「ご報告まで」の意味とは?ビジネスシーンでの正しい使い方を例文つきで解説

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

ビジネスシーンで「ご報告まで」という表現を使ったことはありますか。

「ご報告まで」は、業務やタスクの進捗状況を知らせたい場合にもちいられる表現で、目上の人や取引先など、使う相手によって使いわける必要がある表現です。

「ご報告まで」の正しい意味や使い方、注意点を、例文を用いて解説します。

「ご報告まで」の意味とは

「ご報告まで」は、接頭語の「ご」に、物事や事象についての情報を他者に知らせる意味をもつ名詞「報告」と、範囲や程度を示す副助詞の「まで」で構成された言葉です。

そのため「ご報告まで」は、「報告のみにとどめる」という意味をもつ表現です。

また、状況を急いで伝えたいときにもちいる表現のため、伝達する内容は、わかりやすく簡潔に表現することが重要です。

伝達する内容は、報告をする時点での内容となるため、状況が完結した際には、完了報告や最終的な結果をあらためて伝えることがマナーです。

「ご報告まで」の正しい使い方とは

経過や結果を知らせる「ご報告まで」は、部下から上司、後輩から先輩などの関係性で用いられる表現です。

「ご報告まで」という言い切りの形で使ってしまうと、ややぶっきらぼうな印象や、偉そうな印象を与えてしまう可能性があるため、使う際は、後に続く言葉を工夫するようにしましょう。

たとえば、「ご報告いたします」「ご報告させていただきます」などと付けくわえると、印象を和らげることができます。

「ご報告まで」と、言い切りの形で終わらせるのは、ごく親しい上司や先輩やまたは、同僚や後輩に留めておくのがよいでしょう。

「ご報告まで」の活用シーンと例文

進捗報告の際に便利な「ご報告まで」という言葉ですが、使う相手によって、配慮が必要な言葉でもあります。

ここからは、使う相手別に「ご報告まで」の活用方法を、例文とあわせて確認していきましょう。

親しい上司や先輩に対して使う場合

親しい上司や先輩に対して「ご報告まで」を使う場合は、言い切りのあとに「ご確認のほどお願いいたします」などの表現をつけくわえるようにしましょう。

言い切りでメッセージを終わらせてしまうと、冷たい印象を与えてしまうため、親しい間柄でも、配慮するようにしましょう。

・○○の案件につきまして、顧客と日程調整の連絡がつきましたので、ご報告まで。ご確認のほどお願いいたします
・○○の進捗につきましてまずはご報告まで。詳細がわかり次第、追って連絡いたします

上司に対して使う場合

ごく親しい場合を除き、上司に対して言い切りの形で活用することは避けましょう。

言い切りの形で終わらせてしまうと、無礼な印象を与えかねないため、「ご報告させていただきます」「ご報告いたします」と表現するのが適切です。

・×月度の予算案につきまして、中間報告がまとまりましたのでご報告させていただきます。
・昨日の議題につきまして、○○へ方向性が固まりましたのでご報告いたします。

取引先やお客様に対して使う場合

取引先やお客様に対しては、会社の代表として、相手に失礼のない丁寧な表現をもちいるようにしましょう。

言い切りの形で終わらせることなく、「ご報告させていただきます」「ご報告申し上げます」など、相手をたてた言葉使いが適切です。

・○○につきまして、本日お荷物が届きましたので発送させていただきます。取り急ぎご報告させていただきます。
・○○の案件につきまして、設定が完了いたしましたのでご報告申し上げます。

受賞などの報告に使う場合

おこなったとりくみに対して賞を与えられた際など、相手への報告に用いる際は、「ご報告いたします」「ご報告申し上げます」のように使用しましょう。

・この度、弊社の○○事業のとりくみが評価され、△△を受賞いたしましたことを謹んでご報告申し上げます。
・私事ではございますが、×月に結婚いたしました。まずはご報告いたします。披露宴等につきましては、改めて連絡いたします。

「ご報告まで」の丁寧な言い回し

やや冷たい印象を与えてしまう「ご報告まで」ですが、丁寧な言い回しにすることもできます。

さまざまな表現を覚えておき、状況に応じて選択できるようにしましょう。

・○○の件につきまして、お客様よりご連絡がございましたので、取り急ぎご報告いたします。
・出張の件で、部長より○○の確認がございました。ご報告のみにて失礼させていただきます。
・先日の会議の進捗につきまして、○○まで経過いたしました。以上、ご報告までで恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

「ご報告まで」の類語・言い換え表現

目上の人や取引先相手にも活用することができる「ご報告まで」ですが、ややぶっきらぼうな印象を与えてしまう可能性もあるため、類語や言い換え表現を活用したいシーンもあるでしょう。

時と場合に応じて言い換えられるように、「ご報告まで」の類語・言い換え表現を確認していきましょう。

ご連絡まで

業務の現状の進捗状況を告げる「ご連絡まで」は、「ご報告まで」と同じ意味あいで使用ができます。

「ご連絡申し上げます」「取り急ぎ連絡させていただきます」などと表現することができます。

また「ご連絡まで」も、「ご報告まで」と同様に言い切りの形は避けて、後に和らげる表現を付け加えるようにしましょう。

要件のみ申しあげます

「要件のみ申しあげます」は、「ご報告まで」「ご連絡まで」以上に、丁寧な表現です。

「申し上げます」が謙譲語であるため、目上の人や上司にも活用しやすい表現で、できるだけ丁寧な印象を与えたい場合に適切な表現です。

「ご報告まで」の英語表現

「ご報告まで」は、英語表現では、「I'm reporting」「I will report」などと表現されることが多いです。

「report」は、「伝える、報告する」という意味をもつ動詞で、構文として覚えておくと、いざというときに使用しやすいでしょう。

・I will report about yesterday's meeting.
(昨日の会議の件についてご報告します。)

・I'm reporting about the phone call I made earlier.
(先ほどの電話の件についてご報告します。)

英語表現の場合も、状況を急いで伝えたいことに違いはないため、伝達する内容は、わかりやすく簡潔に表現することを意識しましょう。

「ご報告まで」を使う際の注意点

ここまで「ご報告まで」の正しい使い方や言い換え表現を確認してきました。

最後に、使用する際の注意点を確認していきましょう。

親しい間柄の人のみに使用する

「ご報告まで」は、物事の進捗状況を伝達する表現ですが、言い切りの形で使ってしまうと、やや冷たい印象を与えてしまうため、目上の人や取引先に使う際には、注意が必要です。

親しくない上司や面識がない人などに対して、言い切りの表現を使ってしまうと、謙虚さが伝わらず、不快感を与えかねません。

「ご報告まで」は、親しい間柄の人に対して、至急の連絡のみで用いるようにしましょう。

言い切りの形を使わない

言い切りの形は、ぶっきらぼうな印象や偉そうな印象を与えてしまいます。

「ご報告まで」を活用する際は、言い切りの形でメッセージを終わらせるのは避け、「お忙しいところお手数をおかけいたします」や「ご確認をお願いいたします」などの一言を付け加えるようにしましょう。

クッション言葉があるだけで、抱く印象が変わるため、相手への配慮を欠かせないコミュニケーションを意識するようにしましょう。

>クッション言葉とは?に関する記事はこちら

返信不要かどうかを明記する

「ご報告」の表現を使用したら、返信不要かどうかを、メッセージに明記するようにしましょう。

「ご報告まで」のみを伝えてしまうと、返信が必要か不要かの判断の手間がかかってしまいます。

返信をしてもらいたい場合は、「お目通しいただきましたら、確認した旨をご返信いただけますと幸いです」のように記載しましょう。

返信が不要な場合は、「ご返信には及びません」「ご返信は無用です」などと付けくわえると、相手に手間をかけることもありません。

改めて連絡を必ずおこなう

「ご報告まで」は、完了報告ではなく、現段階での業務の進捗状況を伝達する表現のため、最終的な結果や完了報告は、あらためて連絡をおこなう必要があります。

「先日お伝えいたしました○○の件について、完了報告をさせていただきます」などとはじめると、相手も内容を理解しやすいでしょう。

スピーディーな報告や情報共有に「Chatwork」

「ご報告まで」は、業務やタスクの進捗状況をスピーディに伝える際に便利な言葉ですが、使い方によっては偉そうな印象を与えかねないため、注意が必要な表現です。

活用する際は、言い換え表現や類語を適切に利用して、円滑なコミュニケーションにすることを意識しましょう。

また、コミュニケーションを円滑に進めるためには、返信不要かどうかの旨をあわせて記載する、業務の最終的な報告はあらためておこなうなどの、相手の目線に立った配慮も必要です。

自分のコミュニケーションが、適切になっているかを今一度見直してみましょう。

働き方の多様化にともない、スピーディーな情報共有を実現するために、「ビジネスチャット」を導入する企業が増えています。

ビジネスチャット「Chatwork」は、オンライン上で簡単にメッセージのやりとりができるコミュニケーションツールです。

電話やメールなどの従来のビジネスコミュニケーションの手段と比較して、よりスピーディーに簡潔に情報伝達ができるため、コミュニケーションストレスを感じにくいことも特徴です。

>Chatworkと他ツールの比較はこちら

チャット機能だけでなく、ビデオ/音声通話機能やタスク管理機能、ファイル管理機能などの、ビジネスに便利な機能も複数搭載されているため、業務効率化に最適なツールです。

リアクション機能を用いることで、相手に既読を伝えることもできるため、コミュニケーションのラリーの省略にも効果的です。

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

ビジネスコミュニケーションの手段として、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

メールとチャットの特性の違いを活かせていますか?
よくあるシーン別メールとチャットの使い分け

「メールの廃止はできないからビジネスチャットは導入できない」「ビジネスチャットを導入したが、メールと使い分けができずごちゃまぜになってしまっている」そんな悩みは、チャットとメールの特性の違いが活かせていないために起きているのかもしれません。

メールとチャットの特性の違いをふまえ、実際の業務シーン別に使い分け方を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事