デッドラインとは?ビジネスシーンにおける意味や使い方、類義語を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
デッドラインとは?ビジネスシーンにおける意味や使い方、類義語を解説

目次

ビジネスシーンでよく使われる言葉のひとつに「デッドライン」があります。

使用頻度の高い言葉ですが、「デッドライン」という言葉の意味や使い方がよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

ビジネス用語をしっかりと理解して、円滑なコミュニケーションがとれるようになりたい方向けに、デッドラインの意味や使い方、類語や言い換え表現について、例文を交えて解説します。

デッドラインの意味とは

まずは、「デッドライン」の言葉の意味から確認していきましょう。

デッドラインは、英語では「deadline」と表記するもので、以下のような意味をもつ言葉です。

  • 越えてはいけない線
  • 限界の線
  • 死線

「死線」とは、「生死の境」という意味や、収容所や牢獄などで、その線を越えると逃げ出したものとみなされて、銃殺される線という意味もあります。

少し物騒な意味をもつ「デッドライン」ですが、ビジネスシーンにおいては、どのような意味で使われるのでしょうか。

ビジネスシーンにおけるデッドラインの意味を確認していきましょう。

ビジネスシーンにおけるデッドラインの意味

ビジネスシーンにおける「デッドライン」は、一般的に、「締め切り」や「期限・納期」という意味で使われます。

また、デッドラインという言葉は、締め切りのなかでも「これ以上は絶対に越えてはいけない締め切り」という意味をもつ言葉で、デッドラインが頻繁に使用される出版社や新聞社では、通常の締め切りや納期とは別に、「原稿の最終締め切り時間」という意味合いで使われています。

たとえば、締め切りとして3月10日として設定していても、締め切り後のほかの工程を、通常よりもはやくおこなうなどにより、ギリギリ3月20日までに提出すれば、間に合うということがあります。

この場合は、3月20日がデッドラインとなり、締め切りを守るためには、3月20日が絶対に越えてはいけないギリギリの日付ということになります。

デッドラインは、締め切りのなかでも、とくに、「これ以上は余裕がなく、絶対に越えてはいけない期限」を意味しているということを覚えておきましょう。

>納期催促メールの書き方に関する記事はこちら

デッドラインの使い方と例文

「これ以上は余裕がなく、絶対に越えてはいけない期限」を意味する「デッドライン」。

実際の会話では、どのように使用すればいいのでしょうか。

複数の例文を参考に、ビジネスシーンで活用してみましょう。

  • この原稿は11月20日の15時がデッドラインだから、絶対にそれまでに間に合わせるようにして欲しい。
  • 納品が間に合わないと困るから、念のためデッドラインが12月10日だということを改めて連絡しておこう。
  • ○○さんから連絡があって、お願いしていた原稿が当初伝えていた締め切りに間に合わないとのことで、デッドラインを伝えてその時間までには絶対に間に合わせるようにお願いしておきました。
  • 締め切りのデッドラインは10月12日だけど、余裕をもって10月5日締め切りで全体には周知しておいて欲しい。

「デッドライン」は、緊急性が高いシーンで用いられることも多いため、意味を正しく伝達することが大切です。

利用する際は、「絶対に間に合うように」「納品が間に合わなくなる可能性がある」などの言葉を添えて、「絶対に越えてはいけない最終ラインである」という点が、相手に伝わるように意識して使ってみましょう。

デッドラインの類語・言い換え表現

デッドラインには、類語や言い換え表現があります。

円滑なコミュニケーションを実現するために、ビジネスシーンでもよく使われる類語や言い換え表現について確認しておきましょう。

締め切り

「締め切り」にはさまざまな意味がありますが、ビジネスシーンにおいては、「取り扱いを打ち切ることや、その日時」また、「事前に設定された終了の期日」という意味をもつことが一般的です。

デッドラインには、「締め切り」や「最終の期日」といった意味もあるため、「締め切り」を言い換え表現として使うことができます。

しかし、デッドラインと比較すると、やや余裕がある印象をもつ人もいるため、緊急性が高い場合は、デッドラインを使用する方が安心でしょう。

期限

「期限」とは、「事前に決められた期間や一定の時期」のことです。

ビジネスシーンにおいては、「申請書類の提出期限は×月×日までだから、それまでには必ず提出してください」のような使い方をします。

デッドラインと同じ意味で使用する場合は、「最終の期限」のように、言葉をつけくわえると、緊急性を伝えることができるでしょう。

限界点

「限界」は、「これ以上は越えられないギリギリの範囲・境」という意味の言葉で、「限界点」とすることで、「最終の越えられないポイント」という意味を表現することができます。

そのため、「○○先生にお願いしていた原稿は、11月25日を限界点として、絶対に回収してきて欲しい」といった使い方をすることができます。

デッドラインと同様に、「最終のギリギリの期限」という意味があるので、類語として使用しやすいでしょう。

デッドラインと混同しやすい表現

デッドラインには、混同しやすい表現がいくつかあります。

言葉を間違って使ってしまうと、伝えたいことがうまく伝わらなかったり、相手の言葉の意味を正確に理解できなかったりと、ミスコミュニケーションの原因になりえます。

小さなミスコミュニケーションが、大きなミスにつながることもあるため、デッドラインと混同しやすい表現についても、意味や使い方を把握しておきましょう。

ここでは「レッドライン」と「デッドエンド」の2つの表現を紹介します。

レッドライン

「レッドライン」とは、「越えてはいけない一線」という意味をもつ言葉で、主に軍事や外交において用いられる表現です。

レッドラインは、地理的に越えてはいけない線として使われる場合と、相手方の行動に対する許容範囲の限度として使われる場合があります。

「越えてはいけない限界」という意味では、デッドラインと似ていますが、用いられるシーンや言葉のニュアンスが異なるため、注意しましょう。

  • 相手国は国境をレッドラインとした
  • ○○国の行動はレッドラインを越えている

デッドエンド

「デッドエンド」は、「ものごとが行き詰まってしまった状態」や「水道管や通路などの行き止まり」を意味する言葉です。

デッドラインと同じく、「納期」や「締め切り」という意味を表現することもできますが、デッドラインは「最終の時刻」というニュアンスがやや強く、デッドエンドは「最終地点」という意味がやや強いことを覚えておきましょう。

人によっては、「デッドエンド」と「デッドライン」を異なるものと捉えている可能性もあるため、ミスコミュニケーションを避けるためにも、適切な言い換え表現を用いながら、正確な意思疎通を目指しましょう。

  • 交渉はデッドエンドの状態だ
  • ×月×日の○時がデッドエンドです

デッドラインの遵守に「Chatwork」

「デッドライン」とは、「越えてはいけない限界の締め切りや期日」という意味をもつ言葉で、原稿を用いる職種や納品期日が細かな業界などで、頻繁に使用される言葉です。

ビジネスシーンにおいては、締め切りや納期を守ることは、信頼関係を構築するうえでも重要です。

業務を円滑に進めるためには、自分自身がデッドラインを越えないようにすることはもちろん、ほかの人に依頼していた仕事が、デッドラインを越えないようにスケジュール管理することも大切です。

適切なスケジュール・タスク管理で、余裕のある進行を目指しましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、オンライン上でスピーディな情報共有が実現できるコミュニケーションツールで、タスク管理のツールとしても活用することができます。

「Chatwork」のタスク管理機能は、自分自身やほかの人に、やるべき作業内容や期日を指定して、チャットを送ることができ、発行したタスクは、タスク欄に一覧で表示することができます。

テレワークやリモートワークなど、多様な働き方が推進される昨今、円滑な業務遂行を目指すために、タスク管理ツールも多くありますが、タスク管理ツールを開くこと自体を忘れてしまい、抜け漏れが発生している方もいるのではないでしょうか。

「Chatwork」なら、業務中に使用することが多いコミュニケーションツールに、タスク管理機能が搭載されているため、別のツールを開く手間が省け、タスクを確認するルーティンもつけやすいでしょう。

また、タスクの発行と同時に、相手にチャットを送ることもできるため、共有漏れを防ぐこともできます。

>Chatworkのタスク管理機能に関する記事はこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

業務の円滑な遂行や、デッドラインの遵守に役立つツールとして、「Chatwork」をぜひご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧

このお役立ち資料では業務を効率化したいが「何から手をつければ良いかわからない」という方向けに、業務効率化のタイプを分類し業務別の効率化モデルを紹介した資料です。

巻末には、おすすめの業務効率化ツール一覧も掲示しております。

  • 「業務効率化」とは何か
  • リスクを取らない社内思考
  • 業務効率化モデル

なども解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事