バッファーとは?業界別の意味や使い方をわかりやすく解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
バッファーとは?業界別の意味や使い方をわかりやすく解説

目次

バッファーという言葉をビジネスシーンで耳にしたり、使ったりしたことはありますか。

ビジネスシーンでは、「ゆとり」や「予備」という意味で使われることが多い「バッファー」は、使われる文脈や業界によって、異なる意味で使われる言葉です。

ミスコミュニケーションを防ぐためにも、業界別のバッファーの意味や使い方について、例文を参考に確認していきましょう。

バッファーの意味とは

バッファーは、一般的には、「緩衝材」や「緩衝器」「緩和物」といった意味を表す言葉で、英語では「buffer」と表現されます。

「緩衝」とは、「ふたつのものの間で、物理的に衝撃を緩和したり吸収したりすること」「対立するふたつのものの間で、仲の悪さを和らげること」といった意味をもつ言葉です。

また、「バッファー」は、「バッファ」と表現されることもありますが、それぞれ同じ意味で用いられています。

「バッファー」の詳しい意味や使い方を確認していきましょう。

ビジネスシーンにおけるバッファーの意味

バッファーは、ビジネスシーンで使われることも多い言葉で、前述した「緩衝材」という意味が転じて、主に、下記の3つの意味で使われています。

  • ゆとり
  • 予備
  • クッション(緩衝)

それぞれどのようなシーンで活用されているのか、確認していきましょう。

ゆとり

バッファーは、「ゆとり」という意味で使われることがあります。

たとえば、予算やスケジュール、人員などの、「ゆとり」や「余裕」というニュアンスで使われています。

予備

バッファーは、「予備」という意味で使われることもあり、具体的には、以下にあげたものの予備を確認する際などに活用されています。

  • 在庫の予備
  • 資料の予備
  • 消耗品の予備
  • 部品の予備

「予備」というニュアンスで、バッファーが使われるケースがあることを覚えておきましょう。

クッション(緩衝)

バッファーは、人同士や国同士などの間における「クッション(緩衝)」という意味でも使われます。

ふたつのものの間をとりもったり、仲介したりする役割をバッファーと表現します。

たとえば、A社とB社の交渉の間に、C社がはいって交渉のサポートをしている場合は、C社がバッファーの役割を担っています。

交渉や人間関係がうまくいくようにサポートするクッションという意味で、バッファーが使われることがあります。

バッファーの使い方と例文

バッファーという言葉が、具体的にはどのように使われているのか、例文と一緒に紹介します。

バッファーをとる

バッファーを「ゆとり」や「余裕」という意味で活用する場合は、「バッファーをとる」と使うことが多いです。

この使い方をすると、「日程や予算などにゆとりをもたせる」という意味を表現できます。

  • 今回は作業件数が多いから、スケジュールにはバッファーをとっておくようにしましょう。
  • バッファーをかなり多めにとっておいたはずなのに、なぜ予算がオーバーしてしまったのでしょうか。
  • 次のイベントは、大々的に宣伝をしているので、バッファーをとった人員配置で、しっかり対応できるようにしましょう。

バッファーをもたせる

「バッファーをもたせる」も、「バッファーをとる」と同じく、「ゆとりや余裕をもたせる」というニュアンスで使われる表現です。

  • 人気が高い商品は、いつもよりバッファーをもたせて仕入れをしておきました。
  • 検品でスケジュールが押してしまいがちなので、バッファーをもたせた計画を立てましょう。
  • 人員にバッファーをもたせていたけど、なかなか作業が進まない。

バッファーになる

人と人の間、会社と会社の間など、ふたつのもの間にはいって、交渉や人間関係のサポートをするという意味でバッファーを使う際は、「バッファーになる」という表現を活用します。

  • A社との交渉を、当社だけで対応することは難しそうなため、B社にバッファーになってもらうのはどうでしょうか。
  • 企画部と営業部のミーティングは、あなたがバッファーになって、うまく話が進むようにしてもらえると助かります。
  • あの2人は相性が悪いので、バッファーになりそうな人を配置してみましょう。

業界別のバッファーの意味

「余裕」や「クッション」という意味で用いられることが多い「バッファー」は、業界によっては、異なる意味で使われることがあります。

ここでは、以下の3つの業界におけるバッファーの意味を紹介します。

  • 金融業界におけるバッファー
  • 美容業界におけるバッファー
  • 生物化学におけるバッファー

該当の業界で仕事をしている人はもちろん、そのほかの業界の人も、ビジネスシーンで円滑なコミュニケーションがとれるように、業界別のバッファーの意味を把握しておきましょう。

金融業界のバッファー

金融業界では、「資本バッファー」という言葉で、「バッファー」が使われることがあります。

「資本バッファー」とは、金融機関が資金繰りに困る可能性に備えて、最低限必要な資本にプラスされるもののことです。

「資本バッファー」は、金融機関に最低限必要な、自己資本以上の十分な資本の積立を求める目的で導入されました。

経済の悪化などの不況の際には、資本バッファーを使うことで、金融機関がしっかりと役割を維持し、景気変動を抑える効果が期待されています。

美容業界のバッファー

美容業界には、髪の毛のダメージを減らすための「バッファー剤」と呼ばれるものがあります。

バッファー剤は、アルカリ性や酸性の調整をするためのもので、バッファー剤を使った髪の毛のケアのことを、「バッファー処理」といいます。

美容業界で「バッファー」という言葉が使われるときは、バッファー剤やバッファー処理のことを指しているケースがあるため、注意しましょう。

生物化学におけるバッファー

生物化学の領域のバッファーは、「緩衝液」のことをさします。

バッファーとは、酸やアルカリをくわえたときの、pHの変化を和らげる作用がある溶液のことです。

細胞や組織などは、pHからの影響をうけやすいため、生物化学実験では、pHの変化を和らげるためにバッファーが使われます。

生物化学において使われるバッファーには、りん酸バッファー、 酢酸バッファー、クエン酸バッファーなど、さまざまな種類があります。

バッファーに関連する言葉

ここまで紹介してきた以外にも「バッファー」は、コンピューター関連用語として使われています。

コンピューター関連の用語として使われる場合は、長音符号「ー」をつけない「バッファ」と表記するケースも多いです。

たとえば、「バッファメモリ(バッファーメモリー)」や「バッファストレージ(バッファーストレージ)」といった言葉などがこれに該当します。

「バッファメモリ」と「バッファストレージ」は同じ意味の言葉です。

「バッファメモリ」とは、装置間でデータをやりとりする際に、情報を一時的に保存するために使われる記憶領域や装置のことです。

処理速度が速い装置と遅い装置で情報をやりとりするときは、処理速度の速い装置が、時間待ちをすることになります。

時間待ちのときに、データをバッファメモリに保存させることで、効率よく高速でデータをやり取りすることが可能になります。

このようにバッファー(バッファ)は、さまざまな意味で使われることがあるため、ミスコミュニケーションの原因とならないように注意しましょう。

タスク管理には「Chatwork」

業務を円滑に進めるためには、バッファーをもったスケジュール設計や人材配置をおこなう必要があります。

タイトなスケジュール設計や無理な人材配置をしてしまうと、小さなトラブルやひとつのミスで遅れが生じ、信頼を喪失しかねません。

適切な業務管理をおこなうためには、抜け漏れのない情報共有やタスク管理が大切です。

しかし、情報共有に手間がかかったり、タスク管理をアナログな方法でおこなったりしていると、漏れが発生しやすく、情報漏洩などのリスクもあります。

手軽に適切な業務管理をおこなう方法として、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

「Chatwork」は、チャット形式でコミュニケーションがとれるチャットツールで、社内外問わずに、簡単にコミュニケーションを実現することができます。

たとえば、社外プロジェクトのメンバーの情報共有に使ったり、社内全体の情報周知に使ったりすることができます。

また、タスク管理機能も搭載されているため、納期の管理やリマインドなども簡単におこなうことができ、「知らなかった」「見ていなかった」などの問題解説にも効果的です。

>Chatworkのタスク管理機能についてはこちら

「Chatwork」は、無料で使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験いただけます。

ぜひ、情報共有の変化や、コミュニケーションの効率化を実感してみてください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

メールからの脱却をしたい方におすすめの資料
「メール」からチャットへ! ビジネスチャットで 実現する業務効率化

このお役立ち資料では特に「メール」によるコミュニケーションをビジネスチャットへ変えていくことの意義をまとめました。

現在コミュニケーションツールとしては主流である一方、使い続ける中で課題も発生しやすい「メール」。脱却をしたいとお考えの方に向けた資料です。

  • メールによる業務負荷
  • メール利用における課題の解決方法
  • Chatworkのご紹介
  • お客さまの声

などを解説します。貴社のビジネスチャット導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事