クラウドソーシングの仕事内容とは?クラウドソーシングでできる仕事内容11種

テレワーク
AWAY

目次

クラウドソーシングは、仕事を依頼したい個人や企業と、仕事を受注したいワーカーを繋ぐインターネットの仕組みです。

クラウドソーシングを利用して仕事を受注または発注したい場合、一般的にはクラウドソーシングサイトを通しておこないます。

副業の解禁や働き方の多様化が進むなか、クラウドソーシングに興味をもつ人もいらっしゃるでしょう。

しかし、具体的な仕事内容を知らない人も多いのではないでしょうか。

クラウドソーシングで受注・発注できる仕事内容や、クラウドソーシングでの仕事の受注がどのような人に向いているのかを解説します。

クラウドソーシングでの仕事の受注がおすすめの人

クラウドソーシングをつかえば比較的仕事を簡単に受注することができます。しかし、クラウドソーシングでの仕事がすべての人に適しているわけではありません。

クラウドソーシングの仕事の特徴を理解したうえで、利用が向いている人を見ていきましょう。

在宅で仕事をしたい人

クラウドソーシングを使った仕事の多くが、自宅にPCとインターネット環境があれば仕事の受注、やりとり、業務などが在宅でおこなえます。

そのため自宅で仕事をしたい人、カフェやコワーキングスペースなどでリモートワークをしたい人、病気や障害などにより職場への通勤が難しい人などは、仕事の選択肢を増やせるでしょう。

くわえて、近年では仕事の効率化などを目的に、業務を外部に委託する企業も増加傾向です。両者を結ぶクラウドソーシングは、在宅で仕事をしたい人にマッチするでしょう。

副業をしたい人

クラウドソーシングで受注できる仕事にはは、働く曜日や時間をライフスタイルに合わせて選べるものが多くあります。

たとえば、平日の仕事終わりに19時から2時間働く、休日の土曜日に13時から3時間働く、といったように、ライフスタイルに応じて働く曜日や時間を選べるため、本業の合間に副業をすることが可能です。

その際、本業のスキルや経験を活かせる仕事を選べば、報酬は上がりやすいでしょう。なお、クラウドソーシングには未経験でも可能な業務が多く発注されています。

主婦・主夫

クラウドソーシングには、短時間でできる仕事内容や簡単な事務作業の仕事も豊富です。

また、家事や育児の経験が活かせる仕事内容も少なくありません。

そのため、「家事や育児の合間を使って仕事がしたい」、「簡単な作業の仕事がしたい」と思う主婦(夫)にも、クラウドソーシングは適しているでしょう。

学生

学生の多くが、学業と両立してアルバイトをしたいと考えるでしょう。

しかし「通学時間が長いため難しい」、「近くにアルバイトをできる場所がない」などの悩みをもつ人がいるかもしれません。

クラウドソーシングは働く場所や日時を自由に選べる仕事内容が多いため、時間や場所の制約がある学生でも仕事が可能です。

なお仕事内容によってはスマートフォンでできる仕事を選べば、隙間時間や通学時間の有効活用にもなるでしょう。

クラウドソーシングでの仕事の発注がおすすめの人

クラウドソーシングは、仕事を依頼したい人であれば企業や個人を問わずに利用できます。

クラウドソーシングでの仕事の発注がおすすめの人を、具体的に見ていきましょう。

自社の不足した分野を補いたい企業や団体

クラウドソーシングには、あらゆる分野において精通したワーカーがいます。

そのため、仕事をするうえで必要な知識や経験をもつ人材が社内にいない場合でも、クラウドソーシングを利用することで、必要となる分野の知識、業務などを補うことができるでしょう。

業務を効率化したい企業や団体

クラウドソーシングには、専門性の高い分野に特化したワーカーや、ビジネス事務に特化したワーカーなどが多くいます。

たとえば、財務や経理などの業務や、データ入力や文書作成などの事務作業をクラウドソーシングに外注することで、社内でおこなう業務が減り、仕事の効率化につながるでしょう。

苦手を補いたい個人

クラウドソーシングでは、SNSのアイコン制作、手紙やブログの代筆など、非常に豊富な種類の依頼が可能です。

なかには、家計相談や人生相談といった内容を受注しているワーカーもいます。

よって自分の苦手なものを補いたい人や、人の手を借りたい人など、個人であってもクラウドソーシングの利用は適しています。

クラウドソーシングで発注・受注できる仕事内容

クラウドソーシングでは、IT系やビジネス事務など、さまざまな仕事を発注・受注できます。

クラウドソーシングで発注・受注できる仕事内容を、具体的に見ていきましょう。

IT・Web関連

IT・Web関連の仕事の多くが、PC・インターネット環境・開発などのツールがあれば仕事をおこなえます。そのため、オンラインで業務ができるクラウドソーシングでは、ITやWeb関連の仕事が多く発注・受注されています。

具体的には、IT・Web関連の仕事内容として以下があげられます。

  • Webサイトの開発
  • Webサイトのデザイン作成
  • システムの開発や運用保守
  • アプリケーションの開発や運用保守
  • ネットワークのインフラ構築
  • サーバーの構築や管理
  • データベースの設計や構築
  • データクレンジング
  • マクロ作成

なお発注側も受注側も、初心者でも可能な案件や、一定の実務経験を問うプロ向けの案件など、スキルの幅は広くから選べます。

クリエイティブ関連

  

クラウドソーシングには、動画制作などのクリエイティブ系の仕事も多いです。

たとえば、クリエイティブ系の仕事内容には以下の例があります。

  • 写真撮影
  • 画像の編集や加工
  • 映像撮影
  • 映像の編集や制作
  • 動画の制作や編集
  • 漫画やイラストの作成
  • ポスターやロゴなどのデザイン制作
  • 声優、ナレーション制作
  • 作曲、効果音やBGMの制作

なお、一言で動画の制作や編集といっても、結婚式の動画編集などといった個人的なものから、企業などのPR動画制作など、発注・受注できる仕事内容は発注者や受注者によって異なります。

同様に、イラスト作成やデザイン制作なども、SNSのアイコン作成やオリジナルグッズのデザイン制作などの個人で楽しむものから、企業などの商品パッケージのイラスト作成や宣伝ポスターのデザイン制作まで、仕事内容の幅は非常に広いです。

アイデア関連

 

クラウドソーシングでは、新商品の名前の考案などアイデア関連の仕事の発注・受注もおこなえます。

具体的には、以下がクラウドソーシングで発注・受注できるアイデア関連の仕事内容です。

  • 名前の考案(ネーミング)
  • キャッチコピーの考案
  • レシピの考案
  • サービスや商品の企画考案、発案
  • プロモーションのアイデア考案

名前の考案の例として、商品、サービス、ショップ、ブランド名などのネーミングがあげられます。

また、キャッチコピーの考案の例としては、必要とされる場面が商品やサービスだけでなく、ネットショッピングサイト、SNSの投稿、広告バナーなどがあり、デジタル化が進む現代ならではのニーズが多い傾向です。

バックオフィス業務関連

 

クラウドソーシングは、バックオフィス業務関連の仕事も発注・受注が可能です。

具体的には、以下がクラウドソーシングで発注・依頼できる仕事内容です。

  • 人事
  • 経理
  • 労務
  • 総務
  • 法務
  • 秘書
  • データ入力、分類作業
  • 資料や議事録の作成
  • コールセンター業務

クラウドソーシングの仕事のほとんどがオンラインでおこなえますが、バックオフィス関連の仕事は、場合によって外出・訪問が求められるかもしれません。

契約の前に、外出や訪問が必要になるかを、発注者と受注者がそれぞれ確認する必要があるでしょう。

不特定多数の人材から選びたい仕事

クラウドソーシングは依頼する相手を決めず、クラウドソーシングサイトなどを通して、不特定多数の個人や企業へ向けて仕事の発注をおこなうのが特徴です。

そのため選べる人材が限られず、求めているスキルや人材、働く日時に融通がききやすい人材と出会える機会が増えます。

よって不特定多数の人材のなかから、求めている知識、スキル、資格をもつ人材を見つけて選びたいときにクラウドソーシングは適しているでしょう。

クラウドソーシングの具体的な仕事内容

クラウドソーシングには、ビジネス事務やIT系などの仕事内容があります。

クラウドソーシングで発注・依頼できる仕事内容を、具体的に見ていきましょう。

アンケート回答・モニター調査・口コミ投稿

クラウドソーシングで受注・発注できる仕事の中で代表的な仕事のひとつが、アンケート・調査回答や口コミ投稿など、簡単な文章作成です。

アンケート回答は、発注者の設定した質問内容に受注者が回答します。内容は商品の認知度調査や感想、生活スタイルに関する調査などさまざまです。

つぎにモニター調査は、発注者が指定した商品やサービスなどを試し、試した感想を記入します。商品やサービスにかかる料金は、発注者が負担する場合と、受注者が負担する場合があります。

最後に口コミ投稿は、発注者が指定した商品やサービスを利用した経験のある人が、感想を記入します。身近な商品やサービスの利用が、仕事につながるかもしれません。

データ入力

データ入力は、名前や住所などの文字、電話番号や金額などの数値など、データを入力する仕事です。

なおデータ入力の仕事内容は、文字や数値をエクセルに入力するといった簡単作業から、経理の月次処理といった専門知識が必要な作業などがあり、求められるスキルは仕事内容によって異なります。

テープ起こし

テープ起こしは、録音された音声データをPCで書面に文字を起こす仕事です。

一言一句正確に起こす仕事や、余分な部分を取り除いて要点だけを起こす仕事があり、起こした文字はデータとして発注者に提出します。

Webライティング

Webライティングは、文章を作成・編集する仕事です。

クラウドソーシングで発注・受注できる仕事内容は、以下の例があります。

  • Webメディアやブログの記事
  • メルマガの文章
  • ホームページの文章
  • ネットショップサイトの文章
  • 電子書籍の文章
  • 漫画などのシナリオ

なお、クラウドソーシングでは未経験者を対象とした仕事から、プロを対象とした仕事まで幅広く発注・受注がおこなえます。 

 

Webデザイン

Webデザインは、Webサイトやアプリケーションのデザインなどを制作する仕事です。

クラウドソーシングで発注・受注できる仕事内容は、以下の例があります。

  • Webサイトのデザイン制作
  • アプリケーションのデザイン制作
  • ロゴのデザイン制作
  • バナーのデザイン制作
  • イラスト制作

なお、Webサイトやアプリケーションのデザイン制作を受注するうえでは、プログラミング言語の修得が必須です。

音楽制作

音楽制作は、音楽の制作や編集などの仕事です。クラウドソーシングで発注・受注できる仕事内容は、以下の例があります。

  • 効果音の制作、編集
  • BGMの制作、編集
  • 音源の制作
  • ゲームやCMなどの作曲、編曲

仕事の発注・受注は総合的なクラウドソーシングサイトでも可能です。

しかし仕事内容の専門性が高いため、音楽に特化したクラウドソーシングサイトを利用することで、より仕事の発注・受注の機会を増やせるでしょう。

プログラミング

プログラミング関連の仕事は、プログラミング言語をもちいてシステムやソフトウェアの開発などをおこないます。クラウドソーシングで発注できる仕事内容は、以下の例があります。

  • Webシステムの開発
  • Webアプリケーションの開発
  • Webソフトウェアの開発
  • モバイルアプリケーションの開発
  • プログラミングの講師

なお一言でプログラミングといっても、受注者によって修得しているプログラミング言語には差異があり、仕事内容は発注者によって異なるでしょう。

動画編集

動画編集は、PCとソフトウェアを使っておこなう仕事内容が主になっています。

なお、クラウドソーシングで発注できる仕事内容は、以下の例があります。

  • アニメーション動画の編集
  • BGM、効果音、テロップ、字幕の挿入
  • 動画の切り取りやつなぐ作業

動画編集の仕事内容は発注者によって異なりますが、動画配信サイトやSNSで発信する動画の編集や、企業などのPR動画の編集が多い傾向です。

コンサルティング

コンサルティングは、課題を抱えた個人や企業に対し、特定の分野の知識やスキルをもつ人が、解決へ向けた支援活動をおこないます。

クラウドソーシングで発注・受注できるコンサルティングの分野は、以下が一例です。

  • 経営
  • 戦略
  • 税務
  • 労働、社会保険
  • 建築
  • 不動産
  • IT系
  • マーケティング
  • キャリアや人材
  • 家計

非常に豊富な分野のコンサルティング業務が発注・受注できるのは、不特定多数の人材が利用するクラウドソーシングならではでしょう。

クラウドソーシングの仕事の進め方

クラウドソーシングの仕事は、クラウドソーシングサイトを通して発注・依頼するのが一般的です。

受注者が仕事の成果物を納品し、発注者によって問題がないことが確認でき次第仕事が完結し、クラウドソーシングサイトを通して報酬が支払われます。

クラウドソーシングサイトを通して支払いがおこなわれることで、仕事が完了しなかったときに発注者側が損失を被るリスクや、受注者へ報酬が未払いになるリスクなどを回避できます。

クラウドソーシングで仕事をするときの注意点

クラウドソーシングの利用は、自己責任を問われる場面が多いです。

クラウドソーシングで仕事をするときの、注意点について見ていきましょう。

受注側が注意すること

クラウドソーシングでは、仕事上のトラブルが起こったとき、発注者と受注者で直接解決をする必要があります。

そのため、自身でトラブルの防止策を設けるなど、仕事の管理が必要です。

たとえば、契約前に業務委託契約書を作成しておくことで、契約以上の仕事を求められた場合などに要求を断ることができ、トラブルに発展するのを防げるでしょう。

必ず契約前に仕事の内容や報酬について細かく確認し、自己管理をおこないましょう。

発注側が注意すること

クラウドソーシングで仕事を発注をする際、納期などのスケジュールを細かく決めておきましょう。

たとえば、受注者に納品してもらう期限を、実際の納期よりも1週間早めて設定するなどすれば、万一トラブルが発生した場合や修正が必要になった場合でも、影響を及ばさずに済みます。

また、クラウドソーシングはメールやチャットなどの文章のやりとりが主になるため、文面では伝わりにくいニュアンスなど、サンプルや資料を用意しておくとトラブルの回避や円滑な仕事のやりとりができるでしょう。

  

クラウドソーシングで自分に合った仕事内容を発注・受注しよう

クラウドソーシングは、仕事を発注・受注したい個人や企業を繋ぐシステムです。

さまざまな分野の仕事内容があり、不特定多数の発注者、受注者から仕事の相手を選べます。

また日時や働く場所を選べることから、副業をおこないたい人、主婦(夫)、学生などの働く選択肢を広げるでしょう。

クラウドソーシングの利用するにあたり、仕事内容や報酬について事前に確認をし、自己管理をしながら仕事内容を発注・受注しましょう。

クラウドソーシングでの仕事にはChatworkの利用もおすすめです。チャット機能により受注者と発注者のコミュニケーションを円滑に進めることができるほか、タスク管理機能で仕事の管理も楽にできます。

モバイル版アプリをダウンロードすれば、スマートフォンからも利用可能です。無料で登録できますので、ぜひお試しください。

Chatworkをもっと知りたい方におすすめの資料
3分でわかる!Chatwork

ビジネスチャットChatworkは、メール、電話、会議・訪問などでおこなわれているコミュニケーションを効率化します。

Chatworkの機能、特徴、料金プランなどを紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事