マネジメントサイクルとは?代表的な種類と問題点、企業事例や成功のポイントを解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

マネジメントサイクルとは、業務の目標達成に向けて、効率的に管理するための仕組みを指します。

代表的な例にPDCAやOODAがあり、業務改善や意思決定をするときなどに役立ちます。

継続的に行動と改善を繰り返すことで、素早く成果を出せるようになるでしょう。

マネジメントサイクルの代表的な種類と問題点、企業事例を解説します。

マネジメントサイクルとは?

マネジメントサイクルとは、業務の目標達成に向けて、効率的に管理するための仕組みを指します。

代表的な例にPDCAサイクルがあり、企業の業務改善に向けて、継続的に改善と行動を繰り返します。

マネジメントサイクルは、企業の商品やサービスの質を向上させるために欠かせないとりくみです。

マネジメントサイクルの重要性

市場の変化が激しい時代では、顧客が求めるニーズに対応できる企業体制が求められます。

マネジメントサイクルを実施することで、従業員同士で目標を共有しやすくなり、方向性を一致させることで行動と改善にとりくみやすくなるでしょう。

代表的なマネジメントサイクルの種類

代表的なマネジメントサイクルの種類について見ていきましょう。

PDCA

PDCAは、計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→改善(Action)の4つの流れを繰り返して、成果を出していくマネジメントサイクルです。

業務改善や目標達成に向けて行動するときに使えます。

PDCAは、現状に不足している課題や行動を見える化できて、成果が出るまで繰り返せるメリットがあります。

>PDCAとは?に関する記事はこちら

PDR

PRDは、準備(Prep)→実行(Do)→見直し(Review)の3つの流れを繰り返して、成果を出していくマネジメントサイクルです。

PDCAと比べると、全体の工程が少ない分、サイクルの流れが早くなる特徴があります。

PRDは、変化の流れが早い現代社会の時代に対応できるマネジメントサイクルとして注目されています。

PDS

PDSとは、計画(Plan)→実行(Do)→評価・見直し(See)の3つの流れを繰り返して、業務管理をおこなうマネジメントサイクルです。

PDCAと比べると、評価(Check)→改善(Action)の部分は、評価・見直し(See)にまとめられている特徴があります。

PDSは、PRDのマネジメントサイクルと同じく、変化の流れが早い現代社会の時代に対応できるマネジメントサイクルとして注目されています。

CAPD

CAPDとは、評価(Check)→改善(Action)→計画(Plan)→実行(Do)の4つの流れを繰り返して、成果を出していくマネジメントサイクルです。

PDCAと比べると、4つの順番が入れ替わっているという特徴があります。

CAPDは、あとから計画や実行にとりくむ流れになるので、先に計画や実行にとりくむPDCAよりも、全体の流れをスムーズに進めやすいところが特徴です。

OODA

OODAとは、観察(Observe)→状況判断・方向付け(Orient)→意思決定(Decide)→行動(Action)の4つの流れから、意思決定を図るマネジメントサイクルです。

PDCAの場合は、計画を立てて行動する特徴がある一方、OODAは現状に合わせて臨機応変に意思決定を下す特徴があります。

OODAは、スピーディーな意思決定や行動をとりたいときに役立つでしょう。

>OODAループとは?に関する記事はこちら

STPD

STPDは、現状を見る(See)→考える(Think)→計画(Plan)→実行(Do)の4つの流れから、管理業務をおこなえるマネジメントサイクルです。

PDCAと比べると、計画(Plan)→実行(Do)をあとでとりくむ特徴があります。

STPDは、現状の課題に関する情報収集をして、分析を進めてから行動に移せるため、計画と実際の行動のギャップを埋めてとりくめるメリットがあるでしょう。

特定の目的に絞ったマネジメントサイクルの種類

そのほかのマネジメントサイクルの種類を見ていきましょう。

PCM

PCMは、概要表を使ってプロジェクト管理を進めるマネジメントサイクルです。

プロジェクトに関する「計画立案」や「モニタリング・評価」を活用しながら成果を出していきます。

PCLCM

PCLCMは、PCライフサイクル管理とも呼ばれているマネジメントサイクルです。

仕事に使うPCにおいて、調達から廃棄までの過程をシステムで管理できるサービスを利用することで、PC全体にかかる経費を削減できるメリットがあります。

マネジメントサイクルの問題点

マネジメントサイクルの問題点について見ていきましょう。

PDCAの場合

PDCAの問題点は、計画から改善までの流れに時間がかかることがあげられます。

また、先に計画を立ててから行動するため、同じようなパターンのアイデアが生まれやすくなるでしょう。

斬新なアイデアが出づらく、成果が出るまでに時間がかかってしまうため、スピーディーな時代の流れに対応できない可能性があります。

OODAの場合

OODAの問題点は、判断内容が適切でない場合、方向性がズレた行動をとってしまうことがあります。

周りと内容を共有できていないと、独断で行動してしまうケースがあるため、組織で活用するときは、事前に認識をすり合わせしておくことが重要です。

マネジメントサイクルを成功させるポイント

マネジメントサイクルを成功させるポイントをみていきましょう。

実現できる目標設定にする

マネジメントサイクルを使うときは、低すぎず高すぎない、適切な目標設定にしましょう。

現実的ではない目標設定にすると、社員が行動するときのモチベーションが削がれてしまう可能性があります。

規模が大きい目標設定を決めるときは、中間の目標設定を決めておくなど、ゴールまでの過程を細分化しておくことが重要です。

失敗する原因を見つめる

マネジメントサイクルを実行したときに、どのようなポイントで改善が必要になるのか、定期的に失敗を見つめ直すことが大切です。

成功につながったポイントや成果を社内全体に共有することで、社員のモチベーションを高める工夫につながるでしょう。

継続と改善を繰り返す

マネジメントサイクルは、基本的に成果が出るまで何度も繰り返しおこないます。

たとえば、PDCAの場合は、計画→実行→評価→改善(計画に戻る)という流れで、成果が出るまで調整を繰り返してみましょう。

マネジメントサイクルの情報共有にChatwork

マネジメントサイクルを活用することで、企業の業務改善に働きかけられます。

PDCAやOODAなど、内容や目的に合わせて代表的なマネジメントサイクルを活用してみましょう。

マネジメントサイクルの成果や改善点の共有には、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

グループチャットを使うことで、社内全体に向けてスムーズに情報共有ができます。

マネジメントサイクルの情報共有には、Chatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧

このお役立ち資料では業務を効率化したいが「何から手をつければ良いかわからない」という方向けに、業務効率化のタイプを分類し業務別の効率化モデルを紹介した資料です。

巻末には、おすすめの業務効率化ツール一覧も掲示しております。

  • 「業務効率化」とは何か
  • リスクを取らない社内思考
  • 業務効率化モデル

なども解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事