足を解決する効果が期待できます。

また、作業工程をマニュアル化したり、一部の業務を外注したりすることで、現場の業務負担を軽減できて、作業効率化や生産性を向上できるでしょう。

7つのムダをなくす

製造業では、7つのムダをなくすことで、コスト削減や生産性の向上を図れます。

  • 加工のムダ
  • 在庫のムダ
  • 不良、手直しのムダ
  • 手待ちのムダ
  • 造りすぎのムダ
  • 動作のムダ
  • 運搬のムダ

上記の項目を見える化することで、課題を解決するヒントが得られて、現場の付加価値を高められる工夫につながります。

日本の製造業でDXを推進するメリット

日本の製造業においてDXを推進するメリットを見ていきましょう。

作業負担の軽減により生産性が向上する

アナログからデジタルの作業を増やせるため、作業工程を簡略化して負担を軽減できます。

作業工程をデータで見える化できるので、在庫管理や作業の進捗状況を一目で把握しやすくなり、生産性を向上させることが可能です。

社内体制の安定化やコスト削減につながる

DX化で不良品やトラブルに関わる情報収集を進めることで、現場の改善を効率よく進めるデータを集めやすくなります。

どのようなポイントで作業が止まりやすくなるのか、コストがかかっている部分はどこなのかなど、社内の課題を見える化できて放置しない工夫にできるでしょう。

日本の製造業におけるDX推進の方法

日本の製造業におけるDXの推進方法を見ていきましょう。

社内の課題・業務フローを見直す

あらためて社内の課題を掘り下げることで、DX化で改善を図るべき作業工程が見えやすくなります。

たとえば、作業工程の多さでミスが発生するときは、DXの推進で作業工程を簡略化することでトラブルを予防する効果が期待できるでしょう。

現場の意見を聞きとりながら、業務フローについて再度調整することが重要です。

システム・ツールを導入して業務改善を図る

IT・AIに関わるシステムの導入で自動化を図ることで、作業負担を軽減して人手不足を解決できます。

たとえば、書類作業をなくしてデータで処理することで、紙媒体の保管や処理にかかる手間を削減できるでしょう。

また、システムやツールを活用することで、技術継承の推進や仕事に関わる情報を社内全体で一元管理できるようになります。

日本の製造業でDXを推進する注意点

日本の製造業において、DXを推進するときの注意点を見ていきましょう。

コストがかかる

社内のDX化には、ツールやシステムの導入にまとまったコストがかかります。

まずは小規模な部分から導入を始めるなど、少しずつDX化を推進することが大切です。

資金を準備するのが難しいときは、国が実施する「IT導入補助金」や「ものづくり補助金」を活用して資金を調整しましょう。

DXに対応できる人材獲得が必要になる

社内のDX化を推進するには、デジタル関連に強い人材を雇用することが重要です。

DXに対応できる人材を獲得することで、ツールやシステムの導入から運用を効果的に進めやすくなるでしょう。

雇用が難しいときは、業務のアウトソーシングを図って協力体制を得る必要があります。

セキュリティ対策が求められる

社内のDX推進でデータの取り扱いが増えるため、外部の情報漏洩を防ぐためのセキュリティ対策が必要です。

従業員全体に対しては、セキュリティ対策に関わる勉強会を実施することで、従業員の意識を高める工夫にできます。

日本の製造業の課題解決に成功した企業事例

日本の製造業の事例においては、データに関する情報を一元管理することで、工場間のやりとりを効率化しました。

2~3年程度かけて設備投資と人材育成を進めて成功した事例です。

現場の社員が困らないような教育制度、セキュリティ対策を万全に整えておくことで、導入から運用までの流れをスムーズに進めています。[※2]

日本の製造業の課題解決にはDXが必要

日本の製造業の課題解決に向けて、社内にIT・AIのツールやシステムを導入し、情報の「見える化」を行うことがDXの第一歩となります。

そして、DXを推進する上で、「見える化」した情報や分析結果をチームや別部署との横断的に連携を進め、情報のやりとりを速やかにおこなうことが、業務改革が成功するか否かのカギを握っています。

ビジネスチャット「Chatwork」は、メールや電話に比べ、チャット形式でスムーズにやりとりができ、日常業務における「コミュニケーション」に必要な機能が揃っています。

日本の製造業の課題解決に、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

>製造業におけるChatworkの活用方法

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]製造業を巡る動向と今後の課題
https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/seizo_sangyo/pdf/009_02_00.pdf

[※2]製造業DX取組事例集
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2019FY/000312.pdf

製造業のDXを推進する4つのファクターとは?
カンタン解説!新しい時代に必要な製造業のDX

製造業界においても「DX推進」が注目されるようになりました。

DX化を進めるにあたり、製造業を取り巻く課題を把握できているでしょうか?

本資料では、製造業のDX推進のきっかけとなる「4つのファクター」を紹介しています。

「製造業のDX化のきっかけ」として、ぜひご活用ください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事