ヒューマンエラーとは?ミスの原因や対策方法、企業の対策例も解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ヒューマンエラーとは?ミスの原因や対策方法、企業の対策例も解説

目次

ヒューマンエラーとは、人的要因により起きるミスや失敗のことです。

たとえば、疲労による注意力の低下やスキル不足によって起きるミスを指します。

放置してしまうと、大きなトラブルにつながる可能性があるため、対策を実施することが重要です。

この記事では、ヒューマンエラーが起きる原因と対策方法、企業の対策例を解説します。

ヒューマンエラーの意味

ヒューマンエラーとは、人間が原因で起きるミスや失敗のことです。

ミスや失敗の内容は、小さなものから大きなものまで含まれます。

ヒューマンエラーの内容によっては、企業の信頼を失う原因につながりかねません。

企業側は、ヒューマンエラーの原因を知り、対策にとりくむ必要があります。

ヒューマンエラーの類義語

ヒューマンエラーの類義語に「人災」があります。

人災とは、人間の不注意によって、災害が起きてしまうことを表します。

たとえば、火の取り扱いが不十分で、火災が発生してしまう状況が例にあげられます。

企業では、事業活動における安全性に配慮するためにも、人災を含めた対策にとりくむことが重要です。

>BCPに関する記事はこちら

ヒューマンエラーの種類

ヒューマンエラーの種類についてみていきましょう。

意図しない行動が原因になるタイプ

ヒューマンエラーの種類には、見落としやうっかりミスなど、本人の不注意が原因で起こるものがあります。

たとえば、疲労による注意散漫で、ミスを見落としてしまうことがあげられます。

本人の不注意によるもの以外には、本人のスキルや技術不足、作業内容に慣れていないことなどが原因にあげられるでしょう。

意図した行動が原因になるタイプ

意図した行動が原因となり、ヒューマンエラーが起きてしまうことがあります。

たとえば、作業手順を守らずに手抜きをすると、あとからミスが発生してしまうといった例があげられるでしょう。

また、仕事に慣れが生じたことで「ダブルチェックをしなくても大丈夫だろう」という認識の甘さが発生してしまい、結果的にミスにつながるという例もあります。

ヒューマンエラーに該当しないエラー

人間が原因になっていないミスや失敗は、基本的にヒューマンエラーに含まれません。

たとえば、作業手順どおりに仕事を進めたときに、機械が故障してミスが発生したという状況が当てはまります。

ヒューマンエラーの原因

ヒューマンエラーを起こさないためには、どのような原因があるのかを知ることが大切です。

ヒューマンエラーの原因についてみていきましょう。

疲労による注意力の低下

作業内容の慣れや単調さによって注意力が低下してしまうと、思わぬミスや失敗が起きてしまいます。

たとえば、検査項目を飛ばしてしまい、不良品を納品してしまうといった状況があげられるでしょう。

長時間労働が続くと、体と心が疲れてしまい、注意力が低下する原因になります。

>長時間労働に関する記事はこちら

スキル・技術不足

スキルや技術不足によるヒューマンエラーは、若手社員に起きやすいです。

上司の説明を理解できるだけの専門知識や技術が身についていないときに、ミスが発生します。

また、エラーが出ている項目に気づかないなど、経験不足でミスに気づけない状況も考えられます。

思い込みによるミス

先入観や思い込みがあると、作業内容の確認不足が起きてしまい、ミスが起きやすくなります。

たとえば「〇〇の納品は前回と同じ期限だろう」と思い込んでしまった場合、確認不足で納品の日時を勘違いしてしまう状況が発生するでしょう。

社員の性格によっては、思い込みや先入観をもちやすい場合があるため、社内全体で確認する習慣をもつことが大切です。

やり忘れ・見落とし

作業内容をうっかり忘れてしまったり、見落としたりするとヒューマンエラーが起こります。

本人の不注意によるミスで、「疲労による注意力の低下」「情報共有の不足」の原因にも関わる内容です。

何度も同じミスが続いてしまうときは、作業環境や業務の進め方を見直す必要があります。

情報共有の不足

社内の報告・連絡・相談が不足してしまうと、情報共有の不足によるミスが起きやすくなります。

たとえば、ベテラン社員と若手社員の間でコミュニケーション不足があると、意思疎通をスムーズに図れず、情報共有に抜け漏れが発生するでしょう。

とくに、多くの人が関与する作業工程では、仕事を円滑に進めるためにも、情報共有がスムーズに進められる仕組みづくりを整える必要があります。

ヒューマンエラーの業種別の事例

業種別にヒューマンエラーの具体例をみていきましょう。

医療現場におけるヒューマンエラー

医療現場では、患者の個人情報に関わる情報漏洩対策に、USBによる情報の持ち出しなどを禁止しています。

また、病院で使うシステムは、外部のウイルスから情報を守れるように、セキュリティレベルが高いサービスを利用している場合が多いでしょう。

職員に対しても、情報リテラシーを高められるように、社員の教育や研修を実施しています。

工事現場におけるヒューマンエラー

工場現場では、業務中にケガをしないように、5Sと呼ばれる施策を実施しています。

5Sの内容は、下記のとおりです。

  • 整理
  • 整頓
  • 清掃
  • 清潔
  • しつけ

現場の整理整頓を実施することで、物が床に転がって足を引っかけてしまうといった状況を予防できます。

製造業におけるヒューマンエラー

製造業に関わる現場では、誤発注や誤出荷を予防するために、チェックリストを設ける方法などで対応しています。

また、社内の5Sを整えるなど、環境要因を整理できるようにすることで、発注に関わる書類の紛失などを避けやすくなるでしょう。

社内では、受発注管理システムを活用することで、数え間違いなどのヒューマンエラーが起きづらくなります。

ヒューマンエラーの対策方法

同じミスを起こさないためにも、社内全体で対策を導入することが重要です。

ヒューマンエラーの対策方法をみていきましょう。

労働環境を改善する

労働環境の改善には、長時間労働を解消する仕組みづくりが必要です。

長時間労働の原因を洗い出すためにも、現場の作業環境や業務フローを見直しましょう。

社員にアンケートや会議で意見を聞きとりながら、現場の課題を洗い出すことが大切です。

社員の疲労や注意力の低下によるヒューマンエラーを予防できます。

マニュアルをつくる

若手社員のスキルや技術不足を補うには、マニュアルを作成する方法がおすすめです。

作業手順は写真つきで説明したり、注意事項を記載したりすることで、初めて見た人でも内容をわかりやすく理解できます。

現場の上司が忙しいときでも、マニュアルがあると作業手順を忘れたときに確認できて、上司にやり方を聞く手間が省けるでしょう。

>マニュアル作成に関する記事はこちら

過去のミスをリスト化して共有する

実際に起きたヒューマンエラーは、リストにまとめて社内で共有できる仕組みを整えておきましょう。

ミスの内容をまとめておくことで、同じようなミスが起きていないか調査することも可能です。

情報を管理しておくと、今後の対策を立てるときの参考にできるメリットがあるでしょう。

ツールを導入して自動化を図る

現場にITツールを導入することで、作業の自動化や簡略化を図れるようになります。

機械が作業を管理してくれるので、やり忘れや見落とし、思い込みによるミスなどを予防できるでしょう。

ほかにも、情報共有の不足を解消したいときは、ビジネスチャットなどを導入する方法もおすすめです。

社内の連絡手段として活用できるので、社員同士の情報共有の流れを効率化できます。

>ビジネスチャットに関する記事はこちら

社内体制・チェック体制を整える

ヒューマンエラーを起こさないためには、作業工程に二重チェックを設けることが大切です。

担当者以外の人に確認してもらうことで、ミスが発生する状況を予防できます。

また、社員の手抜きによるミスを発生させないためにも、管理職が社員にフィードバックを伝えて、社員のモチベーションを維持する働きかけが重要です。

ほかにも、成果を出している社員を評価するなど、努力が反映される社内体制を整えて、仕事のモチベーションを高める工夫をとり入れましょう。

ヒューマンエラーの対策にChatworkを活用

ヒューマンエラーの原因を知ることで、事前にミスが起きやすい状況を予想しやすくなります。

社内のヒューマンエラーをリスト化しておくことで、同じミスを減らせるようになり、今後の対策を打ち出せるでしょう。

ヒューマンエラーをなくすには、社内でミスの内容や改善策に関わる情報共有を進めておくことも重要です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、グループチャットを使って、社内全体に向けて情報共有を進められます。

どのような工程でミスが起きやすいのか、どのように改善して成果が出ているのかなど、情報共有をスムーズにできるでしょう。

社内全体に向けて、ヒューマンエラーの情報共有を効率化させる方法として、Chatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

情報共有、本当にできていますか?
見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事