既読スルーをなぜするのか?なぜか既読スルーをする人の理由と対処法

ビジネスチャット
AWAY

目次

コミュニケーションツールの中には、相手がメッセージを読んだかどうかがわかる「既読機能」があります。

既読機能から発生した言葉で、相手が読んで既読になっているのに返事がこない「既読スルー」の状況になったことのある方も多いのではないでしょうか。

既読スルーは、メッセージのやりとりに対する相手の考え方やそのときの状況が関係していると考えられ、既読スルーをする人の状況や気持ちが理解できれば、既読スルーされた側の不快な気持ちを楽にしてくれる可能性が高まります。

既読スルーをなぜするのか、なぜか既読スルーをする人の理由とされたときの対処法について考えていきましょう。

既読スルーの意味や定義とは?

既読スルーとは、メッセージ機能の画面上で、相手がメッセージを読み「既読」の状態になっているのに返事がない状態を指します。

どれくらい返信がなかったら既読スルーになるというような明確な定義はありません。

相手との関係性や送ったメッセージの内容などにより異なりますが、メッセージが読まれてから丸1日以上返信がない場合には、既読スルーと言ってもよいと感じる方が多いのではないでしょうか。

既読スルーをすることはいけないのか?

既読スルーをすることは、必ずしもやってはいけないことというわけではありません。

メールやメッセージ機能のコミュニケーションツールは、そもそも電話とは違ってその場でのやりとりが必須になるものではなく、本来、返事ができるタイミングでいつ返事をしてもよいものではあるのです。

既読スルーをやってはいけないわけではないですが、既読機能がある以上、既読されているのにあまりに長い時間返事がないという状態は、相手にとっては不安に感じる行為ではあります。

相手との関係性にもよりますが、既読スルーだと思われないうちに返事をすることが好ましいでしょう。

既読スルーはなぜ起こるのか

SNSやLINEなどのメッセージツールの使い方には、人それぞれのメッセージというものに対する価値観が反映されやすいです。

そのために、悪意があるわけではないけれど、結果として既読スルーになってしまうということが起こることがあります。

既読スルーはなぜ起こるのか、既読スルーをする人の状況に立って考えてみましょう。

 

忙しかった

1番シンプルな理由かもしれませんが、プライベートな用事などでメッセージのやりとりをする時間が作れないほど忙しい場合です。

個人によって、メッセージの返信をすることの優先順位は変わってきます。

メッセージの返信よりも大切だと感じる用事で忙しかった場合には、すぐに返信ができずに、結果として既読スルーになります。

 

あとで返そうと思って忘れていた

あとで返事をしようと思っていて、すっかり返信を忘れていたパターンです。

すぐにメッセージが返せないような状態では、「あとで返信」となることも少なくありません。

時間が経つことで、頭の中で考えていただけなのに返信した気になってしまったり、いくつも返事をしなければならないものがあると、忘れる場合もあるでしょう。

 

返信しなくてもよい内容だと思った

受け取る相手の感じ方によって、返信しなくてもよいかなと思う内容の場合には既読スルーになってしまうことがあります。

他愛もない日常会話だったり、一方的になにか報告などをしたりという内容だったなどの場合に、返信しなくてもよいと感じやすいです。

メッセージのやりとりに対する価値観が人によって異なるため、返信をするかしないかに対する考え方の相違が起こる場合もあるでしょう。

 

しっかり内容を考えてから送りたかった

しっかりと返信内容を吟味してから送りたいような話題だった場合に、返信に時間がかかる場合があります。

返信内容を考えすぎてなかなか送れなくて時間が経ってしまう場合や、しっかりと返信内容を考える時間が取れなかったときに、結果として既読スルーになってしまうことがあるでしょう。

 

直接会ったときに話そうと思った

メッセージで返信じゃなくて、直接会ったときに話せばいいと思い返信がこない場合があります。

やりとりが長くなりそう、返信するのに長文が必要になるなどの場合には特に、直接あったときに話そうと思いやすいでしょう。

 

返信の内容に困る話題

どのような言葉を返したらいいかわからないような、返信の内容に困る話題のときに、読むだけ読んで返事はしないという状況になる可能性があります。

「相手の気に障るようなことを言いたくない」「自分の言葉で相手が落ち込んでしまったらどうしよう」など、相手がどう思うかを真剣に考えたときに、なかなか返事ができなくなってしまうことが考えられるのではないでしょうか。

また、なにかについての悪口などが話題だった場合にも、返信の内容に困ると感じられる可能性があるでしょう。

 

こまめな連絡が苦手

こまめに連絡を返すのが苦手、何度もやりとりをしたくないという考え方を持っている人もいます。

そういった考えの人には、どのような内容でメッセージを送ったとしても、返事が来ないという可能性が高いです。

 

物理的に返信ができない状況

返事をしたいと思っていても、なんらかの物理的な事情で返信ができない状況になっていることが考えられます。

スマートフォンを無くしてしまった、電波がなくなってしまった、具合が悪いなどの物理的に返信ができない理由がある場合には、既読スルーということになってしまいます。

 

既読スルーをされたときの対処法

既読スルーをされると、困る場合や悲しい気持ちになる場合など、自分にとってよくない状況になることが多くあります。

既読スルーをされたときの考え方や対処法について、考えていきましょう。

 

相手にも事情があると割り切る

現代ではひとりにひとつ、スマートフォンやタブレットなどを持っている状況なので、いつでも返信できると考えがちではないでしょうか。

電話はお互いが合意のうえでその場でやりとりをするツールですが、SNSやLINEなどは、返信をするしない、どのタイミングで返信するかなど個人個人が選べるものです。

メッセージのやりとりに対して、相手が自分と同じスタンスでいるとは限らないですし、そのときどきの状況も直接見ることができません。

相手の状況が見えないので、返信がこない場合には「相手にも事情がある」「相手には相手の考え方がある」と割り切って考えることで、気持ちが楽になるでしょう。

 

自分が送る内容を見直す

なぜかどんな人ともメッセージのやりとりが続かないという人は、自分が送るメッセージの内容を見直すことで、返事がない理由が見えるかもしれません。

質問なら聞きたい内容が伝わる文章がかけているか、他愛もない会話なら返信しづらい話題ばかりでないかやあまりに長文でないかなどが、見直すポイントとなってくるでしょう。

メッセージのやりとりはコミュニケーションですので、一方的に言葉を投げ続けるのではなく、相手の立場になって自分の文章がどう見えているのかということを考えることが大切です。

 

なぜ既読スルーするのかと問い詰めない

既読スルーする人の気持ちがわからなくて、「なぜ?」と問い詰めることはしないほうがよい場合が多いでしょう。

既読スルーをしている人は、その人なりのタイミングやメッセージに対する考え方があったり、既読スルーということ自体を気にしていない可能性があります。

そのような場合に「なぜ?」と問い詰める行為は、価値観の押し付けになってしまう可能性があり、相手に不快な思いをさせる原因となりかねません。

どうしても返事が必要な場合には、相手との関係性を考えたうえで返事の催促をするようにしましょう。

 

催促の連絡は相手との関係性を考えて

既読スルーされている内容が相手からの返事が必要な話題だった場合には、催促の連絡をせざるを得ない状況になります。

既読がついているからといってその場で返信ができるとも限らないですし、相手が社外の人間の場合には、営業時間や定休日などの関係で返信が来ないということも考えられます。

1日経ったら催促をするなどの固定ルールではなく、まずは相手の状況を考えることが大切です。

催促の連絡をするときには、相手の状況や相手との関係性を考えたうえで、的確なタイミングで催促をするようにしましょう。

 

会社の人とやりとりをするならビジネスチャットのChatwork

メッセージの既読機能は、1対1でのやりとりをする場合には便利なこともあります。

会社などの多人数でグループを作ってやりとりをする場合には特に、「何人読んだか」ではなく「誰が読んだか」を知ることが大切になる場面が多いのではないでしょうか。

既読機能では、誰が読んでいるかというところまではわからないことが多いため、会社でのやりとりに既読機能は不必要なことが多いです。

ビジネスチャットの「Chatwork」では、簡単な操作だけで読んだことを知らせられるリアクション機能があり、リアクションをした人をひとめで把握することができます。

そのため、既読スルーで起きるような悩み事で困ることもなく、コミュニケーションをスムーズにとりやすい環境を整えやすいです。

既読スルーで悩むことがあったら、Chatworkを取り入れてストレスフリーなやりとりを実現させてください。

日常シーン別にビジネスチャットの使いどころがわかる!
こんな時、ビジネスチャットがあったら超便利!シーン別活用編

「ビジネスチャットは知っているが、日常的な業務における具体的な活用メリットが分からない・・・」そのような方に向けて、「ビジネスチャットによって業務の進め方がどう変わるか」「ビジネスチャットで何が便利になるのか」具体的な活用シーンを集めました。

日常業務のシーン別に、ビジネスチャットの活用イメージを広げるためにお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事