劣等感が強い人の特徴とは?コンプレックスに感じる原因や克服方法

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
劣等感が強い人の特徴とは?コンプレックスに感じる原因や克服方法

目次

自分が、自分の理想や他者よりも劣っていると感じる感情のことを「劣等感」といいます。

劣等感が強すぎると、自己否定やマウンティングといった形で、自分や他者に不利益を生じさせかねません。

劣等感を抱きやすい人の特徴や劣等感の原因、克服方法について学び、劣等感とうまくつきあっていけるようになりましょう。

劣等感とは

「劣等感」とは、他者や理想の自分よりも、現状の自分が劣っていると感じる感情のことです。

容姿や成績、体力、性格、人間関係、社会的地位など、劣等感が生じるポイントは、人によってさまざまです。

また劣等感は、成長過程において、多かれ少なかれ、だれしもが経験する感情でもあります。

抱える劣等感が大きすぎれば、自己嫌悪や抑うつ状態などにおちいる危険もありますが、劣等感とうまくつきあうことができれば、成長や変化のきっかけになる場合もあります。

劣等感の原因や克服方法を学んでいきましょう。

劣等感とコンプレックスの違い

劣等感とコンプレックスは、似たような意味あいで用いられることも多い言葉ですが、本来の意味は異なります。

「劣等感」は、現状の自分が、他者や理想の自分に比べて劣っていると主観的に感じることですが、「コンプレックス」は、ある感情を中心に結びついた「記憶や思考のまとまり」のことを指します。

コンプレックスの中核には、その人にとって「つらい」「悲しい」などの、耐えがたい体験があるため、コンプレックスに触れるものごとのうけとめ方は、中核の感情の影響をうけて、かなり主観的になることが特徴です。

また劣等感は、比較する人や対象があってこそ生まれてくる感情ですが、コンプレックスは、比較する人や対象がなくても、生まれてくる感情です。

一般的には混同されがちな「劣等感」と「コンプレックス」ですが、本来の概念としては同じ意味ではない点に注意しましょう。

劣等感を抱きやすい人の特徴

劣等感を抱きやすい人はどのような人でしょうか。

今回は、劣等感を抱きやすい人の特徴の一例を紹介します。

  • 自己肯定感が低い
  • 自慢やマウンティングが多い
  • 人と比較してしまう
  • 完璧主義

自分や周囲の人の「劣等感の強さ」が気になったら、チェックしてみましょう。

自己肯定感が低い

劣等感を抱きやすい人は、自己肯定感が低い傾向にあります。

劣等感が自分に向けられると、自己嫌悪を感じたり、自己否定を繰り返したりするため、自己肯定感を保ちにくくなります。

劣等感があまりに複雑であったり、長く続いていたりすると、抑うつ状態にいたることもあるため、注意が必要な感情といえるでしょう。

自慢やマウンティングが多い

劣等感を抱きやすい人は、自慢話やマウンティングが多い場合があります。

たとえば、学歴や容姿、家族構成などについて、自慢をしたり、また相手を否定したりと、自分のほうが優れているような言動や行動をみせます。

こうした言動や行動は、一見、強気で自信のある人の振る舞いのようにみえますが、心の奥には「劣等感」がひそんでいる場合もあります。

強すぎる劣等感を補おうとして、「優れた人だと思われたい」という感情が生まれてしまい、それが自慢話やマウンティングとして表れてしまうのです。

人と比較してしまう

他者と自分を比べてしまいがちなのも、劣等感を抱きやすい人の特徴といえるでしょう。

劣等感を抱きやすい人は、他者をみるときに、容姿・学歴・社会的地位・家庭環境など、自分が劣等感を抱いているポイントに注目してしまいがちです。

たとえば、SNSをみては、「あの人は美人で幸せそう」「友達が多くてうらやましい」と感じ、「それに比べて自分は...」などと、自分が劣っていると感じるポイントをみつけては、落ち込んでしまいます。

あるいは、「あの人よりも学歴がいいから、わたしは優れている」などと、他人と比べて優越感を抱けるポイントをみつけて、満足しようとする人もいます。

いずれの行動も、自分への評価が、他者しだいで変化してしまうため、感情は不安定になりやすいです。

完璧主義

完璧主義な人も、劣等感を抱えていることがあります。

完璧主義な人の劣等感は、現在の自分が、理想とする自分に対して劣っていると感じていることから生じます。

たとえば、仕事でミスをしたときに、「完璧にやれたはずなのにミスしてしまった」と落ち込むのは、理想の自分にいたらない自分への劣等感からかもしれません。

同じミスでも「このくらいのミスならカバーできるから、大きな問題はない」「今日は疲れているから、体調をたて直して明日からまた頑張ろう」などと考える人は、ミスが劣等感に結びつきにくいです。

「完璧な自分でいたいという」考えが、劣等感を抱かせ、自分を苦しめている可能性もあります。

劣等感を抱く要因

劣等感を抱くようになる背景には、さまざまな要因があり、それぞれが複雑に絡んで生じることもあります。

ここでは、とくに強い劣等感をもつ人が抱えている要因をいくつか解説します。

  • コンプレックス
  • 育ってきた環境
  • 理想が高い
  • 負けず嫌いな性格

劣等感の背景を知る手がかりとしてチェックしてみてください。

劣等感の背景を知る手がかりとしてチェックしてみてください。

コンプレックス

劣等感と混同されやすい「コンプレックス」も、劣等感の要因になりやすいです。

コンプレックスは、比較する対象や人がいなくても生じる感情ですが、「客観的な事実」によっても生じる感情です。

たとえば、外見や運動能力などの身体的特徴により、社会生活をおくるうえでのハンディーキャップがあったり、国籍や性自認など、社会的な価値観において少数派とされやすい特徴をもつために、困難が生じやすかったりすることからも、コンプレックスは生まれます。

生まれもったもの自体が、必ずしも劣等感につながるわけではありませんが、社会生活をおくるなかで感じる「困難や生きづらさ」が強い場合、劣等感を抱きやすくなることがあります。

育ってきた環境

育ってきた環境が、劣等感の強さに影響している場合もあります。

周囲の大人から、きょうだいや同級生と比較され、否定的にあつかわれて育ってきた子どもは、「自分は人より劣った存在なんだ」と思う習慣がつくかもしれません。

あるいは、どれだけ努力しても「ここが足りない」「ここが駄目だ」などと、自分の否定的側面にのみ注目されて育った人は「完璧以外は価値がない」と考えるようになる場合もあるでしょう。

劣等感の強さは、育った環境に影響されて、自然に染みついてしまった可能性もあることを、認識しておきましょう。

理想が高い

自分に求める理想が高い場合は、劣等感を抱きやすくなります。

理想が高い人は、現在の自分への評価が厳しくなりがちです。

周囲からみれば、十分な成果をあげていても、理想とのギャップしかみえていない本人にとっては、理想にいたらない点ばかりが気になってしまうでしょう。

また、「完璧を理想」とする完璧主義者の場合、ちょっとした失敗でも自己嫌悪におちいり、劣等感で苦しみやすくなります。

劣等感による苦しみから逃れるために、少しでも失敗のリスクがある仕事は避け続ける人もいます。

劣等感に苦しみ続けている人は、仕事や人間関係で、高すぎる水準を自分に課していないかをみなおし、ハードルをさげる方法を考えるのも大切です。

負けず嫌いな性格

負けず嫌いな性格の人も、強い劣等感を抱いている場合があります。

負けず嫌いな人のなかには、どんな場面でも・相手がだれであっても、他者をライバルとみなして、常に優位に立とうとする人がいます。

勝っていると感じられる間は、優越感で満たされますが、ひとたび負けたと感じれば、劣等感にさいなまれ、苦しみが続いてしまうでしょう。

人より優位に立ち続けたいと、常に望んでいる負けず嫌いの人は、向きあいたくない「大きな劣等感を抱える人」かもしれません。

劣等感の克服方法

劣等感の強さを克服したい場合、どのような対策が望ましいでしょうか。

劣等感の克服に向けたポイントをいくつか紹介します。

自分にあった「劣等感との付きあい方」を探すヒントとしてご覧ください。

劣等感をうけいれる

劣等感をうけいれることは、劣等感をやわらげることにつながります。

まずは、劣等感を抱く自分を否定するのではなく、許してあげることが大切です。

また、信頼できる人と一緒に、「どんなことに劣等感をもちやすいのか」といった、自分の感情や得意・不得意などについて、客観的に理解する時間をもつのもよい方法でしょう。

このようなとりくみのなかで、自分では劣っていると思っていたことが、環境によっては活かせる長所であったり、まったく問題視されない弱みだったりすることに気づくかもしれません。

さらに、劣等感を抱いている自分への見方を変えられる可能性もあります。

劣等感を含めた「さまざまな自分のあり方」を認めることが、劣等感から解放されるためには必要であることを認識しておきましょう。

劣等感の原因を知る

劣等感の原因を、自分なりに理解することも、劣等感にうまく対処する方法のひとつです。

「いつ・どのような場面で・どのような人に対して・どのような点」で、劣等感を抱いたか考えてみましょう。

逆に、劣等感を抱かない場面がある場合、それはなぜかを考えてみるのもヒントになります。

たとえば、「周りに人がいると、批判されている気がして力がでないが、落ち着いた環境なら力を出せる」「容姿に関する言葉を聞くと落ち込みやすいが、趣味のコミュニティにいるときは容姿が気になりにくい」など、さまざまな状況での劣等感の様子を具体的に振り返ってみることが、原因解明のきっかけになります。

劣等感の原因がわかると、「できる限り落ち着いた場所や時間帯に作業する」「劣等感よりも大事にできるものをみつけて没頭する」などのような、対策を考えることもできるでしょう。

自分に劣等感を生じさせるものがなにかを理解することは、劣等感とうまくつきあうための第一歩になります。

人との違いを理解する

自分と他社との違いを理解することも、劣等感とつきあううえで大切です。

劣等感を抱きやすい人は、他者との比較で自分を評価してしまい、苦しみがちですが、人はそれぞれ異なる特性や考え方をもつため、同じ基準で比較することは、そもそも難しいものです。

ある基準に照らして、自分の理想や他者に劣る点があったとしても、別の基準で見れば大したことではない可能性や、長所になることすらありえます。

たとえば、ムードメーカーとなりやすいキャラクターの人は、業績を数値だけで評価する職場では劣等感に苦しむかもしれませんが、ムードメーカーのキャラクターを、チームを支える力として評価する職場なら、生き生きと働けるかもしれません。

反対に、ある基準で、自分より優れていると感じる相手も、別の基準に照らせばそれほどでもないという場合もあるでしょう。

このように視野を広げ、多様な視点をもてるようになれば、「自分は自分、人は人」とわりきって考えられるようになり、劣等感からも解放されやすくなるでしょう。

自分は完璧ではないことをうけいれる

劣等感から解放されるためには、自分が完璧でないことをうけいれることも大切です。

完璧であろうとすればするほど、ささいなことをミスと感じてしまい、劣等感が生じやすくなってしまいます。

「自分にできないことがあり、完璧ではない」ということに直面するのは、苦しいことかもしれませんが、客観的に自分をみつめ直し、自分の長所も短所も理解したうえで「自分はこんなものだ」とうけいれられれば、自分が自分に求めるハードルを下げることができます。

「完璧でない自分のままでもよい」と、心から思えるようになれば、劣等感も落ち着いていくでしょう。

劣等感の原因を知り、うまく付きあいましょう

劣等感は、他者や自分の理想と比較して、現状の自分が劣っていると感じる感情のことです。

劣等感は、人間だれしもがもちうる感情ですが、強すぎてしまうと、自己嫌悪やマウンティングなど、自分や他者に悪影響を生じさせかねません。

自分の抱える劣等感について知り、うまくつきあう方法をみつけましょう。

劣等感とうまく付きあっていくのにおすすめな手段として、コミュニケーションツールを活用する方法があります。

ビジネスチャット「Chatwork」はオンライン上でも、会話のようにスムーズなコミュニケーションが実現できることが特徴のコミュニケーションツールですが、内省のツールとしても活用できます。

本記事で紹介した劣等感の克服方法の実践として、仕事の成果や振り返り、他者と比較してしまうポイントなどをテキスト化することで、冷静にとらえることができるでしょう。

チャットで気軽にコミュニケーションを重ねることで、人との違いを理解するための気づきにも繋がりやすくなります。

また、「Chatwork」のマイチャット機能は、自分だけのチャットルームを作成することができるため、劣等感を抱いた出来事や、自分を見つめ直す場所としてご活用できます。

>Chatworkのマイチャット機能とは

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験いただけます。

劣等感とうまくつきあう手段として、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事