離職率が高い原因はどこにある?離職率が高い原因を解消する方法

働き方改革
AWAY

目次

社員を採用しても職場に定着しない、優秀な人材が相次いで会社を離れてしまうなど、離職率が高いことに課題を感じている会社もあるでしょう。

離職率が高い原因には、職場の人間関係が悪い、長時間労働が常態化している、人事評価に透明性がないなどさまざまな点があげられ、複数の原因が混在している場合が多いでしょう。

自社における離職率が高い原因を把握し、有効な解消方法について考えてみましょう。

離職率が高い原因を改善しないリスクと影響

離職率が高い会社では、社員が退職するごとに多くのものが失われています。

代表的なものは、求人サイトの掲載や面接官が時間を割くことなどにかかる採用コスト、試用期間の給与やOJTなどにかかる教育コストです。

社員を採用し一人前に育てるためにはさまざまな費用がかかっているため、たった一人の退職であっても失うコストは大きなものになるでしょう。

また、社員が業務の中で得たノウハウを共有しないまま離職してしまうと、後任の担当者がうまく対応できず顧客満足度の低下につながる場合や、スキルが継承されず会社として成長できない原因にもなります。

会社の評判はいまやSNSや就活サイトなど多くの場所で共有されています。離職が続くことによる企業イメージの悪化が知らないうちに進んでいることもあるでしょう。

すぐに後任が見つからない場合は残った社員の業務負担が増え、モチベーションの低下やさらなる離職にもつながりかねません。

離職率が高い原因を放置したままにしておくと、会社にとってよいことはひとつもないでしょう。

離職率が高い原因

離職率が高い原因は業種や会社の規模によってさまざまなものがありますが、主な原因として考えられるものを見ていきましょう。

職場の人間関係が悪い

人間関係の良し悪しは社員の定着率に大きく関わります。

人間関係が悪くコミュニケーションが十分にとれない職場では、情報共有の不足によりミスが増えたり、叱責されることを恐れてミスの隠ぺいが起こる恐れがあります。

また、上司や同僚との信頼関係をもとにした心理的安全性が確保されていないと、自分の発言を拒否されたり罰せられることを恐れて、社員が意見やアイディアを発信することができなくなってしまいます。

風通しが悪い職場では、ハラスメントが起こったり、ハラスメントの発見が遅れる恐れもあります。

長時間労働が常態化している

人手不足やマネジメント不足による長時間労働が常態化してしまうと、疲労が続き心身の健康に影響が出るため、離職を考える社員が増えます。

プライベートとの両立が難しくなるため、ワークライフバランスを保てなくなり、会社と自分の人生に将来性を見出しにくくなってしまうでしょう。

また、長時間労働を放置している上層部に対して不満を抱くことが増え、その不満が離職につながる場合もあります。

労働に給与が見合っていない

労働の内容や長さに給与の額が見合っていないと、より待遇のよい会社への転職を考えるのは当然の流れといえます。

ボーナスや各種手当があるか、産前・産後休暇などの制度や福利厚生の利用がしっかりできるかどうかも重要なポイントとなります。

同じ規模や業種の会社と大きく異なる給与設定になっていないか、社員の働きに対して充分な報酬が得られるようになっているかどうかを客観的に見直してみましょう。

多様な働き方ができない

子育てや介護との両立、感染症対策、ワークライフバランスの実現など、さまざまな理由から社会では多様な働き方が求められています。

しかし、テレワークやフレックスタイム制の導入などが遅れ、多様な働き方を実現できないままだと、柔軟な働き方を希望する社員は離れていってしまうでしょう。

少子高齢化に伴う労働者不足に対応するためにも、多様な働き方に対応する必要があります。

会社のビジョンが浸透していない

会社が実現したい未来はどのようなものなのか、社員が一丸となって目指すものは何なのかが共有できていないと、会社の将来性が見えず、社員同士の一体感も生まれません。

会社の将来性は安定した雇用の継続が可能かどうかに直結するため、ビジョンが見えない会社では離職者が増えるでしょう。

一体感がない会社では、課題の解決に向けた協力がうまくできなかったり、モチベーションの低下が起こるため、優秀な人材の流出につながることが考えられます。

人事評価に透明性がない

人事評価の基準が明確でなく、自分の働きに対して正当な評価を与えられていると感じられなかったり、社員が正しく平等に評価されていてると感じられない場合、社員の離職につながります。

上司や役員の印象で評価が決まったり、成果が見えにくい業務を担う社員の評価がおろそかにされている会社では、離職が増えるだけでなく、残った社員のモチベーションが低く生産性の低下につながる恐れがあります。

離職を防ぎ社員が能力を発揮できる環境を整えるためにも、人事評価の透明性は重要です。

離職率が高い原因を解消する方法

離職率が高い職場には原因が複数存在する場合が多く、離職率が高い原因を解消するためには多角的な対策が必要となります。

離職率が高い原因を解消する方法を紹介します。

アンケートで課題を把握する

離職率が高い原因を解消するために、まずは現状の課題を把握しましょう。

全社員から広く率直な意見を集めるためには、匿名のアンケートが有効です。

また、課題は現場で働く社員だけでなく、マネジメントをおこなう上司が感じている場合もあります。

1対1の面談や会議など、評価への影響を恐れずに忌憚ない意見を交わせる場所を設ける必要があるでしょう。

業務以外のコミュニケーションをとる

何をいっても相手に拒否や叱責をされる恐れがない心理的安全性を確保するためには、上司と部下や社員同士の日ごろのコミュニケーションが重要になります。

心理的安全性の確保には信頼関係が重要になりますが、業務に関するコミュニケーションだけでは本音を話す機会をみつけられないこともあるでしょう。

1on1ミーティングで個人の課題や目標について話す時間を設けたり、雑談によって気軽に言葉を交わせる関係を築いていく必要があります。

デジタル化やシステム導入を進める

長時間労働の是正や多様な働き方の実現には、業務のデジタル化やITシステムの導入が有効です。

資料の保管や申請の提出・承認をデジタルでおこなえるようになると、働く場所の制限がなくなり、システムで対応が可能な部分は自動化していくことができます。

現在の人手不足や将来的な労働人口の減少に備えるためにも、デジタル化は避けては通れない道でしょう。

業務効率化を図る

業務のデジタル化や棚卸をおこない、作業の無駄を省くことで、長時間労働の是正につなげられます。

業務効率化や生産性向上を図るためには、一度きりではなく定期的な業務の見直しや改善を続けることが必要でしょう。

現状を整理し改善策を考えるにはある程度の工数がかかるため、後回しにされがちな業務改善ですが、無駄を放置しておくとその分コストがかかり続けることになります。

思い切って着手し実行したあとも、日々振り返りをして新たな課題への対応を継続していくことが大切でしょう。

コミュニケーションツールを導入する

デジタル化が進んでいない会社では、コミュニケーションの手段を電話やメール、プライベートでも使っているメッセンジャーアプリなどに頼っている場合も多いでしょう。

しかし、電話やメールは連絡できる場所や時間が限られるため、業務の進捗の遅れや長時間労働の原因となる恐れがあります。

また、プライベートで使用しているツールの業務利用は情報流出のリスクがあるでしょう。

ビジネス専用のコミュニケーションツールを導入することで、チャット形式でスピーディーな情報のやりとりが可能になり、ツールひとつで音声通話やビデオ通話、資料の共有も可能になります。

気軽にメッセージが送れるため、社内コミュニケーションの円滑化にも役立つでしょう。

全社集会やオンライン研修をおこなう

会社のビジョンを社員に浸透させ、一体感やモチベーションを高めるためには、全社集会や研修の実施が有効です。

ビジョンを共有するだけなら社内掲示板やメールの文字情報だけでも十分ですが、充分に理解し実践につなげるためには、一方的な説明ではなく双方向のやりとりが大切になります。

ビジョンの背景にあるストーリーを声や表情をもちいてリアルに伝え、ワークショップなどでどのように行動につなげればよいかを社員自身が考え、共有する必要があるでしょう。

実際に顔をあわせておこなうことが難しい場合は、オンラインによる研修などでもよいかもしれません。

テレワークやフレックスタイム制を導入する

多様な働き方が実現できれば、ワークライフバランスの充実が可能になり、離職率が低下するでしょう。

テレワークやフレックスタイム制の実現には、業務のデジタル化や勤怠管理方法の更新などさまざまな対応が必要になります。

すべてを手作業でおこなうと大変かもしれませんが、ツールの導入により解決できることはたくさんあります。

自社にあった適切なツールの導入を検討しましょう。

評価基準を明確にして共有する

評価基準が明確になっていると、透明性や公平性が高まり、社員が安心して働くことができます。

社員が妥当だと感じられるような評価基準を作り、いつでも確認できるよう広く周知することが大切です。

成果だけでなく目標達成までのプロセスも評価できるよう面談の機会を設けたり、評価する側とされる側の信頼関係を築くためにコミュニケーションをとるなどの工夫も必要でしょう。

離職率が高い原因を改善して働きやすい企業を目指そう

離職率が高い原因には、職場の人間関係が悪いことや、業務の効率が悪く長時間労働が常態化していることがあげられます。

離職率が高い原因を改善するためには、信頼関係の構築をおこなう、顧客や同僚とのやりとりをスムーズにできるようにするなど、コミュニケーションの改善が重要なポイントとなるでしょう。

ビジネスチャットの「Chatwork」は、離職率の低下につながるコミュニケーションの改善に有効です。

電話やメールの代替として、社外の相手ともチャットによる気軽なメッセージのやりとりや、音声通話・ビデオ通話でスムーズなコミュニケーションをおこなうことができます。

Chatworkは、PCやスマートフォンでどこでも接続できるため、業務の効率化やテレワークの導入にも役立ちます。

離職率が高い原因を改善するための手段として、Chatworkの導入をご検討ください。

職場環境を改善したい方におすすめの資料

風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事