スケールメリットの効果とは?効果や注意点、業界別の取り組みを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
スケールメリットの効果とは?効果や注意点、業界別の取り組みを解説

目次

スケールメリットとは、企業規模や事業の拡大によってもたらされる、収益面や他社との競争面におけるメリットのことです。

具体的には、生産規模が大きくなるほど、単位あたりの生産コストが低下するという現象を指します。

スケールメリットを意識すると、コスト削減や経営の効率化、知名度の向上などを実現が可能です。

一方で、在庫過多やクオリティの低下などの注意点もあるため、取り組む際は注意が必要です。

本記事では、スケールメリットの効果や注意点を解説します。

スケールメリットとは

「スケールメリット」とは、企業規模や事業の拡大によってもたらされる、収益面や他社との競争面におけるメリットのことです。

「スケールメリット」は和製英語で、「規模の利益」や「規模効果」と呼ばれることもあります。

たとえば、お菓子メーカーが100万円の設備を導入し、原価10円のお菓子を一個製造した場合の生産コストは100万10円ですが、一万個製造した場合のお菓子一個あたりの生産コストは110円となります。

このように、少ないロットで製造するのではなく、大量のロットで製造した方が生産コストを削減でき、利益率改善によるトータルの成果が大きくなるといったものが、スケールメリットの一例です。

シナジー効果との違い

シナジー効果とは、異なる要素の組み合わせにより、大きな効果が生まれる状況を意味する言葉です。

たとえば、事業や業務が異なる企業、部署などが協力し合うことで生まれる相乗効果を指します。

一方で、スケールメリットは、同一事業を組み合わせたり、設備を導入したりして規模を拡大した結果生まれたメリットを指すため、意味が異なります。

>シナジーに関する記事はこちら

ボリュームディスカウントとの違い

ボリュームディスカウントとは、まとめ買いをすることで単価を抑えることです。

スケールメリットは、規模拡大によるメリットを意味する言葉のため、まとめ買いによって生じる値引きを意味するボリュームディスカウントとは違います。

スケールメリットの目的

企業が規模を拡大する目的は、固定費を下げ、スケールメリットを生み出すことです。

企業の経営にあたっては、売上高にかかわらず人件費や賃料、地代、広告宣伝費などの固定費が発生します。

前述のお菓子メーカーの例のように、設備の金額は変わらなくても生産量が増えれば生産コストが下がり、収益が発生するため、企業の利益率向上などのスケールメリットを得られるでしょう。

スケールメリットがもたらす効果

企業が規模拡大などをはかることで得られるスケールメリットとして、以下のような効果があります。

  • コスト削減
  • 経営効率化
  • 生産量の増加
  • 知名度の向上

それぞれを具体的に解説します。

コスト削減

設備を導入し、商品を大量生産すると、商品1個あたりの生産コストを抑えられるため、固定費を削減できます。

また、作業を機械化できれば工数削減につながり、生産スピードの向上も期待できるでしょう。

経営効率化

自社内に類似した事業を営む部署やグループ会社がある場合は、経営を統合すると事業経営を一か所にまとめることができます。

賃料や地代などの固定費の削減や、本社機能の統一などによる業務効率化が可能になります。

生産量の増加

販売エリアを拡大し、さまざまな地域に出店できた場合、生産量を増加させることが可能です。

たとえば、一店舗のみの出店で商品を10個しか販売できない場合、コストが無駄になるため生産量を増やせませんが、5店舗に拡大できた場合は、生産量も5倍に増やせるでしょう。

知名度の向上

店舗数の増加など、事業規模が拡大した場合、多くの顧客の目に触れるため、知名度の向上につながります。

たとえば、フランチャイズ化すると知名度を高められるため、収益の増加が見込めます。

企業に対する顧客の信頼感も増し、安定した集客を得られるなどして、さらなる売上増加をはかれたり、他社と差別化できたりするでしょう。

スケールメリットの注意点・リスク

事業規模の拡大などによって、スケールメリットではなくスケールデメリットとなるケースもあるため、注意が必要です。

  • 在庫が過多になっていないか
  • クオリティが維持できるか
  • 事業特性にあっているか

スケールメリットを得ようとする際の注意点を解説します。

在庫が過多になっていないか

生産規模を拡大したのち、大量生産ができたとしても、需要がなければ購入されず、売上が発生しません。

また、在庫を多く抱えることになった場合、在庫の保管コストがかかったり、大量廃棄につながったりする恐れがあります。

生産規模の拡大によってスケールメリットを得ようとする場合は、販売計画を綿密に立てておくことが大切です。

クオリティが維持できるか

規模拡大によって商品やサービスのクオリティが下がらないように、社内体制の整備などの取り組みが求められます。

たとえば、自店のみで商品を製造・販売している場合は、作業工程や従業員の顧客対応のチェックがしやすいでしょう。

一方で、出店数を増やすなどして商品やサービスを扱う場所が増えると、チェックが各店に委ねられたり、責任者の考え方が本店と違ったりすることにより、商品やサービスのクオリティが低下し、ネガティブな口コミが広まるおそれもあります。

規模拡大で逆にスケールデメリットを生まないように、商品やサービスのクオリティを維持できる体制を整えることが重要です。

事業特性にあっているか

自社の事業が、規模拡大によってスケールメリットを得られるか否かを事前に確認しましょう。

規模を拡大する目的は「固定費を削減してスケールメリットを生み出すこと」であるため、そもそも固定費がない事業の場合は、スケールメリットが発生しないかもしれません。

また、事業によっては、規模拡大によって固定費が増加した、というスケールデメリットが発生するおそれもあります。

業界別のスケールメリットの例

スケールメリットを得るための取り組みは、さまざまな業界でおこなわれています。

  • 製造業のスケールメリット
  • 飲食・小売業のスケールメリット
  • 物流業のスケールメリット
  • 教育・人材業のスケールメリット

業界別のスケールメリットの例を紹介します。

製造業のスケールメリット

製造業のスケールメリットの例として、作業工程を機械化や自動化し、大量生産することによって商品一個あたりの生産コストを削減しているケースがあげられます。

また、大量仕入れによって通常よりも安価で原材料を調達すれば、さらにコストを削減できるでしょう。

飲食・小売業のスケールメリット

飲食・小売業は、店舗数を拡大することで知名度を向上させ、顧客からの信頼を得られます。

また、店舗数を拡大できれば大量仕入れが可能になるため、原価を抑えられるでしょう。

全店舗共通のクーポンやポイントカードを作成した場合は、場所を問わずに顧客の利用を促すことができ、売上の向上や顧客満足感につながります。

物流業のスケールメリット

物流業は、物を運ぶための車両費やガソリン代などがコストとしてかかるため、一度に大量の荷物を運ぶことでコスト削減をはかれます。

また、荷物を地域ごとにまとめると、行ったり来たりといった移動の手間や時間を減らし、効率的な配送が可能になります。

教育・人材業のスケールメリット

教育業のスケールメリットは実績や知名度で、知名度があがれば生徒数が多くなり、生徒数が増えれば実績につながりやすく、新たに生徒が増えるという好循環が生まれます。

また、生徒が増えるほど教育者の経験やスキルも向上するため、さらに実績を出せるかもしれません。

人材業は、ブランドイメージが収益につながるため、広告宣伝に注力して知名度を高め、成功報酬などのスケールメリットを見ながら規模拡大をはかっていきます。

スケールメリットを得るために「Chatwork」

企業は、規模拡大をはかることでスケールメリットを得られる可能性がありますが、事業の特性によってはスケールメリットがなかったり、在庫を抱えすぎてスケールデメリットが発生したりするおそれがあるため注意が必要です。

規模拡大によってスケールメリットを得られるかの打ち合わせに、ビジネスチャット「Chatwork」をご活用ください。

ビジネスチャット「Chatwork」は、チャット形式でメッセージを送れたり、ビデオ通話ができたりするため、オンラインで気軽にコミュニケーションをとれます。

>Chatworkの機能についてはこちら

>Chatworkの通話機能(ビデオ/音声通話機能)に関する記事はこちら

自社が規模拡大することでスケールメリットを得られるかや、具体的な規模拡大方法の打ち合わせに活用できる、ビジネスチャット「Chatwork」の導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事