「イレギュラー」の意味とは?例文付きでビジネスシーンでの使い方や類義語を解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「イレギュラー」の意味とは?例文付きでビジネスシーンでの使い方や類義語を解説

目次

ビジネスシーンで耳にする「イレギュラー」は、一見ネガティブな印象の言葉のひとつです。

普段通りではない状況を説明する「イレギュラー」には、どのような意味があるのでしょうか。

正しい使い方や類義語を解説します。

「イレギュラー」の意味とは

「イレギュラー」には、「不規則な」「変則的な」という意味があります。

ビジネスのシーンで使われる「イレギュラー」は、「意図していない出来事や状況が起こったとき」「通常のルールやスケジュールと異なるとき」などに使用されます。

「イレギュラー」は元々英語の「irregular」が語源のカタカナ語で、「不規則な」「ふぞろいな」などの意味をもちます。

ビジネスシーンでの「イレギュラー」の使い方と例文

「イレギュラー」の使い方を例文付きで解説します。

  • イレギュラーな業務
  • イレギュラーな対応
  • イレギュラーな事態
  • イレギュラーな人事
  • イレギュラー続き

それぞれビジネスシーンで使われる機会が多い使い方のため、ぜひコミュニケーションに活用してみてください。

イレギュラーな業務

「イレギュラーな業務」は、「普段とは違う業務対応」をしなくてはならない際に使われます。

イレギュラーな業務を突然任されると、戸惑ってしまうものです。

  • 今月は通常の業務とは異なり、イレギュラーな業務が増えています。
  • IT部門はシステムの障害対応に備え、24時間体制で待機が必要な場合があり、イレギュラーな業務が発生します。
  • イレギュラーな業務に対応するための対策を講じるために、緊急対応チームを組織しました。

イレギュラーな対応

「イレギュラーな対応」には「予定外の変則的な対応」という意味があります。

業務に関してマニュアルが決められている場合や、クレームなどのトラブルが発生した際には柔軟な対応が求められます。

イレギュラーな対応はストレスも多く対応に時間がかかるため、できるだけ避けたいと思われがちです。

  • プロジェクトのスケジュール変更によりイレギュラーな対応が必要となり、リソースの再調整が行われました。
  • 顧客からの急な要望に対して、カスタマーサポートチームはイレギュラーな対応を行い、問題を解決しました。
  • 大雪による交通混乱のため、航空会社は乗客へのイレギュラーな対応策を発表し、フライトの遅延に対処しました。

イレギュラーな事態

「イレギュラーな事態」とは、想定外のことが起こった時に使われる言葉です。

「イレギュラーな出来事」と同様のニュアンスで使われます。

  • 今朝、イレギュラーな事態が発生し、オフィスの電力供給が一時的に遮断されました。
  • プロジェクトの進行中にイレギュラーな事態が発生したので、スケジュールの見直しが必要です。
  • イレギュラーな天候条件のため、交通が混乱し、市内の道路が通行不能になりました

イレギュラーな人事

人事でも「イレギュラー」は使われ、組織の中ではときに「イレギュラーな人事」が発表されるケースがあります。

予想もしていなかったような人事異動や配属が発表された際は、「イレギュラーな人事」と表現します。

  • プロジェクトの進行中に、主要なチームメンバーが予想外の理由で辞職したため、イレギュラーな人事課題に直面しました。
  • 新しい経営陣が入社し、イレギュラーな人事変更が行われました。
  • 急な業界の規制変更に対応するため、法務部門にイレギュラーな人事配置が行われました。

イレギュラー続き

予想外、例外な出来事が続いている状況を「イレギュラー続き」と表現します。

組織やメンバーの負担となる「イレギュラー続き」は、なるべく起こって欲しくないものです。

  • 最近の天候が非常に不安定で、イレギュラー続きの気象条件が農業に影響を及ぼしています。
  • このプロジェクトは予想外の技術的な課題に直面し、イレギュラー続きの遅延が発生しています。
  • 今年の株式市場は非常に不安定で、イレギュラー続きの株価変動が投資家に影響を与えています。

「イレギュラー」の類語・言い換え表現

「イレギュラー」はカタカナ語であり、使う相手によっては正しく意味が理解されない場合があります。

相手や状況に応じて使用可能な、「イレギュラー」の類語や言い換え表現をご紹介します。

異例

「イレギュラー」の類語に「異例」があります。

通常と異なり、今まで他に例のないという状況を意味します。

「異例」には驚きのニュアンスが含まれる場合があり、使い方によってはネガティブにもポジティブにも捉えられます。

「今までにない」というニュアンスを強めに伝えたい時に使う言い換え表現です。

不測の事態

「不測の事態」は「イレギュラー」の類語表現です。

「予測していなかった出来事」という意味をもち、イレギュラーよりも固い印象をもちます。

まったく予想をしていなかったアクシデントなど、状況そのものを意味します。

>不足の事態とは?に関する記事はこちら

特例

「特例」は、「特別であるもの」「特殊である様子」を意味する類義語です。

「特例」は、普段では認められないことなどを許可をする時に使います。

イレギュラーな出来事以外にも、特別に認めた物や事柄なども含みます。

例外

「イレギュラー」の言い換え表現の「例外」は、一般的な原則に当てはまらない通常と違う状態を表わします。

従来とは異なる状況になった状態を意味する言葉は同じでありながら、上司や取引先などに丁寧に言い換えたい時に用います。

イレギュラーな事態に対応する方法

イレギュラーな事態は、気を付けていても起こってしまうものです。

状況に応じて柔軟に対応するための方法を4つご紹介します。

(1)事態を受け止める
(2)客観的に事態を把握する
(3)報連相をおこなう
(4)振り返りをおこなう

(1)事態を受け止める

イレギュラーな事態が発生すると、パニックになってしまいがちです。

焦りにより冷静な正しい判断ができなくなってしまうので、まずは胸に手を当てて深呼吸をし、落ち着きましょう。
気持ちが落ち着くと、冷静に事態を理解し受け止めることができるようになります。

(2)客観的に事態を把握する

事態を受け止めたら、何が起こっているのかを把握します。

身に危険が迫っている場合や、いち早く対応を急がなければならない場合には、優先順位を高く設定して行動することが重要です。

事態の把握は主観的になってしまいがちなので、一歩離れて客観的に把握するよう心がけましょう。

(3)報連相をおこなう

イレギュラーな事態が発生した際には、周囲との連携がとても大切になります。

焦っていると報連相が滞ってしまいやすいので、忘れないように周囲や上司と連絡を取り合いましょう。

自分ひとりでは判断できない内容も、周囲と連携すれば適切な指示を仰げるかもしれません。

(4)振り返りをおこなう

イレギュラーな事態は、予想外に起こってしまうものです。

発生した後には「なぜ起きたのか」「今後起きないためにどうすべきか」を振り返って対策をしましょう。

振り返りをきちんとおこなうことで、事前の予防につながります。

スピーディな報連相にも「Chatwork」

「イレギュラー」な出来事は、なるべく起こって欲しくないものです。

「イレギュラー」な状況に直面した際には、冷静な判断と正しい対応を心がけましょう。

中でも欠かせない報連相は、迅速かつ正確なやり取りが欠かせません。

ビジネスチャットツールのChatworkを使えば、個々人だけでなくメンバー全員にスムーズに連絡をすることができます。

イレギュラーな事態に備えて、Chatworkの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

情報共有、本当にできていますか?
見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事