テレワークではメンタルヘルス対策が重要になる理由

公開日: 更新日:
テレワーク
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
テレワークではメンタルヘルス対策が重要になる理由

目次

社員のメンタルヘルス対策やケアは企業に求められるものですが、テレワーク環境であっても同様にメンタルヘルス対策が重要です。

テレワークでは、オフィスワークとは違った理由や要因でメンタル不調になってしまうことが考えられるので、テレワークにおけるメンタルヘルス対策を考えなければいけません。

テレワークでもメンタルヘルス対策が重要になる理由とテレワークならではのメンタル不調に陥ってしまう原因を考えて適切に対処していきましょう。

テレワークでもメンタルヘルス対策が重要な理由

テレワークに限らず、社員のメンタルヘルスをケアするのは、会社にとって不可欠な問題です。

しかし、オフィスワークと違って、テレワークでは社員のメンタル不調や困っていることにに気がつきにくくなってしまいます。

また、テレワークではオフィスワークと違う原因や要因でメンタルヘルスに影響を及ぼすリスクが潜んでいるので、テレワークにおいてもメンタルヘルス対策は重要になるといえます。

コミュニケーション不足になりやすい

テレワークでは、必要に応じて相手をオンライン上で呼び掛けたりをおこなうことで初めてコミュニケーションが発生します。

些細なやりとりであっても、状況や姿が見えないためタイミングに気を使ってしまい、コミュニケーションを取ることを遠慮してしまう場合もあります。

また、テレワークでのコミュニケーションを通して、意思の疎通がうまくいかないと感じることもあるでしょう。

テレワークの場合はテキストや音声でのコミュニケーションになるので、表情や声の強弱、身振り手振りから相手の心情や状況を接することができません。

テレワークでは言葉こそ伝わりますが、その奥にある真意までは測りかねてしまい、お互いの信頼関係を築けない中で仕事を進めるのがストレスになり、メンタルヘルスを損ねる原因につながる場合があります。

テレワークにおいてコミュニケーションが適切におこなえていないと、業務や人間関係に影響するだけでなく、孤独感や疎外感を感じ悩みや問題をひとりで抱えてしまうようになり、メンタル不調やストレスを感じてしまう場合もあるでしょう。

作業環境の変化に適応が必要

オフィスは仕事をするための環境で、備品や機器の使い勝手も適したものが用意されています。

一方、テレワークでは自宅など、オフィスではない場所で仕事をしなければいけません。

自宅での作業となれば、本来は生活の場であるため、オフィス環境と違い作業に適していない環境での仕事は、仕事の効率にも影響します。

また、家族と同居していると、仕事を中断させられる可能性も高く、特に小さな子どものいる家庭やペットと生活する家庭では尚更です。

プライベートの中に仕事が入り込んでいるため、仕事に集中できずストレスにつながってしまいます。

仕事のオン・オフの切り替えが難しい

自宅でのテレワークでは、生活の場と仕事の場の線引きがなく、仕事のオン・オフの切り替えがうまくできない場合があります。

勤務時間や深夜に仕事をしてしまったり、休日にも仕事のことを考えてしまうなど気が休まずにストレスを感じメンタル不調に陥るかもしれません。

隠れ残業や隠れ休日出勤が自宅でのテレワークは生まれやすく、原因としてはテレワークでの業務やコミュニケーション不足による不安感がそうさせている場合があります。

仕事のオン・オフの切り替えがうまくできなければ、ストレスや疲労の原因になり、作業効率にも影響します。

テレワークではメンタルへの影響もそうですが、働きやすいテレワーク環境を作るためにもオン・オフの切り替えをしやすい運用が必要です。

テレワークでのメンタルヘルス対策のメリット

テレワークにおけるメンタルヘルス対策をおこなうことで、テレワークの効果やメリットを活かすことにもつながります。

テレワークでは、オフィスワークにあったストレスが軽減されるメリットがあるので、テレワークを適切に運用しメンタル不調にならないように働くことができれば、より効果的なテレワークになるでしょう。

テレワークの効果的な運用につながる

テレワークにおいて、メンタル不調に陥ってしまうということは適切にテレワークを運用できていない部分があったり、社内の人間関係や業務の進め方に課題があるということです。

つまり、メンタルヘルス対策を積極的におこなうことで、テレワークの課題の発見や会社の課題や問題の発見につながり、改善することでよりよいものにすることができます。

テレワークは、オフィスワークと大きく異なる働き方で、テレワークの導入や運用をすることでさまざまなメリットや効果を得ることができます。

テレワークを適切に運用するためにも、テレワークで働く社員のメンタルヘルス対策が重要になるといえるでしょう。

社員の活力向上が期待できる

メンタルヘルスを損ねてしまうと、社員は次第にやる気をなくし、最悪の場合はそのまま離職する可能性があります。

メンタルヘルスの対策は、すでに不調をきたしている社員だけでなく、予備軍にもアプローチするべきです。

テレワークでも積極的にメンタルヘルス対策をおこなうことで、仕事に対するモチベーションが向上し、社内全体の活力向上にもつながるでしょう。

社員の作業効率の維持・向上

メンタルヘルスが健やかに保たれていれば、社員はストレスなく仕事を進められるので、生産性の向上が期待できます。

特にコミュニケーションを改善すると、テレワークの問題点も積極的にフィードバックされようになり改善に利用できます。

社員の提案をもとに対策すれば、さらにテレワークで働きやすくなり、良好なメンタルヘルスを維持できるという好循環が生まれるでしょう。

テレワークでのメンタルヘルス対策のポイント

テレワークでメンタルヘルス対策をおこなうさいのポイントを見ていきましょう。

社員がメンタル不調に気が付けるようにする工夫やメンタル不調を気軽に相談できる環境づくりが求められます。

メンタルヘルス対策の重要性を理解させる

そもそもメンタル不調がどのような状態であるか、ストレスの大きさや影響がどのようなものか、ということをしっかりと理解できている社員は多くはいないでしょう。

まずは、テレワークにおいてメンタルヘルス対策が必要である理由を説明することが重要です。

テレワークではどのような要因でメンタル不調に陥りやすいか、メンタル不調になるとどのような影響があるか、などを社員に理解させましょう。

定期的な研修やストレスチェック、などをおこない理解を深める工夫が求められます。

>ストレスチェック制度に関する記事はこちら

コミュニケーションが気軽に取れるようにする

テレワークではそばに同僚や上司がいなく、業務に関することであってもコミュニケーションのハードルが高くなっています。

業務に関することでも、業務以外のメンタル不調に関することであっても気軽に相談やコミュニケーションが取れる環境がなければ意味がありません。

定期的な面談や匿名で相談できる窓口、気軽にコミュニケーションが取れるツールなどを導入し、コミュニケーションを活性化する工夫をしましょう。

些細なことでも気軽に相談できることで不安が解消されるメリットがあり、業務のことでも業務外のことであっても気軽にコミュニケーションが取れるかどうかは重要なポイントといえるでしょう。

テレワークのメンタルヘルス対策にChatworkを活用

テレワークにおけるメンタルヘルスの不調もそうですが、業務の進め方やテレワークの適切な運用をするためにもコミュニケーション不足を解消することがまず求められます。

テレワークにおいては、何をするにしても気軽にコミュニケーションが取れる環境を用意することが重要になるので、コミュニケーションのハードルを下げる工夫やコミュニケーション取りやすいツールを導入することが効果的です。

テレワークにおいてもオフィスワークにおいても、Chatworkのようなビジネスチャットはコミュニケーションの活性化に効果的です。

テキストにすることで声をかけにくい場合でも送ることができますし、テレワークにおいてはコミュニケーション手段として活用できます。

また、チャット機能だけでなく、Web会議機能やタスク管理機能、ファイル共有機能が備わっており、テレワークの運用や業務の見える化に活用できます。

コミュニケーションは業務を進めるうえでも、メンタルヘルス対策においても重要ですので、Chatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットの組織利用を考える方におすすめの資料
組織利用のメリットと実戦に向けた3ステップ
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事