「話し言葉」と「書き言葉」の違いとは?使い分けについて例を用いて解説

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

ビジネスメールやビジネスチャットなど、ビジネスシーンでは正しい「書き言葉」を使うことが求められます。

私たちが普段会話する際に使用することの多い「話し言葉」と、ビジネスシーンで求められる「書き言葉」は、無意識に混同しやすいため、正しい使い分け方法を理解することが大切です。

「話し言葉」と「書き言葉」の違いや、間違えやすい表現、注意すべき点について、具体例を交えて解説します。

「話し言葉」「聞き言葉」とは?

「話し言葉」は、口語とも言い換えられる、カジュアルな表現の言葉を指します。

それに対して、「書き言葉」とは、文語とも言い換えられ、主に文章を書くときに使われる言葉のことを指します。

ビジネスシーンなどのフォーマルな場では、「話し言葉」を使用することは適切ではありませんが、「話し言葉」を使っている場面が散見されることもあります。

ふたつの言葉は、無意識に混同しやすいため、正しい知識をもって、適切に使い分けをおこないましょう。

 

シーン別の使い分け方法

「話し言葉」は普段の会話などの比較的フランクな場面、「書き言葉」は文書やフォーマルな場面で使用するようにしましょう。

「話し言葉」は、コミュニケーションに活用することをベースとした言葉のため、「〇〇なんです」や「〇〇してます」など、文法の曖昧さも容認される傾向があります。

「話し言葉」は、円滑なコミュニケーションをとることが目的の言葉のため、柔らかい表現やくだけた表現が多いことが特徴です。

一方で「書き言葉」は、主に公的な文書を書く際に使用する言葉です。

「書き言葉」は、文法に沿った正確な文章で、伝えたいことを正確に伝えることを目的とした言葉です。

そのため、余分な表現をそぎ落とした、簡潔な言葉になることが多く、固い印象を相手に与えるという特徴があります。

「話し言葉」を使うシーン 「書き言葉」を使うシーン
  • 会話
  • SNS・個人ブログ
  • 親しい人とのメールやチャットのやりとり
  • キャッチコピー
  • ビジネス文書
  • ビジネスメール・ビジネスチャット
  • 論文・レポート
  • 新聞
  • ビジネスブログ・公的なブログ

「話し言葉」「聞き言葉」の例

「話し言葉」と「書き言葉」の、代表的な例です。[※1]

話し言葉 書き言葉
やっぱり やはり
もっと さらに
やっと ようやく
ちゃんと きちんと/正しく
いつも 常に
どうして なぜ
どんな どのような
こっち/そっち/あっち こちら/そちら/あちら
こんな/そんな/あんな このような/そのような/あのような
こんなに/そんなに/あんなに これほど/それほど/あれほど
~けど ~が
~から ~ため
ですから/だから そのため/したがってv

「話し言葉」「聞き言葉」で注意すべきポイント

「話し言葉」「書き言葉」で注意すべきポイントについて見ていきましょう。

 

「ら」抜き言葉・「い」抜き言葉

「見られる」を「見れる」、「食べられる」を「食べれる」など、「できる」という可能性を表す尊敬語表現から「ら」を抜いた言葉を、「ら」抜き言葉といいます。

会話ではあまり目立たない表現ですが、フォーマルなシーンでは必ず「ら」抜き言葉になっていないかをチェックしましょう。

「ら」抜き言葉の文例
不適当な表現:このプロジェクターの機器があれば、本日の資料を見れます。

適当な表現:このプロジェクターの機器があれば、本日の資料を見られます

「見ている」を「見てる」、「食べている」を「食べてる」など、「している」を「してる」と表現することを、「い」抜き言葉と言います。

「い」抜き言葉も間違った言葉遣いのため、フォーマルな場では使用しないように注意しましょう。

「い」抜き言葉の文例
不適当な表現:私は社員食堂で、昼食を食べてます。

適当な表現:私は社員食堂で、昼食を食べています

 

「さ」入れ言葉

「さ」入れ言葉は、「〇〇させていただきます」という、自分のおこないを謙譲語で表現する際に間違いやすい表現です。

たとえば、「置かせていただく」を「置かせていただく」、「聞かせていただく」を「聞かせていただく」など、本来不要な「さ」が入る言葉のことです。

「食べさせていただく」「着させていただく」など、「さ」を入れる表現が、間違いではないケースもあるので注意しましょう。

「さ」抜き言葉の文例
不適当な表現:ここに資料を置かせていただきます。

適当な表現:ここに資料を置かせていただきます。

 

曖昧な表現

曖昧な表現とは、「私的には〇〇だと思います」など、単語の意味を曖昧に伝える表現のことを指します。

書き言葉を使う場面では、正確で簡潔な答えが求められるため、不適切な表現です。

曖昧な表現の文例
不適当な表現:私的には、この回答は不適切であると思います。

適当な表現:私は、この回答は不適切であると思います。

 

適切な接続詞を用いる

接続詞に「なので」「だから」などを用いる場合は、「話し言葉」になります。

「書き言葉」としては不適切な表現になるため、「なので」は「そこで」、「だから」は「したがって」など、正しい接続詞を用いるようにしましょう。

適切な接続詞の文例:
不適当な表現:昨日は業務でデータ整理をおこないましたが、進行途中です。なので、今日も昨日の続きをおこないます。

適当な表現:昨日は業務でデータ整理をおこないましたが、進行途中です。そこで、今日も昨日の続きをおこないます。

不適当な表現:彼は、明日出張であり会社にはいない。だから、今日までにこの業務について確認しなければならない。

適当な表現:彼は、明日出張であり会社にはいない。したがって、今日までにこの業務について確認しなければならない。

 

二重表現

二重表現とは、「必ず絶対に」「一番最初に」「頭痛が痛い」など、同じ意味の用語を繰り返す表現のことです。

この場合、「必ず絶対に」は「絶対に」、「一番最初に」は「最初に」、「頭痛が痛い」は「頭が痛い」が正しい表現です。

フォーマルな場ではない、カジュアルな会話などでは、物事を強調するために、あえて使うこともあります。

本来は間違った表現にあたるため、無意識下で使わないように注意しましょう。

二重表現の文例
不適当な表現:この案件は、昨日指示をもらったことを、はっきりと明言します。

適当な表現:この案件は、昨日指示をもらったことを、明言します。

不適当な表現:一番最初に、アイスブレイクをおこないます。

適当な表現:最初に、アイスブレイクをおこないます。

 

若者言葉・カジュアルな表現

「まじ」「めちゃめちゃ」「超」などの、若者言葉・カジュアルな表現は、親しい人同士の会話で使用されることがあります。

しかし、さまざまな関係値の人が参照する「書き言葉」を用いる場面では不適切な表現にあたるため、使用には注意が必要です。

若者言葉・カジュアルな表現の文例
不適当な表現:昨日はめちゃめちゃ多くの人が、店舗にいらっしゃいました。

適当な表現:昨日はとても多くの人が、店舗にいらっしゃいました。

不適当な表現:明日の天気は、晴天で超暑いようである

適当な表現:明日の天気は、晴天で非常に暑いようである。

 

消極的表現

「〇〇みたいな」「〇〇たり」などの消極的な表現は、言い切りを避けたいときや、物事を曖昧にさせたいときなどに、よく使用される表現ですが、「書き言葉」では不適当な表現にあたるため注意しましょう。

消極的表現の文例
不適当な表現:お客様よりこのような要望があったりしたので、一応上司には報告をしておきました。

適当な表現:お客様よりこのような要望があったので、一応上司には報告をしておきました。

不適当な表現:あの人の考え方は、間違ってたりします。

適当な表現:あの人の考え方は、間違っています。

「話し言葉」「聞き言葉」の違いを理解して、使い分けましょう

「書き言葉」が適切な場合に、無意識に「話し言葉」を使ってしまう場面が散見されます。

間違えやすいポイントや、注意すべき表現を理解したうえで、ふたつの言葉を正しく使い分けましょう。

特に、「ら」抜き言葉や「い」抜き言葉、二重表現などは、見分けがつきにくい語句の種類が多いため、注意が必要です。

ビジネスチャット「Chatwork」では、書き言葉の使用が必要とされる際にも、リアクション機能を活用することで、固い印象になりすぎない、やりとりが可能になります。

社員のテレワークや、出張時など、離れた場所でも円滑なコミュニケーションを取ることができるビジネスツールです。

コミュニケーションの活性化にも役立つ「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]引用・抜粋:マサチューセッツ工科大学「話し言葉と書き言葉」
http://web.mit.edu/kakikotoba/Rules%20for%20Writing%20%20copy.pdf

ビジネスチャットのエチケットをご存知ですか?
ビジネスチャット利用のエチケット

ビジネスチャットは、会話形式で文字のやりとりができるコミュニケーションツールです。

メールや電話よりも素早く、くだけた表現でやりとりができる一方、「この使い方でいいのだろうか」と不安に覚えたことはないでしょうか。

ビジネスチャットは業務利用するものであるため、使う人ひとりひとりに一定のエチケットが求められます。

本資料では、ビジネスチャットの良さを生かしつつ、円滑にコミュニケーションをおこなうために守るべきエチケットを紹介します。

ビジネスチャットをより使いこなしたい方はぜひ参考にしてください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事