迷惑メールの種類とは?送られてくる原因と対策を解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
迷惑メールの種類とは?送られてくる原因と対策を解説

目次

メールを使って仕事をしているなかで、迷惑メールが増えた、迷惑メールが業務を阻害している、と感じる方もいるでしょう。

インターネット社会では、メールの送受信におけるセキュリティ上の脆弱性を悪用したサイバー攻撃が日常的に発生しています。

ウイルスを含む迷惑メールに狙われたり、ウイルスに感染して甚大な被害のリスクがあり、業務進行や企業価値の低下の原因にもなるため注意が必要です。

迷惑メールの基本的な概念や原因をチェックし、どのように防ぐべきか考えてみましょう。

迷惑メールとは?

迷惑メールとは、受け取り手の意思に関わらず、過去にやりとりをしたことがない相手から、送りつけられるメールのことです。

また、怪しいWebサイトへの誘導や、広告宣伝の勧誘メールなどを無差別に送信する行為や詐欺、スパムメールなども当てはまります。

とくに、企業を標的にした迷惑メールは、業務をおこなえなくなる、迷惑メールを取り除く作業が発生するなど、企業活動全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

迷惑メールの種類

迷惑メールの概要を知るために、どのような種類の迷惑メールが存在するのか確認しましょう。

一般的な架空請求メールや詐欺的なメール、そして企業経営にも悪影響を及ぼすウイルスメールなどの迷惑メールがあります。

迷惑メールの種類:架空請求メール

迷惑メールのなかでも、トラブルになりやすいのが架空請求メールです。

架空請求メールは、過去に見に覚えのない料金を請求するもので、詐欺被害の原因とされています。

怪しいWebサイトにメールアドレスを登録するだけでなく、無差別にメールを送るケースも増えていることから、差出人が不明なメールについては開かないようにしましょう。

迷惑メールの種類:詐欺・なりすましメール

詐欺やなりすましメールも、迷惑メールの1つに挙げられます。

なりすましメールとは、一般企業や公的機関を装い、迷惑メールを送信する手口です。

たとえば、ショッピングサイトの運営者になりすまし、IDやパスワード、個人情報が盗まれることで、金銭的な被害を受けるという例も少なくありません。

迷惑メールの種類:チェーンメール

チェーンメールとは、特定のメールについて複数名への転送を促す手法です。

一般的に、チェーンメールでは、個人や企業の価値を低下させるような偽の情報を拡散することを目的としています。

メールを受け取るだけでは、大きな被害を受ける可能性は低い一方、転送すると、嘘の情報を流したとして加害者になってしまうこともあります。

迷惑メールの種類:ウイルスメール

ビジネスをおこなう上で、とくに注意しなければならないのがウイルス関連のメールです。

受信者のコンピューターにウイルスを感染させることを目的としており、PCの故障や機密情報の漏洩にもつながります。

ウイルスメールの仕組みは、ウイルスの元となるファイルが添付されており、受信者が誤って添付ファイルを開くことによって感染してしまうケースがほとんどです。

また、ウイルスメールを開くと、会社のネットワークを通じて、ほかのPCにも感染する危険性が高く、十分に注意しなければなりません。

迷惑メールの種類:広告・宣伝メール

不必要な情報を大量に送ってくる広告や宣伝メールにも注意が必要です。

広告・宣伝メールは、あらゆる業者からメールが何度も送られてくるのが特徴で、メールフォルダを圧迫し、重要なメールが埋もれてしまう危険性があります。

過去に登録したWebサイトや、無差別に複数のメールアドレスに送りつけることが多く、送り続けられるのが特徴です。

迷惑メールが送られてくる原因

迷惑メールは気づかないうちに送られてくることが多く、何が原因であるのか特定しにくいです。

しかし、迷惑メールが送られてくる原因には理由があり、問題のある行動を取っている可能性があります。

迷惑メールの原因を確認し、どのような対策を実施すべきか考えましょう。

個人情報収集を目的としたサイトへの登録

迷惑メールが送られてくる原因に、個人情報収集を目的としたWebサイトに登録していることが挙げられます。

たとえば、運営元が特定しにくいWebサイトや、サービスを広告しているのにも関わらず十分な情報を得られない怪しいWebサイトなどは、個人情報の入手を目的としている危険性があります。

また、Webサイトに一度登録してしまうと、退会処理ができず、そのまま個人情報を盗まれてしまうケースも少なくありません。

業者による無差別送信

迷惑メールは、業者による無差別送信も原因です。

業者側で用意したメールアドレスに対して迷惑メールを繰り返し送信し、複数の対象者を狙う方法です。

仮に1万件のうち1件でもアクティブなメールアドレスが見つかれば、業者によって詐欺をおこなったり、Webサイトへの登録を促したりすることができます。

Web上にメールアドレスを公開している

個人情報が盗まれた形跡や、無差別による送信が該当しない場合、メールアドレスがWeb上に公開されていることも考えられます。

自分のメールアドレスをインターネット上に公開している状態が続くと、自動巡回プログラムによって悪質な情報収集者に発見される可能性があります。

とくに、SNSやブログでメールアドレスを公開している場合、業者によって容易に盗まれてしまうため注意が必要です。

>メールのストレスに関する記事はこちら

迷惑メール対策のポイント

迷惑メールを受信しないように、対策をする際に気をつけておきたいポイントを解説します。

推測されにくいメールアドレスにする

迷惑メールを防ぐためには、業者に推測されにくいメールアドレスに設定しましょう。

たとえば、10文字以上のアルファベットや数字、記号などを組み合わせるなどの工夫が必要です。

とくに、名前、誕生日、電話番号などを含んでいる場合、推測が容易となり、迷惑メールの件数が増加する危険性があります。

インターネット上に公開しない

インターネット上に公開されているメールアドレスが標的になっていることから、SNSやWebサイトなどに個人のアドレスを掲載しないことも大切です。

ただし、やむを得ず掲載しなければならない際には、専用のアドレスを作り、業務に支障が出ないように注意します。

信用できないWebサイトに登録しない

信用できないWebサイトや、不審なWebサイトにメールアドレスの登録をしないように気をつける必要があります。

メールアドレスを含む個人情報取得のために、Webサイトの登録を誘導している業者も少なくありません。

当該Webサイトの口コミや、レビューを探し、不審な点がある場合には、登録を控えるようにしましょう。

チャットツールを利用して迷惑メールを防ごう

取引先や社内の連絡手段としてメールが活用されている一方で、迷惑メールはビジネス機会を阻害したり、企業の価値に悪影響を及ぼしたりする危険性があります。

日ごろから怪しいWebサイトに登録しない、メールアドレスをWeb上に公開しないなどの対策が求められますが、必ずしも迷惑メールを防げるとは限りません。

解決が難しい迷惑メール対策ですが、ビジネスチャットの「Chatwork」を利用し、迷惑メールを防ぐことができます。

Chatworkでは、メールシステムと切り離されているため、第三者にメールアドレスが知れ渡ってしまう危険性がありません。

また、Chatwork内でやりとりした内容は、高いセキュリティによって保護されており、情報漏洩の防止も可能です。

迷惑メールに悩まれている方は、この機会にChatworkを導入し、あらゆるリスクや損失を防ぎましょう。

>セキュリティやサポートを重視しChatworkを導入した事例はこちら

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

メールを日常的にお使いの方へ
メール利用に潜むリスクと対策とは
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事