「早速」はビジネスで使える?「早速のご対応」の意味や使い方を例文つきで解説

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

「早速」という言葉をビジネスシーンで活用したことはありますか。

「早速」は、すぐに本題にはいりたい時や、相手の早い対応に感謝を示したい時など、使われ方や意味もさまざまです。

「早速」の正しい意味や使い方を知り、ビジネスコミュニケーションの円滑化を目指しましょう。

「早速」の正しい意味とは

「早速」は、名詞では「速やかなこと・にわかなこと・急なこと」という意味、副詞では「すぐに・速やかに」という意味をもつ言葉です。

そのため、「すぐに取りかかる、行動や対応が素早い」といったニュアンスの言葉として覚えておきましょう。

「早速」は、自分の行動に対しても、相手の行動に対しても使える言葉で、上司や取引先などの目上の相手に対しても使えるため、ビジネスシーンでも活用しやすいでしょう。

また、本題にはいる前や話を変える時の接続語として、話の冒頭に「早速」が使われることもあります。

さまざまなシーンで活用することができるため、正しい使い方を確認していきましょう。

「早速」の活用方法

上述した通り、「早速」は目上の人に対しても使える表現のため、さまざまなビジネスシーンで活用されます。

今回は、そのなかでもよく使われる表現や使い方を、例文を交えてみていきましょう。 

早速のご対応

「早速のご対応」という表現は、「すぐのご対応・早めのご対応」と同じ意味をもつ表現で、ビジネスシーンで頻出する使い方です。

期間を設けているなかでも、早いタイミングで対応をしていただいた、期間内のうちに対応いただいた、などのシーンで活用する表現で、タイミングが早いかどうかの判断は、「早速」を使う側、つまり期限を設けて相手に依頼する側の判断になります。

相手の行動が早いと思った際は「早速のご対応ありがとうございます」などの使い方ができますが、明らかに遅い対応にも関わらず、この表現を使ってしまうと、相手に不快感を与えてしまう可能性もあります。

早さの判断が難しい場合は、依頼した日に対応してもらった、提示していた締め切りより早く対応してくれたなど、客観的にみても「早い」と判断できる場合のみ活用するようにしましょう。

・早速のご対応、誠にありがとうございます
・早速のご対応の甲斐もあり、無事納品できましたので感謝申し上げます

 

早速のご返信

ビジネスメールで使われる表現として、「早速のご返信」という言葉があります。

こちらから返答が必要なメールを送り、そのメールに対して早いタイミングで相手から返信をもらった際に活用する表現で、「早速のご対応」と同様に、返信のタイミングが早いかどうかは、返答メールをうけとる側、つまり相手に返答を依頼していた人の判断になります。

送ったメールの内容が、相手に返信を促すようなものでなければ、「早速のご返信」は違和感がある表現になるため使用は避けましょう。

・早速のご返信ありがとうございます
・早速のご返信感謝申し上げます

 

早速ですが

「早速ですが」も、ビジネスシーンでよく使われる表現です。

営業の際や顧客との打ち合わせの際などには、まずはその場の雰囲気を柔らかくするために、アイスブレイクが展開されがちですが、このアイスブレイクが一区切りするタイミングで活用することができるのが「早速ですが」です。

「早速ですが、○○に関しての打ち合わせをはじめさせていただきます」などのように活用することで、「ここから本題にはいっていく」という区切りをつくることができます。

・早速ですが、本題に入らせていただきます
・それでは早速ですが、本日お伺いをした理由に移らせていただきます

 

早速○​​○させていただきます

「早速」は、自分の行動に対しても、相手の行動に対しても使える表現のため、「早速○○させていただきます」という使い方もできます。

相手に教えてもらったことなどに対して、自分が実践することを伝える際に使われる表現です。

・早速業務に活用させていただきます
・早速確認させていただきます

「早速」の類語・言い換え表現

ここまで「早速」の使い方と複数の意味についてみてきましたが、それぞれ同じ意味をもつ類語表現が存在します。

時と場合によって適切な表現が活用できるように、「早速」の類語や言い換え表現についてみていきましょう。

迅速

「早速」の類語として、物事の進捗や行動が早いことを意味する「迅速」があります。

「早速」と同じ意味をもつ言葉ですが、よりスピードがはやい場合やスピード感を強調する場合に適切な表現です。

予定の期日よりもはやい対応をしてもらった際などには、スピードの速さを強調した、「迅速なご対応ありがとうございます」とする方が、より適切な表現になります。

至急

非常に急ぐ、この上なく急ぐという意味をもつ「至急」も、「早速」の類語です。

極めて急いでいることを示す表現で、「至急対応いたします」は、自分がとても急いでいる姿勢を相手に伝えることができます。

一方で、相手の行動に対して「至急お願いします」すると、相手を急かすことになるため、上司や取引先の人など、目上の人に活用すると失礼にあたる可能性があります。

自分の行動以外に使う際は、注意するようにしましょう。

早急

非常に急いでいる、差し迫っているという意味をもつ「早急」も、「至急」と同様に、極めて急いでいる場面で使われる表現です。

そのため、目上の人に対して使う際は注意が必要です。

完了していない事柄に対しては使わないようにし、「急ぎで対応してくれたので助かりました」などの気持ちを伝える際に、「早急にご対応くださいましたおかげで、無事に開催に間にあいそうです」のように活用するようにしましょう。

取り急ぎ

真っ先に、すぐにという意味をもつ「取り急ぎ」もよく使われる表現のひとつです。

「準備は不十分であるがとにかく」というニュアンスをもつ表現のため、「早速」とは少し意味が異なる点に注意が必要です。

相手からの連絡に対して、真っ先に御礼を伝えたい際などに用いる表現で、特段急ぎではない要件に「取り急ぎ」をつかうと、相手に不信感を与えてしまうため、気をつけましょう。

>「取り急ぎ」の意味とは?に関する記事はこちら

直ちに

「直ちに」は、間髪いれずにすぐに行動する意味あいで使われる言葉です。

「直ちに」も、「早速」と同様、急ぎを要する際の表現で使われることが多いですが、より緊急度が高く、緊張感のある表現となります。

緊急度の高さや、緊張感をもって対応してもらいたい事項に対して使うようにしましょう。

速やかに

「速やかに」は、形容動詞で、物事が進む度合いがはやい時や、時間をおかずにすぐにおこなうことを意味する言葉です。

丁寧な言葉をつけくわえることで、目上の人に対しても使用できる表現で、「速やかに」の後には、「期日は明日までとなっております。速やかにご連絡をお願いいたします」など、具体的な行動を述べるのが一般的です。

「早速」をメールで使う際のポイント

「早速」は、ビジネスメールでも使うことが多い表現ですが、使用する際は、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。

円滑なコミュニケーションを実現するために、気をつけるポイントをみていきましょう。

「〜いただき」の表現を用いる

「早速」の言葉とあわせて「〜いただき」の表現を用いることで、より丁寧な言い回しにすることができます。

「いただき」という言葉は、「してもらう」の謙譲語のため、「早速」につけくわえることで、相手に敬意を示しながら、より丁寧に思いを伝えることができます。

・早速ご対応いただき、誠にありがとうございます
・早速ご確認いただき、とても助かりました

「お忙しいなか」を文頭に入れる

文頭に「お忙しい中」や「ご多忙の折」という表現をくわえることで、丁寧な印象を与えることができます。

この表現は、「忙しいにも関わらず、自分のために時間を費やしてくれたこと」に対しての感謝を伝える表現です。

たとえ相手が確実に忙しくない場合でも、「お忙しいところ」は、汎用的に使うことができる表現方法のため、こちらから依頼した際などは活用するようにしましょう。

使用シーンに注意する

「早速」の言葉を使う際は、使用シーンに注意する必要があります。

「早速のご対応ありがとうございます」は、相手側も多忙であることを共通認識のうえで、相手の返信や対応が著しくはやかった場合のみに使うべき表現です。

返信や対応がはやいとは言えない場合に使ってしまうと、上から目線の表現になりかねず、場合によっては、嫌味ととらえられてしまう可能性もあります。

メールを送る際は、本当に適切な表現なのかを確認して送るようにしましょう。

>メッセージの編集・削除が可能な「Chatwork」の登録方法に関する記事はこちら

「早速」をビジネスシーンで使いこなそう

「早速」は、相手の対応に感謝を伝える際や、物事の本題にはいる際など、さまざまなビジネスシーンで活用される表現です。

正しい言葉遣いは、ビジネスで大切な信頼関係の構築に必要不可欠な要素です。

「早速」のように、よく使う表現であっても、正しく使えていないこともあるため、少しでも不安に思ったら、改めて適切な使い方や正しい意味を確認するようにしましょう。

オンラインのコミュニケーションには「Chatwork」を活用しよう

テレワークやリモートワークなどの働き方が増えてきたなかで、コミュニケーション方法に「ビジネスチャット」を採用する企業も増えています。

ビジネスチャットは、チャット形式でメッセージのやりとりができるツールで、従来のメールや電話、FAXなどのコミュニケーション手段と比較して、素早く簡単にコミュニケーションがとれる利点があります。

ビジネスチャット「Chatwork」は、離れた場所にいても、簡単に円滑なコミュニケーションが実現できるビジネスツールです。

チャット形式でやりとりができるため、メールや電話などの従来のコミュニケーション手段と比較して、スピーディーで簡潔なやりとりができることが特徴です。

Chatworkとほかツールの比較はこちら

>Chatworkの機能はこちら

一度送信したメッセージを編集・削除もできるため、誤字脱字の防止や、誤送信のリスク減少にも効果的です。

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

「早速」はビジネスシーンにおいて感謝を伝えたり、会議の本題に入るときなどに活用できる表現ですので、本記事を参考にしながら、円滑なコミュニケーションを実現しましょう。

そして、ビジネスコミュニケーションの新しい手段として「Chatwork」の活用をぜひご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットを知りたい方におすすめの資料
ビジネスチャット完全ガイド

このお役立ち資料ではビジネスチャットの特徴や導入メリット、メール・電話などとの違い、ビジネスでの活用方法をまとめました。

昨今では、テレワークの必須ツールともいわれるビジネスチャット。 導入にむけて情報収集中の方のための資料です。

  • ビジネスチャットとは
  • 特徴や導入メリット
  • ビジネスチャット選びのポイント

などを解説します。貴社のビジネスチャット導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事